NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】ポーランドの空港一覧!ワルシャワなど有名な空港を厳選して解説

東ヨーロッパで人気の旅行先であるポーランド。ポーランドには全部で約15ヶ所の空港があり、連日たくさんの観光客が利用しています。 今回はポーランドの空港主要一覧やその中でも有名な空港を厳選してご紹介!空港ラウンジや免税店、両替所、市内へのアクセス方法などを詳しく解説しているので、ポーランド旅行を考えている方は参考にしてみてくださいね。

ライター
NEWT編集部

東ヨーロッパで人気の旅行先であるポーランド。ポーランドには全部で約15ヶ所の空港があり、連日たくさんの観光客が利用しています。

今回はポーランドの空港主要一覧やその中でも有名な空港を厳選してご紹介!空港ラウンジや免税店、両替所、市内へのアクセス方法などを詳しく解説しているので、ポーランド旅行を考えている方は参考にしてみてくださいね。

Contents

ポーランドには約15ヶ所の空港がある!

photo by unsplash※画像はイメージです

ポーランドには全部で15ヶ所の空港があります。中でもメインの空港にはワルシャワ・フレデリック・ショパン空港やクラクフ・バリツェ空港、カトヴィツェ国際空港があり、それ以外にもヨーロッパや中東諸国との定期便が就航している空港が数多く存在します。

今回はそんなポーランドにある空港の中で有名な国際空港や国内・近隣諸国へのフライトで使う機会もある空港をご紹介!

空港内のラウンジや免税店、飲食店、空港から市内へのアクセス方法について紹介しているので、ポーランド旅行の参考にしてみてください。

ポーランドの空港主要一覧

photo by unsplash※画像はイメージです

ワルシャワ国内には、以下の約15ヶ所の空港があります。

  • ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港(WAW)
  • クラクフ・バリツェ空港(KRK)
  • グダニスク・レフ・ヴァウェンサ空港(GDN)
  • カトヴィツェ国際空港(KTW)
  • ポズナン・ワヴィツア空港(POZ)
  • ワルシャワ・モドリン空港(WMI)
  • ヴロツワフ・コペルニクス空港(WRO)
  • ジェシュフ・ヤションカ空港(RZE)
  • ブィドゴシュチュ・イグナツィ・ヤン・パデレフスキ空港(BZG)
  • シチュチェン・ゴレニョフ連帯空港(SZZ)
  • ウッチ・ヴワディスワフ・レイモント空港(LCJ)
  • ルブリン空港(LUZ)
  • ジェロナ・グラ空港(IEG)
  • ラドム空港(RDO)
  • オルシュティン・マズーリ空港(SZY)

東ヨーロッパのハブ空港であるワルシャワ・フレデリックショパン空港のような国際空港から、国内便が多く離発着する空港など、規模や特徴は空港によってさまざまです。

ポーランドで有名な国際線が発着する空港3選

ここからは、ポーランドで有名な国際空港を3ヶ所ご紹介します。日本からヨーロッパに行く際に利用する機会も多い空港ばかりですよ。

ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港

Lotnisko Chopina w Warszawie (Chopin Airport) by Michael Coghlan is licensed under CC BY-SA 2.0

ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港(空港コード:WAW)は、首都ワルシャワにある中央ヨーロッパ最大規模の国際空港です。中心街から空港までの距離は約10キロあり、車を使って約20分ほどでアクセスできます。

日本からは、LOTポーランド航空のワルシャワと東京成田間の定期便が就航しています。他にはヨーロッパ系のウィズエアーやチェコ航空、エア・バルティック、ルフトハンザ航空、エールフランス。中東系のエジプト航空、エミレーツ航空、ターキッシュエアラインズ、エア・アル航空、カタール航空があり、中国国際航空も就航しています。

ヨーロッパや中東などとの定期便が多く、東欧を起点に旅行をする方は利用する機会が多い空港です。ターミナルはターミナルAの1ヶ所のみとなっています。

①種類豊富でプライベートで使いやすい空港ラウンジ

photo by unsplash※画像はイメージです

ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港には4ヶ所のラウンジがあります。LOTポーランド航空のビジネスラウンジやVIPラウンジ、エグゼクティブラウンジなど、中央ヨーロッパ最大規模の空港なだけあって、ラウンジの種類も豊富です。

photo by unsplash※画像はイメージです

ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港で人気のラウンジはExective Lounge Bolero(エグゼクティブ ラウンジ ボレロ)です。シェンゲン域外エリアの1階、搭乗ゲート7と8の近くにあります。出発予定時刻の3時間前から入室可能です。

営業時間は毎日6時半から夜22時まで。ラウンジにはテレビやインターネット、冷暖房などの設備がついており、ビュッフェ形式の軽食やアルコールも選べるドリンクバーを利用可能です。

開放感があって落ち着ける雰囲気のラウンジで、搭乗するまでの時間を有意義に過ごしてみてはいかが?

②空港内の飲食店・免税店・お土産店などの施設

Warsaw Chopin Airport - IMG_2251 by Nicola is licensed under CC BY 2.0

ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港には、シェンゲン域外の出発エリア一階に免税店BALTONA DUTY FREE、お土産屋のPREMIUM FOOD GATEが入っています。ポーランド土産であるはちみつやジャム、コースターなどを購入できますよ。

コンビニやキオスクも数多く営業しているので、ポーランド到着後に軽食や現地で使える充電器、日用品を買うのにも便利です。また、ポーランドから出国する前にポーランド旅行の記念としてポーランドの小物を購入するのもいいでしょう。

空港内でちょっとした買い物ができるスポットが多いのが魅力的です。

③空港からワルシャワ市内へのアクセス方法

SKM Szybka Kolej Miejska - SKM Fast City Train by Jarosław Pocztarski is licensed under CC BY 2.0

ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港からワルシャワ市内までの行き方には、市バスや電車、タクシーといった移動方法があります。一番のおすすめは市バスか電車で、コスパがいい上に、早く移動できます。時間制の乗車券をキオスクや券売機で購入し、乗車時にカードに打刻することで移動が可能です。

コスパよりもプライベートな空間を重視していて、より快適に移動したいという方はタクシーを利用するのもおすすめ。

クラクフ・バリツェ空港

photo by unsplash※画像はイメージです

クラクフ・バリツェ空港(空港コード:KRK)は、クラクフ市内中心部から西に約20キロ離れた場所にあり、車なら約35分でアクセスできる空港です。

ちなみに、ポーランド出身の第264代ローマ教皇のヨハネ・パウロ2世の名前を冠したヨハネパウロ・クラクフ・バリツェという別称もあります。

ヨーロッパや中東を中心として、LOTポーランド航空、ライアンエアー、ルフトハンザ航空、ウィズエアー、KLMオランダ航空などの定期便が就航しています。

①高級感のある空間が魅力の空港ラウンジ

photo by unsplash※画像はイメージです

クラクフ・バリツェ空港には、プライオリティパスの所有者が利用できるBusiness LoungeやVIP Loungeがあります。高級感のある過ごしやすい空間が魅力です。

出発前のタイミングに空港のラウンジを利用してみてはいかがでしょうか?

photo by unsplash※画像はイメージです

クラクフ・バリツェ空港で人気のラウンジは、プライオリティパスで利用できるBusiness Loungeです。エアサイド1階のゲート2付近にあります。航空便の行き先に関係なくラウンジを利用できますよ。

営業時間は火曜日が午前4時半から夜21時半で、その他の曜日は午前4時半から夜22時半となっています。出発時刻の3時間前から利用できます。インターネットや軽食・飲み物のサービスのほか、シャワーも浴びることができ、快適に時間を過ごせますよ。

②空港内の飲食店・免税店・お土産店などの施設

2009-03-13 03-16 Krakau 344 Flughafen Balice by Allie_Caulfield is licensed under CC BY 2.0

クラクフ・バリツェ空港の免税店やお土産屋店は、公共エリアのAelia Beauty やRelay、シェンゲン域内の出発エリアのAelia Duty Free、お土産屋のDiscover Krakow、宝石類を扱うJeweleryやThe Fashion Place Accessoriesなどがあります。また、シェンゲン域外の出発エリアには、日用品や軽食などを買えるキオスクKeranissが入っていますよ。

飲食店も豊富で、シェンゲン域内の出発エリアにはアメリカンハンバーガーが食べられるBig Bite、イタリアン料理レストランのBoccone Trattoria、カフェcoffe minuteがあり、シェンゲン域外のエリアにはSky Loungeというレストランが入っています。また、公共エリアにはビストロJet BistroやSuitcase Barがあり、設備が充実しているのが魅力です。

③空港からクラクフ市内へのアクセス方法

Krakow Balice Airport train by Melinda van den Brink is licensed under CC BY-SA 2.0

クラクフ・バリツェ空港からクラクフ市内までの行き方は、市バス、列車、タクシーなどがあります。1番のおすすめは列車です。空港からクラクフ駅まで17ズロチ(約486円)でスムーズに移動できます。

バスは時間制で20分乗り放題券で4ズロチ(約139円)・60分乗り放題券で6ズロチ(約208円)、90分乗り放題券で8ズロチ(約281円)と安いですが、降りるバス停を事前にリサーチして移動の段取りを立てておく必要があるので、難易度は高めです。

ホテルに直行したいという方はタクシーを利用するのもおすすめ。朝6時から夜22時までの時間帯はエアポートタクシーサービスを利用できます。

カトヴィツェ国際空港

photo by unsplash※画像はイメージです

カトヴィツェ国際空港(空港コード:KTW)は、ポーランド国内で4番目の旅客数と国内2番目の貨物取引量を誇る空港です。カドヴィツェ市内の北に約30キロ、車なら約40分でアクセスできる立地にあります。ターミナルはABCの3ヶ所です。

ヨーロッパや中東との定期便が多く、LOTポーランド航空やエーゲ航空、カイロ航空、ブルガリア航空、ルフトハンザ航空、ライアンエアーなどが就航しています。

①明るい雰囲気の空港ビジネスラウンジ

photo by unsplash※画像はイメージです

カトヴィツェ国際空港のA・Bターミナルには、それぞれBusiness Loungeがあります。ターミナルAのラウンジはシェンゲン域外エリアの地下階、ターミナルBのラウンジはシェンゲン域内の2階に位置していますよ。

photo by unsplash※画像はイメージです

ビジネスラウンジの営業時間は朝4時から夜22時まで営業しており、ラウンジの快適な空間でアルコール込みのドリンクサービスや軽食を楽しめます。Wi-Fiやテレビ、新聞雑誌が完備しており、作業するのに便利なデスクや事務用品もありますよ。

また、メールで事前予約して追加料金を払えば、ビーガン向けの料理やグルテンフリーの料理を用意してくれるサービスもあります。

②空港内の飲食店・免税店・お土産店などの施設

photo by unsplash※画像はイメージです

カトヴィツェ国際空港のターミナルA・B・Cでは、免税店のBaltonaや化粧品を買えるAelia Beauty、その他1minute storeなどのキオスクなどが営業しています。また、ビストロやカフェ、バーなども多く、空港で空いた時間を過ごすのもおすすめ。

ファーストフードのピザやケバブが食べられる手軽なお店もあります。

③空港からカドヴィツェ市内へのアクセス方法

Katowice Airport, Poland by deepskyobject is licensed under CC BY-SA 2.0

カトヴィツェ国際空港から市内への行き方は、市バスやタクシーを利用するのが一般的です。M11番のバスでカトヴィツェ中央駅までアクセスできます。

また、ホテルに直行したい方はエアポートタクシーを利用してみましょう。事前にオンライン予約でき、品質の高いタクシーサービスを受けられます。

ポーランドで比較的よく使われる空港3選

ここからは、ポーランドで比較的よく使われる空港を3つ厳選してご紹介します。国内線での移動やヨーロッパ各都市からの移動に使う場合があるので、ぜひチェックしてくださいね。

グダニスク・レフ・ヴァウェンサ空港

Lotnisko - Airport - Gdańsk - Danzica - Danzig - Гданьск - غدانسك - גדנסק - 格但斯克 - Poland by altotemi is licensed under CC BY-SA 2.0

グダニスク・レフ・ヴァウェンサ空港(空港コード:GDN)は、ポーランド北部の海沿いの街グダンスク中心部から北に約12キロの場所にある空港で、ポーランドの政治家レフ・ヴァウェンサ氏にちなんで命名されました。中心街から車なら約30分でアクセスできます。

ヨーロッパとの定期便があり、LOTポーランド航空をはじめとして、ルフトハンザ航空、ノルウェー・エアシャトル、ライアンエアー、スカンジナビア航空、ウィズエアーなどの航空会社が就航しています。

①ゆっくりと過ごせる空港ラウンジ

photo by unsplash※画像はイメージです

グダニスク・レフ・ヴァウェンサ空港には、Exective Loungeがあります。高級感のあるシックな空間で、ゆったりと時間を過ごせますよ。ラウンジは第2ターミナルのゲート11〜18付近に位置しています。

ラウンジにはインターネットやテレビ、冷暖房が完備していて、アルコール飲料を含んだドリンクバーや温かい食事の食べ放題サービスも利用可能です。100ズロチ(約3,518円)を支払えば、ステータスに関係なく誰でもラウンジを利用できますよ。

②空港内の飲食店・免税店・お土産店などの施設

Lotnisko - Airport - Gdańsk - Danzica - Danzig - Гданьск - غدانسك - גדנסק - 格但斯克 - Poland by altotemi is licensed under CC BY-SA 2.0

グダニスク・レフ・ヴァウェンサ空港には、1MinuteやRelayのようなキオスク・コンビニ、化粧品を購入できるAelia Beauty、Victoria’s Secret、The Fashion Galleryがあります。また、Aelia Duty Freeでは免税品を購入できますよ。

ファーストフードチェーンのマクドナルドが営業しているほか、バーのImperial club、コーヒーショップSO! COFFEEなどもあります。

③空港からグダンスク市内へのアクセス方法

Pesa SA133-031, Województwo Pomorskie (PKM) by Janusz Jakubowski is licesed under CC BY 2.0

グダニスク・レフ・ヴァウェンサ空港から市内への行き方には、市バスや列車、タクシーなどの方法があります。1番のおすすめは列車です。23分で中心街までアクセスできるスピード感が魅力で、オンラインでも手軽にチケットを購入できます。

ホテルまで直行するならエアポートタクシーの利用も検討してみましょう。

ジェシュフ=ヤションカ空港

20180622_RZE_6030 by Ray Swi-hymn is licensed under CC BY-SA 2.0

ジェシュフ=ヤションカ空港(空港コード:RZE)は、ジェショフ中心街から北に約13キロほど離れた場所にある空港で、車なら約20分でアクセスできます。ウクライナ国境から約70キロという立地で、航空便も多いのが特徴的です。

ヨーロッパや中東方面の定期便として、LOTポーランド航空やルフトハンザ航空、ライアンエアー、ウィズエアー、季節限定便でトルコのコレンドン航空も就航。ポーランド国内線だけでなく、近隣諸国との国際線も多いのが特徴の空港です。

①シンプルで居心地のいい空港ラウンジ

photo by unsplash※画像はイメージです

ジェシュフ=ヤションカ空港には、Exective Loungeがあります。シェンゲン域内の出発エリアのゲート4にあり、プライオリティパスを利用すると最長4時間まで滞在可能です。温かい食べ物・冷たい食べ物のビュッフェやアルコール飲料のドリンクバーを利用できます。

また、Wi-Fiやテレビ、作業デスクがあり、仕事や作業に没頭できます。ラウンジでおいしい食事を楽しみながら、ゆったりとラウンジで時間を過ごしましょう。

②空港内の飲食店・免税店・お土産店などの施設

20180622_RZE_6022 by Ray Swi-hymn is licensed under CC BY-SA 2.0

ジェシュフ=ヤションカ空港には、お土産店やカフェ、見晴らしのいいテラスなどがあります。小規模な空港ですが、テラスで飛行機が飛び立っていく様子を眺めながら、コーヒーを飲んで搭乗時間までゆっくりと待ってみるのもおすすめです。

③空港からジェショフ市内へのアクセス方法

photo by unsplash※画像はイメージです

ジェシュフ=ヤションカ空港から市内まではバスで移動するのがおすすめです。51番・53番の路線があり、ターミナルの券売機で乗車カードを事前購入できます。

また、216番線・224番線・225番線のシャトルバスを利用するのもおすすめ。こちらのバスは運転手に現金を手渡して乗車するスタイルです。

ヴロツワフ・コペルニクス空港

photo by unsplash※画像はイメージです

ヴロツワフ・コペルニクス空港(空港コード:WRO)は、ヴロツワフ中心街から約15キロ離れた位置にある空港で、車なら約30分でアクセスできます。ポーランド国内で5番目に旅客数が多い空港として知られ、ターミナルは1ヶ所のみです。

ヨーロッパの航空会社であるLOTポーランド航空やKLMオランダ航空、ルフトハンザ航空、ライアンエアー、ウィズエアーなどが就航していますよ。

①シンプル、かつ快適な空港ラウンジ

photo by unsplash※画像はイメージです

ヴロツワフ・コペルニクス空港にはExective Loungeがあります。毎日朝4時半から夜21時30分まで営業しており、シェンゲン域内の出発エリア9・10の間にあります。

出発予定時刻の2時間前から入室可能です。テレビやインターネット、新聞・雑誌があり、ビュッフェ形式の食事やドリンクバーもついています。出発前にラウンジでくつろぎたいという方におすすめです。

②空港内の飲食店・免税店・お土産店などの施設

photo by unsplash※画像はイメージです

ヴロツワフ・コペルニクス空港には、1MinuteやDiscoverなどのコンビニやお土産店、免税店Baltona Duty Free、服飾雑貨のBaltona Fashion Boutiqueがあります。

飲食店にはコーヒーチェーンのCosta coffee、バーのCheck in Bar、レストランのOn Time Restaurantなどが営業していますよ。

③空港からヴロツワフ市内へのアクセス方法

photo by unsplash※画像はイメージです

ヴロツワフ・コペルニクス空港から市内へのアクセス方法には、バスやタクシーがあります。最もおすすめの移動方法はタクシーで、中心街やホテルまで面倒な手続きなしに移動できます。コスパ重視で移動するならバスの利用がおすすめです。

日中には106番線と129番線、夜の時間帯には206番線、週末にはP番線のバスを利用します。路線が多いのでバスの路線を間違わないように注意しましょう。

ポーランドの空港を活用して旅行を満喫しよう!

今回はポーランドにある主要な空港について紹介しました。どの空港も国内線と国際線が就航している国際空港で、ヨーロッパに向かう際に利用する機会が多いはずです。

各空港のラウンジや免税店、お土産店、レストランに関する情報を確認して、ポーランドでの旅行計画に活かしてみましょう。

※記事内の金額は2023年10月14日のレート、1ズロチ=34.70円で計算しています。
cover photo by unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる