NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】インドのコンセントはB3/BF/B/Cタイプの4種類!電圧やプラグ型について徹底解説

インドのコンセントは日本とは異なったプラグ・電圧のため、日本の電化製品はそのまま使えません。そのため、インド旅行では変換プラグや変圧器が必要。本記事では、インドのコンセントや電圧について徹底解説しています。

ライター
NEWT編集部

インドは価値観が変わると言われるほど、刺激的で魅力的な国です。
その一方で、インド渡航前はビザの申請や観光地へのアクセス方法など調べることが山ほどあり、準備には時間がかかります。

その中でも忘れがちなのがコンセント事情。
インドのコンセントは日本とは異なったプラグ・電圧のため、日本の電化製品はそのまま使えません。
そのため、インド旅行では変換プラグや変圧器が必要になります。

この記事では、インドのコンセントや電圧について徹底解説しています。
事前にインドのコンセント事情を把握して、インド旅行をより満喫してみてくださいね。

Contents

インドのコンセントはB3/BF/B/Cタイプの4種類

photo by pixabay

インドで主流なコンセントタイプはB3/BF/B/Cタイプの4種類です。日本のコンセントタイプはAタイプなのでインドではそのまま利用できません。

B3/BF/B/Cタイプの4種類だと、どれが一番主流なのかと疑問に思うかもしれませんが、実はインドでは統一されておらず、建物の設備などによってコンセントの形状も変わるのが現状。デリーやムンバイなど地域によっても主流なコンセントの形状も変わります。

そのため、インド旅行をする際は全世界対応のマルチプラグを準備するか、4種類のプラグを購入する必要があるでしょう。

それぞれのプラグの違いは?

photo by Unsplash 左がBFタイプ

インドではB3/BF/B/Cタイプの4種類を準備する必要があります。

B3タイプは3つの穴があいた形状をしています。3つ穴なのでBFタイプと間違えてしまいそうですが、BFタイプはコンセント穴が四角いです。

Bタイプ
photo by pixabay Cタイプ

また、BタイプとCタイプはピンが丸い筒型で、とてもよく似ています。しかし、Bタイプのほうがコンセント差し込み口とピンがやや大きいです。ほぼ同じように見えるかもしれませんが、ピンの長さも異なります。

変換プラグを購入する場合は、必ず種類の確認をしましょう。

インドのコンセントは変換プラグを使用

photo by Unsplash

インドのコンセントは日本のプラグとは形状が違うため、そのまま使用できません。そのため、変換プラグが必要になります。変換プラグは簡易型とマルチ型の2種類あり、インドで利用する場合はマルチプラグを購入するのがオススメです。

また、インド渡航後に変換プラグを忘れていたことに気づいた場合、インドで日本対応の変換プラグを探すのは大変です。かならず、インド渡航前に変換プラグを購入し、スーツケースに入れておきましょう。

変換プラグはどこで買える?購入するならマルチプラグ!

変換プラグは家電量販店や空港・ダイソーなどの100円ショップでも購入できます。

家電量販店では、探しているプラグも店員さんに相談ができるため、プラグの品質をもとめる場合は、家電量販店で購入しましょう。プラグの相場は約100円台〜800円台です。

ダイソーなどの100円ショップでも安価に購入できます。ただし、クオリティは正規よりもやや劣るため、注意しましょう。

インドなどの複数のプラグを使用する国では、全世界対応のマルチプラグがとくにおすすめです。マルチプラグはコンセントの穴に合わせて自分自身でカスタムして使用します。一つ持っておくと重宝するアイテムなので、気になる方は家電量販店で購入してみてくださいね。

インド旅では延長コードがあると便利!

photo by Unsplash

インド旅行では差し込み口が複数ある延長コードが便利です。インドのホテルやゲストハウスでは、コンセントが一つしかなかったり、不便な場所にコンセントが配置されている場合があります。

延長コードを持参しておけば、複数の電子機器をまとめて充電できるほか、場所の制約もなくなります。変換プラグとあわせて持っておくと良いでしょう。

インドの電圧は220〜240V!国内用ドライヤーは変圧器が必要!

インドと日本では、コンセントやプラグの形状だけでなく、電圧も異なります。インドでは220〜240Vの電圧で、日本の電圧は100Vです。そのまま日本の電化製品を使おうすると破損したり、火災の原因にもなるので、変圧器を使用する必要があります。

なお、現在は変圧器が必要ない電化製品も多いので、海外利用に対応している電化製品を選んでおくのもおすすめです。

電気シェーバーやドライヤーなど毎日利用するものは、必ず電圧の確認をしましょう。

スマートフォン(iphoneやAndroid)・パソコンは変圧器は必要なし!

photo by pixabay

iphoneやAndroidスマートフォン、パソコンは基本的に変圧器の必要がありません。ほとんどの製品がグローバル規格となっており、電圧を気にせず利用できます。

そのため、変換プラグさえ持参していればインドでも問題なく充電できますよ。

ただし、使用する際には必ず表示をしっかりと確認しましょう。電化製品のアダプターを確認して、INPUT: 100〜240Vと記載されていれば、それはグローバル規格製品ということになり、変圧器なしで使用できます。

ドライヤー・ヘアアイロンの場合は基本的に変圧器が必要

photo by Unsplash

ヘアアイロンは通常、150〜240W、ドライヤーは600〜1200Wといった高い消費電力を持っています。特にドライヤーをインドで使用する場合、大容量の変圧器が必要になることがあります。

一番ベストな選択は、海外対応のドライヤーを購入してしまうことです。

インドのホテルでは中級クラス以上であればドライヤーは付いていることがほとんどですが、ゲストハウスなどの格安ホテルの場合はドライヤーがない場合も。
事前に滞在予定のホテルやゲストハウスに確認して、ドライヤーの有無を聞いておきましょう。

デジタルカメラなどの撮影機器の場合

photo by Unsplash

一眼レフやミラーレスなどのデジタルカメラは通常、100V〜240Vに対応しています。そのため、インド旅行時には変圧器は必要ありません。

ただし、まれに100Vのみに対応しているデジタルカメラも存在します。このようなデジタルカメラは、電圧の影響で壊れる可能性があるため、渡航前に対応電圧を確認しておきましょう。

電化製品の対応電圧の調べ方

photo by Unsplash

電化製品の対応電圧を確認するには、製品のラベルやアダプター部分を確認します。電圧や入力、INPUTなどと書かれている箇所が対応している電圧を示します。

もし記載されている電圧が100V~240Vであれば、その電化製品は海外利用対応製品です。したがって、インドでも変圧器なしで利用できますよ。

一方で、100Vと記載されている製品は日本規格のものです。電圧が220V〜240Vの高電圧のインドでは利用できません。
出発前に持参する電化製品の対応電圧を確認しておくことで、安心してインド旅行が楽しめますよ。

インド旅行で変換プラグや変圧器を忘れた場合は?

photo by pixabay

変換プラグや変圧器を忘れてしまった場合は、ホテルで貸し出しサービスがされているか確認しましょう。日本人宿や5つ星高級ホテルであれば、貸し出しサービスを実施している場合があります。

そもそも、インドでは家電量販店を見つけるのがとても難しく、コンセントや変圧器を忘れてしまうと探すのに苦労するでしょう。
インド渡航前に忘れてしまいがちな変換プラグと変圧器ですが、かならず日本から持参してください。

インドのコンセントをチェックしてスムーズな旅を

この記事では、インドのコンセントの形状の違いや変換プラグの種類、使い方について解説しました。デリー、ムンバイ、バンガロール、チェンナイなど、魅力的で刺激的な都市が旅人を引き寄せるインドですが、コンセントのタイプは地域やホテルによって異なります。

そのため、インド旅行の際はマルチタイプの変換プラグを使用したり、電化製品によってはインドで利用できるものを準備する必要があります。
事前にコンセントや電化製品を確認して、インド旅行を快適に楽しんでくださいね。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる