NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ハワイのコンセント事情は?変換プラグや変圧器について解説

ハワイ旅行に行く際に確認しておきたいのがコンセントのタイプ。スマホやカメラ、ヘアアイロンを使うために、電源の確保は欠かせません。 そこで今回は、ハワイ旅行でのコンセント事情をはじめ、変換プラグや変圧器が必要なのかについて紹介します。現地で電化製品がしっかりと使えるように、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ハワイ旅行に行く際に確認しておきたいのがコンセントのタイプ。スマホやカメラ、ヘアアイロンを使うために、電源の確保は欠かせません。

そこで今回は、ハワイ旅行でのコンセント事情をはじめ、変換プラグや変圧器が必要なのかについて紹介します。現地で電化製品がしっかりと使えるように、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Contents

変換プラグと変圧器の違いとは?

海外では、コンセントプラグの形が日本とは違っていたり、電圧が異なっていたりするケースがあります。

そのような場合は、変換プラグを使用してコンセントを差し込み、日本の電化製品が使えるように変圧器を使います。

まずは、ハワイのコンセント事情について紹介するまえに、変換プラグと変圧器の違いについて解説します。よく海外旅行に行く方は用意しておくと便利なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

変換プラグ


photo by Unsplash

変換プラグは、手持ちの電化製品のプラグを、海外のコンセントの形にあわせるためのアイテム。日本のコンセントプラグはAタイプと呼ばれていて、コンセントの差し込み口が2本の線のようになっています。

一方で、世界にはさまざまな形のコンセントプラグがあり、ヨーロッパではC対応やSEタイプ、イギリスなどではBFタイプなど、国によって違ったプラグが使われています。

そのため日本の電化製品が海外でも使えるように、変換プラグを使用しましょう。変換プラグには、1つのコンセントタイプにのみ対応しているものや、複数の変換プラグがセットになったものもあります。

よく海外旅行に出かける方は、複数のタイプがセットになったタイプを用意しておくと便利ですよ!

変圧器



変圧器は、日本の電圧と海外の電圧を調整するために使うアイテムです。

日本の電圧は100V(ボルト)であるのに対して、海外の電圧は220Vから240Vです。変圧器を使わずに電化製品を使用すると、故障や発火の原因になるため注意しましょう。

変圧器を購入するときは、対応できるワット数(W)にも注意が必要です。変圧器によっては、使用できる消費電力が異なります。例えば、対応電力が150Wまでの変圧器では、多くの電力を消費するドライヤーやヘアアイロンなどの電化製品は利用できません。

海外で使いたい電化製品の消費電力を調べたうえで、対応できる変圧器を用意するようにしましょう。ただし、一部の電化製品は海外の電圧に対応しているものもあるため、変圧器が必要ないケースもあります。詳しくは、ハワイのコンセント事情とあわせて紹介します。

ハワイのコンセント事情は?


photo by Unsplash

ここからは、ハワイのコンセント事情について解説します。コンセントの種類をしっかりと把握して、現地でもスムーズに電化製品を利用できるようにしましょう。

ハワイのコンセントは日本と同じ形状


photo by pixabay

ハワイのコンセントは、日本と同じAタイプ。そのため、変換プラグを用意する必要はありません。

日本のコンセントとの違いは、2つの穴の下にもう1つの差し込み口がついていて、3つ穴タイプのプラグも利用できる点です。日本の電化製品も利用できるので、いつも通りにプラグをコンセントに差し込みましょう。

ハワイの電圧は少し高め


photo by pixabay

ハワイでは、日本と違う電圧が使われていることに注意しましょう。さきほど解説した通り、日本の電圧が100V(ボルト)であるのに対して、ハワイの電圧は110Vから120Vとなっています。

少しの違いではありますが、ハワイの電圧に対応していない日本の電化製品を使用すると、製品が故障してしまうケースもあります。

また、消費電力の高いドライヤーやヘアアイロンを使用する場合、発火などの思わぬ事故につながるケースも……。そのためハワイの電圧に対応していない電化製品を利用する場合は必ず変圧器を利用しましょう。

製品によっては変圧器が必要!

先ほど紹介した通り、ハワイの電圧は日本の電圧よりもやや高め。しかし、幅広い電圧に対応している電化製品であれば、変圧器を使用・購入せずに利用できるケースもあります。

電化製品の対応電圧については、後ほど詳しく紹介するので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

ユニバーサルデザインの製品なら変圧器なしで使える


photo by pixabay

最近では、海外の電圧に対応した電化製品が販売されています。例えば、世界中で利用されているiPhoneは、100Vから240Vまでの電圧に対応していて、基本的には海外のどこでも充電が可能。

また、日本で販売されている電化製品のなかにも、幅広い電圧に対しているアイテムもあります。具体的には、ドライヤーやヘアアイロンなどの消費電力が高い電化製品でも、変圧器を使わずに海外で利用できますよ。

電化製品がどの電圧に対応しているかは、製品のラベルを見れば調べられます。

変圧器を購入するよりも海外対応製品を購入した方がいい?


photo by Unsplash

前述したように、電化製品のなかには幅広い電圧に対応したものがあります。そのため、ハワイの110Vから120Vに対応している製品であれば、変圧器を使わずに電源につなげます。

変圧器は対応できる電圧や商品電力に違いがあり、電圧や消費電力に幅広く対応しているものは、少し高価になります。また、変圧器はやや重たいこともネックです。荷物を増やすことにもなるため、不便に感じることもあるでしょう。

そこで、あらかじめ幅広い電圧に対応した電化製品を購入しておけば、わざわざ変圧器を購入せずに済みますよ。ハワイに持っていく電化製品の対応電圧を調べたうえで、新しく購入する必要があるのかをチェックしておきましょう。

電化製品の対応電圧の調べ方



電化製品の対応電圧を調べるには、製品に記載されているラベルをチェックします。電圧やINPUT(インプット)、入力などと書かれている部分を見れば、対応している電圧が分かりますよ。

記載されている電圧が100V~240Vとなっている場合は、ハワイでは変圧器なしで利用できます。また、240Vまでの電圧を使っている世界の各地域でも利用可能です。



一方で、画像のように100Vと記載された電化製品は、ハワイでそのまま使うことができません。このような非対応の電化製品を利用する場合は、変圧器を使いましょう。

ハワイ旅行では延長コードやテーブルタップがあると便利!


photo by pixabay

ハワイ旅行に出かける際は、延長コードや電源タップを持っていくと便利です。ホテルに備え付けてあるコンセントの数には限りがあります。

そのため、スマホやカメラを充電しながら、ヘアアイロンを使ったりするためには、コンセントの数が足りなくなることも。そんなときは、電源タップを使うことで、コンセントの不足を解消できますよ。

また、ハワイ旅行に電源タップを持っていくときは、電源タップ自体の対応電圧に注意しましょう。電化製品と同じく、電源タップにも対応できる電圧に違いがあります。海外旅行によく出かける方は、100Vから240Vに対応した電源タップを選ぶと良いでしょう。

コンセントをチェックしてハワイ旅行を楽しもう

今回は、ハワイ旅行のコンセント事情について紹介しました。ハワイでは変換プラグは必要ありませんが、変圧器が必要なケースがあります。旅行に持っていく電化製品を確認して、変圧器が必要かどうかをチェックしておきましょう。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ハワイの東京発のおすすめツアー

ハワイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる