NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

イギリス・バッキンガム宮殿を観光しよう!歴史や見どころ、周辺施設を解説

本記事では、バッキンガム宮殿の歴史や見どころ、衛兵交代式、周辺施設などを徹底解説。知っておけばバッキンガム宮殿の観光をさらに楽しめる情報を紹介するので、ロンドンへ旅行を予定している人・バッキンガム宮殿へ行ってみたい人はぜひ参考にしてください。

ライター
NEWT編集部

イギリス・ロンドンの象徴的な存在であるバッキンガム宮殿。現在でも使用されている現役の王宮ということで、一度は行ってみたい人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、バッキンガム宮殿の歴史や見どころ、有名な衛兵交代式のスケジュールのほか、周辺施設などを徹底解説。知っておけばバッキンガム宮殿の観光をさらに楽しめる情報を紹介するので、ロンドンへ旅行を予定している人・バッキンガム宮殿へ行ってみたい人はぜひ参考にしてください。

Contents

ロンドンのおトクなツアーはこちら!

イギリス・バッキンガム宮殿の基本情報


photo by Unsplash

はじめに、バッキンガム宮殿の基本情報を見ていきましょう。バッキンガム宮殿の特徴・所在地のロンドン・歴史などを解説します。

バッキンガム宮殿の特徴


photo by Unsplash

バッキンガム宮殿は世界でも希少な、現役で執務が行われている王宮です。イギリスのロンドンにあり、 敷地面積は約1万坪、 総部屋数は775部屋を誇ります。

バッキンガム宮殿でとくに有名なのは、赤い制服と黒い帽子が特徴の近衛兵が行進する衛兵交代式!世界的に有名な行事で、各国から観光客が見学に訪れます。

宮殿の内部には普段は入ることができませんが、夏の間のみ一般公開されており、華やかな王宮の内装が見学可能!宮殿の周辺は美しい庭園や自然豊かな公園が広がり、落ち着けるスポットになっています。

華やかな宮殿と世界的に有名な衛兵交代式を見れるバッキンガム宮殿は、ロンドンに来たら必ず立ち寄りたい観光スポットです!

バッキンガム宮殿のあるロンドンはどんな街?


photo by Unsplash

バッキンガム宮殿のあるロンドンは、世界三代都市として名高い格式ある街です。伝統的な古い建物を何度も改修しているため、クラシックな歴史ある街並みが特徴!異国情緒溢れる体験ができるでしょう。

かつてイギリスが世界中に植民地を持っていたことから、ロンドンにはさまざまな人種の人たちが住んでいます。日本ではあまり味わえない雰囲気を楽しめますよ!

バッキンガム宮殿の周辺には、自然あふれる庭園やグリーンパーク公園があります。ジョギングコースにもなっている開放感のある場所なため、時間があれば自然の中で一息つくのもおすすめです。

バッキンガム宮殿の歴史


photo by Unsplash

バッキンガム宮殿は、1703年にバッキンガム公・ジョン・シェフィールという人が建てた館を、1760年頃に当時の王様であるジョージ3世が別荘として買い取ったのが起源とされています。

その後王位を継いだジョージ4世は、その館を全面的に改築することを建築家であるジョン・ナッシュに命じ、12年もの時間をかけて1837年にバッキンガム宮殿として完成しました。

完成した後は、当時即位したばかりのヴィクトリア女王が移り住み、イギリス王室の公式宮殿となります。

宮殿の一般公開がされるようになったのは、1992年のこと。ウインザー城の火事がきっかけで、修復のための費用に見学料金があてられました。当時は期限付きの限定公開でしたが、現在では恒例行事として夏の間に一般公開されています!

バッキンガム宮殿が世界遺産でない理由とは?


photo by unsplash

世界的に有名なバッキンガム宮殿ですが、世界遺産には登録されていません。理由は管理が大変なため、登録されることを望まれていないからです。

世界遺産には適切な保護管理体制をとることが義務付けられています。王室の建造物の場合、管理体制が非常にむずかしいという問題があることから、バッキンガム宮殿はロンドンのシンボルではあるものの、世界遺産にはなっていないのです。

バッキンガム宮殿の見どころは?


photo by unsplash

バッキンガム宮殿には貴重なエリアや訪れておきたい場所がたくさん!ここでは、バッキンガム宮殿に来たら絶対に外せない!というスポットや見どころを紹介します。

有名な見学スポット!バッキンガム宮殿の衛兵交代式


photo by unsplash

衛兵交代式は、バッキンガム宮殿で最も有名な行事で、一番の見どころです。5つの近衛連隊が順番に門番を行いつつ、30〜40分ほど続く連隊の行進を眺めることができます。

基本的に1年を通して行われる行事ですが、他のイベントの開催や行事などで中止になる場合もあります。公式サイトでスケジュールや休業日を見られるため、衛兵交代式目当てにバッキンガム宮殿に行く人はチェックしておきましょう!

非常に人気のある行事で、交代式を見やすい場所は人でいっぱいになります。1日のスケジュールや見学スポットについては、本記事内で詳しく解説するため参考にしてください。

宮殿の豪華な内装が見られる!ステートルーム


photo by unsplash

1年の間で夏季に限り、バッキンガム宮殿の内部にあるステートルームを見学できます。王宮内の豪華な内装や調度品を見られるため、貴重な体験となるでしょう。

公開されるのは宮殿内の西ブロック19室。多くのゲストが女王と謁見したホワイト・ドローイング・ルームや王座の間、スローンルームなどを見学できますよ!

ステートルーム(Stateroom)の基本情報
住所: London SW1A 1AA
電話:+443031237300
営業時間:9:30〜17:15
休館日:年度により異なる、公式サイト参照
アクセス:地下鉄ヴィクトリア(Victoria)駅、またはグリーンパーク(Green Park)駅から徒歩約10分
料金:事前予約30ポンド(約5,527円)/当日購入33ポンド(約6,080円)
※2023年8月27日のレート、1ポンド=184.23円で計算
公式サイト:https://www.rct.uk/visit/buckingham-palace

王室の美術品が展示されたクイーンズギャラリー


photo by unsplash

The Queen’s Gallery(クイーンズギャラリー)は、バッキンガム宮殿のすぐ隣にある施設です。イギリス王家の美術品や、女王に贈られた記念品などが数多く展示されています。

膨大な王室のコレクションから選ばれた品が展示されているため、飽きることなく楽しめるでしょう!入場にはチケットが必要ですが、併設されたショップの入場は無料です。記念品としてお土産が購入できます。

バッキンガム宮殿内が公開されている夏季であれば、ステートルームとクイーンズギャラリーの両方に入場できる特別チケットが購入可能!ステートルームの後に向かうのもおすすめなスポットです。

クイーンズギャラリー(The Queen’s Gallery)の基本情報
住所: Buckingham Palace, London SW1A 1AA 
電話:+443031237301
営業時間:9:00~17:00(最終入場:16:15)
休館日:火曜日・水曜日
アクセス:地下鉄ヴィクトリア(Victoria)駅、またはグリーンパーク(Green Park)駅から徒歩約10分
料金:一般 17ポンド〜(約3,132円)、18〜24歳 11ポンド〜(約2,027円)、5〜17歳 9ポンド〜(約1,658円)
※展示によって異なる場合があります。
※2023年8月27日のレート、1ポンド=184.23円で計算
公式サイト:https://www.rct.uk/visit/the-queens-gallery-buckingham-palace

イギリス・ヴィクトリア女王の記念碑「ヴィクトリア記念碑」


photo by unsplash

ヴィクトリア記念碑は、バッキンガム宮殿の正門前にあるヴィクトリア女王の記念碑。多くの観光客が足を運ぶ、バッキンガム宮殿の名スポットです。

衛兵交代式を見る際に絶好の位置にあるため、ピーク時には非常に人が集まります。落ち着いて見学したい場合は、衛兵交代式の時間を避けて行くのがおすすめ!

バッキンガム宮殿を訪れる際は、ぜひ立ち寄りたいスポットです。1年を通して見られますよ!

宮殿最大の見どころ!衛兵交代式の見学方法を解説

バッキンガム宮殿で最大の見どころ、衛兵交代式。イギリス王室の歴史を感じさせる人気の行事です!衛兵交代式を最大限に楽しむには、スケジュールやルート・見学ポイントを把握して、行進する姿を見逃さないようにしましょう。詳しく解説します。

衛兵交代式の開催日


photo by unsplash

衛兵交代式の開催日は、夏季とそれ以外の季節で以下のように異なります。

  • 夏季:毎日開催
  • 夏季を除いた季節:月曜・水曜・金曜・日曜開催

また、特別なイベントがある日は開催されない場合もあります。開催日は英国王室師団の公式サイトで確認できるため、念の為確認しておくと安心でしょう。

衛兵交代式のスケジュール・ルート


photo by unsplash

衛兵交代式は、午前11時頃からバッキンガム宮殿で開始されます。詳しいスケジュールについて見ていきましょう。

10:43:オールドガードがセント・ジェームズ宮殿から出発。バッキンガム宮殿へ行進
10:57:ニューガードがウェリントン兵舎から出発。11時頃に宮殿入場
11:00:バッキンガム宮殿で交代式開始(式は30〜45分ほど続く)
11:10:セント・ジェームズ宮殿の救援隊がバッキンガム宮殿を出発
11:25:セント・ジェームズ宮殿派遣団がセント・ジェームズ宮殿を出発
11:40:オールドガードがウェリントン兵舎へ出発
11:45:ニューガードがバッキンガム宮殿を出発

式が始まるのは午前11時頃ですが、人気の見学スポットは観光客で混雑するため、場所を確保したい場合は早めに位置につきましょう!とくに宮殿の正門前・ヴィクトリア女王記念碑の前は1時間前には到着しておくことをおすすめします。

なお、式のスケジュールは変更される可能性があります。こちらのページで確認しましょう。

衛兵交代式のおすすめ見学ポイント


photo by unsplash

衛兵交代式を見学する際は、衛兵の姿がよく見える場所で待機しておきましょう。以下のポイントがおすすめです。

  • 宮殿の正門前
  • ヴィクトリア女王記念碑の前
  • ザ・マル(大通り)
  • ウェリントン兵舎前

最も間近で衛兵交代式を見られるのは、宮殿の正門前。特等席で交代式を見学できますが、その分人気で身動きがとれないほど人で溢れかえります。ヴィクトリア女王記念碑前は、衛兵交代式と行進を高い位置から眺められる、正門前に次ぐ大人気スポットです!

少し混雑を避けて式を見学したい場合は、トラファルガー広場からバッキンガム宮殿へ延びる大通りのザ・マルも、衛兵の行進がよく見えるためおすすめです。

観光客を避けて式を見たい場合は、ウェリントン兵舎が穴場スポット。ニューガードたちの出発する姿を見学できます。行進前には、バンド演奏が行われるところも見れますよ!

衛兵交代式の見学は料金がかかる?


photo by unsplash

衛兵交代式は料金がかからず、無料で見学できます。とくに用意するものはありませんが、衛兵交代式は人気の行事なため、混雑は覚悟しておくべきです。正門前やヴィクトリア女王記念碑の前で見学したいのであれば、1時間以上前に到着しておきましょう!

また、開催日にも注意が必要です。夏場はほぼ毎日行う衛兵交代式ですが、月によっては2日に1回の開催となります。衛兵交代式は無料で見学できますが、日によって式を行わないため、事前に休業日をチェックしておきましょう!

衛兵交代式を見た後はガーズ博物館にも行ってみよう


photo by unsplash

衛兵交代式を見学した後は、衛兵をテーマにした博物館、ザ・ガーズ・ミュージアムへ行くのもおすすめです。規模は小さいですが、衛兵の歴史などを見ることができます。衛兵交代式で興味が湧いたら、博物館にも寄ってみるといいでしょう。

博物館には隣接ショップもあるため、お土産探しもできます。衛兵のフィギュアや連隊のマークが入ったアイテムなどのここだけのグッズが購入できるため、記念品としても最適!

ザ・ガーズ・ミュージアム(The Guards Museum)の基本情報
住所:Wellington Barracks, Birdcage Walk, London SW1E 6HQ
電話:020 7414 3271 / 3428
営業時間:10:00~16:00(入館は15:30まで)
休館日:不定期
アクセス:地下鉄ヴィクトリア(Victoria)駅、またはグリーンパーク(Green Park)駅から徒歩約10分
料金:一般 6ポンド(約1,009円)、学生 3ポンド(約504円)
※2023年8月27日のレート、1ポンド=184.23円で計算
公式サイト:http://www.theguardsmuseum.com/

イギリス・バッキンガム宮殿への周辺都市からのアクセス方法


photo by unsplash

周辺都市からバッキンガム宮殿へアクセスする際は、地下鉄を利用しましょう!バッキンガム宮殿の最寄駅は、地下鉄ヴィクトリア駅、またはグリーンパーク駅です。

近くの駅から地下鉄に乗り込み、地下鉄ヴィクトリア駅、またはグリーンパーク駅で降りてから徒歩約10分ほどで宮殿に到着します。

空港からアクセスする場合は、最も近い空港はヒースロー空港。空港から地下鉄に乗り換え、グリーンパーク駅で降り、徒歩約10分ほどでバッキンガム宮殿に到着します。ヒースロー空港からバッキンガム宮殿までの移動時間は約1時間10分です。

バッキンガム宮殿の予約方法は?予約は必須?

次に、バッキンガム宮殿の予約方法を解説します。バッキンガム宮殿内のチケットは当日購入が可能なため、予約は必須ではありません。しかし宮殿内に入場するには、事前予約がおすすめです。方法別に予約の仕方を詳しく紹介します。

宮殿内の入場は予約がベスト


photo by unsplash

バッキンガム宮殿内の見学をする際は、事前予約が圧倒的におすすめです。事前予約すると当日購入よりチケット代が安くなりますし、チケット購入時の混雑も避けられます。旅先の時間は限られているため、事前に予約できるならしておく方が現地で楽しめる時間が増えますよ!

ちなみに2023年に予定している夏季のチケット料金は、当日購入で33ポンド(約5,548円)で、事前予約は30ポンド(約5,043円)です(2022年11月9日時点の発表)。

公式サイトからの予約


photo by unsplash

事前予約する場合は、公式サイトからチケットを購入しましょう。事前予約ですと、大人一人につき30ポンド(約5,527円)です。当日のチケットより割安ですので事前に予約しておくのがおすすめです。当日チケットは33ポンド(約6,080円)となっています。

事前予約をしても、バッキンガム宮殿内に入場できるのは夏季限定となります。他のシーズンでも衛兵交代式やヴィクトリア女王記念碑の見学などはできますが、ステートルームに入れないため注意しましょう。

予約できなくても、当日に窓口で購入可能


photo by unsplash

事前にオンラインで予約できなかった人は、当日に窓口でチケットを購入することも可能です!ただし現地で購入する場合は、午前9時頃にはチケット売り場に行かないと、売り切れてしまいます。早めにチケット売り場に行き、購入するようにしましょう。

オプショナルツアーの利用

日本からロンドンへのオプショナルツアーの案内もあります。ツアー内容によってはバッキンガム宮殿内に入れるオプション付きのツアーもあるため、宮殿内に入場するのが目当ての人は検討してみましょう。

バッキンガム宮殿観光の所要時間


photo by unsplash

宮殿内の見学の所要時間は、2時間〜2時間30分ほどです。チケットは時間制となっているため、時間に遅れないようにしましょう。

現地では日本語解説のオーディオガイドも用意されています。スポットの解説を聴けるので、ゆっくりと非日常を感じながら楽しんでくださいね!

バッキンガム宮殿を楽しむベストシーズンは?

イギリスのロンドンまで、はるばる足を運ぶのであれば、バッキンガム宮殿を最も楽しめるシーズンに行きたいところ。そこで本項では、バッキンガム宮殿を楽しめるベストシーズンを紹介します。

宮殿内に入りたい・庭園を楽しみたいなら夏場


photo by unsplash

宮殿内に入りたい人は、夏場にバッキンガム宮殿に行きましょう。宮殿内は夏場の特別期間のみしか入れません。特別期間は年によって異なりますが、おおよそ7月から10月初旬頃までです。

また、夏は庭園の花が開花するため、美しい風景を見ることができますよ!ただし夏場は観光客が増えるシーズンなため、大混雑が予想されます。衛兵交代式も、特等席の見学ポイントをとるのは難しいでしょう。

バッキンガム宮殿を隅々まで楽しみたい人は、宮殿内を見学できる夏季がおすすめ!

衛兵交代式を見たい・混雑を回避したいなら夏場以外


photo by unsplash

混雑を避けたい、宮殿内の見学よりも衛兵交代式を見たい人は、夏場以外のシーズンを選択しましょう。宮殿内には入れませんが、公式ショップには入れますし目玉の衛兵交代式も見られます。

10月・11月ならオフシーズンのため、ホテル代が安くなるのも嬉しい点です。美しい紅葉と、過ごしやすい気温の秋を楽しむこともできますよ!

夏場を避ければ混雑はいくらか和らぐため、衛兵交代式を自身のペースで見たい人はオフシーズンを狙いましょう。

バッキンガム宮殿観光のポイント

バッキンガム宮殿を観光する方のために、参考になるようバッキンガム宮殿でよくある疑問を紹介します。これからバッキンガム宮殿に観光に行く予定のある人は、参考にしてください。

お土産はどこで買える?


photo by unsplash

バッキンガム宮殿のお土産は、以下の2つの場所で購入できます。

  • バッキンガム宮殿敷地内の公式ショップ
  • バッキンガム宮殿周辺の公式ショップ

バッキンガム宮殿の敷地内には公式ショップがあるため、見学後にすぐお土産を見れます。イギリス王室ゆかりの紅茶や食器類が販売されているので、記念品に最適!

バッキンガム宮殿でお土産を買わなくても、駅までの間に公式ショップがあります。ロンドンを象徴するスポットだけありショップは多数存在するので、安心して行動しましょう。

宮殿内は撮影できる?


photo by unsplash

宮殿内の撮影は一切禁止です。カメラやスマートフォンを持ち出して撮影しないようにしましょう。

宮殿内は撮影できませんが、宮殿の外側の建物や周辺は撮影できます。宮殿内の見学を終えたら、少し離れた位置から記念撮影も大丈夫です。

華やかなバッキンガム宮殿を楽しもう!

イギリス・ロンドンにある華やかなバッキンガム宮殿を解説しました。夏季は世界でも珍しい現役の王宮内の見学、夏季以外でも衛兵交代式や荘厳な建物や美術品を観て楽しめます。

本記事で紹介したバッキンガム宮殿の見どころや、衛兵交代式の攻略法を把握しておけば、現地に行った際によりバッキンガム宮殿を楽しめるでしょう。イギリスへ旅行に行く際は、ぜひロンドンの象徴・バッキンガム宮殿にぜひ立ち寄ってくださいね!

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)の基本情報
住所: London SW1A 1AA
電話:+443031237300
営業時間:9:30〜17:15
休館日:年度により異なる、公式サイト参照
アクセス:地下鉄ヴィクトリア(Victoria)駅、またはグリーンパーク(Green Park)駅から徒歩約10分
料金:事前予約30ポンド(約5,527円)/当日購入33ポンド(約6,080円)
※2023年8月27日のレート、1ポンド=184.23円で計算
公式サイト:https://www.rct.uk/visit/buckingham-palace

cover photo by unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

イギリスの東京発のおすすめツアー

イギリス旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる