NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ヴァルトブルク城はドイツ・アイゼナハの世界遺産!歴史や行き方などを解説

ヴァルトブルク城はドイツを代表する観光スポット。中世ヨーロッパの封建時代の建造物であり、ドイツ文化と深い結びつきがあることから世界遺産に登録されています。 この記事では、ドイツ・アイゼナハのヴァルトブルク城の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひヴァルトブルク城へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ヴァルトブルク城はドイツを代表する観光スポット。中世ヨーロッパの封建時代の建造物であり、ドイツ文化と深い結びつきがあることから世界遺産に登録されています。

この記事では、ドイツ・アイゼナハのヴァルトブルク城の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひヴァルトブルク城へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

ヴァルトブルク城の基本情報


photo by Unsplash

ドイツ・アイゼナハの代表的な観光スポット、ヴァルトブルク城。まずは、ヴァルトブルク城の歴史や特徴などの基本情報を解説します。

ヴァルトブルク城の歴史


photo by pixabay

ヴァルトブルク城は1067年に城塞として建てられ、そこから長い間をかけて増築が繰り返されてきました。その結果、現在の巨大な城郭が印象的な姿になりました。

12世紀後期に建てられたロマネスク様式は、ドイツ文化史において重要な建物です。13世紀になると、宮廷歌人たちが恋愛叙事詩を競い合った歌合戦が催され、その舞台になったと言われています。オペラ『タンホイザー』は、その歌合戦を題材にしたものです。

また16世紀には歴史の教科書にも登場するルターが新約聖書をこのお城の一室で翻訳したという歴史もあります。

ヴァルトブルク城が世界遺産に選ばれた理由


photo by pixabay

ヴァルトブルク城は1999年に世界文化遺産に登録されました。選ばれた背景としては、中世ヨーロッパの封建時代の中でもとくにすぐれている建造物である点と、ドイツ文化と深い結びつきがある点です。

ヴァルトブルク城があるアイゼナハはどんな都市?


photo by pixabay

アイゼナハは、ドイツのちょうど真ん中あたりに位置するテューリンゲン州の都市です。有名音楽家のバッハの出生地として知られ、美しい歴史的な建造物や観光名所があります。

アイゼナハには、ヴァルトブルク城のほか、バッハの家やルターハウス、チューリンゲンの森などの観光スポットもあり、美しい景観を眺めながら歴史や文化を感じられる都市ですよ!

ヴァルトブルク城観光の見どころ


photo by pixabay

ヴァルトブルク城は、アイゼナハの町にそびえるドイツの名城です。中世ドイツの芸術文化を伝えるお城として、観光客に人気のスポットです。オペラ『タンホイザー』の題材にもなっている詩人たちによる歌合戦や、ルターが新約聖書を翻訳していた部屋など見どころをまとめました。

オペラ『タンホイザー』の題材にもなっている歌合戦


Festsaal of Wartburg by todd.vision is licensed under  CC BY 2.0

ヴァルトブルク城では、中世、恋愛詩人達が恋愛叙事詩を競い合う歌合戦を繰り広げていたと言われています。そしてその歌合戦の光景は、19世紀にワグナーが作曲したオペラ『タンホイザー』の題材となりました。

ヴァルトブルク城には、とても優れた音響効果を持つ部屋があり、現在はコンサートや文化イベントの会場として使用されています。機会があれば、世界遺産に登録されているお城で音楽などをたのしんでみてはいかがでしょうか?

思わず目を奪われるほどうつくしい、エリザベートの間


St Elizabeth's room, Wartburg by todd.vision is licensed under  CC BY 2.0

ヴァルトブルク城の2つ目の見どころは、豪華絢爛なエリザベートの間です。ハンガリーからこの地に嫁いだルートヴィヒ4世の婚約者、エリザベートの名を冠した部屋です。

色鮮やかなモザイクが一面に広がり、目を奪われてしまうほど。遠くからその豪華さを堪能した後は、近づいてじっくりとそのうつくしいモザイクを見てみてください。また、エリザベートの生涯を描いた絵も必見です!

新約聖書の翻訳で有名なルターの部屋


photo by Unsplash

ヴァルトブルク城の最大の見どころの1つでもあるのが、ルターが新約聖書をドイツ語に翻訳した部屋です。ルターは、宗教改革でも知られ、歴史の教科書にも登場する有名な人物です。

ルターは国外追放となった時に、このヴァルトブルク城の一室に約9ヶ月もの間、身を隠していました。部屋をよくみてみるとインクのシミなどが残り、新約聖書を翻訳することに対する情熱と、自身が置かれていた厳しい状況が感じられます。

ルターの頑張りもあり、翻訳前までは聖職者や貴族にしか読めなかった新約者書が、庶民でもわかるものになりました。

ヴァルトブルク城観光に最適なシーズンは?


photo by pixabay

ヴァルトブルク城観光におすすめの時期を紹介します。ドイツには四季があり、訪れるタイミングによって、異なる雰囲気や気候がたのしめるので、事前にチェックしておきましょう!

ベストシーズンは快適に過ごせる夏


photo by pixabay

ヴァルトブルク城観光のベストシーズンは夏です。ヴァルトブルク城は、季節によって営業時間が異なります。春から秋にかけては、営業時間が長いため、時間に余裕を持った観光が可能です。

また、夏のヴァルトブルク城は日照時間が長く、とてもすごしやすい気候。山の上という立地から市街地よりは少し肌寒くなりますが、夏場であれば寒すぎるということはなく、快適に観光がたのしめます。ヴァルトブルク城までは上り坂が続くため、水分補給の飲み物などを持参しましょう!

観光客が少ない時期を狙うなら冬


photo by pixabay

ヴァルトブルク城観光のオフシーズンは冬です。ドイツの冬は冷え込みが激しく、雪が降ることもあります。そのため、路面の凍結など歩く際には注意が必要な部分があります。

冷え込みは激しいですが、混雑がほとんどなく、スムーズに観光可能です。また、雪化粧をしたヴァルトブルク城という冬限定の景色もたのしめます。

冬のヴァルトブルク城は、営業時間が9時半から15時半と短いため、訪れる際は注意しましょう。屋外は17時まで営業しています。

ヴァルトブルク城の見学方法は?予約は必要?


photo by pixabay

ヴァルトブルク城の気になる入場料や所要時間など、観光にまつわる情報を紹介します。ぜひ訪れる際の参考にしてみてください。

入場にはチケットの購入が必要!

ヴァルトブルク城への入場にはチケットが必要です。入場料はそれぞれ、大人 12ユーロ(約1,879円)、子供(7〜18歳) 5ユーロ(約783円)、学生 8ユーロ(約1,253円)です。6歳までの子どもの入場料はかかりません。

他にもおトクなファミリー用のチケットがあり、ファミリー(大人2名と子ども最大5名分)29ユーロ(約4,542円)、ミニファミリー(大人1名と子ども最大5名分または、大人2名、子ども1名分)20ユーロ(約3,132円)の2種類があります。家族でヴァルトブルク城観光にいく予定の方は、おトクなチケットの利用も考えてみてください。

チケットは公式サイト(オンライン)または、チケット窓口で購入できます。

事前予約は必須?

ヴァルトブルク城のチケットは、公式サイトからオンラインでの事前購入または当日窓口で購入ができます。

事前予約は必須ではありませんが、当日チケット窓口に行列ができている可能性もあります。効率よく観光をたのしむためにも、訪れる日程が決まったタイミングでチケットを事前購入しておくようにしましょう。特に繁忙期は事前に公式サイトからチケットを購入しておくのがおすすめです!

ヴァルトブルク城観光に要する時間

ヴァルトブルク城観光にかかる時間は、約1時間〜2時間です。ガイドツアーの所要時間は約45分なので、最低でも1時間はかかると考えておくとよさそうです。

ガイドツアーに参加した後にじっくりと周辺を見たい方は、2時間〜3時間確保しておくと存分にドイツの文化や芸術を堪能できます!

ヴァルトブルク城へのアクセス・行き方


photo by pixabay

ヴァルトブルク城観光の拠点となる都市はアイゼナハ。アイゼナハ市内まで鉄道で行き、そこからヴァルトブルク城へ行く方法が一般的です。ここでは、鉄道とバス、鉄道とタクシーでの行き方を解説します。

最も一般的な移動は鉄道とバス


photo by pixabay

ヴァルトブルク城への一般的なアクセス方法は、鉄道でアイゼナハ中央駅まで行き、そこからバスに乗車する方法です。アイゼナハ中央駅から3番バスに乗車、約20分で最寄りのEisenach, Wartburバス停に到着します。

バス停から約10分歩くとヴァルトブルク城に到着です!ヴァルトブルク城方面へのバスは基本的に1時間に1本のみなので、事前に時刻表を確認し、時間に余裕を持って訪れるようにしましょう。

主要都市からヴァルトブルク城があるアイゼナハへは、鉄道で簡単にアクセスできます。フランクフルト中央駅から約1時間50分、ライプツィヒからは約1時間40分、ベルリンから約2時間半です。

最短で向かいたいなら鉄道とタクシー


photo by pixabay

ヴァルトブルク城に最短で向かいたい方には、アイゼナハ中央駅からタクシーを利用する方法がおすすめです。アイゼナハ中央駅までは各都市から鉄道でアクセスし、その後駅前からタクシーを利用します。アイゼナハ中央駅からヴァルトブルク城まではタクシーで約10分です。

ヴァルトブルク城方面へのバスの運行本数は少なく、アイゼナハ中央駅に到着する時刻によってはバスの待ち時間が発生してしまいます。旅行中はなるべく効率的に行動したい方は、ぜひタクシーの利用を検討してみてください。

ヴァルトブルク城観光における注意点


photo by Unsplash

ヴァルトブルク城観光にあたり、2つの注意点があります。より快適にヴァルトブルク城観光をたのしむためにも、これから紹介するポイントに注意しましょう。

長時間の移動を前提に予定を立てる


photo by pixabay

アイゼナハ中央駅からヴァルトブルク城方面に向かう3番バスは、基本的に1時間に1本の運行です。また、バス停からも10分ほど歩くため、ヴァルトブルク城観光でアイゼナハを訪れる際は、時間に余裕を持った行動をするようにしましょう。

行きだけでなく、帰りのバスも本数が少ないため、事前にバスの時刻表を確認しておくと安心です。あまり時間がないという方は、アイゼナハ中央駅からタクシーを利用することも検討してみてください。

歩きやすい靴で訪れる


photo by pixabay

ヴァルトブルク城は山の上に位置するため、市街地から向かう道中は上り坂が多めです。道は整備されているので、登山道のような感じではありませんが、ヒールや歩き慣れていない靴だと大変なことも。歩きやすいスニーカーなどを履いていくようにしましょう。

また山の上という立地から、市街地より少し気温が下がることもあります。夏場に訪れる場合でも薄手の羽織などがあると安心です。冬場はかなり冷え込むため、手袋やニット帽などを着用し、しっかりと暖かい服装で訪れるようにしてください。

ヴァルトブルク城の観光を満喫しよう

この記事では、ヴァルトブルク城の観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。世界史の教科書などにも登場するルターが新約聖書を翻訳した場所であることなどからもドイツ文化との結びつきが強くあります。ヴァルトブルク城は、ドイツ旅行の際にぜひ一度は行ってみたい人気の観光スポットです。

ぜひ紹介した情報を参考に、ヴァルトブルク城の観光を満喫してみてくださいね!

ヴァルトブルク城(Wartburg)の基本情報
住所:Auf d. Wartburg 1, 99817 Eisenach, ドイツ
電話:+4936912500
営業時間:シーズンと見学エリアによって異なるため公式サイトをご確認ください
休業日:なし
アクセス: Eisenach, Wartburgバス停から徒歩約10分
料金:大人 12ユーロ(約1,879円)、子供(7〜18歳) 5ユーロ(約783円)、学生 8ユーロ(約1,253円)
※2023年6月13日のレート、1ユーロ=156.65円で計算
公式サイト:https://www.wartburg.de/

※記事内の金額は2023年12月29日のレート、1ユーロ=156.65円で計算しています。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ドイツの東京発のおすすめツアー

ドイツ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる