NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】中国・天津でおすすめの観光地12選!名所や穴場を厳選

天津には、五大道や静園などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、中国・天津旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、天津旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

天津には、五大道や静園などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、中国・天津旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、天津旅行の参考にしてくださいね!

Contents

中国・天津には人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

天津は、中国の北部に位置する市で、中国最大の港湾都市の一つであり、中国の南北交通の要所となっています。天津市は、経済、文化、科学技術、輸送、通信、金融、交易、物流の中心であり、世界的な商業都市としても知られています。

また、天津は一度は訪れたいスポットやおいしい料理、ショッピングなど観光地がたくさんあります!人気観光地は行きやすい場所にあるので、中国旅行の初心者にもおすすめです。一方で天津から少し離れた場所にある観光地は、アクセスが難しいのでツアーを利用すると安心して観光できます。

今回は天津の人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

天津で絶対行きたいおすすめ観光地10選

まずは初めての天津旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!天津にある多くのスポットは、公共交通機関でアクセスしやすいので、時間が限られている旅行中でも訪れやすいですよ。

市内観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめです!

五大道

中華思想と西洋建築を融合した美しい景観


Tianjin architecture by Caitriana Nicholson is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/caitriana/14579192280/

五大道とは、天津市河西区にある商業地区の名称です。和平自治区体育館の通りに位置し、馬場通り北側、成都通り南側、西康路の東方向に、馬場道和南京道交口の西側の一帯を指します。

天津には、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本の五大国が中心となって建てた建築物があり、20世紀初めに大都市化が進行するのに伴い欧州探訪ブームが起こり、天津五大道が形成されました。


photo by Unsplash

天津五大道は、西洋建築を中心にした街並みが特徴的で、昔の雰囲気を残しつつ、現代的な商圏としても親しまれています。また、中華思想と西洋建築を融合した美しい景観が魅力の1つです。

天津五大道には、ヴィクトリア様式、バロック様式、新古典主義様式など、数多くの洋風建築物が存在します。五大道では、4時間ほどで古代文化通りや五大道にある古代建築物や文化施設を見学・散策するプライベートショアエクスカーションが開催されています。天津の洋風建築をより深く学びたい方は、ぜひ参加してみてくださいね。

五大道(Five Avenues)の基本情報
住所:4677+564, Munan Ave, Heping, Tianjin, 中国 300074
電話:-
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス: 地下鉄一号線・二号線で「五大道駅」下車、または市内各所よりバスでアクセス可
料金:無料

静園(じんえん)

ラストエンペラー溥儀が住んだ屋敷!


photo by Unsplash
※画像はイメージです

静園(じんえん)とは、天津の河西区にある庭園です。1905年にイタリアから来た商人・ピーロ・デンドリーニが自宅に作った庭園で、中国人によって買収され、1949年に国家に寄贈されました。

四季を通じて美しい風景が楽しめます。木々や池、建造物など、自然と人が調和して作られた趣き深い庭園です。静園は、かつてラストエンペラー溥儀が住んだ屋敷でもあります。現在では、休日には観光で訪れる人も多くいる人気スポットです。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

静園では、春節の時期に大規模な灯火会が開催され、ライトアップされた庭園が幻想的になるのが魅力のひとつ。また、スポット内にある水道楼(彩虹楼)からの天津市内の景色も美しいので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

静園の基本情報
住所:中国 Tianjin, Heping, 鞍山道70号 邮政编码: 300020
電話: +86 22 2731 1618
営業時間:要確認
休業日:なし
アクセス:地下鉄2号線西南角駅から徒歩10分
料金:大人 20元(約390円)※最新情報はご確認ください
※2023年4月12日のレート、1元=19.49円で計算

天津之眼(天津アイ)

夜はロマンチックな観覧車のある夜景スポット


photo by Unsplash

天津之眼(天津アイ)は、天津市河北区にある直径約110メートルの観覧車です。2007年に建設され、開業時には世界最大の観覧車でしたが、現在はアジア最大の観覧車として有名です。


photo by Unsplash

天津随一の夜景スポットとして有名で、夕日や夜景を見るために訪れるのがおすすめです。天津アイから見られる津湾や五大道の街並みがとても美しく、うっとりするような夜景を楽しめますよ。

1回の乗車時間は30分もあるので、天気が良い日は天津市内、さらには北京までゆっくりと眺められます。

天津アイ(Tian Jin Zhi Yan)の基本情報
住所:中国 天津市 河北区 邮政编码: 300141
電話:+86 22 2628 8830
営業時間:要確認
休業日:なし(天候不良時は運行停止)
アクセス:地下鉄3号線・4号線「鼓楼大街駅」または「天津站駅」から徒歩10分
料金:大人 70元(約1,365円)※最新情報はご確認ください
※2023年4月12日のレート、1元=19.49円で計算

古文化街

天津土産を買うならココ!800年以上の歴史ある街


T035_AncientCultureStreet by Steve Langguth is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/docsdl/3495184186/

古文化街は、南開区にある、古い中国の街並みを再現した観光地です。

古文化街周辺は、明代から清代にかけて栄えた南開の地で、19世紀には多くの商人がこの地に移り住み、独自の文化を形成していきました。しかし、20世紀に入ると、数々の事件が発生し、その影響で多くの伝統的な建物が失われてしまいます。

それを惜しんだ人々が、1986年に古文化街を作る計画を立て、再生を試みました。以来、古文化街は多くの観光客に愛される観光地となっています。


Ancient Culture Street in Tianjin by Matthias Rosenkranz is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/rosenkranz/4671368462/

古文化街は、中国の伝統文化を体験できる場所として人気があります。古い建物の中では、伝統的なアンティーク、身の回り品、工芸品、民俗文化品などが売られており、中国の文化を感じられます。

また、屋台やレストランも多く、美味しい食べ物を楽しむこともできますよ。

古文化街(Guwenhua Street)の基本情報
住所:天津市南开区南门外大街
電話:-
営業時間:店舗により異なる
休業日:なし
アクセス:地下鉄2号線の「古文化街駅」から徒歩3分。
料金:無料

黄崖関長城(こうがんかんちょうじょう)

天津の万里長城だと言われる“天津十景”の一つ


Taipingzhai to Huangyaguan 04 by Ronnie Macdonald is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/ronmacphotos/4921501920/

黄崖関長城(こうがんかんちょうじょう)は、天津市蓟州区にある長城の一部です。明の時代に、蒙古人の侵攻を防ぐために建設されました。長城は山脈一帯を縦断するように建設されており、黄崖関も長城の一部として、738メートルの山頂に築かれています。全長はなんと42キロメートルにも及びますよ。

山々に囲まれた黄崖関長城は、景観が美しいのも魅力の一つ。古代中国の兵士たちが長年にわたって作り上げた壁面や城壁も残っているため、歴史的な魅力にあふれています。


Huangyaguan 13 by Ronnie Macdonald is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/ronmacphotos/4921019949/

黄崖関長城には、長城を巡る遊歩道が整備されていて、のぞき穴や兵士たちが使用した武器蔵なども見ることができます。長城の上からの絶景を楽しんでみてはいかが?

黄崖関長城(Huangya Pass)の基本情報
住所:天津市蓟州区九王山镇黄崖関
電話:+86 22 22791557
営業時間:7:00~18:00(最終入場時間17:00)
休業日:なし
アクセス:天津市内の河北長途汽車客運站から薊県長途汽車客運站まで高速道路経由で約90分
料金:要確認

天津テレビ塔(天津タワー)

天津市内を一望!天津のランドマークタワー


photo by Unsplash

天津テレビ塔(天津タワー)は、天津市河東区に位置する、アジアで最も高い電波塔ともいわれるタワーです。1986年に建設され、全高は約415メートルで、天津の人気観光スポット・水上公園に隣接しており、自然豊かな場所にそびえたちます。

夜間にはタワー全体がライトアップされ、美しい景観を見ることができますよ。


photo by Unsplash

天津テレビ塔は、中国の開放政策に伴い建設され、中国の近代化の象徴として位置づけられています。塔内部には、観光客向けの展望台や、スーパーマーケットなどがあります。

天津テレビ塔のおすすめポイントは、地上248メートルにある回転展望台からの眺めです。360度のパノラマビューを楽しめ、天気が良い日には天津市の景色が一望できます。また、塔内にある回転レストランでの食事もおすすめですよ。

天津テレビ塔(Tianjin Radio and Television Tower)の基本情報
住所:1 Weijin S Rd, Hexi District, Tianjin, Tianjin, 中国 300381
電話:+86 22 2334 3557
営業時間:要確認
アクセス:地下鉄3号線・天塩線「東海道駅」より直結
料金:50元(約950円)※最新情報はご確認ください
※2023年4月12日のレート、1元=19.49円で計算

楊柳青(ようりゅうせい)

明清代の面影が今なお残る街


photo by Unsplash
※画像はイメージです

楊柳青(ようりゅうせい)は、天津市河北区にある古い街で、京劇の演目にも登場することがあるほどの有名なエリアです。

楊柳青は、清朝時代から京劇の役者や画家、版画家などが多く住んでいたことから、版画の里とも呼ばれるようになりました。現在では、町中には数多くの伝統的な木彫りや漆器が所狭しと並ぶ店舗があり、中国の伝統文化を堪能できます。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

楊柳青の街の中でも、一番の見どころは東半門大街。この町並みは、美しい装飾と、伝統的な文化に溢れた通りです。また、楊柳青独自の食文化も魅力的であり、特に麻花や油条などのおいしい屋台がたくさんあるので要チェック!

楊柳青の基本情報
住所:天津市河北区楊柳青鎮
電話:なし
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス:地下鉄6号線楊柳青駅より徒歩15分
料金:無料

天津博物館

中国の歴史や文化を紹介する博物館


Tianjin Museum (Tianjin, China) by Kilian Evang is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/texttheater/14751736721/

天津博物館は、天津市南開区にあり、中国の歴史や文化を紹介する天津でもっとも大きな博物館です。

建物は2階建てで、約20万点の美術品や考古学的遺物を所蔵しているといわれています。その中でも夏到清までの各王朝の歴史や文化、戦争、民間伝承、および文学、美術、工芸品の範囲など展示物は多岐にわたり見ごたえばつぐんです。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

博物館には、大規模な音楽やダンスのパフォーマンス、特設展示会、学術イベントなどのさまざまなイベントが開かれており、毎年多くの人でにぎわいます。展示の中には、天津の古い生活や工芸品、陶磁器、絵画、古代の貨幣や書物、そして、清朝の文化財なども見られますよ。

天津博物館(Tianjin Museum)の基本情報
住所:天津市河西区平江道62号
電話:+86 22 8388 3000
営業時間:9:00~16:30(最終入場は16:00まで)
休業日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、春節期間中
アクセス:地下鉄1号線「天津博物館駅」から徒歩約10分
料金:無料(一部展示は有料)
公式サイト:https://www.tjbwg.com/

天津旧城

清時代へタイムスリップ!古い町並みを再現した商店街


photo by Unsplash
※画像はイメージです

天津旧城は、天津市南部に位置するショッピングセンターです。かつては城壁がありましたが、現在は建物もなく、天津旧城の中心にそびえたつ鼓楼がランドマークとなっています。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

東西南北に道があり、古い清朝の頃の雰囲気をとどめる古い街並みが再現されています。道沿いには飲食店や天津名物の煎餅果子などのお土産屋が並び、活気ある雰囲気。近代的なビル群とは異なる天津の多様な魅力を感じられる名所ですよ。

天津旧城の基本情報
住所:中国 Tianjin, Nankai District, Chengxiang E Rd, 鼓楼北 邮政编码: 300090
電話:+86 22 2725 2222
営業時間:要確認
アクセス:地下鉄2号線鼓楼駅からから徒歩10分
料金:無料※身分証明証(パスポート)を見せる必要あり

西開天主教堂

カトリック天津教区の司教座聖堂


Tianjin cathedral by Joe Jones is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/redjoe/2458593837/

西開天主教堂は、天津市で最大のロマネスク様式聖堂であり、1913年に建てられました。

西開天主教堂は天津のキリスト教徒の信仰の拠点であり、カトリック天津教区の司教座聖堂でもあります。同時に中国におけるキリスト教の普及にも貢献。現在、西開天主教堂は天津市の文化遺産に指定されており、観光客にも人気があります。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

教堂の内部は、ヨーロッパの教会と同様に、祭壇、聖歌隊席、木製の彫刻とステンドグラスの窓などがあります。また、西開天主教堂には2つの塔があり、そのうちの1つの塔は教会の鐘楼で、もう1つの塔は展望台として使用されています。

西開天主教堂(St. Joseph Cathedral)の基本情報
住所:中国 Tianjin, Heping, 西宁道9
電話:+86 22 2781 1929
営業時間:要確認
休業日:なし
アクセス:地下鉄1号線の西広場駅より徒歩約10分
料金:無料

天津の知る人ぞ知る穴場観光地2選

ここからは、天津の知る人ぞ知る穴場観光地を2つ紹介します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

瓷房子(ポーセリン・ハウス)

磁器や白大理石などに彩られたフランス建築


瓷房子 by TJArchi-Studio is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/57215901@N05/5277504328/

瓷房子(ポーセリン・ハウス)は、天津市河西区にあるフランス建築の洋館です。建物全体を陶磁器で装飾したことで有名で、中国の伝統的な工芸文化を表現しています。

瓷房子は、観光客のみならずアーティストや芸術家をも魅了しています。建物内でアート展示会が開かれることも。また、瓷房子の周辺には、美術品や工芸品が売られているお土産店もあるので、お土産探しにもぴったりです。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

洋館全体が陶磁器の花瓶や壷、タイル、陶製の像などで飾られているのが特徴的。瓷房子の壁には中華民国時代や清朝末期の数多くの磁器の花瓶や壷が埋め込まれており、陶器が持つ繊細で美しい模様が壁面を彩ります。

瓷房子(Porcelain House)の基本情報
住所:72 Chifeng Ave, Heping, Tianjin, 中国 300052
電話:+86 22 2712 3366
営業時間:要確認
休業日:なし
アクセス:営口道あたりからタクシーで10分ほど
料金:50元(約950円)※最新情報はご確認ください
※2023年4月12日のレート、1元=19.49円で計算

解放北路

西洋の建築物が立ち並ぶエリア


photo by Unsplash

解放北路には、西洋式の重厚で美しいフランス式、英国式の建築物が並んでいます。近代的なビルや高層マンションも増えましたが、この地域は天津を代表する観光スポット。蒸気機関車やホースカーなどのレトロな乗り物も運行していますよ。


photo by Unsplash

解放北路は、もともとはイギリスやフランスなどが天津を統治していた時代の銀行や金融機関が並ぶ通りで、東方のウォール街といわれていたことも。近代的な高層ビルや商業施設が並ぶ一方で、古い建物や中華風の装飾を施した建築物も多く残っており、歴史と現代が調和した雰囲気の中、街歩きを楽しめますよ。

解放北路(Jiefang North Road)の基本情報
住所:中国天津市河西区解放北路
電話:-
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス:地下鉄一号線・三号線 「天津駅」より徒歩10分程度
料金:無料

天津観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash

観光スポットからグルメまで、見どころいっぱいの天津。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。ここでは、天津のおすすめのモデルコースをご紹介します。天津は2泊3日の旅行日程でスケジュールを立てると、充実した観光が楽しめますよ。

【天津観光モデルコース】
1日目
・天津空港到着→ランチ:天津グルメ「煎餅果子」を味わえる現地の食堂→五大道やイタリア様式の旧租界エリアを散策→天塩湯泉温泉で疲れを癒す→夕食:天津の郷土料理である「麻花」と「屎壳郎」を味わえるレストラン→泊まる:五大道周辺のホテル

2日目
早朝に海河の河畔で朝食。天津名物「煎餅果子」を味わう。→天津之眼で天津のパノラマビューを楽しむ→「居庸関長城」へ日帰り観光→夕食:天津名物「麻花」と「屎壳郎」を味わう→泊まる:五大道周辺のホテル

3日目
早朝にホテルをチェックアウト→マーケットでお土産を買う→天津空港へ移動→帰国

天津は、市内観光から郊外の観光、そして夜市巡りなど、1日中見どころがいっぱい!なので、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みの天津旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

中国・天津の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、中国・天津のおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいある中国・天津では、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、中国旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※2023年4月12日のレート、1元=19.49円で計算しています

cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる