NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

迪化街(てきかがい)は台湾にある歴史あふれる問屋街!見どころや行き方などを解説

台湾の台北を代表する人気の観光スポット・迪化街(てきかがい)。この記事では、迪化街の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説します!

ライター
NEWT編集部

台湾の台北を代表する人気の観光スポット・迪化街(てきかがい)。伝統的な文化と現代の台湾の魅力が融合した、歴史的な問屋街です。

この記事では、迪化街の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひ迪化街へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

迪化街の基本情報

P1000846 by 芳蘭 徐芳蘭 is licensed under CC BY 2.0

台湾の台北を代表する観光スポット・迪化街(てきかがい)。まずは、迪化街の歴史や特徴などの基本情報を解説します。

迪化街とは?

迪化街 Dihua St. by Chi-Hung Lin is licensed under CC BY-SA 2.0

台北の迪化街は、そのレトロな街並みと現代のショップが融合した魅力的な観光地です。バロック様式の赤レンガ建築が並ぶこの地域では、リノベーションされたおしゃれなカフェやショップが話題となっています。迪化街は、かつての問屋街としての歴史を持ち、今も茶葉、漢方薬、乾物、布地などの商店が立ち並びます。

さらに、台湾で最大規模の布市場である永楽(ヨンラー)市場や、縁結びの神様が祀られる台北霞海城隍廟(タイペイ・シアハイチェンホアンミャオ)など、訪れる価値のあるスポットが多数あります。迪化街は、台湾の伝統と現代の魅力が共存する、台北の観光には欠かせない場所です。

迪化街の歴史

台北の迪化街は、長い歴史をもつ観光地です。かつては大稲埕(だいとうてい)と呼ばれ、地方出身の人々が集まって暮らしていた地域。19世紀後半以降の日本統治時代になると、都市計画によって整備され、商業活動が盛んになりました。特に茶葉や布地の問屋街として栄え、多くの歴史的建築物が建てられたのです。

その後の1947年、中華民国政府によって「迪化街」と命名されました。1970年代に衰退しつつありましたが、地域住民の活動によって歴史的建物の保存が決定され活気が戻ります。2000年には景観保護区域に指定され、現在はその古い街並みと新しいショップが融合した独特の雰囲気を持つ、台北を代表する観光地の一つとして知られています。

迪化街のある台北ってどんな街?

photo by pixabay

台北市は、活気あふれる文化と歴史が点在する台湾の首都です。代表的な観光スポットの一つである台北101の展望台からは、都市の壮大な景色を一望できます。国立故宮博物院では、豊富な中国芸術のコレクションを鑑賞でき、台湾の文化に触れることができるのでおすすめです。さらに市内の寺廟や夜市では、伝統的な彫刻や地元の屋台料理・シャオチーをはじめとする、台湾グルメを堪能できますよ。

自然を楽しみたい方は都市の喧騒から離れて、近郊の山林や温泉地で自然を満喫するのもおすすめです。台北市は、多様な観光スポットが集結した人気の観光地としても知られています。

迪化街観光の見どころ

Dihua street by Ina Widegren is licensed under CC BY-SA 2.0

歴史あふれるノスタルジックな観光スポット・迪化街。台湾随一の問屋街として知られる迪化街には、漢方、乾物、布といった生活を支えるものからカフェやレストラン、雑貨など観光向けのお店まで、多様な楽しみ方ができるスポットが点在しています。

迪化街の見どころや楽しみ方をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

ノスタルジックな街並みを散策

Taipei Streetscape - 12 by Kabacchi is licensed under CC BY 2.0

台北の迪化街は、ノスタルジックな雰囲気がただよう歴史的な問屋街です。この通りは、古い建物と新しいショップが融合した独特の魅力をもち、散策するだけでもタイムスリップしたような気分が味わえます。

伝統的な中国茶、生地、中薬材、台湾スナックなど、多様な商品を扱う店舗が並び、地元の文化を感じることができるのも魅力の一つです。また、地元のアーティストや職人が作る工芸品やアート作品も多く、ギャラリーやアトリエが点在しています。さらに、台湾の伝統的なスナックや地元料理を提供する食堂やカフェも多いので、散策がてらレトロな雰囲気を楽しみながらひと休みしたい方にもぴったりです。

昔ながらの屋台エリアでグルメを堪能!

Lunch by Photos By 夏天 is licensed under CC BY-ND 2.0

台湾の迪化街では、昔ながらの屋台エリアでグルメを堪能することができます。伝統的な台湾料理から台湾のB級グルメまでさまざまなグルメが味わえます。台湾の屋台料理で人気の小吃(シャオチー)をはじめ、牛肉麺(ニューロウメェン)や魯肉飯(ルーローファン)といった、地元の味を堪能するのに欠かせない料理を楽しめるのも迪化街の魅力です。

また台湾ならではの甘いスイーツも人気。特に杏仁豆腐やタピオカミルクティーなど、日本でも馴染みのあるスイーツを、本場で堪能できます。迪化街の屋台エリアは、散策しながら台湾グルメを楽しむのにぴったりです。

レトロな雰囲気のカフェでひと休み

Historic Facades on Dihua Street - Taipei - Taiwan by Adam Jones is licensed under CC BY-SA 2.0

迪化街は19世紀後半に建設されたバロック様式や洋楼式の商館や工場が多く残り、現在ではこれらの建物が改装され、ユニークなリノベーションカフェとして生まれ変わっています。これらのカフェでは、迪化街の歴史的な背景と現代の雰囲気を融合した雰囲気を楽しむことができます。

迪化街は見どころがたくさんあるので、散策の合間にひと休みしたい方はカフェでゆっくり過ごすのもおすすめ。レトロな内装の中で、台湾の伝統的なお茶やコーヒー、台湾ならではのスイーツが楽しめます。カフェから迪化街の古い町並みを眺めながらゆったりとした時間を過ごせますよ!

迪化街のレトロな雰囲気のカフェで、台湾の歴史と現代の文化を感じながら、心地よい休息を楽しんでみてはいかがでしょうか。

迪化街観光に最適なシーズンは?

photo by Unsplash

台湾は沖縄より南に位置しているため、夏と冬の時期はあるものの日本よりも暖かい気候に恵まれています。特に冬場の平均気温は、日本に比べると10℃ほど高くなることも。

ここでは、迪化街へ行く際のベストシーズンとオフシーズンについてそれぞれ解説します。

ベストシーズンは快適に過ごせる3〜5月

Xiahai City God Temple by Ina Widegren is licensed under CC BY-SA 2.0

台北の迪化街を訪れるのに最適なシーズンは、快適な気候が続く3月〜5月です。この時期は、台北の気温が比較的穏やかで、日本の春と似たような気候を楽しむことができます。暑すぎず寒すぎないこの季節は、迪化街の歴史的な街並みを散策するのに理想的です。

軽いジャケットやカーディガンを持参すると、朝晩のわずかな気温差でも気兼ねなく観光を楽しめるのでおすすめです。春の穏やかな気候の中、迪化街の古い商店やリノベーションされたカフェを訪れ、台湾の文化と歴史を感じながら、快適な観光を楽しむことができるでしょう。

観光客が少ない時期を狙うなら11~1月

photo by Unsplash

台北の迪化街を観光するのに狙い目なオフシーズンは11月から1月です。この時期は観光客が比較的少なく、ゆったりとした散策が楽しめます。台北の冬は日本よりも温暖で、厳しい寒さはあまり感じられませんが、朝晩は肌寒くなることがあります。そのため、暖かいセーターや軽いコートを準備しておくのがおすすめです。

迪化街の古い商店やカフェを訪れる際、混雑を避けて落ち着いて観光できるのがこの時期の大きな魅力です。観光客が少ない冬の迪化街は、台北の歴史と文化をじっくりと堪能したい方にぴったりですよ!

迪化街の見学方法や混雑状況は?

Snapshot, Dihua Street, Taipei, Taiwan, 隨拍, 迪化街, 台北, 台灣 by bryan… is licensed under CC BY-SA 2.0

迪化街への入場料はなく、自由に散策を楽しむことができます。また迪化街は、朝から営業しているお店や、有名な縁結びスポット・台北霞海城隍廟(シアハイチェンホアンミャオ)では早朝からお参りができるので、午前中から散策が楽しめますよ!

ここからは迪化街を散策する際の見学方法や混雑状況について詳しく説明します。

迪化街の混雑状況は?

迪化街 Dihua Street by nakashi is licensed under CC BY-SA 2.0

迪化街は観光客だけでなく国内から訪れる方々も多いため、週末や春節シーズンは混雑します。特に旧正月前は、台湾でも年末の大掃除や買い物で忙しくなり、迪化街も多くの買い物客で賑わいます。お土産品を目当てに訪れる人も多く、有名な店などは2時間以上待つことも珍しくありません。

旧正月前に迪化街を訪れる場合は、混雑を避けるために平日の早い時間帯に行くことをおすすめします。また、この時期は気温も比較的穏やかなので、散策には快適な服装で訪れると良いでしょう。旧正月前の迪化街は、台湾の文化を感じるには絶好の機会ですが、混雑には十分注意してください。

迪化街の観光に要する時間

Dihua Street Scene - Taipei - Taiwan by Adam Jones is licensed under CC BY 2.0

迪化街の観光に要する時間は目的によっても異なりますが、一般的には2〜3時間程度あれば迪化街を十分に楽しむことができます。

散策を楽しみながら、伝統的な商店やリノベーションされたカフェ、アートギャラリーを楽しむコースがおすすめです。また、午前中から散策をし、ランチタイムに屋台やレストランで台湾の食文化を味わうのもいいでしょう。

迪化街は歴史的な魅力と現代の活気が融合した場所なので、ゆっくりとその雰囲気を味わうことをおすすめします!

台北駅から迪化街へのアクセス・行き方

photo by pixabay

迪化街観光の拠点となる都市は台北市。台北から迪化街へ行く方法として、地下鉄とバスそれぞれの行き方を解説します。

最も一般的な移動は地下鉄

photo by pixabay

迪化街への最も一般的な移動方法は地下鉄(MRT)を利用することです。台北駅から迪化街までのアクセスは、MRT淡水信義線(紅線)を利用し、雙連(そうれん)駅(R12)で降車すると便利です。このルートを利用する場合、片道運賃は20ニュー台湾ドル(約92円)で、所要時間は約3分です。

また、雙連(そうれん)駅から迪化街までは徒歩で約10分程度で、アクセスにも便利なのでおすすめのアクセス方法となっています。

最短で向かいたいならタクシー

photo by pixabay

迪化街へ最短で向かうなら、タクシーがおすすめです。台北駅から迪化街までのタクシー料金は約100ニュー台湾ドル(約456円)で、所要時間は約3分程度で到着します。クレジットカードなどを利用できる場合もありますが、現金での支払いが一般的。運転手がお釣りを持っていないことも多いので、小銭を用意しておくのがおすすめです。

台湾のタクシーは手を挙げて簡単に停めることができ、ドアの開閉は自分で行う必要があるので注意しましょう。

迪化街の観光を満喫しよう

この記事では、迪化街の観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。長い歴史をもつノスタルジックな迪化街はぜひ、一度は行ってみたい人気の観光スポットです。

ぜひ紹介した情報を参考に、迪化街の観光を満喫してみてくださいね!

迪化街(てきかがい)の基本情報

住所

Section 1, Dihua St, Datong District, Taipei City, 台湾 103

電話

+886-2-25532270

営業時間

24時間 ※店舗によって営業時間は異なる

休業日

なし

アクセス

MRT雙連(そうれん)駅から徒歩で約10分

料金

なし

※2023年12月18日のレート、1ニュー台湾ドル =4.56円で計算しています。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

台湾の東京発のおすすめツアー

台湾旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる