NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】インド・チェンナイでおすすめの観光地12選!名所や穴場を厳選

南インドの玄関口・チェンナイには、カバレーシュヴァラル寺院、サントメ大聖堂などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、インド・チェンナイ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、チェンナイ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

南インドの玄関口・チェンナイには、カバレーシュヴァラル寺院、サントメ大聖堂などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、インド・チェンナイ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から12選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、チェンナイ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

インド・チェンナイには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

チェンナイは、インド東南端に位置するタミルナドゥ州の州都で、南インドの中でも政治、経済、文化の中心の都市です。

そんなチェンナイには一度は訪れたいカバレーシュヴァラル寺院やおいしい南インド料理、ショッピングなど観光地がたくさんあります!人気観光地の近くや、行きやすい場所にあるので初心者にもおすすめです。

一方で都市部から少し離れた場所にある観光地は、アクセスが難しいのでツアーを利用すると安心して観光できます。チェンナイはインド四大都市のひとつですが、のどかな雰囲気もあり、都市部、郊外ともに旅がしやすいのが特徴ですよ。

今回はチェンナイの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

チェンナイで絶対行きたいおすすめ観光地9選

まずは初めてのチェンナイ旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!

中心部にある多くのスポットは、公共交通機関でアクセスしやすいので、時間が限られている旅行中でも訪れやすいですよ。中心部観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめです!

カバレーシュヴァラル寺院

約40メートルの塔門がシンボルの寺院


photo by Unsplash

南インドを代表するカバレーシュヴァラル寺院は、約40メートルのゴープラム(塔門)が目印の寺院です。創建は13世紀ごろとされています。


https://www.flickr.com/photos/rictor-and-david/31747562158/
Kapaleeshwarar Temple by Rictor Norton & David Allen is licensed under CC BY 2.0

御本尊はヒンドゥー教のシヴァ神で、朝、夕には信者が祈りを捧げている姿がみられます。異教徒は中には入れませんが、外観のレリーフは神話世界を表現しています。緻密に描かれているレリーフはカラフルで、写真映えするので、ぜひ写真におさめましょう!

カバレーシュヴァラル寺院(Kapaleeshwarar Temple)の基本情報
住所: 234, Ramakrishna Mutt Rd, Vinayaka Nagar Colony, Mylapore, Chennai, Tamil Nadu 600004 インド
電話:なし
営業時間:5:00〜12:30、16:00〜21:00
休業日:なし
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約15分
料金:無料
公式サイト:https://mylaikapaleeswarar.hrce.tn.gov.in/hrcehome/index_temple.php?tid=1

パルタサラティ寺院

西暦8世紀に建てられたチェンナイ最古の寺院のひとつ


https://www.flickr.com/photos/bunnicula/132205637/
Parthasarathy Temple by bunnicula is licensed under CC BY-ND 2.0

パルタサラティ寺院は、8世紀ころの建設で、ヒンドゥー教のクリシュナ神を祀る寺院です。チェンナイで最も古いヒンドゥー教の寺院のひとつで、建物の彫刻が細かく、こちらも見応えがあります!彩色は控えめのため、カバレーシュヴァラル寺院よりも落ち着いた雰囲気です。


https://www.flickr.com/photos/anthea/48396441877/
Parthasarathy Temple by MsAnthea is licensed under CC BY-ND 2.0

異教徒でも中に入ることができますが、土足禁止のため、靴を脱いで入りましょう。靴を入れる袋などを持参するのがおすすめです。また、建物内の撮影は禁止されているので、観光の際は気を付けましょう。

パルタサラティ寺院(parthasarathy temple)の基本情報
住所: Car St, Narayana Krishnaraja Puram, Triplicane, Chennai, Tamil Nadu 600005 インド
電話: +91 44 2844 2462
営業時間:6:00〜12:00、16:00〜21:00(火・金は変更の可能性あり)
休業日:なし
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約15分
料金:無料
公式サイト:https://parthasarathy.hrce.tn.gov.in/

マリーナビーチ

屋台も楽しめる!インドで一番の長さを誇るビーチ


photo by Unsplash

チェンナイの海岸線には約5キロメートルにわたる美しい砂浜があります。マリーナビーチは、1日数万人の観光客が訪れる人気のビーチです。ビーチ沿いには屋台があり、多くの人でにぎわっています。マリーナビーチの海岸線の長さはインド国内で最長といわれ、世界でも有数の長さといわれています。

マリーナビーチは東を向いているので、朝日を鑑賞するのにおすすめのスポット!太陽が昇り、少しずつあたりが明るくなる様子は圧巻の美しさです。ぜひ早起きして鑑賞しましょう。

マリーナビーチ(Marina Beach)の基本情報
住所:376P+2JP, Marina Beach, Triplicane, Chennai, Tamil Nadu 600005 インド
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約10分
料金:無料

チェンナイ中央駅

ゴシック様式の建築がおしゃれなチェンナイの玄関口


photo by Unsplash

赤色を基調としたゴシック様式の駅であるチェンナイ中央駅は、英国領時代の文化が現在まで残る建物の1つです。インドにいながら、英国を感じる場所でもあります。1873年に開業し、今でも開業当時の建物のまま現存されています。


photo by Unsplash

さまざまな長距離列車が発着しますが、改札がないのが特徴。車掌さんが列車の前で切符を確認するスタイルをとっています。このため、列車に乗車しなくともホームで列車の記念撮影をすることが可能ですよ!

チェンナイ中央駅(Puratchi Thalaivar Dr. M.G. Ramachandran Central Railway Station)の基本情報
住所:Chennai Central Railway Station 179, Wall Tax Rd, Jutkapuram, Periyamet, Chennai, Tamil Nadu インドタミル・ナードゥ州チェンナイ 600003 インド
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: チェンナイ国際空港から電車で約40分
料金:無料
公式SNS:https://www.facebook.com/MGRCentral/

サントメ大聖堂

世界で3つしかない⁉お墓の上に建てられた教会


photo by Unsplash

サントメ大聖堂は10世紀ころに建てられた教会です。15〜16世紀ころ、今の白く美しい外観になったといわれ、10世紀当時キリスト教を南インドに布教したキリストの12使途のうちの1人である聖トマスの墓の上に建つと伝わります。

キリストの使徒(弟子)の墓の上に建つ大聖堂は世界に3つといわれている貴重なスポットで、ヒンドゥー教寺院とはひと味違う雰囲気を観光できます!


https://www.flickr.com/photos/anthea/48396295766/
Chennai, Santhome by MsAnthea is licensed under CC BY-ND 2.0

2004年のスマトラ沖地震では、チェンナイも津波の被害がありましたが、サントメ大聖堂付近はほとんど被害がなく、聖トマスが起こした奇跡であると地元民に言われています。南インドにおけるキリスト教の聖地といえる存在ですよ。

サントメ大聖堂(Santhome Cathedral Basilica)の基本情報
住所:38, Santhome High Rd, Dummingkuppam, Mylapore, Chennai, Tamil Nadu 600004 インド
電話:なし
営業時間:6:00〜21:00(火・金は変更の可能性あり)
休業日:なし
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約15分
料金:無料

チェンナイ州立博物館

インド国内でも2番目に古い歴史ある博物館


photo by Unsplash

チェンナイ州立博物館はインド国内でも2番目に古い歴史ある博物館です。銅像セクション、国立美術館、子ども館などの46個のギャラリーからなる大きめの博物館で、重厚感のあるゴシック様式の建物が目印となっています。

銅像セクションにはヒンドゥー教や仏教をはじめとするインドの宗教上の神々の彫刻の展示があります。歴史や仏像が好きな方にはたまらない場所です!

ほかにも、博物館には国立美術館が併設されており、美術品も鑑賞できます。数ある美術品の中でもおすすめなのは、インドを代表する画家のラヴィ・ヴァルマの独立したギャラリーコーナー。特徴のある絵画をみることができます。


photo by Unsplash

その他にも、ヒゲクジラの骨格、インダス文明の遺跡、インドの歴代の人形劇で使われた人形などが展示されています。

子ども館は子連れ旅行におすすめ!実物大の恐竜の展示や民族衣装を着ている蝋人形、太陽光発電で動く噴水や風車など、視覚的に楽しい工夫が盛りだくさん!子どもだけではなく、親子一緒に楽しめますよ。

歴史的にも芸術的にも価値のあるチェンナイ州立博物館を訪れて、インドの歴史に触れてみましょう。

チェンナイ州立博物館(Government Museum Chennai)の基本情報
住所:Government Maternity Hospital, Pantheon Rd, Egmore, Chennai, Tamil Nadu 600008 インド
電話:+914428193238
営業時間:土曜日〜木曜日 9:30〜17:00
休業日:金曜日、8/15、10/2
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約6分
料金:大人250インド・ルピー(日本円で約400円)、学生75インド・ルピー(日本円で約120円)、子ども125インド・ルピー(日本円で約200円)
※2023年3月26日のレート、1インド・ルピー=1.6円で計算
公式サイト:https://www.govtmuseumchennai.org/museum/login

セントジョージ要塞

旧市街地にあるチェンナイの歴史を知れるスポット


https://www.flickr.com/photos/nigel321/14388431804/
Chennai, India Fort St George - St. Mary's Church by Nigel Swales is licensed under CC BY-SA 2.0

チェンナイの港からほど近い旧市街にあるセントジョージ要塞は1644年、英国の東インド会社によって建設された要塞です。

現在は、チェンナイの英国領地時代を知ることができる場所となっています。要塞内の資料館には、当時の刀や銃などの武器、軍服、チェンナイを支配した英国人の権力者の肖像画など、当時の歴史的背景を知る貴重な展示があります。

南インド史や英国との関係性に興味がある方には特におすすめできる場所です。インドで最も古い教会の1つであるセント・メアリーズ教会も敷地内にあるので、あわせて見学してみてください。

セントジョージ要塞(Fort St.George Museum)の基本情報
住所:Rajaji Rd, near Legislature and Secretariat, Fort St George, Chennai, Tamil Nadu 600009 インド
電話:+914425671127
営業時間:土曜日〜木曜日 10:00〜17:00
休業日:金曜日
料金:大人100インド・ルピー(日本円で約160円) 15歳以下 無料(博物館)
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約11分
※2023年3月26日のレート、1インド・ルピー=1.6円で計算
公式サイト:http://www.chennai.com/fort_stgeorge.html

セモーツヒ・プーンガ(フローラルパーク)

日本では見られない植物を鑑賞できる植物園


https://www.flickr.com/photos/surajram/5568071838/
Semmozhi Poonga by Surajram Kumaravel is licensed under CC BY-SA 2.0

セモジ・プーンガは樹齢100年以上の大樹が自生し、さまざまな種類の植物が観察できる植物園です。開園は2010年と比較的新しいスポットで、中国やタイから輸入した植物もあり、日本では見ることが難しい植物も楽しめます。

訪れると花やハーブの香りに癒やされ、リラックスできる旅となるでしょう。植物園以外にも子どもが遊べる遊具コーナーや人工池、食堂があるので、チェンナイ観光の合間に休憩がてら訪れてみてはいかがでしょうか?

セモジ・プーンガ(Semmozhi Poonga)の基本情報
住所:Royal Court, 45/2, Cathedral Road, Near Hotel Drive In Woodlands, Gopalpuram, Chennai, Tamil Nadu 600086 インド
電話:+919840707510
営業時間:10:00〜19:30
休業日:火曜日
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約15分
料金:大人 15インド・ルピー(日本円で約26円) 、10歳未満10インド・ルピー(日本円で約16円)
※2023年3月26日のレート、1インド・ルピー=1.6円で計算
公式サイト:https://www.transindiatravels.com/tamil-nadu/chennai/semmozhi-poonga/

アシュタラクシュミー寺院

訪れる人が途切れない⁉8つの神殿が特徴の寺院


https://www.flickr.com/photos/theclearwhitelight/15412901084/
Angels & Demons The serpent torn between the Angel and Demon worlds! by Niranjan Ramesh  is licensed under CC BY 2.0

アシュタラクシュミー寺院はエリオットビーチの南側にある、ヒンドゥー教の神様ヴィシュヌの妻であるラクシュミーが祀られているスポットです。創建は1976年と比較的新しいですが、寺院の規模と格式の高さがインドの人に受け入れられ、参拝客がたえない寺院になりました。

ラクシュミーには8つの別の姿があると言われており、アシュタラクシュミー寺院内には8つの神殿があります。8つの神殿はそれぞれ意味が異なり、参拝するとおでこに赤い粉が塗られます。インドの寺院を体験できる貴重な機会なので、ぜひ中に入って地元の人と一緒にお祈りをしてみましょう!

アシュタラクシュミー寺院(Shri Ashtalakshmi Temple)の基本情報
住所:X7VC+25R, Beach Rd, Kalakshetra Colony, Besant Nagar, Chennai, Tamil Nadu 600090 インド
電話:+914424466777
営業時間:6:30〜12:00 16:00〜20:00
休業日:なし
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約36分
料金:無料

エリオット・ビーチ

子連れにもおすすめ!ゆっくり楽しめるビーチ


photo by pixabay

エリオット・ビーチはチェンナイの南側、ベンガル湾沿いにあるビーチです。英国領時代のチェンナイの知事であるエドワード・エリオットが名前の由来と言われています。

チェンナイでも比較的賑やかなエリアであるベサント・ナガルにありながら、ビーチは混雑しておらず、まさに子連れにおすすめのビーチです!

エリオット・ビーチのシンボルはカールシュミットメモリアル。溺れた女の子を助けるため、自らを犠牲にしたオランダの水夫を記念して建てられました。


photo by unsplash

手作りのメリーゴーランドや、お菓子、魚料理をふるまう屋台や土産物店がならび、地元の家族連れなどで賑わうエリアです。ビーチの前にあるアシュタラクシュミー寺院と一緒に訪れるとよいです!

エリオット・ビーチ(Edward Elliot's Beach)の基本情報
住所:34, Elliot's Promenade, Odaimanagar, Besant Nagar, Chennai, Tamil Nadu 600090 インド
電話:なし
営業時間:5:00〜21:30
休業日:なし
アクセス: チェンナイ中央駅から車で約30 分
料金:無料

チェンナイの知る人ぞ知る穴場観光地3選

チェンナイにはチェンナイ中央駅を起点とした寺院などの見学エリア以外に、雪を体感できる最新のアクティビティ施設、郊外の落ち着いた雰囲気の寺院など、みどころがまだまだあります!

スノーキングダム

インドで雪が楽しめる雪のテーマパーク


photo by Unsplash
※画像はイメージです

暑いチェンナイで雪を感じる屋内テーマパークがVPG スノーキングダムです。施設内にはそり滑りができるスノースライド、ハーネスクライムができるスノートレッキング、訪れた観光客とともにブルースが楽しめるスノーディスコがあります。

スノーキングダム以外にもトリックアート美術館や3Dシアターがあり、1日中楽しめるでしょう。

スノーキングダム(Snow kingdom)の基本情報
住所:SH 49, next to VGP Universal Kingdom, Injambakkam, Chennai, Tamil Nadu 600115 インド
電話:+917382222222
営業時間:10:00〜20:00
休業日:なし
アクセス: チェンナイ国際空港から車で約40分
料金:大人750インド・ルピー(約1,200円)、子ども650インド・ルピー(約1,040円)
※2023年3月26日のレート、1インド・ルピー=1.6円で計算
公式サイト:https://www.snowkingdom.com/booknow.php

エーカンバラナータル寺院

高さ60メートルの塔門が圧巻!ヒンドゥー教の聖地


https://www.flickr.com/photos/ponnambalam/3396047180/
Ekambaranathar, Kanchi by Santhosh Janardhanan  is licensed under CC BY-ND 2.0

チェンナイから車で約2時間の距離にあるのがエーカンバラナータル寺院です。ヒンドゥー教7大聖地の1つで、インド全土から多くの巡礼者が訪れます。

この寺院があるカーンチープラムと呼ばれるエリアの歴史は古く、3〜9世紀ころのパラッヴァ朝の古都で、他にも約200以上の寺院が点在しており、ヒンドゥー教の聖地ともいわれています。


https://www.flickr.com/photos/36587131@N06/50065027413/
Ekambaranathar Temple, Kanchipuram by Lodo  is licensed under CC BY-SA 2.0

エーカンバラナータル寺院の見どころは南のゴープラム(仏塔)で、高さは約60メートルもあります!内部も11階建てという圧巻のスケールで、ヒンドゥー教の歴史の深さを感じることでしょう。ぜひチェンナイから郊外まで足を運んでみてくださいね。

エーカンバラナ-タル寺院(Ekambaranathar temple)の基本情報
住所:No 34a/1salai street kanchipuram 2, Ekambaranathar kovil arukil, Kanchipuram, Tamil Nadu 631502 インド
電話:なし
営業時間:6:00〜12:30、16:00〜20:30(火・金は時間変更の可能性あり)
休業日:なし
アクセス: チェンナイ国際空港から車で約1時間27分
料金:無料

マハーバリプラム

岩や彫刻、寺院、石窟が楽しめる世界遺産


photo by pixabay

マハーバリプラム建造物群は、インド南部のカーンチープラム県にある世界遺産です。チェンナイ市内からは車で約1時間20分と離れていますが、世界遺産に登録されたエリアであるため、滞在に余裕があれば訪れたい場所としておすすめです!

マハーバリプラムの見どころは最初期に建造された海岸寺院。石造りの寺院で、中世南インド文化の歴史を知るための重要な寺院となっており、チェンナイ市街地でみてきたカラフルな寺院とはまた違った印象を感じられます。特に、当時の木造建築を模して壁面に動物を彫刻した5つのラタは有名です!


photo by pixabay

そして、ぜひ写真をとってほしいのが、坂の上で今にも落ちそうで落ちない岩であるクリシュナのバターボール!

バターボールとは丸く整えたバター、バターをふんだんに使ったアメのことです。このバターボールがヒンドゥー教の神様であるクリシュナの好物であったと伝わることからその名前がつきました。近くでみるとその大きさと迫力に圧倒されますよ。

マハーバリプラム(Mahabalipuram)の基本情報
住所:J58V+JWW, Beach Rd, Mahabalipuram, Tamil Nadu 603104 インド
電話:なし
営業時間:施設による
休業日:なし
アクセス: チェンナイ国際空港から車で約1時間20分
料金:なし

チェンナイ観光を満喫!おすすめモデルコース


photo by Unsplash

観光スポットからグルメまで、見どころいっぱいの南インドの都市・チェンナイ。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。グルメは、定番のカレーから、最近日本でも南インド料理として注目されつつあるミールスがインドカルチャーを感じられるのでおすすめ!

インドの中でもチェンナイは東側に位置するので、早朝の日の出鑑賞は欠かせません。

<スケジュール例>
(乗り継ぎ便を利用して、チェンナイに午前到着を想定)

1日目 チェンナイ到着→市内観光(チェンナイ州立博物館など)→Nair Mess→サントメ大聖堂→マリーナビーチの屋台を食べ歩き→マリーナビーチ周辺に宿泊

2日目 マリーナビーチで日の出を鑑賞→アシュタラクシュミ-寺院→Ponnysamy Hoteランチ→セモジ・プーンガ、セントジョージ要塞を見学→カバレーシュヴァラル寺院→チェンナイ中央駅周辺に宿泊

3日目 チェンナイ中央駅→チェンナイ国際空港→帰国

チェンナイは、市内観光から郊外の観光、そしてスノーアクティビティなど、1日中見どころがいっぱい!

そのため、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのチェンナイ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

インド・チェンナイの人気観光スポットを満喫しよう


photo by Unsplash

この記事では、チェンナイのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるチェンナイでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、インド・チェンナイ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※2023年3月26日のレート、1インド・ルピー=1.6円で計算

cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる