NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

テネリフェ島はスペインの世界遺産のあるリゾート!観光の見どころや行き方などを解説

スペインのカナリア諸島にある人気のリゾート地・テネリフェ島。島のシンボルである、テイデ山周辺の国立公園一帯が世界遺産に登録されているほか、ビーチや美しい街並みなど、見どころがいっぱい! この記事では、テネリフェ島の見どころや楽しみ方、アクセス方法、おすすめのシーズンなどを解説!ぜひテネリフェ島へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

スペインのカナリア諸島にある人気のリゾート地・テネリフェ島。島のシンボルである、テイデ山周辺の国立公園一帯が世界遺産に登録されているほか、ビーチや美しい街並みなど、見どころがいっぱい!

この記事では、テネリフェ島の見どころや楽しみ方、アクセス方法、おすすめのシーズンなどを解説!ぜひテネリフェ島へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

テネリフェ島の基本情報

photo by Unsplash 

スペインでは「幸運の島」として知られている人気のリゾート地・テネリフェ島。まずはテネリフェ島の特徴や、島にある世界遺産についての基本情報を解説します。

テネリフェ島とは?

photo by pixabay

テネリフェ島は、大西洋に浮かぶカナリア諸島の島々の中で最も大きな島です。スペイン本土から約1700キロメートルほどの距離で、アフリカ大陸にあるモロッコの近くに位置しています。

元々は火山島でしたが、ヨーロッパからアフリカ大陸へ横断する重要な貿易地点として発展し、今日ではリゾート地としてスペイン本土だけではなく、ドイツやイギリス、北欧などからも観光客が訪れます。

2017年には史上最高となる約1431万人の外国人観光客数を記録し、日本でも徐々に人気観光地としての知名度を上げています。

\NEWTでスペイン旅行をチェック!/

テネリフェ島ではどんな過ごし方ができる?

photo by Unsplash 

テネリフェ島は年間を通して過ごしやすい気候に恵まれていることから、ビーチやマリンアクティビティが充実しているほか、火山島ならではの溶岩地形が広がる景色や乾燥した砂漠地帯など、同じ1つの島とは思えない多様な自然の豊かさをぞんぶんに感じられます。

一方で植民地時代の名残りを感じる、フォトジェニックな歴史地区や、高級ブティックが軒を連ねるエリアなどがあるなど、観光やショッピングも満喫できます。

オールインクルーシブのリゾートホテルや高級ホテルも多いので、ぜいたくなホテルステイも楽しめますよ。

テネリフェ島にある世界遺産は?

photo by Unsplash

テネリフェ島には2つの世界遺産があり、これらの代表的なスポットを訪れるために多くの観光客が訪れます。

1つ目は、テネリフェ島の中心一帯を占めるテイデ国立公園です。スペイン領最高峰の火山・テイデ山とその周辺を形成する溶岩でできた地形は、まるで月面にいるよう。

もう1つの世界遺産は、テネリフェ島北部に位置する歴史地区のサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナです。16世紀の街並みがそのまま残る様子は、フォトジェニックなスポットとしても人気で、中世にタイムスリップしたような街歩きを楽しめます。

テネリフェ島観光の見どころ

photo by Unsplash

テネリフェ島は、雄大な自然を散策したりビーチを満喫できたりと、さまざまな楽しみ方ができる魅力たっぷりの人気観光地。見どころがたくさんあるので、どの観光スポットを訪れるかを事前に決めておかないと回り切れません。

世界遺産のテイデ国立公園や、子供連れも楽しめるサイアム・パーク、絶景が広がるガラチコなど、人気のスポットの見どころをまとめました。

スペイン領で最高峰のテイデ国立公園

photo by Unsplash

テイデ国立公園は、標高3,718メートルを誇るスペイン最高峰のテイデ山を含む国立公園で、世界遺産に登録されています。カナリア諸島で最大かつ最古の国立公園でもあり、火山円錐と溶岩流で形成された地形は、地質学的にも貴重な自然遺産です。

ロープウェイで山頂付近まで行くことができ、そこから200メートル登ると直径80メートルのカルデラや、夜明けや夕暮れ時には素晴らしい雲海が見れることも。ただし、山頂まで行くには事前に無料の登頂許可証(無料)を申請する必要があります。

テイデ山を訪れる際は、海岸付近と山頂で温度差が激しいため、防寒着の用意を忘れないようにしましょう。

テイデ国立公園(Parque Nacional del Teide)の基本情報

住所

Calle Doctor Sixto Perera Gonzalez, 25, 38300 La Orotava, Santa Cruz de Tenerife, スペイン

電話

+34 922 922 371

営業時間

9:00~16:00

休業日

12月25日

アクセス

テネリフェ島北部中心都市から車で約50分

料金

大人 22ユーロ(約3,570円)〜 ※2023年11月20日のレート、1ユーロ=162.11円で計算

公式サイト

https://www.volcanoteide.com/

大人から子どもまで1日中楽しめるサイアム・パーク

steve p2008 is  licensed under CC BY 2.0 DEED

サイアム・パークはテネリフェ島の南部に位置する、ヨーロッパ最大のウォーターパークです。

タイ風のエキゾチックな雰囲気のパーク内には、20種類以上ものアトラクションやアクティビティがあり、全長200メートルのスリリングなウォータースライダーや、景色を眺めながらゆったりできる流れるプールなど、多彩な遊び方ができます。

パーク内には、本物のアシカが泳ぐプールがあり、かわいらしいアシカたちが楽しそうに泳ぐ姿が見られる珍しい施設も。さらにプライベートのVIPヴィラやカバナもあり、ハンモックやジャグジーなどのアイテムが備わっているので、リゾートムード満点の特別なひとときを過ごせますよ。

サイアム・パーク(Siam Park)の基本情報

住所

+34 822 07 00 00

営業時間

夏季(4月1日〜10月29日)10:00~18:00、冬季(10月30日〜3月31日)10:00~17:00 

休業日

なし

アクセス

テネリフェ島南部中心地から車で約10分

料金

大人 42ユーロ(約6,810円)〜、子ども 30ユーロ(約4,860円)〜、2歳以下の子ども 無料 ※2023年11月20日のレート、1ユーロ=162.11円で計算

公式サイト

https://siampark.net/

樹齢千年を超えるドラゴンツリーが見れるボタニカル・ガーデン

photo by pixabay

ボタニカル・ガーデンは、1792年に設立された植物園です。2万平米の広大な敷地面積の中に、希少性の高い熱帯・亜熱帯植物が約2300種類以上育てられており、まるでジャングルを冒険するような体験ができます。

その中でも樹齢千年を超えるリュウケツジュは、一度見たら忘れられないインパクトがある見た目の木で、木が植えてある町の名前を取り、「イコッドのリュウケツジュ」と呼ばれて地元の人に親しまれています。樹高が16メートル、幹回りが約20メートルと、近くで見ると迫力満点です。

ボタニカル・ガーデン(Jardín Botánico)の基本情報

住所

C. Retama, 2, 38400 Puerto de la Cruz, Santa Cruz de Tenerife, スペイン

電話

+34 922 922 978

営業時間

9:00~18:00

休業日

1月1日、聖金曜日、12月25日

アクセス

テネリフェ島北部中心地から車で約30分

料金

3ユーロ(約490円)※2023年11月20日のレート、1ユーロ=162.11円で計算

公式サイト

https://www.icia.es/icia/jao/autoguiajao/

カラフルな街並みがかわいいサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ

photo by Unsplash 

サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナは、テネリフェ・ノルテ空港のすぐそばにある歴史地区で、ユネスコ世界遺産にも登録されています。16世紀の街並みがそのまま残っており、色とりどりのパステルカラーの邸宅が目に止まり、思わず写真を撮りたくなるでしょう。

サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナでは、かわいらしい街並みを散策したり、おしゃれなショップやレストランでショッピングや食事を楽しめます。無料のガイドツアー(要予約、スペイン語・ドイツ語・英語のみ)に参加すれば、街を効率よくめぐりながらディープな歴史を学べますよ。

サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ(La Laguna)の基本情報

住所

スペイン サンタ・クルス・デ・テネリフェ サン クリストバル デ ラ ラグーナ

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

テネリフェ島南部中心地から車で約15分

料金

無料

公式サイト

https://www.spain.info/ja/mokuteki/san-kurisutobaru-raguuna/

食べ歩きを満喫!ヌエストラ・セニョーラ・デ・アフリカマーケット

photo by Unsplash

ヌエストラ・セニョーラ・デ・アフリカマーケットは、地元の人から観光客までにぎわう市場。3つのエリアに分かれた建物の中には、小さな店が軒を連ね、野菜や果物などの生鮮品から工芸品を中心になんでもそろっています。

生ガキのシーズンにはワイン付きのセットもあり、店先で気軽に食べれることから観光客に大人気!スペインならではのオリーブ専門店などもあるので、テネリフェ島のグルメを思う存分満喫できますよ。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・アフリカマーケット(Mercado Ntra. Señora de África)の基本情報

住所

Av. de San Sebastián, 51, 38003 Santa Cruz de Tenerife, スペイン

電話

+34 922 214 743

営業時間

マーケット 月曜~土曜 6時~14時 、日曜 7~14時 ショッピングセンター 月曜~土曜 9~21時、日曜 9時~15時

休業日

なし

アクセス

テネリフェ島北部中心地から徒歩ですぐ

料金

無料

公式サイト

https://la-recova.com/

「スペインの最も美しい村」と呼ばれるガラチコ

photo by pixabay

ガラチコは、テネリフェ島の北西部に位置する人口約5,000人ほどの小さな村で、その自然景観や歴史遺産から「スペインで最も美しい村」とも呼ばれています。

エル・カレトンという入り江を利用した天然のプールは、地元の人や観光客に大人気!また町には16世紀から17世紀にかけて建てられた修道院や教会のほか、芸術的価値の高いモニュメントや建造物があり、まさに芸術の宝庫といえるでしょう。

ガラチコ(Garachico)の基本情報

住所

スペイン サンタ・クルス・デ・テネリフェ ガラチコ

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

テネリフェ島南部中心地から車で約1時間

料金

無料

公式サイト

https://www.spain.info/en/destination/garachico/

テネリフェ島観光は1年中ベストシーズン!

photo by pixabay

テネリフェ島は、1年を通して春のような温暖な気候で、冬でも平均気温は20度で降水量もわずかです。そのため明確なオフシーズンがなく、どの季節に訪れても観光を満喫できます。ここでは目的別に合わせたベストシーズンやオフシーズンをご紹介します。

島最大のカーニバルが開催される1月〜2月は特ににぎやか

photo by  pixabay

毎年たくさんの観客が訪れ、テネリフェ島が最もにぎわいを見せるのがサンタ・クルス・デ・テネリフェのカーニバルの時期です。1月から2月の15日間にわたり開催されるので、カーニバルに参加したい人はこの期間にテネリフェ島を訪れるのがいいでしょう。

女王の座を争う女性たちが、重さ100㎏を超える豪華絢爛な衣裳を身に着けてその魅力をアピールするガラコンテストや、何時間にもわたり市内を行進する華やかなパレードなど、島の盛り上がりは最高潮に。

この期間はホテルや飛行機などの予約が特に取りづらくなるため、早めに予約するのがおすすめです。

8月〜10月は海水浴のベストシーズン

photo by pixabay

水温が安定して高い8月〜10月は、海水浴やマリンスポーツのベストシーズン。リゾート地ならではのビーチを思いっきり満喫したい人はこの時期に訪れるといいでしょう。気温も他の時期に比べると高いことが多いので、荷物を少なくしてできるだけ身軽に過ごしたい人にもおすすめです。

3月〜5月、11月は比較的オフシーズンで観光しやすい

photo by Unsplash

なるべく安い費用でテネリフェ島を観光したい人は、3月〜5月、11月がおすすめ。この時期は夏と冬の観光客でにぎわう時期の前後となるため、ホテルや航空券などの費用が比較的安く、観光もしやすいでしょう。

ただし3月〜4月の移動祝日であるイースター期間中は、一時的にホテルも航空券も高くなるので、現地のスケジュールをよく確認して予約をしましょう。

テネリフェ島でおすすめのリゾートホテル

せっかくテネリフェ島を訪れるなら、リゾート気分をたっぷり味わいたいですよね。ラグジュアリーなプールや海を眺められるレストランなど、ホテルにもこだわるとテネリフェ島の観光がさらに充実したものになるでしょう。ここでは、テネリフェ島でおすすめのホテルをご紹介します。

ホテル・オレ・トロピカル・テネリフェ(Hotel Olé Tropical Tenerife)

photo by Expedia

ホテル・オレ・トロピカル・テネリフェは、4つ星のオールインクルーシブホテルです。2021年に改装されたホテル内には、リゾートホテルならではのトロピカルムード漂うプールや、ビュッフェレストラン、バーなどの施設があり、ホテルステイをぞんぶんに満喫できます。

ホテルはテネリフェ島の歓楽街であるプラヤ・デ・ラス・アメリカスやラス・ベロニカスに近いので、リゾート地のナイトライフも楽しめます。

部屋は自宅のような快適さを感じられるモダンなデザイン。シービューの部屋からは、大西洋の壮大な景色を眺められますよ。

ホテル・オレ・トロピカル・テネリフェ(Hotel Olé Tropical Tenerife)の基本情報

住所

C. Bolivia, s/n, 38660 Costa Adeje, Santa Cruz de Tenerife, スペイン

電話

+34 971 992 400

チェックイン

15時 ~ 深夜0時

チェックアウト

11時

料金

約25,679円/1泊 ※税金が別途かかる場合があります。※掲載料金は2023年11月20日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。

アクセス

テネリフェ島南部中心地から車で約10分

公式サイト

https://www.olehotels.com/

イベロスター セレクション アンセリア(Iberostar Selection Anthelia)

photo by Expedia

イベロスター セレクション アンセリアは、家族連れにおすすめの5つ星のオールインクルーシブホテルです。目の前はビーチで、歩いてすぐの場所にショッピングセンターもある便利な立地です。

ホテルには、大西洋を望む大人向けのプール、滑り台や海賊船を備えた子ども用のプール、スパなど、リゾートをたっぷり満喫できる施設が充実。さらに5つのレストランと3つのバーでは、テネリフェ島ならではの美食を堪能できます。

白を基調にした明るい部屋はバルコニー付きで、部屋によってはジャグジーやデッキチェアが付いており、ワンランク上の滞在を叶えられますよ。

イベロスター セレクション アンセリア(Iberostar Selection Anthelia)の基本情報

住所

C. Londres, 15, 38660 Costa Adeje, Santa Cruz de Tenerife, スペイン

電話

+34 922 713 335

チェックイン

15時 ~ 指定なし

チェックアウト

11時

料金

約48,726円/1泊 ※税金が別途かかる場合があります。※掲載料金は2023年11月20日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください

アクセス

テネリフェ島南部中心地から車で約10分

公式サイト

https://www.iberostar.com/

メリア ハルディネス デル テイデ(Melia Jardines del Teide)

photo by Expedia

メリア ハルディネス デル テイデは、テネリフェ島の中で最も高級なエリアにあるホテルです。宿泊は16歳以上の大人限定となっているため、落ち着いた空間でゆったりした滞在を叶えたいカップルにおすすめです。

ホテルには2つのオーシャンビューの屋外プール、フィットネスエリア、スパなどがあり、日常から離れたぜいたくなホテルステイができます。レストランは3つあり、最高級の食材をシェフが目の前で調理してくれるショークッキング形式のビュッフェも。テラス席では食後やディナータイムのロマンチックな時間を過ごせますよ。

メリア ハルディネス デル テイデ(Meliá Jardines del Teide - Adults only)の基本情報

住所

Urbanización Mirador del Duque, C. Agando, s/n, 38679 Adeje, Santa Cruz de Tenerife, スペイン

電話

+34 922 71 70 30

チェックイン

15時~0時

チェックアウト

12時

料金

約36,478円/1泊 ※税金が別途かかる場合があります。※掲載料金は2023年11月20日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください

アクセス

テネリフェ島南部中心地から車で約10分

公式サイト

https://www.melia.com

テネリフェ島へのアクセス・行き方

photo by Unsplash

テネリフェ島へは、スペインの各都市またはヨーロッパの各都市を経由して行く方法が一般的です。ここでは飛行機とフェリーそれぞれの行き方を解説します。

最も一般的な移動は飛行機

photo by pixabay

テネリフェ島へは、バルセロナやマドリードなどのスペイン国内の各都市や、イギリス、フランス、ドイツなどヨーロッパの各都市からも飛行機でアクセスできます。

テネリフェ島には北部と南部それぞれに、合計2つの空港があり、訪れたい観光スポットやホテルに合わせて目的地を選びましょう。

北部にあるテネリフェ・ノルテ空港は、世界遺産のテイデ国立公園や、歴史地区のサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナなど、テネリフェ島の名所をめぐるのに便利な空港です。

南部にあるテネリフェ・スール空港は、ヨーロッパ最大のウォーターパーク、サイアム・パークをはじめ、ビーチを満喫したり、リゾートホテルなどに滞在するのに便利です。

移動時間も含めて観光を楽しむならフェリー

photo by pixabay

テネリフェ島へはスペイン国内の港や、カナリア諸島の他の島から出ているフェリーでもアクセスできます。スペイン国内からアクセスする場合は2日以上かかるため、移動を含めて観光を楽しみたい人や船旅をしてみたい人にぴったりです。フェリーは、北部の中心都市のサンタ・クルス・デ・テネリフェにある港に到着します。

テネリフェ島の治安は?

photo by Unsplash

テネリフェ島は比較的治安がいい観光地ですが、注意は禁物です。テイデ国立公園内やサンタクルス・デ・テネリフェなどの観光客の多く集まる場所では、スリや車上荒らしが発生しているため、貴重品は常に身体の近くに持ち、注意を怠らないようにしましょう。

2023年8月には大規模な森林火災が発生し、1万2000人以上が避難する事態となりました。現場は壊滅的な被害を受けましたが、ビーチリゾートやおもな観光地などには影響はなく、空港も通常通り運行しています。

テネリフェ島は自然に囲まれた島なので、今後もいつどのような災害が起こるかは予測できません。万が一の時に備えて、渡航の際は外務省の情報や報道機関などから最新情報をチェックしましょう。

テネリフェ島の観光を満喫しよう

この記事では、テネリフェ島の観光に関する見どころやアクセスなどをご紹介しました。テネリフェ島は世界遺産やビーチなど、リゾートを満喫できる人気の観光地。ぜひ紹介した情報を参考に、テネリフェ島の観光を満喫してみてくださいね!

photo by Unsplash 

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

スペインの東京発のおすすめツアー

スペイン旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる