NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】ベルリンからハンブルクへの行き方2選!帰り方も紹介

ドイツ・ハンブルクは、ベルリンから電車で約2時間で行ける場所。ハンブルクは中世から貿易拠点として繁栄したドイツの湾岸都市です。 本記事では、ベルリンからハンブルクに行く方法をご紹介。電車やバスなどで簡単にアクセスできるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

ライター
NEWT編集部

ドイツ・ハンブルクは、ベルリンから電車で約2時間で行ける場所。ハンブルクは中世から貿易拠点として繁栄したドイツの湾岸都市です。
本記事では、ベルリンからハンブルクに行く方法をご紹介。電車やバスなどで簡単にアクセスできるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

Contents

ベルリンからハンブルクに行く方法は?距離は?


photo by pixabay

ハンブルクはベルリンから約290キロ離れた場所にあり、東京都から福島や長野までの距離くらいです。ベルリンからなら日帰りでも訪れることができます。

ベルリンからハンブルクへのアクセス方法は、電車またはバスが主流です。どちらの交通手段を利用してもベルリンから数時間で到着します。電車やバスの本数が多いため、自分のスケジュールにあわせて移動できますよ。

ベルリンからハンブルクまでの行き方は2つ!


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクまでの行き方は、電車とバスの2つ。どちらも乗り換えの必要がなく、気軽にアクセスできます。電車は約2時間、バスは約3時間〜3時間半とどちらの移動手段を利用しても日帰りで訪れられます。しかし、ハンブルクの街並みをゆったりと観光したい場合は、1泊するのがおすすめです!

各移動手段で料金は大きくは変わりませんが、バスの方が安い傾向です。ドイツの長距離列車やバスの料金設定は、日本のように定額制ではなく、変動制です。どちらの移動手段も出発日が近づくにつれ、料金が高騰するため、安くチケットを手に入れたいなら、早めに予約しておくようにしましょう!

ベルリンからハンブルクまで電車でアクセス!


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクへのアクセス方法でおすすめなのは、電車での移動です。電車での移動にかかる所要時間は約2時間、最安値は利用する電車によって変わりますが、約8ユーロ〜(約1,180円)です。

ヨーロッパは各地に鉄道網が張り巡らされています。そのため、移動のコスパが良く、ヨーロッパ周遊旅行をする場合は鉄道中心にまわるのがおすすめです。

電車は約2時間でアクセスでき、1番おすすめ


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクまでの移動に乗り継ぎの必要はなく、約2時間でアクセス可能です。移動するにはベルリン中央駅とハンブルク中央駅を利用します。どちらも市内にある駅なので、到着後はすぐに観光でき、とても利便性が高いです。

運行会社はドイツ鉄道(DB)とフリックトレインの2社がメイン。所要時間などに各社大きな違いはないですが、フリックトレインの方が安いです。ただし直前の購入は金額が高い傾向にあるので注意が必要です。

ハンブルク中央までの金額は片道約8ユーロから(約1,180円)


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクまでの移動にかかる費用は、フリックトレインの場合、片道約8ユーロ(約1,180円)からです。その一方でドイツ鉄道の場合は、約18ユーロ(約2,660円)からが相場です。

ドイツ鉄道には、1等席と2等席の2種類があります。それぞれ10ユーロ前後(約1,480円)の価格差があり、1等席は約27ユーロ〜40ユーロ(約3,980円〜5,900円)、2等席は約18ユーロ〜30ユーロ(約2,660円〜4,430円)が相場です。

どちらの階級を利用しても快適に移動できるので、特別な理由がない限り、2等席で十分ですよ。

ヨーロッパの鉄道料金は変動制のため、どちらの鉄道会社を利用する場合でも早めの予約がおすすめです!予約はフリックストレインの公式サイトドイツ鉄道の公式サイトからできます。

電車の出発駅や1日の運行本数について


photo by pixabay

出発駅はどちらの鉄道会社を利用する場合でも、ベルリン中央駅です。

2023年4月時点でドイツ鉄道はベルリン発は5:30〜0:22までの間、時間帯によって30分〜1時間間隔で運行しています。終日コンスタントに運行しているため、自分のスケジュールにあわせて利用可能です。

フリックトレインは1日に数便のみの運行で、日によって運行本数が異なります。基本的にはベルリン中央駅を発車する列車が朝昼夕とあります。料金が格安のフリックトレインですが、本数が限られているため、日帰りでハンブルクへ行こうと考えている方にはあまり適していません。


photo by pixabay

出発駅同様、どちらの鉄道会社でもハンブルク中央駅に到着します。ハンブルク中央駅は市内中心部に位置する駅のため、到着後はすぐに観光をたのしめます!日帰りでハンブルクを訪れる場合、移動時間はなるべく短縮したいので、駅が市内中心部という立地なのはありがたいですね。

ベルリン中央駅から電車で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 金額が安い
  • 運行本数が多い
  • 所要時間が短い
  • 渋滞に巻き込まれるリスクがない

デメリット

  • バスに比べると料金が高い時間帯がある
  • 時には遅延する

帰り方はオンラインまたは駅でチケットを購入するだけ!


photo by pixabay

日帰りで訪れる場合、ハンブルクからベルリンへの帰り方も気になりますよね。ハンブルクからベルリンへのチケットは、駅もしくはオンラインで簡単に購入できます。

往復でチケット購入できるので、はっきりと予定が決まっている方は、ベルリンからハンブルクへのチケット購入時に復路のチケットも購入しておくのがおすすめです!

電車は、コスパよく早くハンブルクに行きたい人におすすめ!


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクまでは電車を利用すると最短時間で移動可能です。フリックトレインを利用する場合なら片道約8ユーロ(約1,180円)からと、バスの料金とほとんど変わりません。また、ドイツ鉄道でも、2等席なら片道約18ユーロ〜30ユーロ(約2,660円〜4,430円)なので、それほど高額ではありません。

そのため時間とお金の両面を考えるとベルリンからハンブルクまでの移動は電車がおすすめです!

ベルリンからハンブルクまでバスでアクセス!


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクの移動方法で電車の次におすすめなのが、バス。バスはフリックバスがメインです。フリックバスでの移動にかかる時間は約3時間〜3時間半、費用は約8ユーロ(約1,180円)からが相場。

またベルリンからハンブルクへはピンクバスも運行しています。ピンクバスは​​1日1便、料金は基本的に9.99ユーロ(約1,470円)で均一です。均一価格なので、フリックバスや電車の料金が高い場合におすすめです!

鉄道よりは時間がかかりますが、バスだからこそ出会える景色もありますよ。

約3時間〜3時間半でアクセスできる


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクまでは約3時間〜3時間半でアクセス可能です。ベルリンには複数のバス停があり、乗車するバス停によってはハンブルクまで4時間以上かかるものもあります。利用する便によって多少異なるので、バスを予約する際は所要時間までチェックしておくのがおすすめです。

道中の乗り継ぎはなく、ベルリンで乗車すればそのままハンブルクまで行きます。乗り継ぎなしなので、あまり海外旅行に慣れていない方でも安心して利用できます。

ハンブルクまでの金額は片道約8ユーロから(約1,180円)


photo by pixabay

ベルリンからハンブルクまでのフリックバス料金は、片道約8ユーロ〜25ユーロ(約1,180円〜3,690円)が相場です。バスも電車同様に早めの予約が安いので、予定が決まった段階でこちらの公式サイトから予約しておくのがおすすめです。

大型の荷物を持ち込む場合や座席指定をする場合は、追加料金がかかります。通常のバス料金には、1人あたり7キロまで(サイズ:42×30×18センチ)の手荷物と20キロまで(サイズ:80×50×30センチ)の大型荷物が含まれています。これらの重さやサイズ、個数を超える場合は、追加料金が必要で、4.39ユーロ(約650円)からです。

座席指定は、選ぶ座席によって追加料金が異なり、1.99ユーロから(約290円)からです。荷物や座席指定など複数の追加料金が重なると、安いはずのバスが意外と高いということにもなりかねないので、注意しましょう。

バスの出発場所や1日の運行本数について


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

フリックバスは、ベルリン中央バスステーション、ベルリン空港、アレクサンダー広場、トレップトアー パーク バスターミナルなどベルリンの複数バス停から出発します。便によって停車するバス停が異なるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

バスは、深夜運行もしていて1日を通して利用できます。運行間隔は時間帯によって差がありますが、30分〜3時間の間隔です。深夜でも利用できるため、早朝にハンブルクに到着したい方におすすめです。


photo by pixabay

バスは、ハンブルク中央バスステーションに到着します。ベルリン出発時は複数のバス停に停車しますが、ハンブルクはハンブルク中央バスステーションのみに停車します。

ハンブルク中央駅から徒歩5分ほどの場所なので、その後電車でさらに移動したり、観光に行ったりしやすい場所です。

ベルリン中央駅からバスで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 金額が安い
  • 運行本数が多い
  • 深夜運行がある

デメリット

  • 座席指定や規定サイズ以上の荷物持ち込みには追加料金が必要
  • 渋滞に巻き込まれやすい
  • 電車に比べて運行本数が少ない

帰り方はオンラインでチケットを購入するだけ!


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

ハンブルクからベルリンへの帰り方はとても簡単です。オンラインでチケットを購入し、ベルリンの降りたいバス停で降りるだけ!ハンブルク中央バスステーションから、ベルリンの到着時は行き同様、複数バス停に停車します。

復路の日時があらかじめ決定している場合は、往路購入時に一緒に往復で購入しておくと楽ちんです。

バスは、安くハンブルクに行きたい人におすすめ!


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

ベルリンからハンブルクまではフリックバスを利用すると安く移動ができます。早めに予約をしておけば片道約8ユーロ(約1,180円)からとてもリーズナブルです。電車よりは時間がかかりますが、ベルリンには複数のバス停があり、利便性が高いという魅力があります。

安さを求めるなら、ベルリンからハンブルクへの移動はバスがおすすめです!

目的に合わせてベルリンからハンブルクに行こう!


photo by shutterstock

本記事では、ベルリンからハンブルクまでの移動手段を2つ紹介しました。ベルリンからハンブルクへは、電車とバスで移動できます。

それぞれの移動手段にメリットとデメリットがありますが、おすすめなのは電車です。電車は時間帯によって30分〜1時間間隔で運行していて、片道約8ユーロ(約1,180円)からとそれほど高くありません。所要時間もバスに比べて短いため、時間が限られている旅行中にはぴったりな移動手段です。

とはいえ、移動はなるべく安く抑えたい方は、バスの利用を考えてみるのもいいでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、ベルリンからハンブルクまでの移動をたのしんでみてください。

※記事内の金額は2023年4月19日のレート、1ユーロ=147.55円で計算しています。

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

ドイツの東京発のおすすめツアー

ドイツ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる