NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】ベトナムのコンセントはAとCタイプ!変換プラグや電圧などを解説

ベトナム旅行に行くなら事前に確認しておきたいのが、コンセントのタイプ。ベトナムではスマホやカメラなどを充電するために、電源の確保は欠かせません。ベトナムのコンセントはタイプAとタイプCの複合型なのでそのまま使用できますが、電圧が異なるため、変圧器の使用は必須! この記事では、ベトナム旅行の前に知っておきたいコンセントや電圧の情報について紹介します。

ライター
NEWT編集部

ベトナム旅行に行くなら事前に確認しておきたいのが、コンセントのタイプ。ベトナムではスマホやカメラなどを充電するために、電源の確保は欠かせません。ベトナムのコンセントはタイプAとタイプCの複合型なのでそのまま使用できますが、電圧が異なるため、変圧器の使用は必須!

この記事では、ベトナム旅行の前に知っておきたいコンセントや電圧の情報について紹介します。

Contents

ベトナムのコンセントはAとCの複合型タイプ

photo by pixabay

ベトナムのコンセントは、AタイプとCタイプの複合型です。複合型であれば、Aタイプは日本で使用されているため、変換プラグを使用することなくそのまま日本から持って行った電化製品を利用できます。ただ一部のホテルでは、タイプCしか対応していない場合もあるので、事前にAタイプのコンセントも利用できるかどうかをホテルに確認しておくと安心です。

なお、ベトナムと日本では電圧が異なるため、基本的に変圧器を使用する必要があります。



\おトクなベトナム旅行をチェック/

ベトナムのコンセントは、一部では変換プラグを使用

photo by Unsplash 

ベトナムのコンセントは、タイプAとタイプCの複合型がほとんど。そのため、日本の電化製品のプラグをそのまま使用できますが、一部のホテルではタイプCしか対応していない場合もあります。不安な方は変換プラグを用意しておきましょう!

コンセントの形状に合わせてカスタマイズできるマルチ型の変換プラグなら、ベトナム以外の国に旅行する場合でも活用できますよ。

変換プラグはどこで買える?

photo by Unsplash 

変換プラグは、一般的に家電量販店やネットショップで購入できます。ネットショップはどこでも手軽にゲットできてとても便利!家電量販店ではサイズや重量などを直接見れるだけでなく店員さんに相談できるので、初めて変換プラグを購入する方でも失敗なくゲットできます。

より手軽に変換プラグを用意したいなら、ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円ショップがおすすめです。ただ商品によっては、上手く接続できないものもあるので、注意して購入してくださいね。

フライト直前に変換プラグを買っていないことに気づいた場合は、空港のコンビニやショップをチェック!海外行きの便を運行しているほとんどの空港では、さまざまなタイプの変換プラグを取り扱っています。多少割高になってしまいますが、ここで購入しておきましょう。

ベトナム旅行では延長コードやテーブルタップはあると便利

photo by pixabay

旅行先でもスマホやデジタルカメラなどの充電は必要です。コンセントの数が限られているホテルの場合、一部の電化製品が充電できなかったり、洗面所などで充電しなければいけないことも。電源タップがあると一度に複数の電化製品の充電ができるので、旅行もスムーズに楽しめますよ。

延長コードがあればソファやベッドから少し離れた場所にコンセントがある場合でも、スマホを充電しながらリラックスして、次の日の観光スポットを検索したり、家族や友人に連絡を返せたりできます。

ベトナムの電圧は220V!変圧器が必要な場合も

ベトナムの電圧は220Vですが、日本の電圧は110Vと電圧が異なるため、日本の電化製品を利用する場合は変圧器が必要です。そのまま使用してしまうと、壊れてしまうだけでなく火災の危険もあります。

スマホやデジタルカメラなどの一部電子機器は海外規格となっている場合もあるので、問題なくベトナムのコンセントに差し込める場合も!アダプターの表記をチェックしておきましょう。

スマートフォン(iphoneやAndroid)・パソコンは変圧器は必要なし!

photo by pixabay

一般的にスマホやパソコンなどの電子機器は、変圧器を使わずに充電できます。ただ、なかには日本の電圧にしか対応していないものもあるため、ベトナムのコンセントに差し込む際は事前にアダプターなどに記載されている表記をチェックしておきましょう!

電化製品のアダプターを確認して、INPUT: 100〜240Vと書かれていれば、それはグローバル規格製品ということになり、変圧器なしで使えます。一方、100Vと書かれている電化製品は変圧器が必須となっているので、要注意です。

ドライヤー・ヘアアイロンの場合は基本的に変圧器が必要

photo by Unsplash

毎日使用するヘアアイロンやドライヤーは消費電力が高いため、ベトナムなどの電圧が違う海外で利用する場合は、大容量の変圧器を用意しなければいけません。

大容量の変圧器はサイズも大きいため、日本から持っていけないことがほとんどです。海外旅行でドライヤーなどの電化製品を利用したいなら、変圧器を使わずに使用できる海外対応のものが便利です。家電量販店で一般的に販売されているため、ぜひそちらをチェックしてみてください。

ホテルにはドライヤーが完備されていることも多いので、宿泊先が決まったら公式サイトなどで確認してみましょう。

デジタルカメラなどの撮影機器の場合

photo by Unsplash

一眼レフやミラーレスなどのデジタルカメラは海外規格となっていることが多いため、ベトナム国内でも変圧器なしで充電できます。中には日本の100Vにしか対応していないものもあるので、ベトナム旅行前にチェックしておきましょう!

電化製品の対応電圧の調べ方

photo by pixabay

電化製品の対応電圧は、それぞれのラベルやアダプター部分に記載されています。100V〜240Vになっている場合は日本だけでなく、海外でもそのまま充電可能です。100Vとなっているものは日本規格なので、変圧器なしではベトナムのコンセントに接続できません。

それぞれの電化製品によって対応電圧は異なるため、ベトナム旅行前に確認しておきましょう!

変圧器を使用する際は消費電力もチェック!

photo by pixabay

変圧器は、それぞれ対応できる消費電力が決まっています。そのため、使用する際には変圧器の容量を事前に確認し、使用する電化製品の消費電力は対応しているかチェックしておきましょう。

変圧器の容量が大きいものであれば、複数の電化製品を同時に充電することも可能です。長時間使用する場合は、容量に余裕がある変圧器がおすすめです。

変換プラグや変圧器を忘れた場合は?

photo by pixabay

変換プラグや変圧器を忘れてしまった場合や、紛失してしまった場合、ホテルの貸し出しサービスを利用しましょう。空港や観光地に近いホテルの場合、貸し出し用の変換プラグや変圧器が用意されていることも多いため、助けられるシーンが多いはず!

レンタルできなかった時は、お近くの家電量販店やコンビニをチェックしてみてくださいね。

ベトナムのコンセントをチェックしてスムーズな旅を

この記事では、ベトナムのコンセントの形状の違い、変換プラグの種類や使い方などについて解説しました。ベトナム旅行の際は基本的に変換プラグを持っていく必要はありませんが、変圧器は忘れずに持っていきましょう。電化製品によってはベトナムで利用できるものを準備する必要があります。

事前にコンセントの確認をして、ベトナム旅行を快適に楽しんでくださいね。

cover photo by pixabay

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ベトナムの東京発のおすすめツアー

ベトナム旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる