NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2022年】タイ・プーケットでおすすめの観光地22選!人気ビーチや離島も

プーケット島は、タイ南部にある世界有数の人気リゾート観光地!条件を満たせば外国人観光客は隔離なしで滞在できるので、旅行先にとてもおすすめです!徐々に観光が再開しているプーケットで人気ビーチや絶景の離島、歴史ある寺院、子連れ向けのアクティビティなど、おすすめ観光地やツアーをご紹介します。

更新日:
NEWT編集部

プーケット島は、タイ南部にある世界有数のリゾート観光地!条件を満たせば外国人観光客は隔離なしで滞在できるので、旅行先におすすめのスポットです!徐々に観光が再開しているプーケットで人気ビーチや絶景の離島、歴史ある寺院、子連れ向けのアクティビティなど、おすすめ観光地やツアーをご紹介します。プーケット旅行の参考にしてくださいね。

Contents

まずはプーケット島の基本情報

タイのリゾート地、プーケットとは?


photo by shutterstock

プーケットは、タイ南部のアンダマン海に面するタイ最大の島であり、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜の美しさからアンダマン海の真珠と呼ばれています。
人気のパトンビーチや絶景の離島ツアー、マリンスポーツをはじめ、歴史ある寺院や子連れにおすすめの動物たちとのふれあい体験など、観光地が満載なんです!

2022年12月現在、プーケット(タイ)には、ワクチン接種の有無にかかわらず、入国条件を満たしていればタイ入国後の隔離や検査なしで入国できます。
詳しくはこちらのタイへの渡航情報記事をご確認ください。

日本からプーケットへの行き方


photo by shutterstock

日本からプーケットまでは、直行便がなく、乗り継ぎが必要になります。バンコクのスワンナプーム国際空港かドンムアン国際空港の乗り継ぎが簡単です!

【目安時間】
成田空港(※日本の各主要空港からも運航あり)→スワンナプーム国際空港(約7時間)
スワンナプーム国際空港→プーケット国際空港(約1時間30分)

プーケットのベストシーズン


photo by shutterstock

プーケットは3つの季節があります。11月〜3月が乾期、4月〜5月が1年でもっとも暑い時期、6月〜10月が雨期になります。
11月~5月は気候も良く、旅行するのにおすすめの時期です!ただ、ハイシーズンなのでホテルの料金は高くなります。

一方で雨期は、ローシーズンのためホテル料金も安くなります。1~2時間程度の激しいスコールが降るので、雨具を持っていると安心です。

プーケットの移動&交通手段


photo by shutterstock

プーケット島内の移動手段は、トゥクトゥク、タクシー、ソンテウ(乗り合いトラック)、路線バス、バイクタクシー、レンタカー、空港リムジンサービスなどがあります。

空港からホテルへ行く場合は、ホテルの送迎サービスや空港リムジンサービスが便利。その他の観光地へは、路線バスが安く利用できます。小回りがきいた移動をしたい場合は、トゥクトゥクやタクシーの利用がおすすめ。ただ、トゥクトゥクやタクシーは料金が交渉する場合が多いため注意が必要です!乗車する前に目的地を伝えると、運転手から料金を提示されますが、値段が高いと思ったら乗らなくてOKです。

ぼったくりが心配、料金交渉が大変そうだと心配な方は、配車アプリのGrabやBoltがおすすめです!日本のタクシーアプリと同じように、目的地を設定すれば事前に料金が分かり、指定の場所まで迎えにきてくれます。快適に移動できますよ。

プーケットの離島に行くにはツアーがおすすめ


photo by shutterstock

ピピ島やコーラル島などの離島に行きたい方は、日帰りツアーを利用しましょう。
ツアーによっては、複数の島を巡るものやランチ付き、ホテルまでの送迎付きなどがあるので、事前に比べて予約すると良いです。

プーケットの物価や費用感


photo by shutterstock

プーケットの物価はバンコクに比べると高いです。
中心地の価格ではレストランは2倍以上、交通費は5倍近くもします。先ほども記載しましたが、タクシーやトゥクトゥクは値段を高く要求されることが多いのでご注意ください!

最新のプーケット情報


photo by shutterstock

新型コロナウイルスの影響で一時はゴーストタウン化したプーケット。
ワクチン接種の普及により、プーケットはタイで最初にワクチン接種済み外国人観光客(対象国のみ)の受け入れを始めました。
徐々に観光客が戻りつつありますが、コロナ禍前に比べるとまだまだ人は少ないです。

新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合がありますので、事前に施設や店舗の公式サイトをご確認ください。

また、レストランやホテル、街中ではマスク着用や検温、ソーシャルディスタンスが徹底されているので守りましょう。

プーケットで絶対に訪れたい観光地22選

パトンビーチ

プーケット最大のビーチで、幅広い世代で楽しめる繁華街!


photo by shutterstock

パトンビーチは、プーケットを代表するビーチで島随一の繁華街です。プーケット島の西海岸に位置し、プーケット国際空港から車で約40分ほど。約5キロメートルのビーチ周辺にはホテルやショッピングモール、ナイトスポットなどもそろっているため、大人から子どもまで幅広い世代や目的で楽しめます!


photo by shutterstock

美しいエメラルドグリーンのバトンビーチでは、ジェットスキーやパラセーリング、ウインドサーフィンなどのマリンスポーツを楽しめます。


photo by shutterstock

バングラロードすぐ近くにはジャングセイロンという大型ショッピングセンターがあります。食事やショッピング、映画、マッサージなどが揃っているため、友達・カップル・子連れなど幅広い層で満喫できますよ!

パトンビーチPatong Beach)の基本情報
営業時間:24時間
アクセス:プーケット国際空港から車で約40分

バングラ通り

活気あふれるプーケット最大のナイトスポット


photo by Ruslan Kokarev / shutterstock

パトンビーチの近くにある、バンラー通り(バングラ通り)。プーケットの夜遊びスポットの代表であり、ゴーゴーバー、ニューハーフショー、クラブ、ディスコなどが多く立ち並びます。


photo by shutterstock

 路上での客引きとして、デモンストレーションパフォーマンスも多く、通りを歩いているだけで夜のにぎわいを肌で感じられます!美しいニューハーフのチップを払って記念撮影もでき、夜が深くなるほど盛り上がる最高のあそびスポットです!

バングラ通りBangla Road)の基本情報
住所:64 Bangla Rd, Pa Tong, Amphoe Kathu, Phuket 83150 タイ
営業時間:お店により異なる
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間

ピピ島

映画『ザ・ビーチ』のロケ地、伝説の南国の楽園!


photo by shutterstock

プーケットからフェリーで約2時間の場所にある、ピピ諸島。ピピ・ドン島、ピピ・レイ島、ピダ・ノーク島、ピダ・ナイ島、ユン島、パイ島の6つの島からなるリゾート島です!


photo by shutterstock

レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』のロケ地でもあるマヤベイもあり、まさに南国の楽園といった雰囲気で観光客に人気の離島。2018年6月からマヤベイは環境を回復させるために閉鎖されていましたが、2022年1月1日に観光客の受け入れを再開しました。(2022年8月16日現在、2022年8月~9月は閉鎖されています)観光客数の制限や滞在時間、水泳にも制限があるので、守りましょう。

プーケットからの日帰りピピ島ツアーでは、島めぐりに加えてシュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツもできるのでおすすめです!


photo by shutterstock

島内には海賊が住んでいたといわれるバイキング洞窟や、雑貨店が多く立ち並ぶトンサイ・ヴィレッなどのスポットもあり、ビーチアクティビティ以外でも多くの楽しみ方ができます!

ピピ島Koh Phi Phi)の基本情報
営業時間:24時間
アクセス:定期船(高速フェリー)でプーケット港、ラッサダー港から約2~2時間30分

ワット・チャロン

プーケットで最も大きく一番知名度の高い寺院!


photo by shutterstock

チャロン寺院は、プーケット島の南東のチャロンエリアにあり、プーケットでは誰もが知っているくらい有名な寺院です!1873年に建てられたタイ式仏教寺院で、過去に反乱をおさえたと伝えられる気高い3人の僧侶たちが祀られています。


photo by shutterstock

学業・健康・商売にご利益があるパワースポットとして人気があります!見どころは、鮮やかなピンクの壁面にきらびやかな装飾の仏舎利塔。7体の黄金の仏陀像や、おしゃか様の遺骨が安置されているとされる仏舎利などがあります。塔内には、仏陀の生涯が描かれた壁画があり、タイの仏教について学べます。


photo by shutterstock

年間を通して、タイ国内からも多くの人が訪れるほど有名でご利益があるとされている寺院です。参拝時は露出の多い服装は禁止されているので、注意しましょう!

ワット・チャロンWat Chalong)の基本情報
住所:70 หมู่ที่ 6 Chao Fah Tawan Tok Rd, Chalong, Mueang Phuket District, Phuket 83000 タイ
営業時間:7:00~17:00
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間、プーケット・タウンから車で約15~20分、パトン・ビーチから約30分。
公式サイト:https://www.wat-chalong-phuket.com/

ビッグ・ブッダ寺院

なんと奈良の大仏の3倍!プーケット最大の大仏、ビッグ・ブッダ


photo by shutterstock

パトンビーチからタクシーで約30分の場所にある、ビッグ・ブッダ。標高300mを超える山、カオ・ナッガートの山頂にあり、高さ45メートル、幅25メートルの巨大な大仏です。なんとその大きさは日本で馴染みのある、奈良・東大寺の大仏の約3倍もあります!


photo by shutterstock

ビッグ・ブッダはプーケットの南側にいれば、どこからでも見ることができ、存在感があります。2004年に発生したスマトラ沖地震のあとに希望のシンボルとして建造が始まり、現在も建築作業が行われています。建設費用は寄付によってまかなわれています。寄付するには、願いを書いて納める1片300~1,000バーツの大理石の購入が必要です。


photo by shutterstock

タイの寺院では、基本的に肌を露出した服装(ショートパンツ・ミニスカート・タンクトップ・サンダルなど)は禁止されています。もしも服装で違反してしまっても、無料貸し出しのパレオで肌を隠して参拝できます!

ビッグ・ブッダ寺院The Big Buddha)の基本情報
住所:H3C5+7XV, Tambon Bo Put, Ko Samui District, Surat Thani 84320 タイ
営業時間:6:00~18:00
アクセス:ボープッド・ビーチから車で約10分、チャウエン・ビーチから車で約15分。
公式サイト:https://thailandtourismdirectory.go.th/th/info/attraction/detail/itemid/2130

プーケットタウン

ポルトガルと中国の文化が融合したフォトジェニックな街並み


photo by shutterstock

インスタで話題のスポットです!パトンビーチから車で約30分の場所にあるプーケットタウン(プーケットオールドタウン)は、ポルトガルと中国の文化が融合したカラフルな街として人気があります。


 photo by shutterstock

歴史的建造物を店舗として再利用しているところが多いため、外観を楽しみながら店内をのぞいて歩けば気になるお店が見つかるかも?


photo by Denis Costille / shutterstock

毎週日曜の16時には、タラン通りでラート・ヤイ・ウォーキングストリートというナイトマーケットが開催されます!約600mの道路にお土産やグルメの屋台が立ち並び、毎週多くの人が訪れます。ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

プーケットタウンPhuket Town)の基本情報
住所:Mueang Phuket District Phuket 83000
電話:+1 などの国際番号から
アクセス:プーケット国際空港から車で約45分

タイガーキングダムプーケット

トラとのふれあい、記念撮影は迫力満点!

パトンビーチからタクシーで約15分の場所にあるタイガーキングダムは、トラに触ったり一緒に記念撮影ができる人気施設です!スリル感を味わいたい、貴重な体験をしたい方におすすめです。
赤ちゃんトラやジャイアントタイガー、ホワイトタイガーなどの中から好きな動物を選び、ふれあいながら写真撮影ができます。


photo by shutterstock

トラは地面に寝転がっていることが多いため、多少汚れてもいい動きやすい服にしましょう。また、赤やオレンジやピンクなどの派手な色や、ヒラヒラしたスカートなどはトラを興奮させてしまう恐れがあるため注意が必要です。アースカラーのシンプルな服などであれば安心です。


photo by shutterstock

正面から近づいたり、頭・顔・前足を触ると噛みつかれる恐れがあるので、禁止事項はしっかり守るように!トラを眺めながらタイ料理が味わえるレストランも併設されているので、ふれあった後に行ってみてはいかがでしょうか?

タイガーキングダムプーケットTiger Kingdom Phuket Thailand)の基本情報
住所:118/88 Moo 7, Kathu, Phuket, タイ
電話:+6676323311
営業時間:9:00~18:00
休業日:なし
アクセス:プーケット国際空港から車で約50分
料金:900バーツ(約3,510円)~
※2022年12月15日のレート、1バーツ=3.9円で計算
公式サイト: https://www.tigerkingdom.com/phuket

コーラル島

サンゴ礁に囲まれたおだやかな海が魅力


photo by shutterstock

プーケット島のチャロン湾からスピードボ-トで約15分のコーラル島。正式名称はヘー島(コ・ヘー)ですが、島のまわりをサンゴ礁でかこまれていることから、コーラル島という名前で親しまれています!


photo by shutterstock

プーケット本島から一番近いコーラル島は、事前予約のツアーがおすすめです。日帰りツアーであれば、コーラル島を1日存分に楽しめます。


 photo by shutterstock

海岸には、2kmほどあるアオ・ヤイ、アオ・レック(通称バナナ・ビーチ)と呼ばれる2つのビーチがあります。静かな海でのんびり過ごすのは最高の時間ですよ!

また、コーラル島はモンスーンの影響を受けにくいため、雨季でも海の状態がおだやかです。そのため一年中透明度が高い海でシュノーケリングやダイビングなどのアクティビティを楽しめます!

コーラル島Coral Island)の基本情報
営業時間:24時間
アクセス:チャロン港からスピードボートで約20分

プーケット・サイモン・キャバレー

プーケット最大のニューハーフキャバレーできらびやかな夜を


photo by Thanachet Maviang / shutterstock

バングラ通りからタクシーで約5分、サイモン・キャバレーは、1990年にオープンしたニューハーフキャバレーです。1日3回(18持~、19持30分~、21持~)行われる約1時間30分のショーでは、美しいニューハーフたちの華やかなダンスやコメディーショーなど、プーケットならではの迫力あるパフォーマンスを楽しめます!


photo by Thanachet Maviang / shutterstock

総勢100名以上のニューハーフたちのショーは、キャストのパフォーマンスはもちろん飽きない舞台構成で夢中になり、とても楽しい旅の思い出になるでしょう。
 
公演中の写真撮影は禁止ですが、公演終了後は劇場外にてチップを支払って出演者と一緒に写真撮影ができます!チケットは800~1,000バーツほどで、キャバレーのチケット売り場や日本の旅行代理店で購入できます。当日券の販売もありますが、毎回多くの観光客で満員になるため、事前のチケット購入と早めの会場入りをおすすめします。

プーケット・サイモン・キャバレーPhuket Simon Cabaret)の基本情報
住所:8 Sirirat Rd, Pa Tong, Kathu District, Phuket 83150 タイ
電話:+66878886888
営業時間:ショータイムは1日3回(18:00~、19:30~、21:00~)
休業日:なし
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間
料金:レギュラーシート:700バーツ(約2,730円)、VIPシート:800バーツ(約3,120円)
※2022年12月15日のレート、1バーツ=3.9円で計算
公式サイト:https://www.simoncabaretphuket.com/

カロンビーチ

リラックスできるビーチで極上の時間を


photo by shutterstock

パトンビーチからタクシーで約15分の場所にあるカロンビーチは、静かで開放感ある雰囲気のビーチです。ゆっくり過ごしたい人におすすめです。


photo by shutterstock

観光客がたくさん訪れてにぎわうパトンビーチとは対照的に、混みあわずにゆったりと過ごせるためリラックスビーチとも呼ばれています。


photo by shutterstock

カロンビーチの珍しいポイントは、歩くと「キュ、キュ」と音が鳴る鳴き砂。ぜひ美しい白い砂浜の上で耳をすませて歩いてみてください!

カロンビーチKaron Beach)の基本情報
住所:Wiset, Karon, Amphur Muang, Phuket
アクセス:プーケット国際空港から車で約50分、プーケットタウンからソンテウで約30分

カタビーチ

ダイバー・サーファーに愛されるおしゃれなビーチ


photo by shutterstock

カタビーチはプーケット島の西南部に位置する、観光客だけでなく地元の人たちにも人気のビーチ。


photo by shutterstock

欧米系の観光客が多く、ビーチ全体がおしゃれな雰囲気です!またダイビングをする場合、岩場や桟橋から飛び込むことが多いですが、カタビーチにはプーケット島で唯一、ビーチからエントリーできるダイビングポイントがあります。船を利用しないため、周辺の島々に行くダイビングツアーより割安なことも魅力です!
 

photo by shutterstock

ダイビングショップ・カタダイビングセンターには日本人スタッフが常駐しているため、英語やタイ語に自信がなくても安心です。また、シュノーケリングスポットもビーチから近いため気軽に楽しめます。
 

photo by shutterstock

サーフィンのポイントとしても有名で、特に雨季は雨量が増えて質のいい波が多くなるため、サーファーに人気のビーチとなります。国際的なサーフィン大会も毎年開催されている有名スポットです!

カタビーチKata Beach)の基本情報
住所:Karon, Amphur Muang, Phuket
アクセス:プーケット国際空港から車で約50分、プーケット・タウンからソンテウで約30分

カロン・ビューポイント

プーケット随一の美しい絶景スポット!


photo by shutterstock

カタビーチから車で5分ほどの、カロン・ビューポイント。ここは、プーケットの中でも美しい絶景スポットとして有名です。プーケット西海岸の人気ビーチであるカタノイビーチ、カタビーチ、カロンビーチが一望できます。


photo by shutterstock

ビューポイントには展望台とトイレしかないので、お水などは持っていきましょう。カタビーチ方面へ下ると景色のいいレストランがあるので、記念撮影の後に立ち寄ってみてください!

カロン・ビューポイントKaron View Point)の基本情報
住所:4233 Karon, Mueang Phuket District, Phuket 83100 タイ
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間10分

バライ・スパ

スリランカ発祥、アーユルヴェーダ・シロダーラを体感!


photo by expedia

カタビーチから徒歩15分ほどのホテル、サワディービレッジ内にあるスパ。インド・スリランカ発祥の世界三大医学のひとつで、世界最古の伝統医学であるアーユルヴェーダを取り入れたシロダーラの施術がおすすめです。熱いごま油を頭に垂らすトリートメントは、想像以上に爽快でリラックスできます。


photo by expedia

中東とアジアの文化がミックスされた独特の建築デザインが特徴的です。癒しと美しさを手に入れたい方はぜひ訪れてみてください!

バライ・スパBaray Spa)の基本情報
住所:36 Kade Kwan Rd, Karon, Muang, Phuket 83100 タイ
電話:+6676330979
営業時間:10:00~22:00
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間10分
公式サイト:http://www.phuketsawasdee.com/

パトン・ボクシング・スタジアム

タイの国技、本場のムエタイに熱狂!


photo by Thanachet Maviang / shutterstock

パトンビーチ中心部から車で5分ほどのパトン・ボクシング・スタジアム。プーケット島内でもっとも古いボクシングスタジアムで、タイの国技であるムエタイの試合観戦ができます。毎週月曜日、木曜日、土曜日の21時から試合がおこなわれています。


photo by @freedom_066 / instagram

チケットは当日購入も可能で、リングサイド(1,500バーツ)、一般(1,300バーツ)、VIP(1,800バーツ)の3タイプの席があります。現地のファンの方も多く来ており、応援するときの一体感は胸が高まります!

スタジアム内ではアルコールを含むドリンクも販売しているので、飲み物を片手に迫力ある試合を楽しみましょう。またスタジアムではムエタイジムも運営しているので、ムエタイトレーニングをすることもできます!

パトン・ボクシング・スタジアムPatong Boxing Stadium)の基本情報
住所:2/59 Sai Nam Yen Rd., Patong Beach Amphur Kathu Phuket
電話:+66611789230
営業時間:12:30~0:00
休業日:月曜
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間
公式サイト:http://www.boxingstadiumpatong.com/

モンキーヒル

プーケットで一番高い、たくさんの野生のサルに出会える山!


photo by shutterstock

パトンビーチから車で40分ほどのトーサエヒルは、プーケットで一番高い山としても知られていますが、たくさんの野生のサルに出会えることからモンキーヒルという名前で親しまれています。


photo by shutterstock

サルたちがいるのは頂上近くです!サルへのエサやりは基本的に禁止されています。カバンから食べ物・飲み物が見えるだけでも寄ってきてしまうことがあるので、きちんとしまっておきましょう。また、野生のサルのため狂暴になることもあるので充分に注意してくださいね!

この山の途中には、この土地の三大神様が祀られている寺院ポ・ター・ト・セがあるので立ち寄ってみるのもおもしろいですよ。

モンキーヒルMonkey Hill)の基本情報
住所:Ratsada, Mueang Phuket District, Phuket 83000 タイ
電話:+66619906646
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間
料金:無料

プーケットファンタシー

タイの歴史や伝統文化を学べる、豪華なショーが魅力


photo by shutterstock

プーケットファンタシーはカマラビーチにある、およそ25万坪の敷地を持つテーマパーク!毎日21時から開催される、タイの歴史と伝統文化を学べる華やかなショーが人気です。子どもも大人も夢中になって楽しめます!


photo by shutterstock

他にもさまざまな楽しいアトラクションやショップがあり、4,000席の広さを誇るビュッフェスタイルのレストランもあります。ディナーとショーの観覧がセットになったお得なコースもありますよ。

料金は、ショーのみなら1,800バーツ、ビュッフェディナーとセットであれば2,200バーツほどです。プーケット島内のホテルからの往復送迎サービスもあるため、帰りも楽々です!

プーケット・ファンタシーPhuket Fantasea)の基本情報
住所:118/88 Moo 7, Kathu, Phuket, タイ
電話:+6676385000
営業時間:17:30~23:30
休業日:木曜
アクセス:プーケット国際空港から車で約40分
料金:ショーのみ1,800バーツ(約7,020円)、ビュッフェディナー付き2,200バーツ(約8,580円)
※2022年12月15日のレート、1バーツ=3.9円で計算
公式サイト:http://www.phuket-fantasea.com/japanese/index.html

パトン・ゴーカート

マリンスポーツ以外に陸のアクティビティも楽しみたいあなたに!


photo by @ch0kdee / instagram

バトンビーチからプーケットタウンへ向かう4029号線の下り坂の途中にある、パトン・ゴーカート・スピードウェイ。
1人乗り(子ども用・大人用・レース用)と2人乗りのカートがあります!エンジン音をうならせながら地面すれすれに走るスピード感と、コーナーを回るときのスリルは気分爽快です!


photo by @ch0kdee / instagram

マリンスポーツや自然のアクティビティ以外に、エキサイティングな体験をしたい方におすすめです!

パトン・ゴーカートPatong Go-Kart Speedway)の基本情報
住所:118/5 Vichitsongkram Rd. M.7 Kathu, Phuket, 83120 タイ
電話:+6676321949
営業時間:10:00~18:30
アクセス:プーケット国際空港から車で約50分
公式サイト:http://www.gokartthailand.com/

パンガー湾海洋国立公園

手付かずの自然とジェームズ・ボンド島が有名!


photo by shutterstock

プーケット島からボートで約1時間のパンガー湾海洋国立公園は、大小約160の島々からなり、手つかずの大自然の雄大さを感じられます。大自然を楽しみたい方におすすめです。
 

photo by shutterstock

映画『007/黄金銃を持つ男』のロケが行われたことでも有名で、大きなくさびを海に打ち込んだような形のジェームズ・ボンド島(タプー島)は撮影必須の人気スポットです!


photo by shutterstock

洞窟や鍾乳洞の幻想的な美しさを感じられるカヌー体験が人気です。湾内には、シージプシーと呼ばれる漁民のモーケン族が住むパンイー島」あり、水上生活を営むモーケン族の素朴な生活にふれる体験もできます!こちらはツアーを利用して訪れるのがおすすめです。

パンガー湾海洋国立公園Phang Nga Bay)の基本情報
住所:80 หมู่ที่ 1 ถนน บ้านท่าด่าน Ko Panyi, Mueang Phang-nga District, Phang-nga 82000 タイ
電話:+6676481188
営業時間:8:30~16:30
アクセス:プーケット国際空港から車で約50分
公式サイト:https://www.facebook.com/Aophangnga

バンタオビーチ

プーケットでもトップクラスの高級リゾート地


photo by shutterstock

プーケットタウンから車で約30分、プーケット国際空港から車で約20分のバンタオビーチ。プーケットでもトップクラスの高級リゾートエリアです!静かなビーチでゆったりとバカンスを過ごしたい人におすすめ!


photo by shutterstock

ゴルフ場やスパが集中しており、バカンスを過ごすのにはうってつけです。約5kmも続くビーチでは、海水浴はもちろんウインドサーフィンやセーリングもできます。

バンタオビーチBang Thao Beach)の基本情報
住所:Amphur Thalang, Phuket
アクセス:プーケット国際空港から車で約20分、プーケットタウンからソンテウで約30分

ラワイビーチ

海の民の生活を感じながらゆったりしたローカル感を味わう


photo by shutterstock

プーケットタウンから車で約30分、プーケット国際空港から車で約50分のラワイビーチ。プーケット島の最南端付近にあります!ビーチはゆっくり落ち着ける雰囲気で、海は1年中おだやかです。


photo by shutterstock

ここでは暮らしている人々が釣った魚を市場で販売しており、なかには珍しい魚もあります。観光客のほかに地元民や飲食関係者も買いにくるため、小規模ながら活気があります!


photo by shutterstock

市場の向かい側のレストランで料金を払えば、買った魚を調理してくれることも!ゆったりした海を眺めながら、新鮮な魚を味わえる人気スポットです。

ラワイビーチRawai Beach)の基本情報
住所:Rawai, Amphur Muang, Phuket
アクセス:プーケット国際空港から車で約50分、プーケットタウンからソンテウで約30分

プロムテープ岬

タイで最も綺麗な夕陽が見られる人気スポット


photo by shutterstock

プーケット島の最南端に位置するプロムテープ岬は、タイで最もキレイな夕日が見られるといわれている絶景スポットです。雨がほとんど降らない暑季(3~5月)は空も海も澄みわたり、太陽がゆっくりとアンダマン海に沈んでゆく光景は感動的です!


photo by shutterstock

岬の周辺には、タイ料理やスイーツの屋台もあるため、海にしずむ夕陽を眺めながら味わうのも楽しみのひとつ。


photo by shutterstock

パトンビーチからタクシーで約30分で到着しますが、プロムテープ岬の周囲には交通機関がないため、帰りの交通手段を確保しておく必要があります。事前に予約しておくか、乗ってきたタクシーにお願いして待っていてもらうのがいいかもしれません。

プロムテープ岬Laem Phromthep)の基本情報
住所:Rawai, Mueang Phuket District, Phuket 83100
アクセス:プーケット国際空港から車で約1時間20分、パトン・ビーチから車で約30分

バンブー保養地

迫力満点のカモメの大群を見よう!


photo by shutterstock

ピピ島の港であるトンサイベイからボートで約1時間の場所にあるバンブー島は、手つかずの自然を満喫できる無人島です。周囲2kmほどの島内には人工物がほとんどなく、ありのままの自然を味わうことができます!


photo by shutterstock

バンブー保養地では、毎年11月~5月にやってくるカモメの大群がとても有名!飛びまわったり海面で休んだりしている、数えきれないほどのカモメたちをバックに写真を撮るのもおすすめです。

もっと近くでカモメとふれあいたいなら、エサやりがおすすめ。エサは近くの売店で購入できますよ。すごい速度で体のすぐそばや頭上すれすれを飛ぶカモメの大迫力を味わってみてください。


photo by shutterstock

透き通った海で色とりどりの熱帯魚と一緒に泳いだり、砂浜でゆっくりと過ごしたり自由に楽しむこともできます!

ピピ島やカイ島などの島めぐりツアーでも立ち寄ることが多く、それでも十分楽しめますが、ゆっくりと過ごしたい方にはボートをチャーターして訪れてみてください!

プーケット島で最高のリゾートを過ごそう!


photo by shutterstock

透き通る海とジャングルなどの雄大な自然に、マリンアクティビティから夜遊びスポットまで観光地が多く、幅広く楽しめるプーケット。自分好みの観光スポットを探して、プーケット旅行を楽しんでくださいね。

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる