NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

フエの魅力や観光の見どころ!古都の歴史を感じる世界遺産の旅

ベトナムを代表する観光スポット・フエ。ベトナムで最初に世界遺産に登録された建造物群がある歴史のある町です。 この記事ではフエの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひフエへ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ベトナムを代表する観光スポット・フエ。ベトナムで最初に世界遺産に登録された建造物群がある歴史のある町です。

この記事ではフエの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひフエへ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

フエの基本情報


photo by Unsplash

ベトナムの代表的な観光スポット・フエ。フエは世界遺産に登録された建造物群がある歴史ある町です。まずはフエの歴史や特徴などの基本情報を解説します。

フエの歴史


photo by pixabay

約150年にわたりベトナム最後の王朝の都として繁栄したフエ。華麗な王宮や帝陵(帝王のお墓)、寺院などが残るフエは、ベトナムの京都と呼ばれるほど歴史情緒あふれる都です。

まずは、フエの歴史を辿っていきましょう。

かつて3つの王朝の首都だった!


photo by pixabay

フエは3世紀にわたって3つの王朝の首都でした。とくにベトナム最後の王朝であるグエン朝が繁栄した歴史ある古都として有名です。13代続いたグエン朝があったフエには、歴代皇帝の帝陵(皇帝のお墓)が7つ残されています。

中華文明に強い影響を受けた王宮やフランスから学んだ建築様式を取り入れた建築物や、そのどちらも取り入れたいいとこ取りの帝陵まで、フエと他国の歴史的な文化の関わりを楽しむことができます。

7つの帝陵はそれぞれ違っていて、当時の皇帝の性格や好きなものが手に取るようにわかるんです!どんな皇帝だったのか思いを馳せながら観光するのも楽しいですよ。

街中に多くの爪痕!戦争に翻弄されたフエ


photo by pixabay

グエン王朝が滅亡したあと、1960年から1975年まで約14年間にわたって続いたベトナム戦争の激戦区となったグエン朝王宮。不幸にも40もの建造物が壊され、今も再建工事が続いているんです。

ベトナム戦争によって壊された建造物の再建には、ベトナムの伝統技術であるモザイク装飾が欠かせません。茶碗やガラスの破片を使って色とりどりの模様を創り出すモザイク装飾は、技術の高い職人技が必要です。

カイディン帝陵の内部の四季が描かれたモザイク装飾には、日本のビール瓶などが使われています。NIPPONの文字が印刷されたガラス片もあるので、ぜひ探してみてくださいね!

フエの建造物群はベトナム最初の世界遺産!


photo by Unsplash

フエの建造物群は、1993年にベトナムで最初に登録された世界文化遺産です。フォン川を挟んで新市街と旧市街が存在し、その旧市街に点在する王宮や帝陵、寺院などがフエの建造物群にあたります。

フエの建造物群には、中国の清朝やフランスのバロック様式、ベトナムのモザイク装飾などのそれぞれの伝統的様式を取り入れたユニークな建造物が数多くあります。

フエを訪れるときは、ぜひグエン朝時代の歴史やベトナム戦争の背景などを学んでから訪れてみてください。目の前に広がる景色が色鮮やかに映し出され一味もふた味も違う、充実したフエ観光ができますよ!

フエと京都市の深いつながり


photo by pixabay

約150年にもわたって続いたベトナム最後の王朝の都として栄えたフエ。古都フエには、寺院や歴代皇帝の帝陵などが各地に点在しており、情緒あふれる風景が広がっています。

1歩足を踏み入れれば、かつてのグエン朝にタイムスリップしたかのような建造物群が次々と目に飛び込んでくるでしょう。

歴史ある古都フエは、ベトナムの京都と呼ばれていて、京都と非常に縁のある都市です。2013年に京都市とパートナーシティを提携。フエには50以上の寺院があるなど、伝統産業から先端産業まで盛んな京都と共通点の多い街です。

フエ観光の見どころ


photo by pixabay

最後の王朝の都として繁栄し、華麗な王朝文化の歴史舞台となった都、フエ。フエには旧市街の歴史ある街並みと新市街の近代の街並みが混在しています。

ぜひ旧市街と新市街どちらも回って、それぞれ違う街並みを堪能してみてください!ここでは絶対に外すことができないグエン朝王宮、そしておすすめスポットである歴代皇帝の帝陵や、フエの街を見渡せるフォン川クルーズなど、古都フエの見どころをまとめました。

ベトナム最後の王朝の栄華を残すグエン朝王宮


photo by pixabay

ベトナム最後の王朝の歴史舞台となったグエン朝王宮。フエを象徴する人気観光スポットです。今もなお、かつての栄華が残る威風堂々たる王宮がフエの街を見渡すように鎮座しています。

グエン朝王宮は、フランスの侵略やベトナム戦争によって数多くの建造物が破壊され、今もまだ修復作業が続いています。戦争の爪痕が残る王宮ですが、それでも毅然とした佇まいには王宮の栄華や誇りが伝わってくるでしょう!


photo by Unsplash 

周囲2.5キロメートルの城壁に囲まれ面積360万平米の広大な敷地内には、数多くの歴史ある建造物があります。王宮を訪れるとまず迎えてくれるのが午門と呼ばれる高さ約17メートル、幅約58メートルにも及ぶ南にある正門です。

この午門は正午に太陽が真上に来るように設計されています。中央の門は当時、皇帝だけが通ることができました。皇帝が通った門を通ると自然と背筋が伸びる気がしそうですね。


photo by pixabay

正門を抜けると見えてくるのが太和殿です。太和殿では皇帝の即位式など公的な儀式が行われた重要な建物です。

内部には実際に皇帝が使用した玉座が置かれ、柱には歴代皇帝を象徴する龍の装飾が施されています。玉座は撮影が禁止されているので注意してくださいね。

グエン朝王宮(Hue royal palace)の基本情報
住所:FH9H+9CP, Phú Hậu, Tp. Huế, Thừa Thiên Huế, 
電話:+84 234 3828 288
営業時間:8:00~17:00
休業日:無休
アクセス: フエ駅から歩いて約30分、車で約6分
料金:大人200,000VND(約1,100円)   子ども(7〜12歳)40,000VND(約220円)

西洋と東洋が融合した建築美!カイディン帝陵


photo by pixabay

第12代皇帝カイディン帝のお墓は、フエ市街から約10キロメートル離れたトゥイバン村にあります。カイディン帝は親仏だったため、東洋様式とヨーロッパ様式が融合したとてもユニークな陵墓を11年もの歳月をかけて造りました。

1番の見どころはカイディン帝像が鎮座する部屋で、無宗教で派手好きだったカイディン帝の性格がよく表れています。キラキラと輝く装飾、天井には躍動感のある龍の絵が施されており見どころ満載です。

情緒あふれる厳かな雰囲気が漂った王宮とは全く違う、芸術あふれるカイディン帝の世界観に浸ってみてください!

カイディン帝陵(Mausoleum of Emperor Khai Dinh)の基本情報
住所:xã Thuỷ Bằng, thị xã Hương Thuỷ
営業時間:7:00〜17:30
休業日:無休
アクセス:フエ駅から車で約15分
料金:大人 150,000VND(約830円)   子ども(7〜12歳) 30,000VND(約170円)

グエン王朝の雅な離宮!トゥドゥック帝陵


photo by Unsplash

他の帝陵に比べると派手さはないものの広々とした敷地に建てられています。ときには権力争いなどの煩わしさから抜け出して、優雅でゆったりとしたひとときを楽しむ時間がトゥドゥック帝にとって何よりも大切だったのでしょう。

中国様式を取り入れた建物や、庭園、蓮池には厳かな雰囲気を感じられますよ!そんなトゥドゥック帝が愛したこの離宮でひと休みしてみてはいかがでしょうか?

トゥドゥック帝陵(Mausoleum of Emperor Tu duc)の基本情報
住所:Phường Thuỷ Xuân, thành phố Huế
営業時間:7:00〜17:30
休業日:無休
アクセス:フエ駅から車で約10分
料金:料金:大人 150,000VND(約830円)   子ども(7〜12歳) 30,000VND(約170円)

フエ最古の仏教寺院ティエンムー寺


photo by Unsplash

フエには50以上の寺院が存在します。その中でも最も古く美しい仏教寺院がティエンムー寺。高さ約21メートルにも及ぶ8角形の塔は7層で構成されており、中華文明に影響されたことがうかがえます。

1603年に建てられたティエンムー寺は別名、天女の寺と呼ばれフエを代表する寺院として今も多くの人々に親しまれていますよ。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

ティエンムー寺にはお寺に不釣り合いな自動車、オースティンA95が展示されています。これはティエンムー寺を訪れたら必ず見ておきたいおすすめスポット!

ベトナム戦争中ティエンムー寺の僧侶、ティック・クアン・ドックが首都サイゴン(ホーチミン市)までオースティンA95を走らせました。ティック・クアン・ドック僧侶はそこで、政府の仏教弾圧政策の抗議のため、焼身供養をするのです。

燃え盛る炎の中で、絶命まで座禅の姿勢を崩さなかった僧侶の姿は、全世界に衝撃を与えました。体のほとんどが焼け落ちてしまったにも関わらず、焼け残った心臓が発見され、僧侶の揺るがない信念と強い意志を感じずにはいられません。

ティエンムー寺(Thien mu temple)の基本情報
住所:Nguyễn Phúc Nguyên, Hương Long, Tp. Huế
営業時間:本殿の開館は7:00〜11:00/14:00〜18:00
休業日:無休
アクセス:フエ駅から車で約10分
料金:無料

左右対称の建築美!ミンマン帝陵墓


photo by unsplash

第2代皇帝ミンマン帝の陵墓は、3年の月日をかけて建設されました。フエ郊外にある7つの帝陵のうち、屈指の美しさを誇るミンマン帝陵。

ミンマン帝陵は、中国の明や清朝時代のお墓を参考に作られています。中国式の庭園と寝殿、陵墓などを見ることができ、左右対称にきれいに配置された建造物は、ミンマン帝陵の魅力の1つといえるでしょう。

グエン朝全盛期にあったミンマン帝は歴代皇帝の陵墓と比べても1番広大な敷地をもっていて、まるで公園のよう!当時のミンマン帝の権力の大きさを物語っています。

ミンマン帝陵墓(Mausoleum of Emperor Minh Mang)の基本情報
住所:QL49, Hương Thọ, Tp. Huế, Thừa Thiên Huế
営業時間:7:00〜17:30
休業日:無休
アクセス:フエ駅から車で約20分
料金:料金:大人 150,000VND(約830円)、子ども(7〜12歳) 30,000VND(約170円)

ベトナム屈指の絶景ハイヴァン峠


photo by Unsplash

ダナン市とフエ省の間にあるハイヴァン峠の頂上からは、ダナンとフエ省や海を一望できる絶景スポットです。ハイヴァン峠はベトナム中部の最大都市、ダナンから約10キロメートル離れた場所に位置します。

多くの観光客がダナンからフエ省に移動する際に、ハイヴァン峠を訪れています。天気がよければ緑に囲まれた峠と海を見渡すことができて開放的!峠にはカフェもあるので、絶景を眺めながらちょっとひと息してみてはいかがですか?

峠を越えると見えてくるのがランコービーチです。真っ青な空とエメラルド色に光り輝く海と真っ直ぐに伸びる橋。ランコービーチは手つかずの自然が広がるリゾートビーチです。ぜひハイヴァン峠を越える際に立ち寄ってみてくださいね!

文化と恵みをもたらしたフォン川のクルーズ


photo by Unsplash

フエの旧市街と新市街をわけるように流れるフォン川。フォン川によってフエの街は繁栄し文化が芽生え、人々の生活に恵みをもたらしました。

このフォン川でかわいいドラゴンボートに乗って、川下り体験をしてみませんか?市内の船着場からティエンムー寺までドラゴンボートで行くこともできます。

気持ちいい風に吹かれながら、フォン川から情緒あふれる美しいフエの街並みを眺めることができます。フォン川のゆったりとした波に揺られ、落ち着いた時間が流れます。日々の忙しさを忘れさせてくれる時間です。

時間によってはボートの上からフォン川に沈む夕日を眺めることができ、その美しい景色は思わず息を呑むほど!

フエ観光に最適なシーズンは?


photo by Unsplash

フエ観光を存分に楽しむために、どの季節に訪れるのが良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?とくにベトナムの中部地方は雨が多い気候のため事前にしっかりと計画を立ててから行くようにしましょう。

フエのある中部は乾季と雨季があります。10月〜1月の雨季は大量の雨が降るので注意が必要です。2月〜9月の乾季のフエは空が高く、雄大に流れるフォン川との美しい景色を見ることができます。

ベストシーズンは快適に過ごせる2月〜9月


photo by pixabay

フエの街を観光するなら乾季の2月〜9月がおすすめです。またビーチでのんびりしたい人には、特に晴天が多い5月〜8月がいいでしょう。

最も暑くなる6月〜8月頃は、最高気温が約34度まで上昇します。日によっては40度近くまで上がることもあるので、サングラスや帽子、日焼け止めクリームなど、日焼け対策は必須!

スコールにみまわれることもあるので、折りたたみ傘も準備しておくと安心です。9月は台風がくることもあるので、レインコートなどを念のため準備しておきましょう。

観光客が少ない時期を狙うなら10月〜1月


photo by Unsplash

観光客が少ないオフシーズンを狙うなら10月〜1月がおすすめです。この時期は観光客も少なく飛行機のチケットの値段も比較的安いことから、混雑を避けたい人にはおすすめのシーズンですよ。

ただし、この時期は雨季にあたります。1日中雨が降ることがあるので折りたたみ傘やレインコート、サンダルなど雨対策は欠かせません。

体感温度は実際の温度より低く感じることもあります。薄手のジャケットや長袖長ズボンなど防寒対策も忘れないようにしましょう!

フエの建造物群の見学方法・料金は?


photo by pixabay

ベトナムの京都と呼ばれるだけあって、フエの街には多くの歴史的な観光スポットがあります。特に旧市街には、世界文化遺産であるグエン朝王宮をはじめとする、フエの建造物群が点在しています。

効率よく人気の観光スポットを回りたい人のために、フエの建造物群の見学方法についてまとめました。

入場にはチケットの購入が必要!


photo by pixabay

フエの建造物群の観光にはチケットが必要です。もしスケジュールに余裕がなく半日のみ観光という場合は、観光したい場所のチケットを単独で購入するか、半日で回れるツアーに参加するなど、訪れたい場所を絞って回る必要があります。

せっかくだから王宮と歴代帝王の陵墓を回りたいという方には、お得なセットチケットが販売されていますよ。

セットチケットは時期によって王宮のみで販売していることがあるので、セットチケット購入を考えている人はまず王宮を訪れて確認してみてくださいね。

観光ツアーに予約するのがおすすめ


photo by Unsplash

フエの街や世界遺産を巡るには、観光ツアーに参加するのがおすすめです。滞在期間が短い方や、フエの定番スポットを観光したいという方には半日ツアーが適しているでしょう!ミンマン帝陵、カイディン帝陵、トゥドゥック帝陵の世界遺産3大陵墓を巡ることができます。

滞在期間にもう少し余裕がある方には、日帰りツアーも人気です。歴代皇帝の陵墓を巡り、グエン朝王宮、そしてティエンムー寺を時間をかけてゆっくり観光することができますよ。

フエの歴史や建造物について詳しく知りたい方は、日本語のガイド付きツアーを選びましょう。

フエの建造物群観光に要する時間


photo by Unsplash

フエには多くの建造物があり、市外にも点在しているので時間に余裕をもって行動しましょう。グエン朝王宮は広大な敷地にいくつもの建物が点在しているので、観光するには王宮だけでも2〜3時間程度要するでしょう。各皇帝の陵墓はそれぞれ約1時間あれば安心です。

ただ、個人で移動するにはそれぞれの場所が点在しているので、ツアーやタクシーをチャーターするなどの手段も視野に入れておきましょう。

フエへのアクセス・行き方


photo by pixabay

フエ観光の拠点となる都市はダナン。ダナンからフエへ行く方法が一般的です。ここでは、ツーリストバス、鉄道それぞれの行き方、そしてフエ市内の交通手段について解説します。

運行の多いツーリストバス


photo by pixabay

ベトナムでは多くのツーリストバスが運行されています。フエでも多くのツーリストバスが運行されていて、観光客の移動手段によく利用されています。

ダナンからフエまでバスで約3時間。週末やハイシーズンでは満席になる可能性が高いので、各バス会社のサイトから早めに予約すると安心でしょう。

海岸の景色を楽しめる鉄道


photo by pixabay

フエには鉄道を使ってアクセスすることもできます。飛行機を使えば短時間で効率よく目的地に辿り着くことができますが、鉄道に揺られながらのんびりと外の景色を眺める旅も素敵ですよね。

ひと味違った旅行をしたい方、鉄道旅はいかがでしょうか?海岸の景色を眺めながらの鉄道旅は、日々の疲れを癒してくれるでしょう!

チケットはグレードによって値段が異なるので、詳しい金額については鉄道サイトからご確認ください。チケットの種類にはグレードがあり、それによって値段も違います。

豊富な市内の移動手段


photo by Unsplash 

バスや鉄道のほか、フエ市内の移動にはタクシーやレンタル自転車、シクロ(自転車タクシー)を利用することもできます。

スムーズな移動にはタクシー、個人で観光スポットを巡るならレンタル自転車、移動中にも観光気分を味わうならシクロなど、自分にあった移動手段を試してみてくださいね。

フエ観光における注意点


photo by pixabay

乾季のフエを訪れる場合、日差し対策は必須です。観光中はサングラスや帽子、日焼け止めは必ず持ち歩きましょう。

日差しが強い場合は半袖よりも長袖で肌を保護した方が暑さをしのげる場合もあります。そして建物の中は冷房がきいていて肌寒く感じることもあるので、長袖も忘れないようにしましょう。

また、雨季のフエは、日中の寒暖差に注意が必要。晴れの日は日差しが強く、雨が降れば肌寒く感じます。突然雨が降り出すこともあるので、折り畳み傘やレインコートを持ち歩いておくと安心です。

寒暖差によって体調を崩すことがないように、万全の準備をしていきましょう!

歴史と近代が融合したフエの街を満喫しよう


photo by pixabay

この記事では、フエの観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。フエは歴史と近代が融合した唯一無二の街で、訪れる人々を魅了し楽しませてくれる人気の観光スポットです。

ぜひ紹介した情報を参考に、フエの観光を満喫してみてくださいね!

フエ(Hue)の基本情報
場所:Hue city, VietNam
営業時間:-
休業日:-
アクセス:ダナンから車で約1時間45分
公式サイト:https://www.vietnamhuekanko.com/

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※記事内の金額は2023年1月20日のレート、1VND=0.0055円で計算しています。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ベトナムの東京発のおすすめツアー

ベトナム旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる