NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

メスキータはスペイン・コルドバにある世界遺産!建物の魅力やアクセスを解説

スペインを代表する観光スポット・メスキータ。スペイン国内唯一の大モスクで、1984年に世界遺産に登録されています。 この記事では、スペイン・コルドバにあるメスキータの観光の見どころや予約情報、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひメスキータへ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

スペインを代表する観光スポット・メスキータ。スペイン国内唯一の大モスクで、1984年に世界遺産に登録されています。 この記事では、スペイン・コルドバにあるメスキータの観光の見どころや予約情報、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひメスキータへ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

メスキータの基本情報


photo by pixabay

スペイン代表的な観光スポット・メスキータ。場所はスペインの南、アンダルシア地方のコルドバにあります。

イスラム教とキリスト教、2つの全く異なる宗教が共存しているめずらしい聖堂です。なぜ1つの聖堂に2つの宗教が混ざり合っているのか、観光の前に知っておきたい、メスキータの歴史や特徴などの基本情報を解説します。

\NEWTでスペイン旅行をチェック!/

メスキータの歴史


photo by pixabay

メスキータの歴史は、西暦785年にイスラム王朝、アブド・アッラフマーン1世の命で建設されたことから始まります。建設された場所には、西ゴート王国時代に建設されたキリスト教の聖ビセンテ教会があったとされ、とても神聖な場所として知られていたそう。

イスラムの人々は、キリスト教に敬意をはらい、教会は壊さずにイスラム教のモスクとして改築。その後歴代の指導者により増築され、世界最大規模のモスクになりました。ところが、度重なるキリスト教国の侵略によってイスラム王朝は退きます。


photo by pixabay

キリスト教徒が権力をにぎり、メスキータは1236年から礼拝堂が内部に作られるなどの改築や増築が進められました。だからといってイスラム教徒が土地を追われることはなく、金曜日にイスラム教徒が集団礼拝をし、日曜日にはキリスト教徒が礼拝をするなどの共存をしていく形になったのです。

その後、16世紀、スペイン王カルロス1世の代に大聖堂を建てるためメスキータを取り壊す計画があり、大改造されました。そのときにモスク中央部に教会堂が設立され、イスラム教とキリスト教の2つの宗教が混合しためずらしい建築物になったのです。

現在は人類の歴史を表現する重要な建築物として1994年に世界遺産に登録されています。

メスキータのあるコルドバってどんな街?


photo by pixabay

スペインの首都マドリードから電車で約1時間45分の距離にある街・コルドバ。グアダルキビール川に面しており、この川のおかげで古くから街が潤い、穀物、綿花、オリーブなどの産地として有名です。

メスキータが世界遺産に登録された10年後の1994年に、旧市街全体が世界遺産に登録されました!世界中から多くの観光客が訪れています。1日あれば観光可能なほどの小さい街なので、メスキータと一緒に街全体を観光するのがおすすめです。


photo by Unsplash

コルドバの一帯は、6世紀には東ローマ帝国の領土になったこともあり、古代ローマ時代の寺院や橋などの遺跡が現在にも残されています。その後イスラム教徒によって支配され、メスキータが建設されコルドバが首都になりました。

10世紀には多くの人々が移住してきたため世界最大の人口を持つ都市になり、宗教はイスラム教とキリスト教、さらにユダヤ教が共存して栄え、その名残は今も残っています。

コルトバのユダヤ人街も観光におすすめ!


photo by pixabay

コルドバでは、メスキータと一緒にユダヤ人街も観光しておきたいおすすめスポットです。メスキータが世界遺産に登録された要因の1つがユダヤ人街。場所はメスキータの北にある街路にあり、コルドバ駅からは歩いて20分ほどの距離です。

建物にはバルやお土産屋さんが入っておりとてもにぎやか!ユダヤ人街の建物は白色で統一されています。壁に飾られた花々がある場所は花の小径とよばれ多くの観光客が訪れています。とても美しく、写真におさめればSNS映えすること間違いありません!

メスキータ観光の見どころ


photo by pixabay

メスキータはぜひじっくり見てまわりたい深い歴史がある観光スポットです。大モスクなのでそれだけ広く見どころも多いです!

夜は美しくライトアップされているため、朝と晩の2回楽しむこともおすすめ。こちらではまず事前におさえておきたいメスキータの見どころをご紹介します!人気スポットは、ミフラーブ、マスクーラ、柱の森、カテドラルです。

詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてイスラム教とキリスト教が融合しためずらしい聖堂を堪能してください!

黄金に輝くミフラーブ


photo by pixabay

メスキータの入り口であるディアネス門から建物に入り、中のシュロの門から真っ直ぐ奥に行くとキラキラと輝く美しいミフラーブがあります。

ミフラーブとはイスラムの礼拝堂であるモスクのなかで聖地メッカの方向を示す壁にそって作られた窪みのことです。ミフラーブがあればそれだけでモスクとなるほど、最も重要な場所で、偶像崇拝が禁止されているイスラム教ならではの、幾何学模様で作られているのが特徴です。

メスキータのミフラーブは小部屋になっており、植物を描いた黒と金色のアラベスク模様とモザイク装飾が特徴的です。これはビザンティン美術を受け継いだもので、後ウマイヤ朝がダスマスクの出身であることを示しています。


photo by Unsplash

アルハケム2世が増設した962年から966年の第二の拡張と呼ばれるときに追加されたもので、この時期のコルドバはヨーロッパで最大の街でした。その頃の勢力が伝わる豪華な装飾は、間近で見ることは残念ながらかないませんが、誰もが見とれてしまう美しさです。

上部にある八角形のドームから入るわずかな光のおかげで神々しく、ガラスを使ったモザイク画のためキラキラと輝いています!

気品漂う豪華な天井マスクーラ


photo by pixabay

ミフラーブの手前には、マスクーラと呼ばれる君主や支配者のための礼拝堂があります。柵があるため残念ながら入ることはできません。しかし、マスクーラの天井は、見上げると、圧巻の景色が広がります。金と青のガラスモザイクで装飾された魅力的な美しい八角形のドーム天井が見られます!

天井には草花やコーランの文字がびっしりと刻み込まれており、イスラム教の要素がとても強いエリアです。窓からは外の光がわずかに入り込む設計で、その優しい光はガラスの装飾をさらに美しく見せる仕組みになっていますよ。

赤白のアーチが美しい円柱の森


photo by pixabay

メスキータのシンボルといえば礼拝堂の間にある円柱の森です。作られた当時は広大な建物を支える技術がなかったため1,000本もの柱で支える必要がありました。そこでこの円柱の森とよばれる空間ができたのです。

赤と白の2重構造のアーチが特徴的。メスキータ内部は間接照明を使用しているため少し薄暗さがあり、その薄暗さがより柱の森を幻想的に見せてくれています。

円柱の森は、785年の建設当初にアブド・アッラフマーン1世により作られた場所。アーチ型の柱に使った材料は、赤レンガと白い石灰石です。構造のモデルとなったのはローマ時代のメリダにある水道橋やローマ神殿といわれています。最初は柱の長さが足りなかったため、2重のアーチにしてより丈夫に整えたそうです。


photo by Unsplash

キリスト教の時代になり、1523年、当時の統治者であるカルロス1世の許可の元、改装工事が行われます。その際に壮大な1,000本の柱は残念なことに856本に減らされました。

改装後の聖堂を見たカルロス1世は、どこにでもある建物のためにこの世で唯一の建物を壊してしまった、と悔やむ言葉を残しています。以降、メスキータの改装や増築は行われなくなったそうです。

3つの建築様式が融合したカテドラル(大聖堂)


photo by pixabay

メスキータの中央部分に移動するとキリスト教会部分があります。ここはゴシック、ルネサンス、バロックの3つの様式の芸術が融合した壮麗な空間です。この部分によってメスキータはイスラム教とキリスト教が共存する聖堂になりました。

バロック様式の聖職者席や、大理石と碧玉の組み合わせが素晴らしい説教壇も見事で、おすすめの見どころポイントです!

天井も同じ建物なのにモスク部分とは違って対照的なのが特徴的。ゴシックからルネサンスにかけてのデザインになっています。光の差し込み具合がモスク部分と比べて明るめな印象ですよ。

メスキータ観光に最適なシーズンは?


photo by pixabay

メスキータがあるスペイン南部のコルドバは、気候区分でいうと地中海性気候です。

夏は暑くて乾燥状態で晴れの日がほとんど。冬は地中海の海流の影響があって、わりと暖かく曇りや雨の日が多いのが特徴です。気温は1年を通して4度〜36度に変化し、湿度は年間を通してあまり変化はなく2パーセントほど。カラリとした空気が特徴です。

こちらではメスキータを快適に観光するためのベストシーズンと、観光客が少ない穴場のシーズンをご紹介します。

ベストシーズンは3月~5月、10月~11月


photo by pixabay

コルドバのベストシーズンは3月〜5月か10月〜11月です。

まず3月~5月は春物の服装で快適に過ごせます。また、花が咲きはじめる季節なのでユダヤ人街の花の小径が見どころのスポットに!白い壁に飾られたかわいい花々は必見です。

5月初旬から約2週間、コルドバで開催されるパティオ祭りはぜひ見ておきたいものです!1921年から始まった歴史あるお祭りで、企業や個人宅がエントリーして自慢のパティオ(中庭)の美しさを競います。期間中は音楽ライブやフラメンコが披露されるなどのにぎやかな雰囲気が楽しめます。

パティオ祭りに合わせてメスキータ観光に訪れるのもおすすめです!


photo by pixabay

夏の名残がまだ残ってますが、10月~11月も旅行のベストシーズンでコルドバで最も過ごしやすい季節です。服装は長袖のシャツやパーカーなどで過ごせます。朝晩は冷えるので上着を持って行った方が良いでしょう。街並みが美しいコルドバの景色を見たい方は、花が咲き乱れるベストシーズンに訪れるのがおすすめですよ。

観光客が少ない時期を狙うなら12月~2月、6~8月


photo by pixabay

コルドバのオフシーズンは、ちょうど冬に突入する12月〜2月または夏の6~8月です。

この時期は観光客が少ないため、混雑を避けてゆっくりと観光できるのがこの時期の特徴。またホテルなどの料金が安くなるので、安くスペイン旅行に行きたい方はおすすめの季節です。

12月~2月は冬といってもそんなに寒くなく、日本の秋の服装で過ごせます。念のために持ち運びしやすい軽めの上着を持って行けば安心です。12月は雨が多いので傘を持って行くことを忘れずに!


photo by pixabay

6月~8月はかなり暑く、特に7月は40度近くまで気温が上がります。日本の夏と違って湿気が少ないですが、観光する際は日陰で屋内で休みながらすることをおすすめします。
熱中症には充分気を付けてくださいね!

直射日光がとても強いので、日焼け防止を意識しつつも風通しの良い服装で観光しましょう。この時期は晴れの日が続くため傘の心配はありません。

メスキータの見学方法は?予約は必要?


photo by pixabay

メスキータは、チケットを買って入場するのが一般的ですが、実は開館時間前に入場すると無料で見学できるんです!

ここからは、事前に知っておけば安心できる、無料で入場する方法とチケットを購入して入場する場合の購入方法、予約方法や観光するのにかかる時間を解説します。

開館時間前なら入場料が無料!


photo by pixabay

メスキータは開館時間前に入場すると、無料で観光できます。無料になるのは、月曜日から土曜日までの朝8時30分から9時30分までの1時間です。ただし、宗教に関係する祝日や特別な行事がある日は入れないこともあります。確実に入場したい場合は、8時30分より前に並んでおくことをおすすめします!

入口の地面に、PUERTA DE DEANESと書かれているので、トリホス通りにあるディアネス門から入ります。開演前は観光客が少ないため人が写りこまない写真が撮れる点や静かに観光できるのがポイント。何より無料なのでお得でうれしいですよね!

ミサの準備中のためキリスト教の中央礼拝堂に入れないことや、時間が1時間と決まっているため自分のペースでじっくり見れない点がデメリットかもしれません。歴史を感じながらじっくり見たい方には物足りないと思いますが、時間がなくてさらっと一通り見るだけでいい方にはおすすめです。

開館後の入場にはチケットが必要


photo by pixabay

開館後はチケットを購入して入ります。開館時間は10時から18時、または日によっては19時まで。イベント等が行われる場合は開館時間が異なるので、最新の情報は公式サイトから確認してください。入場料は、大人13ユーロ(約2,052円)です。

その他、65歳以上・15歳~26歳までの学生・ヨーロッパユースカードを持っている方は10ユーロ(約1,578円)、10歳~14歳までの子ども、10歳未満の子どもは無料です。

説明用の地図リーフレットがもらえて、日本語でも利用可能!

さらに、21時からと22時30分からはナイトツアーが行われており、一般で20ユーロ(約3,157円)、65歳以上、身体障害者、26歳までの学生、7歳以上の子どもは14ユーロ(約2,210円)、7歳未満は無料で入場できます。


photo by pixabay

チケットは、公式サイトからオンラインで購入が可能です。ナイトツアー以外は、現地のメスキータのチケット売り場で購入できます。コルドバで最も高い展望台であるベルタワー(鐘楼)は3ユーロ(約473円)で登れるので、一緒に観光してみるのもいいでしょう。

こちらは9時30分から18時30分までで、30分刻みで見学ができます。ご希望の時間帯があったら現地かオンラインで早目の予約をおすすめします。歴史を感じながらゆっくりとメスキータの観光をしたい方はぜひ検討してみてください!

オプショナルツアーに参加するのもおすすめ


photo by pixabay

メスキータを観光するならオプショナルツアーへの参加もおすすめです。入場料が含まれるので自分でチケットを取る手間がかからない上、ガイドによる案内もあるので安心です。料金はツアー会社や内容にもよりますが、メスキータだけを1時間ほど観光するなら約5,000円前後です。

予約はオンライン上でできるので、日本にいる間に予約しておくことをおすすめします。自分で手配することが少ないため、海外旅行に慣れていない方は、オプショナルツアーを活用するのもおすすめですよ。

メスキータ観光に要する時間

photo by pixabay

メスキータの観光にかかる所要時間は駆け足で見ると1時間程度、じっくり見ると2時間以上はかかります。ベルタワーにも登って景色を眺めるにはプラスで約30分必要です。

ざっくりと見たい方は開館前の無料で入場できる1時間で終わらせるのがおすすめ!じっくり見たい方はベルタワー観光の時間も合わせると3時間とっておくのがおすすめですよ。

ナイトツアーもおすすめで、所要時間は約1時間。昼と夜ではまた違った表情が見られるメスキータをぜひ堪能してください!

メスキータへのアクセス・行き方


photo by pixabay

メスキータ観光の拠点となる都市は、アンダルシア地方のコルドバ。スペインの首都マドリードからは新幹線やバスで行けます。コルドバ駅やバスターミナルからメスキータに行くには歩いてでも行けますが、かかる時間は約30分です。メスキータの塔を目指しながら街並みをのんびり歩くのも良いですね!

観光のために体力の温存をしておきたい方は、交通機関を利用することをおすすめします。こちらでは、バス、タクシー、レンタカーそれぞれの行き方を解説するのでそれぞれに合う交通機関を利用してくださいね。

最も一般的な移動はコルドバの市バス


photo by pixabay

最も一般的な交通手段は市バスです。鉄道コルドバ駅のすぐ横にバスターミナルがあります。メスキータへ行くバスは約20分間隔で出ています。料金は約1.3ユーロ(約190円)です。バスのチケットは運転手から直接買います。

乗るバスの番号は03番、05番、10番、11番です。所要時間は約17分〜23分。降りる場所はバスの番号によって違っており、目的の駅に着いてから約7分~13分歩いてメスキータに到着します。


photo by pixabay
※画像はイメージです。

ちなみに03番のバスの到着駅名はサン・フェルナンドで、歩いて約7分でメスキータです。
05番の到着駅名はメディア・ルナで、歩いて約9分。10番と11番の到着駅名はロンダ・テジャスで降りて歩いて約13分かかります。

バスターミナルからそれぞれの番号のバスまでは歩いても3分ほどです。バスの乗客や運転手とコミュニケーションがとれたらより楽しそうですね!外の景色も楽しんでください!

費用を節約するなら徒歩


photo by pixabay

費用を節約するなら徒歩がおすすめ!メスキータの高い塔を目指して歩けばいいので迷子にはなりにくいです。ただし、右折や左折をする場所があるのでグーグルマップなどを見ながら行けば間違いありません。歩いて行ったほうがコルドバの街を楽しめるし、良い運動になりますよね!

夏の観光の場合コルドバはかなり暑いので、日陰やカフェなどで休みながら行くことをおすすめします。熱中症にならないように充分お気を付けください。夏以外だと快適なので歩いても平気な方はぜひ街並みを楽しみながらメスキータまでの道のりを満喫してみて!

最短で向かいたいならタクシー


photo by pixabay

駅から最短で向かいたいならタクシーがおすすめです。所要時間は約10分。

駅前にはタクシーが多く待機しているので探す必要はなくすぐ乗れます。大きな荷物があっても楽に、早く目的地に到着するので助かりますね。数人で旅行の場合は割り勘にすればかなり安くなるためおすすめです!


photo by pixabay
※画像はイメージです。

スペインのタクシーは、上にTAXIと書いてあります。空車はLibreという表示です。ドアは日本のタクシーのように自動で開きません。進んで自分で開ける必要があります。

スペイン語や英語に自信がない方は目的地をあらかじめ紙などに書いておきましょう。ドライバーに見せれば確実に早く到着できるでしょう。大きな荷物の出し入れを手伝ってもらったら1ユーロほど(約140円)かお釣りの端数をチップとして渡すようにしましょう!

自由度を高くするならレンタカー


photo by pixabay
※画像はイメージです。

観光の自由度を高くするならレンタカーがおすすめ。行きたい所に自由に行けて、大きな荷物があっても気にせず快適に旅ができます。

コルドバのレンタカーの料金は一番人気の中型で、1日あたり約11,000円前後。料金が平均的に高い月は12月と1月です。一方、安い月は8月と9月。平均より安くレンタルするには最低でも1週間前に予約するようにしましょう。

スペインの首都マドリードからレンタカーで行く場合、所要時間は約4時間以上かかります。

駐車場はトマス・コンデという通りにある場所がメスキータから一番近いです。ただし、観光シーズンにはとても混むので他の駐車場も確認しておく必要があります。

メスキータ観光における注意点


photo by pixabay

メスキータは世界遺産で多くの観光客が訪れる場所ですが、忘れてはいけないのは神聖な場所であるということです。聖地にふさわしい行動をとるよう心がけましょう。

ここからは、観光における気を付けるべき注意点を解説します。また、海外でトラブルにあわないように事前に気を付けておいた方がいいことも解説します。

大きな荷物は持ち込まない


photo by pixabay

入場する際に大きな荷物は持ち込めません。荷物は貴重品が入ったバッグなどを身に着けて入場しましょう。他にも撮影するための三脚やスタンドの持ち込み、典礼などのビデオ撮影は禁止されています。

荷物はチケット売り場の横にロッカーがあるのでそちらに預けておくことが可能です。ただし、混雑して利用できない場合があるため、ホテルに置いてくるか、駅などのロッカーを使用することをおすすめします。

大荷物にならないようになんとか工夫して、貴重品だけ持って入場するようにしましょう!

服装や展示ルールに気を付ける


photo by pixabay

服装の注意点は必ず帽子を脱いで入場すること、肌の露出を抑えた服装で行くことです。未成年は必ず保護者の同伴が必要です。7歳以下の子どもはタワーに入場できないので、予定を立てている方は気を付けてくださいね。

小さい子どもが、展示物にふれたりモニュメントを通り抜けたりしないように保護者の方は気を付ける必要があります。また、声のトーンを抑えて静かに観光しましょう。敷地内での飲食や喫煙も禁じられています。

服装に関しては、短パンにビーチサンダルなどの海水浴に行くようなスタイルはやめた方が良いかもしれません。

スリや置き引きに注意!


photo by pixabay

スペインはスリや置き引きが多発しています。コルドバはスペインの中では比較的治安がいい街ですが、日本に比べると治安面に不安があります。

観光客は特にスリに狙われやすいため注意するにこしたことはありません。なるべく現地の人とおなじ服装をしたり、荷物を軽くみせたりなどの工夫が必要です。

バッグは肌身離さず身につけておきましょう。注意は必要ですが、観光は思いっきり楽しんでくださいね!

メスキータの観光を満喫しよう

この記事では、メスキータの観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。貴重な世界遺産であるメスキータは、一度は行ってみたい人気の観光スポットです。

ヨーロッパの歴史やロマンに触れたい方には特におすすめ!ぜひ紹介した情報を参考に、魅力あふれるメスキータの観光を満喫してみてくださいね!

メスキータ(Mezquita)の基本情報
住所:C. Cardenal Herrero, 1, 14003 Córdoba, スペイン
電話:+34-957-470-512
営業時間:10:00~18:00(時期により~19:00)、ナイトツアー21:30~23:00
休業日:なし(イベントや行事などで休業となる場合あり)
アクセス:コルドバ駅から徒歩で約30分 バス03、05、10、11番で20分前後
料金:大人13ユーロ(約2,052円)
公式サイト:https://mezquita-catedraldecordoba.es/
※2023年8月30日のレート 1ユーロ=157.86円

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
cover photo by pixabay

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

スペインの東京発のおすすめツアー

スペイン旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる