NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】台湾の12月の気温は?おすすめの服装や持ち物を解説

台湾の12月は冬の始まり。北部の台北は肌寒さを感じる日が続きますが、南部の高雄ではまだ暖かい日があります。地域によって気温が大きく異なるため、服装の選択が重要です。この記事では、台湾の12月の気温や天気の特徴、おすすめの服装や持ち物を詳しく解説します。台湾旅行の際の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

台湾の12月は冬の始まり。北部の台北は肌寒さを感じる日が続きますが、南部の高雄ではまだ暖かい日があります。地域によって気温が大きく異なるため、服装の選択が重要です。

この記事では、台湾の12月の気温や天気の特徴、おすすめの服装や持ち物を詳しく解説します。台湾旅行の際の参考にしてくださいね!

Contents

台湾の12月の気温と天気の概要

photo by Unsplash

台湾の12月は、冬の始まりの季節にあたります。台湾北部の台北では、平均気温が18度前後と肌寒い日が多くなりますが、南部の高雄では平均気温が20度を超え、比較的温暖な気候が続きます。

また12月は乾季に入り、台湾全土で雨が少なくなるのが特徴。晴れの日が多く、観光に適した季節といえるでしょう。ただし12月下旬には、大陸からの寒気の影響で一時的に気温が下がることもあるので注意が必要です。

都市

平均気温

平均最高気温

平均最低気温

降水量

台北

17.9℃

20.7℃

15.6℃

73.3mm

台中

18.1℃

23.6℃

14.2℃

25.9mm

高雄

20.6℃

24.9℃

17.1℃

16.2mm

台湾の12月は、地域によって気温差があるので、旅行の際は服装選びに注意が必要です。台北など北部では肌寒さを感じる日が多いので、上着がおすすめ。

一方、高雄など南部では比較的温暖なので、薄手の服装でも対応できます。また12月は乾季で雨の日が少なくなりますが、念のため傘を持参しておくと安心です。

台湾の12月の気温・気候・服装を都市別に紹介!

photo by PIXTA

台湾の12月は冬の訪れを感じる日が増えてくる時期。台北や台中、高雄といった都市ではそれぞれに気温や天気が異なりますので、それぞれの特徴を解説します。台湾旅行の際の持ち物選びにぜひ参考にしてくださいね!

台北の12月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

12月の台北の平均気温は17.9度と、少し肌寒く感じる日が多くなります。最高気温は20度を超えることが多い一方、最低気温が低くなることもあるため、温度差には注意が必要です。

台北の12月は、薄手のコートやジャケット、セーターなどの羽織るものが欠かせません。日中は気温が上がるので、長袖シャツにカーディガンを合わせるのがおすすめです。

また台北は他の都市と比べて雨の日が多いので、折りたたみ傘は必須アイテム。とはいえ晴れれば乾燥する時期なので、リップクリームやハンドクリームなどの保湿グッズも忘れずに持っていきましょう!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

台北

17.9℃

20.7℃

15.6℃

73.3mm

台中の12月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

台中の12月の平均気温は18.1度で、日中はポカポカ陽気な日もありますが、朝晩は冷えることもあるので上着が不可欠です。日中の最高気温は23.6度まで上がるため、長袖Tシャツにジャケットやパーカーを合わせる服装がちょうどいいでしょう。

台中の12月は観光シーズンでもあるので、歩きやすいスニーカーやサンダルを履いていくのがおすすめ。この時期は雨が少なくなりますが、急な雨に備えて折りたたみ傘も用意しておくと安心ですよ。晴れた日の乾燥対策として、リップクリームやハンドクリームもお忘れなく!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

台中

18.1℃

23.6℃

14.2℃

25.9mm

高雄の12月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

高雄は台湾の中でもとくに温暖な地域。12月でも平均気温は20.6度、最高気温は24.9度まで上がるので、日中は半袖でも過ごせる日が多くなります。とはいえ最低気温が低いこともあるため、朝晩の肌寒さ対策として薄手の上着は持参しましょう。

高雄は晴天の日が多いので、日差し対策は必須。帽子やサングラスを携帯すると便利ですよ。観光では歩き回ることが多いので、歩きやすい靴の用意もお忘れなく。スニーカーがおすすめですがサンダルでも問題ありません。 乾燥対策アイテムとしてリップクリームやハンドクリームがあると快適に過ごせますよ!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

高雄

20.6℃

24.9℃

17.1℃

16.2mm

12月の台湾旅行で注意したい服装と持ち物

photo by Unsplash

ここまで、12月の台湾の気温や天気の特徴を見てきましたが、続いては服装や持ち物についての注意点をまとめておきます。台湾旅行が快適になるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

寒暖の差が大きいので服装の調整を

12月の台湾は、日中と朝晩の気温差が大きいのが特徴。日中は気温が上がって暖かくなりますが、朝晩はグッと冷え込むこともあります。

そのため脱ぎ着しやすい服装がおすすめ。たとえばセーターの上にジャケットを羽織るなど、気温に合わせて調整しやすいコーディネートを心がけましょう。

また室内は暖房が効いていることもあるので、半袖の洋服も1枚あると便利ですよ。

乾燥が気になる季節!こまめな保湿ケアを

12月の台湾は湿度が低くなる時期なので、肌の乾燥が気になりますよね。とくに飛行機内は乾燥しているので、機内でも使えるような保湿アイテムの持参がマスト!

おすすめは普段使っている化粧水や乳液などの基礎化粧品に加えて、フェイスマスクやリップクリーム。こまめに保湿ケアをすることで、乾燥を防ぐことができますよ。

また喉の乾燥を防ぐためにも、水分補給を忘れずに。乾燥対策をばっちりして、心地よい台湾の旅を満喫しましょう!

大気汚染がひどい日も!マスクが必需品

12月の台湾は乾季に入り、空気が乾燥する時期。それに伴って大気汚染が深刻化することがあります。とくに台中や高雄などの工業都市では、スモッグがひどい日もあるので要注意!

旅行の際は外出時にマスクを着用するのもおすすめです。喉の弱い方はのど飴なども持参しておくと安心ですよ。大気汚染の状況が気になる方は、現地の情報をこまめにチェックすることも大切。体調管理に気をつけて、元気に台湾を観光しましょう!

台湾の冬の始まりを満喫しよう!

台湾の12月は、冬のはじまりの季節。台北など北部は肌寒くなりますが、高雄など南部は比較的温暖な気候が続きます。 地域や朝晩の気温差があるので、脱ぎ着しやすい服装を心がけましょう。

また乾燥や大気汚染にも注意が必要です。 現地の気候に合わせた服装や持ち物をしっかり準備して、快適な台湾旅行を楽しんでくださいね。

※この記事の情報は、2024年5月14日現在のものです。紹介した平均気温と降水量、気候は年により異なるため、旅行前には最新情報を確認してください。

cover photo by Unsplash

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

台湾の東京発のおすすめツアー

台湾旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる