NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

サン・フェルミン祭は牛追いが有名!歴史や見どころなどを解説

サン・フェルミン祭は、スペインの3大祭りであるサン・フェルミン祭は、闘牛場まで牛に追いかけられる牛追いが人気のお祭りです。 この記事では、サン・フェルミン祭の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説します。ぜひサン・フェルミン祭に参加する前に情報をチェックして、お祭りを楽しんでくださいね!

ライター
NEWT編集部

サン・フェルミン祭は、スペインの3大祭りであるサン・フェルミン祭は、闘牛場まで牛に追いかけられる牛追いが人気のお祭りです。

この記事では、サン・フェルミン祭の見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説します。ぜひサン・フェルミン祭に参加する前に情報をチェックして、お祭りを楽しんでくださいね!

Contents

サン・フェルミン祭の基本情報


https://www.flickr.com/photos/joeclin/715640947/
San Fermin X by CH L is licensed under CC BY 2.0

スペインのパンプローナで7月6日より開始されるサン・フェルミン祭は、世界中から観光客が訪れる人気の祭りです。期間中には牛追いだけでなく、パレードや花火などのさまざまな催し物が開催されます。

ここからは、サン・フェルミン祭の見どころや歴史、開催日などの気になる情報を紹介します。

サン・フェルミン祭の起源や歴史は?


https://www.flickr.com/photos/sanferminpamplona/43123923644/
photo by flicker

サン・フェルミン祭が初めて開催された年は定かではないものの、キリストの守護聖人であるサンフェルミンを祭る儀式として、少なくとも12世紀より前には行われていたと考えられています。

パンプローナ首長の息子であるサンフェルミンは3世紀にキリスト教を広めた人物です。彼の功績をたたえてサンフェルミン祭期間中である7月7日には、サンフェルミンの像を掲げて旧市街を歩くサンフェルミン行列が行われます。この行列はサン・ロレンス教会にあるサンフェルミン礼拝堂から始まり、コンセホ広場やマヨール通りを巡って再び礼拝堂に戻ってきます。

サンフェルミン行列は、約1時間半ほどで終わってしまうのですが、大変混雑するので鑑賞しようと考えている方は早めに行って場所取りしておくことをおすすめします。


https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Encierro_del10_de_julio_(5930478984)b.jpg#/media/File:Encierro_del10_de_julio_(5930478984)b.jpg

牛追いの起源は、闘牛場までの輸送。徐々に牛の前を走って誘導するようになり、現在の牛追いのスタイルになったと考えられています。

当初は現地の人々を中心に行われていた祭りでしたが、著名なアメリカの作家であるミングウェイの『陽はまた昇る』という小説で舞台となったことで、世界に知られるようになりました。現在では、バレンシアで開催される火祭り、セビリアで行われる春祭りと並んでスペインの3大祭りとして知られています。

サン・フェルミン祭が開催されるパンプローナはどんな街?


photo by Unsplash

サン・フェルミン祭が開催されるのは、パンプローナ。スペインの北部にあるナバーラの州都であり、紀元前75年にローマの将軍によって作られました。人口は20万人程度ですが、サン・フェルミン祭りが開催される期間は100万人近い観光客が訪れます。

パンプローナは美食の街として知られており、レストランやバルが数多く立ち並んでいます。人気のお店は予約がはやく埋まってしまうので、ぜひ事前に席を確保しておいてくださいね。市内にはサン・サトゥルニーノ教会やカマラ・デ・コンプトスといった13世紀からある歴史的な建物も立ち並んでおり、サン・フェルミン祭りが開催されていない期間でも観光地として人気があります。それぞれの観光スポットは徒歩で移動できる距離にあるので、手軽にまわれるところもうれしいポイントです。

サン・フェルミン祭の開催日時は?


https://www.flickr.com/photos/joeclin/715639009/
San Fermin VI by CH L is licensed under CC BY 2.0

サン・フェルミン祭の始まりの合図となるのは、7月6日の正午に打ち上げられるチュピナゾのロケット花火。正式な祭りのスタートは7月7日ですが、6日からパンプローナ市内には多くの観光客が訪れます。

サン・フェルミン祭りが終わりを迎えるのは、7月14日の深夜。別れの歌を合唱して、祭りは終了します。開催期間中は、1日も欠かすことなく牛追いやパレード、コンサートが行われ、朝から晩まで寝る間を惜しんでにぎやかな祭りが行われます。

サン・フェルミン祭の見どころ・楽しみ方


photo by pixabay

サン・フェルミン祭の見どころは、牛追いだけではありません。祭り開催期間には、闘牛やパレード、コンサートなどといったさまざまな催し物が実施されます。

ここからは、そんなサン・フェルミン祭の見どころを紹介します。

市庁舎から打ち上げられるチュピナゾの花火


De www.viajar24h.com - www.viajar24h.com-200, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7363118

サン・フェルミン祭は、パンプローナ市庁舎広場から始まります。市長の宣言とともにチュピナゾと呼ばれる大きなロケット花火が打ち上げられると、市庁舎広場にいる人々のボルテージは最高潮に達します。

広場に集まる人々はサン・フェルミン祭の伝統的衣装である白い洋服に赤いスカーフを首に巻いた服装をしていますが、掛け合うワインによってあっという間に赤く染まってしまいます。ワインだけでなくバルコニーからは大量の水がかけられるので、カメラなどの電子機器は持ち込まないようにしましょう。

また、サン・フェルミン祭開催中は、毎日23時より花火が打ち上げられます。コンテストとしての役割も担っており、スペイン各地から集まった花火職人が迫力のある花火を打ち上げます。

旧市街を猛スピードで!迫力ばつぐんの牛追い(エンシエロ)


By Francisco83pv - Own work, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=129981460

サン・フェルミン祭りが開催されている9日間は、毎日午前8時に6頭の牛が開放され、サント ドミンゴ坂から闘牛場までの875メートルを全速力で走り抜けます。牛追い(エンシエロ)が見れるのは、約3分たらず。牛追いが行われるルートで待ち構えていなければ、見ることはできません。

日本ではサン・フェルミン祭りを牛追い祭りと言うこともありますが、牛を追うのではなく、牛に追われる祭りです。作られたコースではなく旧市街を走り抜けていくため、カーブがある場所では牛が止まってしまったり、予想もしない方向に走り出したりと、危険がつきもの。牛追いに参加しようと考えている方は、体調をしっかり整えて安全に参加してくださいね。

巨大人形(ヒガンテス)のパレードも見逃せない!


By Yiorsito - Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10626961

サン・フェルミン祭の見どころは、牛追いだけではありません。祭り開催中は4メートルを超える巨大人形によるパレードも行われます。これら8体の巨大人形はヨーロッパやアメリカ、アジア、アフリカといった4つ大陸をイメージして作られており、合唱隊と一緒にエスペレタ宮殿などのさまざまな場所でダンスを繰り広げます。一緒に記念撮影できることも!

ゴール地点の闘牛場で迫力ある景色を満喫!


By Baltasar García - Flickr, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2398743

牛が勢い良く入り混んでくる闘牛場では、迫力がある闘牛が毎日開催されます。闘牛は祭り期間以外の日程でも実施されていますが、盛り上がりは段違い!闘牛の迫力と人々の歓声に驚愕するはずです。

この闘牛を直接見るためには、事前にチケット購入が必要です。オンラインサイトでも購入できるので、早めにゲットしておくと安心。闘牛が始まってしまうと入場できなくなってしまうので、時間に余裕を持ってアクセスしてくださいね。

こちらの闘牛はテレビでも放送されますよ。

最終日には別れを惜しむ合唱!


De No se ha podido leer automáticamente información sobre el autor; se asume que es Johnbojaen (según los derechos de autor reclamados). - No se ha podido leer automáticamente información sobre la fuente; se asume que es trabajo propio (según los derechos de autor reclamados)., CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=303970

サン・フェルミン祭りの最終日である7月14日には、祭りが始まったパンプローナ市庁舎広場に再び人々が集結します。手にはキャンドルを持ちながら、祭りの終わりを悲しみ、かわいそうな私という思いをこめて「ポブレ・デ・ミ」を合唱します。キャンドルにはカバーがついていることが多いものの火傷の危険もあるので、注意してくださいね。

サン・フェルミン祭の参加方法は?予約は必要?


photo by Unsplash 

世界中から観光客が訪れるサン・フェルミン祭りは、鑑賞するだけでなく実際に参加することもできます。

ここからは、そんなサン・フェルミン祭りのチケット購入方法や参加方法を紹介します。大人気のバルコニー席などのチケット購入方法も取り上げておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

バルコニーや闘牛場はチケットの購入が必要!


photo by Unsplash 

サン・フェルミン祭りはスペインの3大祭りということもあり、祭りの様子はテレビで放送されます。ただせっかく現地に行くなら、大迫力の牛追いなどの様子を生で見たいですよね。

牛追い祭りが行われる875メートルのルート沿いには柵が設置されていて、そこで鑑賞することも可能。ただ柵内のスペースはかなり限られていてかなり争奪戦になるので、早朝には埋まってしまいます。


https://www.flickr.com/photos/pmatamoros/3475638011/
San Fermín - Pamplona by Pablo Matamoros is licensed under CC BY 2.0

より安心して牛追いの全貌を楽しみたいなら、バルコニー席がおすすめ。バルコニー席はサン・フェルミン祭りがスタートする市庁舎広場や牛追いのコースである旧市街(エスタフェタ通り)などにあり、2階や3階などの高さがある場所から迫力のある牛追いを鑑賞できます。

バルコニー席のチケットは80〜140ユーロ(約12,656〜22,148円)、闘牛場のチケットは200〜250ユーロ(約31,640〜39,550円)で販売されています。オンラインサイトで購入できますが、かなり人気で売り切れが続出するので、早めにチェックしておきましょう。

参加には事前予約は必須?


De No se ha podido leer automáticamente información sobre el autor; se asume que es Bichenzo (según los derechos de autor reclamados). - No se ha podido leer automáticamente información sobre la fuente; se asume que es trabajo propio (según los derechos de autor reclamados)., Dominio público, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1147613

サン・フェルミン祭は、赤いスカーフを首に巻き白い服装で、18歳以上であれば誰でも参加できます。国籍や性別は関係はなく、事前予約も必要はありません。ただ興奮している牛の近くに行くことになるため、とても危険。毎年怪我人がでているだけでなく、死者が出ることもあるので、安易な参加はおすすめできません。

参加しようと考えている方は、事前にコースの下見をしておきましょう。

また、牛追いが行われている最中は牛の注意を引いたり、レースの邪魔をしたり、バッグやカメラをコース内に持ち込むことは禁止されています。飲酒もタブーとされているので、体調を万全に整えて参加してくださいね。

オプショナルツアーに参加するのもおすすめ


De BigSus - Trabajo propio, CC BY 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7781297

サン・フェルミン祭が開催される期間は、パンプローナ周辺に普段の5倍ほどの観光客が訪れます。街中はかなり混雑するため、ホテルやレストランまでスムーズに移動するのは、かなり大変。街中には飲酒している人なども多くいるため、とくに女性や子どもは危険な目に遭遇することもあります。

安全にサン・フェルミン祭を楽しむためにも、現地ツアーの参加がおすすめ。日本語のツアーもあるため、パンプローナ観光をたっぷり楽しみたい方や名物グルメを楽しみ尽くしたい方は、ぜひ参加してみてくださいね。

サン・フェルミン祭へのアクセス・行き方


photo by pixabay

サン・フェルミン祭が開催されているのは、スペイン・ナバラ州の州都であるパンプローナ。日本からパンプローナまでの直行便はないので、バルセロナやマドリッドなどの主要都市からアクセスしましょう!電車やバス、タクシー、レンタカーなどの手段でアクセスできます。

ここからは、サン・フェルミン祭りが行われるパンプローナまでのアクセス方法を紹介します!

最も一般的な移動は電車


https://www.flickr.com/photos/gransaco/12249678646/
Ya falta menos by André Marques 432 is licensed under CC BY 2.0

バルセロナやマドリッドからサン・フェルミン祭が開催されるパンプローナまでは、アルビア鉄道でアクセスできます。

バルセロナからパンプローナまでの所要時間は、4時間10分。料金は57.05ユーロ(約9,025円)です。マドリードからパンプローナまでの所要時間は、3時間11分。料金は69.1ユーロ(約10,932円)で、どちらのチケットもオンラインサイトで購入できます。

パンプローナ駅からサン・フェルミン祭のメインスポットとなるパンプローナ市庁舎や闘牛場までは、徒歩でアクセス可能です。なお、サン・フェルミン祭前や期間内は電車などの公共交通機関がかなり混雑します。スリなどの危険もあるので、乗車中は注意してくださいね。

直通のバスも手軽でおすすめ!


https://www.flickr.com/photos/carloszgz/28809013535/
Puerta cinegia y bus 21 by Carlos ZGZ  is licensed under CC BY 2.0

コスパ良くパンプローナまで行きたいなら、バスがぴったり!サン・フェルミン祭りが開催される期間は、直通バスも運行しています。マドリード バラハス空港から乗車できるので、日本からアクセスする際も手軽です。

バルセロナからパンプローナまでのバスチケットは、65ユーロ(約10,283円)。マドリッドからパンプローナまでは、​​22.63ユーロ(約3,580円)で購入可能。公式オンラインストアでも販売されていますが、売り切れてしまうことも多いので、ぜひ早めにゲットしてみてくださいね。

最短で向かいたいならタクシー


https://www.flickr.com/photos/twicepix/7489105078/
taxi by Martin Abegglen is licensed under CC BY-SA 2.0

より楽にパンプローナまで行きたい方は、タクシーでアクセスしましょう。スーツケースなどの重い荷物を持っていても手軽に移動できるだけでなく、祭りに参加して疲れた時も乗り換えなしで宿泊するホテルや空港まで移動できます。

サン・フェルミン祭開催中は、市内は交通規制が実施されます。一般車両が立ち入れない区間も多く、スムーズに移動できないこともありますが、地元のタクシー運転手の方は道を知り尽くしているので、近道も熟知しているのでレンタカーよりも早く市内の目的地まで行けることが多いんだとか!

パンプローナ市内ではタクシー乗り場などで手軽に手配できますが、専用アプリを活用すれば事前に料金を確認できるだけでなく、運転手とのやりとりを最小限に抑えることもできます。ぜひこちらも活用してみてくださいね。

自由度を高くするならレンタカー


photo by Unsplash

より自由にパンプローナの街まで行きたいなら、レンタカーがおすすめです。通常ならマドリッドからは約4時間半、バルセロナからは約5時間で到着しますが、サン・フェルミン祭り期間は渋滞も多く発生するので、時間に余裕を持ってアクセスしてください。

パンプローナ市周辺には無料の駐車場も数多く完備されていますが、埋まってしまうことも多いので、有料駐車場や路上駐車スペースも合わせて検討してみてくださいね。

サン・フェルミン祭における注意点


photo by Unsplash

9日間寝る間を惜しんで開催されるサン・フェルミン祭は、ただ楽しいだけの祭りではありません。ケガやスリなどの危険もあります。

ここからは、サン・フェルミン祭での注意点を紹介します。特に牛追い祭りに参加するとなると、注意しなければいけないポイントがたくさんあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

事前にホテルなどの宿泊場所を確保する


photo by pixabay

サン・フェルミン祭のメインイベントである牛追いは朝8時から開催されるため、近隣の街から日帰りで楽しむことはできません。スリなどの被害にあってしまう危険もあるので、できる限りホテルなどに宿泊しましょう。

サン・フェルミン祭り期間は世界各地から多くの観光客が訪れるため、ホテルやホステルなどの宿泊できる施設は大変混雑します。とくに人気の高いホテルはすぐに埋まってしまうので、予約は早めに取っておくと安心です。

宿泊場所が見つからなかった人や朝方まで飲み明かした人などは、公園や道端で夜を明かす選択肢を取る方もよく見かけます。そんな方のために、パンプローナ市内にはシャワー施設やランドリー施設が完備されています。更衣室や観光案内所がある市庁舎広場では、荷物を預けることも可能。料金は24時間で4.5ユーロ(約712円)です。荷物の管理に困ったらこちらを活用してみてください。

ケガに気をつける


Par Sergio Alvarez from Barcelona, Catalonia — Instantes después del chupinazo, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4910504

サン・フェルミン祭は、毎年怪我人が発生している危険な祭りです。牛追い祭り中、その周辺は特に近寄らないようにしてください。コース上で倒れてしまった際は、起き上がらずに手で頭をガードしましょう。

牛追い前に清掃は行われているものの、サン・フェルミン祭りが開催される期間は酒瓶や食べ物が転がっていたりと、街並みがかなり汚くなります。転ばないように歩きやすい服装がおすすめです。

食事や服装に気をつける


photo by Unsplash 

サン・ファルミン祭が開催されるパンプローナには、祭り期間中は200万人近い観光客が訪れます。そのため、ランチやディナータイムには、レストランやバーなどの飲食店はかなり混雑します。

スペインは日本と比べると食事のタイミングが遅く、ランチは14時から、ディナーは21時以降に食べることが多いため、レストランはこの時間帯に営業しています。人気のレストランは大変混み合います。なお、7月7日や日曜はスーパーが定休日となるので、食料を購入しようと考えている方は注意してください。その他のバーやレストランなどの飲食店は、営業しています。

また、サン・フェルミン祭が開催される7月は、最高気温が27度に達することも。夜は15度まで冷え込むので、羽織りがあると安心です。

サン・フェルミン祭を満喫しよう

この記事では、サン・フェルミン祭に関する見どころや歴史、参加方法、アクセスなどをご紹介しました。1年に9日だけ開催されるサン・フェルミン祭は、牛追いなど迫力ある催し物がたくさん!

ぜひ紹介した情報を参考に、サン・フェルミン祭を満喫してみてくださいね!

サン・フェルミン祭の基本情報
住所: Pamplona, Spain
開催日:7月6日・7月7日〜14日
アクセス: バルセロナから電車で約4時間
参加料金:無料
公式サイト:https://www.sanfermin.com/es/

※記事内の金額は2023年9月29日のレート、1ユーロ=158.2円で計算しています

cover photo by De www.viajar24h.com - www.viajar24h.com-200, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7363118

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

スペインの東京発のおすすめツアー

スペイン旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる