NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年1月最新】スペインの渡航情報!入国書類やビザ申請などの手続きは必要?

スペインでは、EU・シェンゲン協定域外からの外国人入国者に対する水際対策が終了し、ワクチン接種証明書やPCR検査なしで簡単に渡航できるようになりました。この記事では2024年1月現在、スペインの最新渡航・入国情報を紹介します。スペイン入国の際の疑問がある人のために、入国に必要な書類や手続き方法などを詳しく紹介しているので、スペイン旅行の参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

スペインでは2024年1月現在、入国時のワクチン接種証明書やPCR検査の陰性証明書の提示は不要となっています。街全体を彩る美しい建築から、おいしい食べ物まで見どころたくさんのスペイン。この記事ではスペインの最新の入国・渡航情報をまとめました。ビザ申請、手続き方法、旅行規制などを詳しく紹介しているので、渡航情報を参考に、スペイン旅行のスケジュールを立ててくださいね。

Contents

【2024年1月現在】最新のスペインへの渡航情報!


photo by Unsplash

EU・シェンゲン協定域外からの外国人入国者に対する水際対策が行われていたスペインですが、2024年1月現在は、ワクチン接種証明書・陰性証明書なしでの入国が可能になっています。

スペイン入国後の隔離やPCR検査なども必要ありません!以下で、詳しく解説するので旅行の参考にしてくださいね。

\NEWTでスペイン旅行をチェック!/

日本からスペイン渡航時の入国条件・必要書類


photo by pixabay

2024年1月現在、日本からスペインに渡航する際は新型コロナウィルス発生前と同様に、特別な制限なく入国可能です。新型コロナウィルス関連の書類はいっさい必要なく、90日以内の観光を目的とした滞在の場合は、ビザの取得も不要

渡航時に必要な書類は、パスポートと航空券のみです。また、万が一のケガや病気のためにも海外旅行保険に加入しておくといいでしょう。改めて日本からスペインへ入国する際に必要な書類・手続きをおさらいしましょう!

【渡航情報のポイント ※2024年1月現在】

  •  2023年4月29日以降、EUデジタルCOVID証明書または同等とみなされる証明書(ワクチン接種証明書・陰性証明書など)の提示は不要に
  •  2022年10月21日以降、スペイン入国後の隔離は不要に

【スペイン入国の際の必要書類】

  • パスポート(3ヶ月以上の有効期限)
  •  航空券
  •  ビザ(90日以下の滞在の場合は不要)
  • 海外旅行保険への加入(推奨)

当初はEU・シェンゲン協定域外からの外国人入国者に対する、厳しい水際対策を行っていたスペインですが、ワクチン接種証明書やPCR検査の陰性証明書などの掲示や隔離を含めた全ての措置が撤廃され、新型コロナウィルス発生以前の状態に戻り、気軽に渡航ができるようになりました。

2023年2月8日以降は公共交通機関でのマスク着用義務も解除。ただし、病院・医療機関ではマスクの着用が必要な場合もあるので注意しましょう。


photo by Unsplash

一方、注意したいのが、スペインが加盟しているシェンゲン協定の規定。同域内の無査証(ビザなし)の短期滞在については、あらゆる180日間の期間内で最大90日間を超えないと規定されています。

これは直近での同域内に入国してから90日間ではなく、過去すべての期間を換算します。そのため、過去に同域内への滞在をした場合、スペインへの滞在可能日数はその期間を90日から差し引いた日数となるので気をつけましょう。

ヨーロッパの国のほとんどがシェンゲン協定に加盟しているため、長期のヨーロッパ周遊を考えている方は、注意が必要です。

また、短期滞在に該当しない(就職、自営、就学、永住等)目的でスペインに入国する場合は、事前に当該者の居住地を管轄するスペイン大使館・総領事館で必要なビザを取得する必要があるので、確認してくださいね。

スペイン入国の流れ


photo by Unsplash

スペイン入国の際に入国カードは必要?入国審査は厳しい?どんな質問をするの?と疑問に思っている人のために、スペイン入国の流れを解説!

①入国審査
機内で配られる出入国カードに記入したものをパスポートと共に用意し、入国審査のカウンターへ進みます。出入国カードはあらかじめ機内で記入しておくのが良いでしょう。スペイン入国前にシェンゲン協定加盟国を経由している場合は、出入国カードは必要ありません。

審査の所要時間はシーズンや日程にもよりますが、空いている場合15分、混んでいる場合は50分ほどかかる場合も。顔をしっかり確認するため、マスクをしている場合は外しましょう。

②受託手荷物の受け取り
入国審査が終わり、荷物を預けた人は利用した便名が表示されているターンテーブルに移動し、荷物のピックアップをしましょう。どのターンテーブルから荷物が流れてくるかは、空港の電光掲示板で確認できます。

万一荷物が見つからない場合は、紛失荷物カウンターへ確認すると良いでしょう。荷物を目立ちやすくしたり、他の渡航客の荷物と間違えないためにも、荷物にはステッカーやキーホルダーなど目印をつけておくと便利ですよ。

③動植物検疫・税関検査
税関申告する荷物のある場合は、赤いゲート(Objetos a declarar)で申告します。特に申告するものがなければ緑のゲート(Equipaje Etiqueta Verde)へ進みましょう。

税関申告が必要なものは以下の通りです。

  • 1万ユーロ相当額以上の現金(外貨を含む)
  • 空路、海路での入国の場合、合計価値430ユーロ相当以上の物品。陸路での入国の場合は、合計価値300ユーロ相当以上。
  • 指定量以上のたばこ類
  • 指定量以上のアルコール飲料
  • 個人的に服用する以上の量の医薬品

④到着ロビー
すべての手続きを終えたら、到着ゲートをくぐって到着ロビーへ。ここから市内へと移動していきます。

スペインから日本に帰国するのに必要な手続き・書類


photo by Unsplash

2023年4月29日以降、海外から日本入国時の有効なワクチン証明書または出国前検査の陰性証明書の提示は不要となりました。

そのため全ての日本入国者に対して以前必須だった、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書および、ワクチンの接種証明書(3回)のいずれも不要です。

日本入国時には、スムーズに入国するためにVisit Japan Web(入国手続オンラインサービス)の事前登録をしておきましょう。

ただし、海外で新たな感染症や変異株が発生した際は、日本への入国時の権利措置が再度強化されることも起こり得ますので、最新のニュースを常にチェックしておいてくださいね。最新情報は厚生労働省の公式サイトをご確認ください。
Visit Japan Webのサービスのほか、紙の税関申告書でも日本に入国・帰国可能です。

Visit Japan Webで必要事項を登録


photo by pixabay

Visit Japan Webは、海外から日本へ入国する人のほか、海外から日本へ帰国する人が入国審査や税関申告をウェブで行うことができるサービスです。

利用は任意となっていますが、日本帰国前に登録をしておくことで、日本入国時にスムーズに入国審査ができるようになりますよ。

【登録に必要なもの】

  • 航空券
  • パスポート
  • メールアドレス

【利用の手順】

  • Visit Japan Web にアクセス
  • アカウント作成・ログイン
  • 利用者情報の登録(同伴家族の登録も可能)
  • 入国(または帰国)スケジュールの登録(帰国便や連絡先など)
  • 税関申告などの必要情報を登録

登録が完了し、日本到着時には税関申告でQRコードを表示するだけ。詳しい操作方法はVisit Japan Webに記載があるのでご確認ください。

※日本の水際対策の変更に伴い、2023年4月29日午前0時より、検疫手続(ファストトラック)ボタンが削除されました。

スペイン現地の最新の状況


photo by Unsplash

スペインでは新型コロナウィルスの規制が撤廃され、以前の日常を取り戻しつつあり、街に人出がみられるようになっています。

よって以前のようにスムーズにスペインへ渡航でき、現地での旅行も満喫できるでしょう。久しぶりに海外に行くのであれば、観光の魅力がたくさん詰まったスペイン旅行を選んでみてはいかがでしょうか。

スペインの国際線の運航情報(日本発着)


photo by Unsplash

日本からスペインへのフライトは直行便が無いため、ヨーロッパの各都市で乗り継ぎをする必要があります。2024年1月現在、日本とスペイン間で運航しているおもなフライトは以下の通り。状況によっては欠航する場合もあるので、常に最新情報を確認してくださいね。

運航状況は、2024年1月23日現在のものです。最新情報は各航空会社のホームページを確認ください。

羽田国際空港(東京)
⇔バルセロナ・エル・プラット国際空港(バルセロナ)
  アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港(マドリード)

日本航空(JAL)、全日空(ANA)、カタール航空、ブリティッシュエアウェイズ、エールフランス航空、ルフトハンザドイツ航空など(ヨーロッパ各国で乗り換えが必要)

成田国際空港(東京)
⇔バルセロナ・エル・プラット国際空港(バルセロナ)

  全日空(ANA)、スイスインターナショナルエアラインズ、アシアナ航空、エールフランス航空など(アジア、ヨーロッパ各国で乗り換えが必要)

成田国際空港(東京)
⇔アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港(マドリード)

日本航空(JAL)、全日空(ANA)、フィンランド航空、エミレーツ航空など(中東、ヨーロッパ各国で乗り換えが必要)

関西国際空港(大阪)
⇔バルセロナ・エル・プラット国際空港(バルセロナ)
アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港(マドリード)

日本航空(JAL)、アシアナ航空、エールフランス航空、エミレーツ航空など(アジア、中東、ヨーロッパ各国で乗り換えが必要)

日本からスペインへの渡航は、各ヨーロッパの都市を経由するため、多数のヨーロッパ系の航空会社が運行しています。航空券は往復で約20万円〜、フライト時間は約18時間〜となっているので、予算やスケジュールなどを考慮しながらベストなフライトを選ぶと良いでしょう。

スペイン旅行を安心・安全に満喫しよう!


photo by Unsplash

ここまでスペインの渡航情報についてご紹介しました。規制が撤廃され、以前のようにスムーズに入国ができるようになり、安心して観光を楽しめます。

最新の情報を確認して、必要な書類や手続きをそろえましょう!ぜひ記事を参考にしてスペイン旅行の計画を立ててみてください!

※記載情報は、2024年1月23日現在の情報です。
※最新情報は外務省や大使館、航空会社のホームページなどにてご確認ください。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

スペインの東京発のおすすめツアー

スペイン旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる