NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ガイ・フォークスナイトは行進がすごい!アクセスや見どころなどを解説

イギリスを代表するお祭り・ガイ・フォークスナイト。ある地域ではたいまつを持って行進したり、大きな焚き火が行われたり。イギリス各地では大きな花火なども打ち上げられます。 この記事では、ガイ・フォークスナイトの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひガイ・フォークスナイトに参加する前に情報をチェックして、お祭りを楽しんでくださいね!

ライター
NEWT編集部

イギリスを代表するお祭り・ガイ・フォークスナイト。ある地域ではたいまつを持って行進したり、大きな焚き火が行われたり。イギリス各地では大きな花火なども打ち上げられます。

この記事では、ガイ・フォークスナイトの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひガイ・フォークスナイトに参加する前に情報をチェックして、お祭りを楽しんでくださいね!

Contents

ガイ・フォークスナイトの基本情報


https://www.flickr.com/photos/shaneglobal/5190427534/
Guy Fawkes Night 2010 - Battle by Shane Global is licensed under CC BY 2.0

イギリスを代表するお祭りである、ガイ・フォークスナイト。日本ではあまり馴染みがない祭りですが、イギリスでは知らない人はまずいない人気のイベントです。まずは、ガイ・フォークスナイトの概要や歴史などの基本情報を解説します。

ガイ・フォークスナイトの概要や歴史は?


photo by Unsplash

Guy Fawkes Night(ガイ・フォークスナイト)は、毎年11月5日にイギリス全土で行われている祭りです。Bonfire Night(ボンファイア ナイト)やFireworks Night(ファイヤーワークス ナイト)などの名前でも呼ばれることもあり、400年以上開催され続けています。

ガイ・フォークスナイトの起源は、1605年11月5日に起こったクーデター。その当時の国王であったジェームズ1世はプロテスタントの宗教であったため、カトリックを信仰している人々は弾圧されていました。そんな時代に立ち上がったのが、カトリック教徒であったガイ・フォークス。彼は国王を含めた要人が会議をしていた国会議事堂の地下室に火薬を仕掛けて、爆発させようと試みました。

しかし、犯行前にバレてしまい、ガイ・フォークスを含む実行犯は捕まっています。その後、11月5日は国王が無事であったことを記念して、祝日に制定されました。この祝日は現在廃止されているものの、ルイスという街を中心に現在でもお祭りや花火大会などのイベントが行われています。

ガイ・フォークスナイトが開催される都市は?


https://www.flickr.com/photos/dominicspics/1901431889/
Lewes Bonfire Night 2007 - Bonfire Burning by Dominic Alves is licensed under CC BY 2.0

ガイ・フォークスナイトはイギリスを中心に開催されていますが、特にサセックス州ルイスでは現在でも大規模な行列や焚き火、花火などのイベントが行われています。小さな街ですが、ガイ・フォークスナイトが行われる時期には世界中から大変多くの観光客が訪れます。

ルイスにはお城などの歴史的な建物が数多く立ち並んでいるため、お祭り以外にもたっぷり観光を楽しめますよ。ロンドン市内からは車や電車、バスなどの交通手段を使用すると約1時間でアクセスできます。

ガイ・フォークスナイトの開催日時は?


photo by pixabay

ガイ・フォークスナイトは、毎年11月5日に開催されますが、日曜の場合は土曜(2023年度は11月4日)に行われます。開催時間は16時から23時半までとなっていますが、時間が伸びることもあります。参加する際は、近くのホテルを手配するなど、余裕を持って楽しんでくださいね。

ガイ・フォークスナイトの見どころ・楽しみ方


https://www.flickr.com/photos/shaneglobal/5189819223/
Guy Fawkes Night 2010 - Battle by Shane Global is licensed under CC BY 2.0

ガイ・フォークスナイトが一番大きく行われているルイスでは、複数の焚き火協会がLEWES BONFIRE NIGHT(ルイス ボンファイヤー ナイト)を開催しています。たいまつを持って街中を行進する様子は迫力まんてん!

ここからは、そんなガイ・フォークスナイトの見どころや楽しみ方を紹介します!

燃えるたいまつや十字架、人形を片手に行進


https://www.flickr.com/photos/dominicspics/1902694048/
Lewes Bonfire Night 2007 - Burning Crucifixes by Dominic Alves is licensed under CC BY 2.0

ガイ・フォークスナイトでは、20時より燃やしたたいまつや十字架などを持って町中を歩くパレードが開催されます。焚き火協会によってコスチュームが違うところも見どころのひとつ。戦争記念館などのルイスの街並みを練り歩いた後、それぞれの焚き火協会が指定した会場で、21時半より焚き火が行われます。

https://www.flickr.com/photos/dominicspics/1902007217/
Lewes Bonfire Night 2007 - Torch Rally by Dominic Alves is licensed under CC BY 2.0

イギリスや世界各地からこの行列を見るために多くの観光客が訪れており、パレードが行われる道沿いは大変混雑します。焚き火会場のチケットを持っていれば立ち入ることはできますが、中心部は一定の人数に達すると規制ゲートが設置されてしまうので、早めに会場に行っておくと安心です。

火をたくさん利用する祭りなので、見学しているだけでも危険はつきもの。近くで祭りを鑑賞する時には道をふさいだり、立ち入ったりしないようにしましょう。たいまつから火の粉が飛んでくることもあるため、帽子や眼鏡などを着用して安全を確保してくださいね。

次々に燃やされていく人形


https://www.flickr.com/photos/princeheathen/1892247108/
Lewes Bonfire Night by Simon Trimby is licensed under CC BY-ND 2.0

町中を行進した後は、それぞれの焚き火協会が指定するスポットで大きな焚き火が行われます。焚き火協会によって規模は異なりますが、ガイ・フォークスの最終目的地にあるファイヤースポットで燃やすことも!焚き火が行われる会場では屋台なども出店していて、ハンバーガーやホットドッグを食べながら迫力のある炎を鑑賞できます。

真冬の空に打ち上がる大きな花火


photo by pixabay

ガイ・フォークスナイトの名物として現地の方や観光客の方が楽しみにしているのが、花火。盛大にガイ・フォークスを開催しているルイスでは、焚き火に火がつけられた後に祭りの最後のメインイベントとして、22時ごろに花火が打ち上げられます。

ガイ・フォークスナイトの日だけでなく、ロンドンなどのイギリス各地では11月になるとさまざまな場所で花火が打ち上げられており、冬の風物詩として親しまれています。それぞれの花火大会はチケット制となっていて、オンラインで事前購入が可能です。

ガイ・フォークスナイトの参加方法は?予約は必要?

ガイ・フォークスナイトでは、焚き火会場や花火会場となるスポットに立ち入るためには、事前にチケットを購入する必要があります。ここからは、ガイ・フォークスナイトの参加方法や購入方法を紹介します!

焚き火会場は事前予約は必須?


https://www.flickr.com/photos/dominicspics/1901597899/
Lewes Bonfire Night 2007 - Burning Town and Hillside Watchers by Dominic Alves is licensed under CC BY 2.0

行進の最終地点である焚き火会場に入場するためには、事前にチケットを購入しておく必要があります。それぞれの焚き火協会によって開催場所は異なりますが、チケットは公式サイトや観光案内所などで購入可能です。当日券も販売されているものの、売り切れとなってしまうことが多いので、早めに手配しておくと安心。

ガイ・フォークスナイトの時期にイギリス各地で行われている花火大会もチケットが販売されます。

オプショナルツアーに参加するのもおすすめ


https://www.flickr.com/photos/montpelier/4082271499/
Lewes Bonfire Night, 2009 by Miles Sabin CC BY-SA 2.0

ガイ・フォークスナイトはイギリス各地で行われていますが、その中でも大規模に開催しているルイスは、大変混雑します。公共交通機関や道路は規制されてしまうので、スムーズにお祭りを楽しみたい方は、現地ツアーの参加がおすすめです。

ガイ・フォークスナイトへのアクセス・行き方


https://www.flickr.com/photos/somewhereintheworldtoday/5157571039/
Guy Fawkes, Bonfire Night - guys burning on the bonfire by Somewhere in the world today… is licensed under CC BY 2.0

ガイ・フォークスナイトはイギリス全土で行われていますが、一番大きく開催しているのはロンドンから電車で1時間半の距離にあるルイス。ガイ・フォークスナイトが行われる日には、周辺の道路が閉鎖されます。駐車規制も行われるので、レンタカーなどでのアクセスはおすすめできません。

ここからは、大規模にガイ・フォークスナイトを開催するルイスへのアクセス方法を紹介します!

最も一般的な移動は電車


https://www.flickr.com/photos/dominicspics/1903211460/
Lewes Bonfire Night 2007 - Brighton Station by Dominic Alves Dominic Alves  is licensed under CC BY 2.0

ガイ・フォークスが大きく行われるルイス(Lewes)からロンドン(London Victoria)までは、電車を利用すると約1時間、9.5ユーロ(約1,494円)でアクセスできます。乗り換えなしで移動できるので、とても手軽!チケットは駅だけでなく、オンラインでも購入可能です。

なお、ガイ・フォークスナイトが開催される当日はかなり混雑します。祭りは真夜中まで実施されることも多いので、時間を気にせず楽しみたい方はルイス近郊の宿泊施設を手配しておくと安心です。

最短で向かいたいならタクシー


https://www.flickr.com/photos/29877454@N04/2993729708/
London taxi by OpenEnglishWeb is licensed under CC BY 2.0

スーツケースなどの荷物をたくさん持っていると、電車などの公共交通機関を利用するのはちょっと大変。そんな方におすすめしたいのが、タクシーです。ただガイ・フォークスナイトが実施される日はルイス市内を中心に交通規制が行われるので、近くまで立ち寄ることはできません。前日までにルイスに向かう場合や後日ロンドンなどに移動する場合に利用してみてくださいね。

ロンドンのヒースロー空港から利用する場合は、155ユーロ(約24,382円)。所要時間は、約1時間です。

ガイ・フォークスナイトにおける注意点


https://www.flickr.com/photos/ian_d/30519128830/
Glasgow Fireworks 2016 by Ian Dick is licensed under CC BY 2.0

ガイ・フォークスナイトは多くの人が集まるだけでなく火をたくさん使用するため、危険が伴います。

ここからは、そんなガイ・フォークスナイトに参加する上での注意点を紹介します。

子どもの参加はおすすめできない


https://www.flickr.com/photos/montpelier/4082275019/
Lewes Bonfire Night, 2009 by Miles Sabin is licensed under CC BY-SA 2.0

ガイ・フォークスナイトでは、たいまつを掲げて歩いたり、大きな花火が上がったり、かなり混雑していたりと、子どもやペットが楽しめる環境ではありません。レストランやショップ、トイレなども閉鎖されてしまうことが多いため、待ち時間もかなり発生します。

ガイ・フォークスナイト開催中は街中にたくさんの煙が立ちこめており、子どもや呼吸器に不安のある方はマスクを着用するなどの対策が必要です。また、道端にはゴミやたいまつなどが落ちていることも多いため、ベビーカーなどの利用はおすすめできません。

混雑時などにはスリに気をつける


https://www.flickr.com/photos/dominicspics/4051693838/
Lewes Bonfire Night Celebrations 2008 by Dominic Alves is licensed under CC BY 2.0

普段は落ち着いているルイスですが、ガイ・フォークスナイト開催中は大変混雑します。電車などの公共交通機関を利用する場合はもちろんですが、パレードや焚き火を鑑賞する際もスリなどの被害に合わないように注意してくださいね。

ガイ・フォークスナイトを満喫しよう


この記事では、ガイ・フォークスナイトに関する見どころや歴史、参加方法、アクセスなどをご紹介しました。ガイ・フォークスナイトは、一生に一度は見ておきたいほど迫力のあるお祭りです。ぜひ紹介した情報を参考に、ガイ・フォークスナイトを満喫してみてくださいね!

ガイ・フォークスナイト(Guy Fawkes Night)の基本情報
住所: Lewes, United Kingdom
開催日:11月5日付近
アクセス: ロンドンから電車で約1時間
参加料金:無料
公式サイト:https://www.lewesbonfirecelebrations.com/southover-bonfire-society/

※記事内の金額は2023年10月8日のレート、1ユーロ=157.3円で計算しています

cover photo by
https://www.flickr.com/photos/montpelier/4082271499/
Lewes Bonfire Night, 2009 by Miles Sabin CC BY-SA 2.0

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

イギリスの東京発のおすすめツアー

イギリス旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる