NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】ギリシャでおすすめの観光地10選!アテネやエーゲ海の島など厳選・モデルコースも紹介

ギリシャには、パルテノン神殿やサントリー二島などの有名な観光地がいっぱい!今回は、ギリシャ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。 首都アテネの名所から離島の穴場スポットまでエリア別に厳選!さらにおすすめのモデルコースもご紹介しますので、ギリシャ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ギリシャには、パルテノン神殿やサントリー二島などの有名な観光地がいっぱい!今回は、ギリシャ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。
首都アテネの名所から離島の穴場スポットまでエリア別に厳選!さらにおすすめのモデルコースもご紹介しますので、ギリシャ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

ギリシャ観光における基本情報!

日本との時差

-7時間

フライト時間

約16時間
※直行便がないため乗り継ぎが必要

公用語

ギリシャ語

通貨

ユーロ

治安

比較的治安が良い
※観光地ではスリや置き引きに注意が必要

物価

日本に比べて物価が高い傾向

電源プラグ

Cタイプ
※変換プラグが必要

ギリシャには魅力的な人気観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

ギリシャは首都のアテネをはじめ、リゾート地のサントリー二島や世界遺産メテオラ修道院、コリントス運河でクルーズなど魅力的な観光スポットがたくさん!ギリシャ旅行のリピーターにはテッサロニキやカラブリタなどの地方へ足を伸ばすのもおすすめです。

今回はギリシャの人気観光地を紹介!エリア別に名所から穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてください。

ギリシャの首都アテネのおすすめ人気観光スポット4選

はじめてのギリシャ旅行で、まず訪れたいのがギリシャの首都アテネ。有名な遺跡や博物館から、お土産購入に最適なショッピングスポットまで見どころが多いです。はじめにアテネでおすすめの観光地をご紹介します。

パルテノン神殿

アテネを見下ろす丘にそびえたつギリシャ随一の観光スポット


photo by pixabay

パルテノン神殿は、ギリシャの古代文化の中でも最高傑作といわれる神殿!重厚感のある建築様式は圧倒的な美しさを誇ります。日本の法隆寺、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂と並んで、世界三大宗教空間とも呼ばれているんだとか。ちなみに現在の神殿は、1834年に復元されたものです。


photo by pixabay

パルテノン神殿は丘の上にあります。アテネ市内から見ることもできますが、やはり丘の上から見える景色は圧巻!写真を撮りたくなる風景が広がっていますよ。

また、パルテノン神殿は、アテネ中心地にそびえ立つアクロポリスのひとつとして、世界遺産に登録されました。周辺には600年かけて建設されたゼウス神殿や古代のコンサート会場・へロディス・アッティコス音楽堂などもあるので巡ってみてくださいね。

パルテノン神殿(The Parthenon)の基本情報
住所:Athens 105 58 ギリシャ
電話:+302103214172
営業時間:4月~10月 8:00~19:00、11月~3月 8:00~20:00
※日によって変わるため、公式サイトをご確認ください
アクセス:地下鉄アクロポリス(Acropoli)駅から徒歩約10分、アテネ国立考古学博物館から車で約18分
料金:4~10月 大人20ユーロ(約3,122円)、18歳未満の子ども・学生:10ユーロ(約1,561円)
11~3月 大人10ユーロ(約1,561円)、18歳未満の子ども・学生・25歳以下のEU圏外の子ども・青年および65歳以上のEU圏内の人:5ユーロ(約781円)
※無料開放日もあります、公式サイトをご確認ください
※2023年10月3日のレート、1ユーロ=156.12円で計算
公式サイト:http://odysseus.culture.gr/h/3/eh355.jsp?obj_id=2384

パルテノン神殿の見どころは?世界遺産アテネのアクロポリスの歴史や見学方法を解説

アテネ国立考古学博物館

ギリシャ全土から貴重な出土品を集めたギリシャ最大級の国立博物館


photo by Unsplash

アテネ国立考古学博物館は、19世紀末に設立されたギリシャ最大級の博物館です。文字を使用する前の先史時代からローマ時代までの彫刻や美術品、陶器などが展示されています。

有名なものとしては、ゼウス像やポセイドン像、アガメムノンの黄金マスクなどがあります!ギリシャの古代文化や歴史が好きな方におすすめです。

アテネ国立考古学博物館(National Archaeological Museum of Athens)の基本情報
住所: 44, 28th of October (Patission) str., Athens 106 82 Greece
電話:+302132144800
営業時間:4月16日〜10月1日 水〜月曜 8:00~20:00、火曜 13:00〜20:00
11月1日〜3月31日 水〜月曜 8:30~15:30、火曜 13:00〜20:00
休業日:1月1日、3月25日、5月1日、イースターの日曜日、12月25日、12月26日
アクセス: メトロ オモニア駅(Omonia)から徒歩約11分
料金:4月1日〜10月1日 12ユーロ(約1,873円)、6ユーロ(約937円)
※入場無料 3月6日、4月18日、5月18日、9月の最終週末、10月28日、11〜3月の第1日曜日
※2023年10月3日のレート、1ユーロ=156.12円で計算
公式サイト:https://www.namuseum.gr/en/

イフェストウ通り

ギリシャのお土産に困ったらこの通りへ!


photo by pixabay
※写真はイメージです

イフェストウ通りは、アクロポリスの丘からも近いモナスフィラキ駅周辺にあります。フリーマーケットのモナスティラキ市場にも近いのであわせて訪れると良いでしょう。

小さなお店がたくさん並んでおり、衣類やアクセサリー、ギリシャ名産のはちみつ、ワイン、ピスタチオも購入できます。お土産探しにおすすめな観光地です。

イフェストウ通り(Ifestou Street)の基本情報
住所:Ifestou 2, Athina 105 55 Greece
電話:なし
営業時間:24時間 ※お店によって変わります
休業日:なし ※お店によって変わります
アクセス:地下鉄1、3号線のMonastiraki駅から徒歩3分程度
料金:無料
公式サイト:なし

パナティナイコ競技場

第1回オリンピック競技場で実際に走ることも


photo by pixabay

パナティナイコ競技場は、アテネにある第1回近代オリンピックの会場。五輪発祥の場所で、重要な建築物となっています。オリンピックの資料館もあり、歴代大会の資料やポスター、トーチなどを見学することもできますよ。


photo by Unsplash

競技場のトラックは実際に走ることも可能!タイムスリップしたような気分で走れます。表彰台もあるので、金メダリスト気分で記念撮影してみてはいかがでしょうか?

日中は混雑するので、朝早い時間がおすすめです。

パナティナイコ競技場(Panathenaic Stadium)の基本情報
住所: Leof. Vasileos Konstantinou, Athina 116 35 Greece
電話:+302107522984
営業時間:3月〜10月 8:00~19:00、11月〜2月 8:00~17:00
休業日:なし
アクセス: バス停 スタディオ(Stadio)から徒歩約1分
料金:5ユーロ(約781円)
※2023年10月3日のレート、1ユーロ=156.12円で計算
公式サイト:http://www.panathenaicstadium.gr/HomePage/tabid/84/language/en-US/Default.aspx

\アテネの詳しい観光情報はこちらの記事をチェック!/

【2024年最新】ギリシャ・アテネでおすすめの観光地13選!名所や穴場を厳選

アテネ近郊のおすすめ観光地2選


photo by pixabay

日程に余裕があればアテネ市内だけではなく、電車やバスを利用してアテネ郊外の観光地にも行ってみましょう。日本では味わえない非日常的な体験ができますよ。

メテオラ修道院

断崖絶壁にそびえ立つ6つの修道院


photo by pixabay

メテオラ修道院は、断崖絶壁にそびえ立つ6つの修道院の集まりで、世界遺産に登録されています。メテオラとはギリシャ語で空中という意味があり、まるで浮かんでいるような体験ができますよ!

アテネから電車やバスを乗り継いで約5時間かかる、ギリシャ北西部のテッサリア地方にあります
往復の電車本数はかぎられているので、余裕を持って1泊2日で訪れると良いでしょう。


photo by pixabay

ふもとから見上げる修道院は圧巻の景色ですが、修道院からは絶景を見渡せます。訪れる際は両方の景色を楽しんでくださいね。

6つの修道院は、休館日がそれぞれ異なるので要注意です。事前に営業時間を確認することをおすすめします。

また女性は、肌を露出した服装、ズボンはNGです。スカートかズボンを隠すストールをまかないといけないため、気をつけてください。

メテオラ修道院(Meteora Monasteries)の基本情報
住所:Meteora, Kalambaka Thessaly Trikala
電話:各修道院による異なります
料金:3ユーロ(約468円)
※2023年10月3日のレート、1ユーロ=156.12円で計算
営業時間:各修道院による異なります
休日:各修道院により異なります
アクセス:アテネからカランバカ行きの電車・バスで約5時間
公式サイト:http://odysseus.culture.gr/h/3/eh3530.jsp?obj_id=2442

ギリシャが誇る世界遺産のメテオラとは?発展した歴史や観光の見どころを紹介

コリントス運河

断崖が続く運河でクルージング


photo by pixabay

ギリシャ本土とペロポネソス半島をつないでいる運河です。全長約6.3キロ、幅は23メートルから24.6メートルしかなく、大きな貨物船は通ることができません。

そんなコリントス運河の楽しみ方は、観光客向けのクルージング!両岸には絶壁が続いており、間近で迫力のある景色を楽しめますよ。また狭い運河なのでスリル満点。


photo by pixabay

コリントス運河の途中には、架橋がかかっており、バンジージャンプができるんです!絶壁に囲まれた場所でのバンジージャンプは一生の思い出になりそうですよね。ぜひ興味がある方は挑戦してみてください!

コリントス運河(orinth Canal)の基本情報
住所:Korinthos 20300 Theodori, Greece
電話:クルーズ船によって異なります
営業時間:クルーズ船によって異なります
休業日:クルーズ船によって異なります
アクセス:アテネから車、バスで1時間程度
料金:クルーズ船により異なる
公式サイト:クルーズ船によって異なります

ギリシャでおすすめの離島4選・エーゲ海周遊クルーズ

ギリシャはアテネだけでなく、エーゲ海に数多くの島が点在しておりリゾート地として世界中から多くの観光客が訪れています。おすすめの離島をご紹介!

サントリーニ島

かわいらしい街並みに癒やされるリゾート


photo by pixabay

サントリーニ島は、エーゲ海のクラデス諸島に位置しており、三日月のような形をしています。かわいらしい街並みが魅力的なリゾート地です。ほかでは味わえない絶景を楽しめるので世界中から多くの観光客が訪れます。


photo by pixabay

島にはイラとフィラという2つの主要エリアがあります。イラは美しいサンセットを眺めることができるエリア。とくに古城から見える、真っ赤に染まる絶景は格別です。フィラにはレストランやカフェ、お土産屋さんが多く立ち並びます。旅の目的にあわせて滞在先を選ぶと良いでしょう。

サントリー二島(Santrini)の基本情報
住所:Santrini, Greece
電話:なし
営業時間:24時間 
※11月~3月のオフシーズンは店舗クローズの場合があります
休業日:なし
アクセス:アテネから飛行機で約1時間、フェリーで約6時間
料金:無料
公式サイト:なし

ミコノス島

白と青の絶景が広がるあこがれのリゾート


photo by pixabay

ミコノス島は、サントリーニ島と並ぶギリシャを代表する離島。白い家や風車などが立ち並び、エーゲ海に浮かぶ白い宝石と称されています。島中にビーチがあり、ヌーディストビーチとして有名なパラダイスビーチも!他では体験できない時間が過ごせますよ。

海岸沿いには、おしゃれな音楽がかかったクラブやカフェも多いので、海を楽しみたい方におすすめです。


photo by unsplash

ミコノス島でおすすめの観光地はリトルベニス。海沿いにレストランが立ち並んでおり、おいしい料理が楽しめます。美しい夕日も見られるので、早めの時間に訪れると良いでしょう。観光や海水浴を楽しんだあとに夕日を眺めながら優雅なひと時を過ごしてみてくださいね。

ミコノス島(Mikonos)の基本情報
住所:Mikonos, Greece 
電話:なし
営業時間:24時間
※11月~3月のオフシーズンは店舗クローズの場合があります
休業日:なし
アクセス:アテネから飛行機で約1時間、高速船で約2時間半、フェリーで約4時間半
料金:無料
公式サイト:なし

ロードス島

島全体が世界遺産、中世ヨーロッパを感じられる島


photo by pixabay

ロードス島は、エーゲ海の南部のアナトリア半島沿岸に位置し、対岸のトルコまで約18キロの離島です。

ロードス島は島全体が世界遺産に登録されており、見どころがたくさん!とくに旧市街地には、たくさんの遺跡があります。これはかつて聖ヨハネ騎士団が占拠していた時に造られたもので、当時の中世ヨーロッパの様子を感じることができます。まるで中世にタイムスリップしたような時間が過ごせますよ。


photo by pixabay

そしてロードス島には、エジプトのピラミッドと同じ世界七不思議のひとつがあります。それはロードス島に巨像があったのでは?というもの。紀元前3世紀ごろに台座をふくめて約50メートル以上の太陽神ヘーリオス像が造られましたが、地震によって壊れてしまい、現在は一部しか残っていないんだとか。伝説の巨象として、世界七不思議に数えられるようになりました。

ロードス島(Rhodes)の基本情報
住所:Rhodes, Greece 
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:アテネから飛行機で約1時間
料金:無料
公式サイト:なし

ザキントス島

アニメの舞台にもなった美しい島


photo by pixabay

ザキントス島はイオニア海に浮かぶ孤島。アニメの舞台にもなったといわれており、島内には美しいビーチがたくさんあります。

島の中心地にあるザキントスタウンで宿泊することができ、ホテルも高級ホテルや大きなホテルはないのでこじんまりとした滞在ができますよ。ゆっくりのんびり過ごしたい人にぴったりです。


photo by pixabay

ザキントス島の人気観光地は、白い砂浜とコバルトブルー海のコントラストが美しいシップレックビーチ。神秘的な海も人気ですが、ポツンと打ち上げられた難破船が有名です。現在も当時のまま残されており、映画を見ているかのような不思議な雰囲気がただよっています。船でアクセスできるので、ツアーに参加することをおすすめします。

ザキントス(Zakynthos)の基本情報
住所:Zakynthos, Greece 
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:アテネから飛行機で約1時間、バスとフェリーで約5時間
料金:無料
公式サイト:なし

エーゲ海周遊クルーズでポロス島・イドラ島・エギナ島へ


photo by Unsplash

エーゲ海にはほかにも魅力的な島がたくさんあります。中でも特に、ポロス島・イドラ島・エギナ島は、アテネから日帰りショートトリップの周遊クルーズで訪れることのできる島として大人気!

ポロス島はこぢんまりとした港街と小高い丘、そびえ立つ灯台の景色がフォトジェニックな島です。のどかで素朴な島の雰囲気を味わいながら散策を楽しめます。

イドラ島は美しいリゾートアイランド。白い石畳の坂道ではあちこちに猫を見かけることができ、石造りの家々がカラフルな花で飾られている街の様子はとっても魅力的。島では働きもののロバが荷物を運んでいる風景にも出会えますよ!


EvaggeliaT, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Aphaia_Temple,_Aegina_DSC02823.jpg

エギナ島(アイギナ島ともいう)は、ピスタチオの産地として有名な島です。広大な島の敷地にはピスタチオの畑が広がっています。

またエギナ島は古代ギリシャの時代から都市として栄えた歴史があり、山の上には紀元前5〜6世紀に建てられたというアフェア神殿が現在も存在しています。港からバスツアーで訪れるのが一般的。神殿のそばの土産屋に売っているピスタチオのアイスクリームが絶品なので、訪れた際はぜひ味わってみてくださいね!

1日エーゲ海クルーズはアテネから日帰りで参加できて、いろいろな島を巡れるのでおすすめ!船の中でランチが出るクルーズツアーもあるのでぜひ各ツアー催行業者のサイトをチェックしてみてくださいね。ちなみに、季節によっては波が高いので、フェリー乗船中は船酔いに要注意!酔い止めを持参して備えましょう。

1日エーゲ海周遊クルーズの基本情報
出発場所:Flisvos Marina(フリスボス・マリーナ)Palaio Faliro 175 61, Greece
電話:クルーズ船によって異なります
営業時間:クルーズ船によって異なります
休業日:クルーズ船によって異なります
催行時間:アテネから船で3島巡って10〜12時間程度
料金:クルーズ船により異なりますが約150ユーロ前後(約22,000円〜24,000円)
※2023年10月3日のレート、1ユーロ=156.12円で計算
公式サイト:クルーズ船によって異なります

ギリシャ観光の決定版!エーゲ海クルーズも含むモデルコースはこちら


Oia, Santorini, Greece by John Morton is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED
https://www.flickr.com/photos/184659367@N07/49219696602/

歴史を感じるアテネの街、素晴らしい古代ギリシャの神殿、荘厳なメテオラ、そしてエーゲ海の美しい島……ギリシャ旅行では訪れたい場所がたくさん!だからこそ、効率的に周遊しましょう。ここでは、4日間でよくばりに巡るおすすめのギリシャ観光モデルコースをご紹介します。

1日目 アテネの人気観光スポット パルテノン神殿、アテネ国立考古学博物館などを観光(アテネ市内泊)

2日目 アテネ出発〜電車・バス〜メテオラ修道院観光(カランバカ近郊泊)
またはアテネ出発〜飛行機・フェリー〜サントリーに島などの離島へ(離島泊)

3日目 各地〜アテネへ イフェストウ通りなどでお買い物やギリシャグルメを楽しむ(アテネ市内泊)

4日目 1日エーゲ海クルーズでポロス島・イドラ島・エギナ島を巡る(アテネ市内泊)

メテオラ修道院のあるカランバカはアテネ市内からは遠いので、1泊して戻ることを想定しましょう。ここでは4日間でぎゅっと詰まった旅程ですが、もっと日数に余裕があればエーゲ海の島々でゆっくり連泊して、リゾートステイもたっぷり楽しむのがおすすめです!

ギリシャ観光におすすめのシーズンは?


photo by unsplash

ギリシャは地中海性気候で一年中温暖となっており、ベストシーズンは5月~10月です。とくに7月~10月は雨も少なく、サントリーニ島をはじめとする離島へ世界中から多くの方が訪れています。

オフシーズンの11月~月は悪天候なことが多く、観光地でもお店が閉店したり、フェリーの本数が減便することもあります。

ギリシャ旅行に必要な費用や日数は?


photo by pixabay

ギリシャ旅行するのであれば、先ほどのモデルコースなど、アテネ+離島のプランをおすすめします。アテネで博物館や遺跡をみてじっくりと探索、サントリーニやミコノス島でアクティビティやビーチを楽しむと素敵な思い出を作れること間違いありません!

1週間の滞在で、20万円~になります。高級ホテルに泊まったり、移動をたくさんする場合は費用がかかるのでご注意くださいね。

ギリシャの旅行費用をチェック!

【2024年最新】ギリシャ旅行1週間の費用&予算は?旅費の節約方法も紹介

ギリシャ旅行の治安・観光時の注意点


photo by pixabay
※画像はイメージです

ギリシャの治安は日本と比較すると、決してよくありません。特に観光地や人通りの多い場所でのスリ、置き引きが多いです。財布はしっかり鞄の中にしまっておく、ポケットにいれないなど注意を払いましょう。

ギリシャの人気観光スポットを満喫しよう


photo by pixabay

この記事では、ギリシャのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。

遺跡や離島でのリゾート地など見どころがいっぱいあるギリシャでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、ギリシャ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年10月3日のレート、1ユーロ=156.12円で計算しています。

この記事で紹介したホテルはこちら🌟

NEWT(ニュート)ならアプリでかんたんに予約できます🤳 いつでも5%ポイント還元!

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる