NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】カンボジアの世界遺産は4ヶ所!歴史や魅力を紹介

アンコールワットに代表される遺跡が人気の東南アジアの国・カンボジア。カンボジアには2024年3月現在、世界遺産が4ヶ所あり、雄大な歴史を感じることができます。 今回の記事では、すべてのカンボジアの世界遺産についてご紹介。カンボジア旅行の参考にしてみてくださいね!

ライター
NEWT編集部

アンコールワットに代表される遺跡が人気の東南アジアの国・カンボジア。カンボジアには2024年3月現在、世界遺産が4ヶ所あり、雄大な歴史を感じることができます。

今回の記事では、すべてのカンボジアの世界遺産についてご紹介。カンボジア旅行の参考にしてみてくださいね!

Contents

2024年現在、カンボジアの世界遺産の数は全部で4つ

photo by Unsplash 

タイ、ベトナム、ラオスに隣接する、東南アジアの国・カンボジア。世界中から観光客が訪れるアンコール・ワットをはじめ、2023年9月に新しく登録されたコー・ケー遺跡など、カンボジアには計4ヶ所の世界遺産があります。

その中でも、アンコール・ワットやアンコール・トムなどの有名な遺跡は、アンコール遺跡群の構成遺産として登録されています。この記事では、アンコール遺跡群の各スポットを含めた、カンボジアの世界遺産をすべてご紹介!ぜひカンボジア観光の参考にしてくださいね。

\NEWTでおトクなカンボジア旅行をチェック/

カンボジアの世界遺産10選

日本からも多くの観光客が訪れるシェムリアップにあるアンコール・ワットをはじめ、カンボジアには各地に世界遺産が点在しています。太古の王朝の歴史を感じられるカンボジアの世界遺産について、詳しくご紹介します。

アンコール・ワット(アンコール遺跡群)

世界中の人々を魅了するカンボジアを代表する世界遺産

photo by pixabay

1992年、カンボジアで初めて世界遺産に登録されたのが、アンコール・ワットをはじめとするクメール王朝の遺跡群・アンコール遺跡群です。9世紀から15世紀までの約600年間にわたり栄えたクメール王朝時代に造られた寺院や城塞、橋などの遺跡群で、未発掘の小さな遺跡も含めるとその数は1,000を超えるとも言われています。

世界中の人々が「一度は訪れてみたい」と憧れる、世界遺産・アンコール遺跡群を代表する遺跡がアンコール・ワット。12世紀にクメール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって造られた巨大な寺院遺跡です。その左右対称の美しい佇まいや、緻密な装飾からクメール建築の最高傑作とも呼ばれています。特に朝日や夕日に染まるアンコール・ワットは息を飲む絶景!

アンコール・ワット(Angkor Wat)の基本情報

住所

Krong Siem Reap, カンボジア

電話

営業時間

5:00~17:30

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部から車で約20分・トゥクトゥクで約25分

料金

1日券 37ドル(約5,600円)、3日券 62ドル(約9,384円)、7日券 72ドル(約10,897円)
※12歳未満 無料
※アンコール遺跡共通チケットで入場可能

アンコールワットはカンボジアの世界遺産!歴史や見どころ、魅力などの観光情報を紹介

アンコール・トム(アンコール遺跡群)

アンコール遺跡群の中で最大規模の遺跡

photo by pixabay

アンコール・ワットの北側に位置する、周辺が400平方キロメートルにも及ぶ巨大な宗教都市遺跡がアンコール・トム。城壁にある5つの大門、阿修羅の像など神々の像、遺跡の中央に位置するヒンドゥーと仏教が混交した寺院遺跡・バイヨンや、後述する象のテラス、数々の仏顔や門、当時を物語るレリーフなど、さまざまな遺跡が点在しています。

アンコール・トムで特に見逃せないスポットはバイヨン。バイヨンの微笑みとも呼ばれる巨大な観世音菩薩がモチーフとされた四面仏の優しい微笑みは必見ですよ。

アンコール・トム(Angkor Thom)の基本情報

住所

Krong Siem Reap, カンボジア

電話

営業時間

7:30~17:30※最新情報はご確認ください

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部から車で約20分・トゥクトゥクで約25分

料金

1日券 37ドル(約5,600円)、3日券 62ドル(約9,384円)、7日券 72ドル(約10,897円)
※12歳未満 無料
※アンコール遺跡共通チケットで入場可能

カンボジアの世界遺産!アンコール・トム観光の見どころや見学方法、アクセスを解説

象のテラス(アンコール遺跡群)

アンコール・トムの城壁に掘られた象の彫刻群

Angkor Thom アンコール・トム by taylorandayumi is licensed under CC BY 2.0

アンコール・トムの城壁の一部に、長さ300メートル・高さ3メートルに渡り数多くの象の彫刻が施されている象のテラス。公式儀式の閲兵席や王の接見所の基壇、凱旋などに使用されていた、アンコール・トムの中でも重要な場所です。

象のテラスでは、戦争や狩りで活躍した象たちや、インド神話に登場する人間の体にワシの頭と翼を持つガルーダ、ゾウの鼻を持つ獅子のガジャシンハのレリーフを見学できますよ。

象のテラス(Terrace of the Elephants)の基本情報

住所

Krong Siem Reap, カンボジア

電話

営業時間

7:00~17:30

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部から車で約20分・トゥクトゥクで約25分

料金

1日券 37ドル(約5,600円)、3日券 62ドル(約9,384円)、7日券 72ドル(約10,897円)
※12歳未満 無料
※アンコール遺跡共通チケットで入場可能

タ・プローム(アンコール遺跡群)

巨大樹が絡みつく神秘的な遺跡

photo by pixabay

ガジュマルの樹に覆われた神秘的な遺跡であり、ハリウッド映画『トゥームレイダー』のロケ地として有名なタ・プローム。

アンコール王朝21代目の王で、もっとも偉大な王として今も語り継がれているジャヤヴァルマン7世によって、12世紀に仏教寺院として建てられました。のちにヒンドゥー教寺院に改造されたと言われています。

樹齢300〜400年とも言われる巨大なガジュマルの樹が寺院を侵食する姿は、唯一無二の幻想的な光景。ダイナミックな自然と遺跡の組み合わせに圧倒されますよ。

タ・プローム(Ta Prohm)の基本情報

住所

Krong Siem Reap, カンボジア

電話

営業時間

7:30~17:30

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部から車で約20分・トゥクトゥクで約25分

料金

1日券 37ドル(約5,600円)、3日券 62ドル(約9,384円)、7日券 72ドル(約10,897円)
※12歳未満 無料
※アンコール遺跡共通チケットで入場可能

バンテアイ・スレイ(アンコール遺跡群)

「東洋のモナリザ」を擁する芸術性の高い遺跡

Banteay Srei by Gary Todd is licensed under CC0 1.0 DEED

バンテアイ・スレイは10世紀半ばに建てられたヒンドゥー教の寺院です。クメール芸術の至宝とも言われるほど、歴史的観点だけでなく芸術面でも評価の高い遺跡です。

見どころは、インド神話や古代インドの叙事詩・マハーバーラタなどが描かれたストーリー性の高い装飾。特に、「東洋のモナリザ」と呼ばれる美しいデバター(女神)像をはじめ、精緻で優美なレリーフの数々はとても美しく、必見ですよ。

シェムリアップ市内から少し離れているものの、その美しさを見ようと多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

バンテアイ・スレイ(Banteay Srei)の基本情報

住所

Angkor Archaeological Park,Siem Reap, カンボジア

電話

営業時間

7:30~17:30

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部から車で約55分

料金

1日券 37ドル(約5,600円)、3日券 62ドル(約9,384円)、7日券 72ドル(約10,897円)
※12歳未満 無料
※アンコール遺跡共通チケットで入場可能

ベンメリア(アンコール遺跡群)

森に覆われた神秘的な巨大伽藍

Beng Mealea by Joshua Alan Eckert is licensed under CC BY 2.0 DEED

ベンメリアは、12世紀中頃に建てられたヒンドゥー教と仏教の混合寺院です。その最大の特徴は、遺跡がまるで密林に飲み込まれたかのように木々に覆われていること!ベンメリアが発見された当時に近い状態で残されており、他の遺跡とは一線を画す神秘的な空間が多くの観光客を魅了していますよ。

また、日本人観光客からはジブリ映画・天空の城ラピュタの世界観を彷彿させるとして人気。ぜひ物語に迷い込んだかのような気分で探索してみてくださいね。

ベンメリア(Beng Mealea)の基本情報

住所

Phumi Boeng Mealea, カンボジア

電話

営業時間

7:00~17:30

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部から車で約1時間10分

料金

1日券 37ドル(約5,600円)、3日券 62ドル(約9,384円)、7日券 72ドル(約10,897円)
※12歳未満 無料
※アンコール遺跡共通チケットで入場可能

ベンメリア遺跡はカンボジアにある世界遺産!行き方や入場料、観光の見どころを解説

プノン・クーレン(アンコール遺跡群)

アンコール王朝発祥の地と言われる聖なる山

Phnom Kulen waterfalls by Scott Edmunds is licensed under CC BY 2.0 DEED

アンコール王朝の最初の王としてジャヤヴァルマン2世が即位儀式を行った場所であるプノン・クーレン。山中には、プリア・アン・トム巨大涅槃仏をはじめ、50を超える遺跡や彫像があるほか、聖水が流れる2つの滝壺などカンボジアの大自然を満喫できます。

滝壺は地元の方の避暑地にもなっており、暑い日には水着で泳ぐ人の姿も。川底には、破壊と再生を司るシヴァ神の象徴であるリンガと呼ばれるレリーフがあるので、そちらも必見です。

また、山の中にはプリア・アン・トム寺院という虎や獅子などの石像が設置された寺院があります。その中にはカンボジア国内で最大と言われる全長8メートルの巨大な涅槃仏が祀られているので、ぜひ間近で迫力ある姿を見学してみてください!

プノン・クーレン(Phnom Kulen)の基本情報

住所

Phumi Rôka Péam, カンボジア

電話

営業時間

最新情報をご確認ください

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部から車で約2時間

料金

20ドル(約3,027円)

プレア・ヴィヒア寺院

断崖絶壁に立つ絶景の「天空の寺院」

big_preah_vihear by lokryan is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

プレア・ヴィヒア寺院は、2008年にカンボジアで2番目に登録された世界遺産です。カンボジアとタイの国境線にあるダンレック山の山頂に位置しています。遺跡の下は断崖絶壁となっており、別名「天空の寺院」とも呼ばれています。

プレア・ヴィヒア寺院は9世紀にクメール王朝によって建てられ、当初はヒンドゥー教のシヴァ神を祀る寺院でした。その後、寺院は数世紀にわたりさまざまな時代の建築様式で増築されました。現在見られる寺院建築のほとんどは、11世紀前半のスーリヤヴァルマン1世と12世紀前半のスーリヤヴァルマン2世の治世に増築されたものです。

photo by Unsplash

見どころは、断崖絶壁から眺める大自然です。さえぎるものが何もない、雄大な緑が広がるカンボジアの大地はまさに絶景!また、遺跡の随所にはヒンドゥー教の神話をモチーフにした美しいレリーフも残されており、こちらも見どころです。

なお、プレア・ヴィヒア寺院はカンボジアとタイの両国が自国の領有を主張している地域であり、何度も死傷者の発生する紛争が起きた場所です。現在は治安が落ち着いており、観光客が訪れても問題ありませんが、個人ではなくツアーに参加して訪れるのがおすすめです。

プレア・ヴィヒア(Preah Vihear)の基本情報

住所

Preah Vihear, カンボジア

電話

営業時間

8:30~16:30

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部からツアー車や乗り合いチャーターで約3〜4時間

料金

12歳以上 10ドル(約1,514円)、12歳未満 無料

サンボー・プレイ・クック遺跡

カンボジア最古の遺跡のひとつと言われる歴史ある世界遺産

Cambodge sambor Prei kuk (7) by Pierre André LECLERCQ is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

サンボー・プレイ・クック遺跡は、2017年にカンボジアで3番目に登録された世界遺産です。首都・プノンペンとシェムリアップの中間地点にあり、東西6キロ・南北4キロ以上の広い範囲の森の中に60以上の遺跡があります。

世界遺産への登録は新しいものの、遺跡自体はアンコール遺跡やプレア・ヴィヒア寺院が建造されたクメール王朝時代より前の前アンコール期(7〜9世紀)に建てられたため、カンボジア最古の遺跡のひとつだと言われています。そのため、寺院の建築様式や美術様式も異なっており、古代インドの美術の影響が見受けられます。

サンボー・プレイ・クック遺跡の堂塔の多くは八角形をしているのが特徴です。また、サンボー・プレイ・クック遺跡には、ユニークな発想の図像である空中宮殿と呼ばれる浮き彫りが煉瓦の壁面に彫り込まれているのもポイント。この2つの特徴は他の遺跡では見られないので、ぜひ注目して見学してみてくださいね。

サンボー・プレイ・クック遺跡(Sambuor Prei Kuk)の基本情報

住所

Prasat Sambour​ District, カンボジア

電話

営業時間

7:00~17:00

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部からツアー車で約3時間、プノンペン中心部からツアー車で約3時間

料金

12歳以上 10ドル(約1,514円)、12歳未満 無料

コー・ケー遺跡

迫力あるピラミッド型寺院が見どころ!

Koh Ker, Prasat Thom, Prang by Arian Zwegers is licensed under CC BY 2.0 DEED

コー・ケー遺跡は、2023年9月にカンボジアで4番目に登録された世界遺産です。この地は928〜944年のわずか17年間のみ王都だった期間があるという幻の都。約9km四方のエリアに30以上の遺跡が点在していますが、調査中や修復中の遺跡も残っているため、現在訪れることのできる場所は20ヶ所程度です。

コー・ケー遺跡の1番の見どころは、プラサット・プランというピラミッド型寺院。高さが約36メートル、ピラミッドの段数は7段と、大迫力の遺跡です。ピラミッドの頂上へは階段で上ることができ、頂上からは360度広がるカンボジアの密林のパノラマを眺められますよ!

2151 - Laos Kambodscha 2022 - Koh Ker by Uwe Brodrecht is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

そして、コー・ケー遺跡第2の見どころはプラサット・プラムという遺跡です。アンコール・ワットのタ・プロームのように、祠堂に樹木が絡みつく圧巻の光景です。

コー・ケー遺跡は、日本人観光客からも人気のあるアンコール遺跡の1つ、ベンメリアと共に訪れるツアーも数多く開催されているので、ぜひ一緒に訪れてみてください。

コー・ケー遺跡(Koh Ker)の基本情報

住所

Koh Ker, カンボジア

電話

営業時間

7:00~18:00

休業日

年中無休

アクセス

シェムリアップ中心部からツアー車で約2時間半

料金

12歳以上 15ドル(約2,270円)、12歳未満 無料

カンボジアの世界遺産を巡ろう!

カンボジアにある4ヶ所の世界遺産を全てご紹介しました。どの世界遺産もカンボジアの壮大な歴史を感じさせる、興味深い遺跡ばかりです。次のカンボジア旅行は、アンコールワット以外の世界遺産もプランに入れてみてはいかがでしょうか?

カンボジアの世界遺産一覧

世界遺産名

遺産種別

登録年

アンコール遺跡群

文化遺産

1992年

プレア・ヴィヒア寺院

文化遺産

2008年

サンボー・プレイ・クック遺跡

文化遺産

2017年

コー・ケー遺跡

文化遺産

2023年

※記事内の金額は2024年3月25日のレート、1ドル=151.35円で計算しています。
cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

カンボジアの東京発のおすすめツアー

カンボジア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる