NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】キューバでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

キューバには、ハバナ旧市街やバラデロなどの有名な観光地がいっぱい!今回は、キューバ旅行でおすすめの観光スポットを、人気ランキング上位から10選ご紹介します。人気の定番スポットから穴場スポットまで厳選したので、キューバ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

キューバには、ハバナ旧市街やバラデロなどの有名な観光地がいっぱい!今回は、キューバ旅行でおすすめの観光スポットを、人気ランキング上位から10選ご紹介します。人気の定番スポットから穴場スポットまで厳選したので、キューバ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

キューバには魅力的な人気観光スポットがいっぱい!


photo by pixabay

キューバには、世界遺産に登録されたハバナ旧市街と周辺の要塞や、美しいカリブ海をのぞむ、リゾート地のバラデロなどの有名な観光地がいっぱい!

今回は、キューバ旅行でおすすめの観光スポットを、人気ランキング上位から10選ご紹介します。人気の定番スポットから穴場スポットまで厳選したので、キューバ旅行の参考にしてくださいね!

キューバのおすすめ人気観光スポット6選

キューバは、首都ハバナにある革命時代の歴史を感じる名所や、真っ青なカリブ海を楽しめるリゾート地 バラデロなど見どころがたくさん!まず、初めてのキューバ旅行でおさえておきたい観光スポットを6選ご紹介します。

ハバナ旧市街

時代ごとの建築様式が入り混じった魅力的な街


photo by Unsplash

オールド・ハバナと呼ばれる旧市街は、6世紀にスペイン人によってつくられた都市で、周辺の要塞とともに世界遺産に登録されています。スペインのバロック様式やアメリカのモダニズム建築など、時代にあわせて様々な建築物が建てられた名残を感じられる街。

カラフルな建物が並んでおり、街を散歩をしているだけでも楽しめます。ヘミングウェイが通ったバーFloridita(フロリディータ)やホテルAmbos Mundos(アンボス・ムンドス)などに立ち寄るのもおすすめ。


photo by pixabay

旧市街のシンボルとなるのは、ハバナ大聖堂。ハバナ大聖堂はサン・クリストバル大聖堂とも呼ばれ、キューバを代表するバロック建築です。美しい内装は必見なので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ハバナ旧市街(La Havana Vieja)の基本情報
住所: La Habana, キューバ
電話:なし
営業時間:24時間営業
休業日:なし
アクセス: ホセ・マルティ国際空港から車で約35分
料金:なし
公式サイト:なし

バラデロビーチ

白い砂浜に透き通ったカリブ海


photo by pixabay

ハバナ市街地からタクシーで約2時間ほどに位置する、バラデロ。バスで行くこともできますが、本数が少ないので利用する場合は事前に調べておくのがおすすめです。
バラデロビーチの特徴は、なんといっても海の透明さ。コバルトブルーの水面と真っ白な砂浜が一面に広がっており、波も穏やかなのでゆったりと海水浴を楽しむことができます。


photo by Unsplash

バラデロはリゾート地として人気が高く、オールインクルーシブホテルが多くあります。旅程に余裕がある方は、海辺のオールインクルーシブホテルでの滞在がおすすめ。プライベートビーチつきのホテルを選んで、きれいなサンセットを楽しんではいかがでしょうか。

バラデロビーチ(Playa de Varedero)の基本情報
住所: 5Q53+7QP, Varadero, キューバ
電話:なし
営業時間:24時間営業
休業日:なし
アクセス: ハバナ旧市街から車で約2時間
料金:なし
公式サイト:なし

革命広場

革命家チェ・ゲバラとカミロ・シエンフエゴスの肖像が描かれた観光名所


photo by pixabay

革命広場は、キューバで有名な2人の革命家チェ・ゲバラとカミロ・シエンフエゴスの肖像が描かれた、新市街地に位置する観光名所。キューバにきたら、一度は訪れたい場所です。広場まではタクシーを利用するか、ハバナ市街地の観光名所を巡るツアーに参加するのも良いでしょう。


photo by Unsplash

広場周辺には政府機関が並んでおり、市民による集会などもここで行われます。広場の目の前には、空港の名前にもなっているキューバの革命家ホセ・マルティの記念博物館もあるので、あわせて訪れてみるのもおすすめです。

革命広場(Plaza de la Revolución)の基本情報
住所: Av. Paseo, La Habana, キューバ
電話:なし
営業時間:24時間営業
休業日:なし
アクセス: ホセ・マルティ国際空港から車で約25分
料金:なし
公式サイト:なし

マレコン通り

クラシックカーでカリブ海を横目にドライブ


photo by pixabay

マレコン通りは、旧市街から海岸にそって続く道で、カリブ海を横目にドライブを楽しむことができます。数々の有名映画の舞台にもなっており、キューバといえばこの場所をクラシックカーが走る様子を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

じつは、このクラシックカーは時間単位で貸切することが可能。ドライバーさんがついているので、ハバナ市街地周辺の観光スポットをまわりたいという方は、ぜひクラシックカーにのって、キューバならではの体験を味わってみてはいかがでしょうか。


photo by pixabay

マレコン通りには遊歩道があり、地元の人々が釣りをしたり、談笑したりとキューバ国民からも愛される場所。夕方に訪れて、サンセットを見ながら通りをゆっくり散歩をするのもおすすめですよ!

マレコン通り(Malecón)の基本情報
住所: キューバ ハバナ
電話:なし
営業時間:24時間営業
休業日:なし
アクセス: ハバナ旧市街から車で約7分
料金:なし
公式サイト:なし

トリニダー

カラフルな世界遺産の街


photo by pixabay

トリニダーは、首都ハバナから車で約4時間半のところに位置する世界遺産の街。バスや電車で行く方法もありますが、時間がかかる上に本数が少ないので、個人でタクシーを利用するか、あらかじめツアーを予約しておくのがおすすめです。

トリニダーは、かつて砂糖の取引で栄えたという、スペイン植民地時代の様子がそのまま残されています。歴史的な建築物や博物館など、見どころが満載ですよ!


photo by pixabay

トリニダーは、フォトジェニックなカラフルな街並みが特徴的です。ここにきたらぜひ飲んでほしいのが、サトウキビを原料にした地酒に、はちみつとライムを加えたカクテル カンチャンチャラ。ここでしか味わえないトリニダーの伝統の味を、ぜひ堪能してくださいね!

トリニダー(Trinidad)の基本情報
住所: トリニダー, キューバ
電話:なし
営業時間:24時間営業
休業日:なし
アクセス: ハバナ旧市街から車で約4時間30分
料金:なし
公式サイト:https://trinidad.gob.cu/

ビニャーレス渓谷

世界遺産に登録された絶景スポット

photo by Unsplash 

ハバナ旧市街から車で約3時間のところにある、ビニャーレス渓谷。ここでは伝統的な方法でタバコが栽培されており、自然と共存した人々の暮らし方など、文化的な評価をうけて、1999年には世界遺産に登録されています。
ジャスミン展望台からはビニャーレス渓谷を一望でき、観光客からも人気のスポットです。


photo by Unsplash

ビニャーレス渓谷では、乗馬をしながら自然の中を巡るツアーや、渓谷にいくつもある洞窟を探検するツアーもあります。日中はツアーでアクティビティを楽しんで、夜は絶景が見えるホテルでゆっくりと過ごすのもおすすめですよ!

ビニャーレス渓谷(Valle de Viñales)の基本情報
住所: J74F+3QF, Viñales, キューバ
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: ハバナ旧市街から車で約3時間
料金:なし
公式サイト:https://excursionesvinales.com/

キューバのおすすめ穴場観光スポット4選

キューバには文化的な世界遺産や世界的に有名なラム酒の博物館など、見どころがたくさん!行きたい場所を事前にチェックして、効率よく観光するのがおすすめです。ここではリピーターの方に、ぜひ足を運んでほしい穴場観光スポットを4選ご紹介します。

モロ要塞

ハバナを守る重要拠点とされた要塞


photo by  pixabay

モロ要塞は、対岸に建てられたプンタ要塞とともに、海賊などの外敵からハバナを守るための要塞として、重要な役割をはたしていました。現在は灯台としてつかわれていますが、博物館も併設しており人気の観光地です。要塞からは、ハバナ市街地を見渡せる絶景が広がります。


photo by pixabay

モロ要塞は、ハバナ旧市街と周辺にあるフエルサ要塞、カバーニャ要塞、プンタ要塞とあわせ、世界遺産に登録されています。ぜひ他の要塞もあわせて、観光してみてくださいね!

モロ要塞(Castillo De Los Tres Reyes Del Morro)の基本情報
住所: 5J2V+34X, La Habana, キューバ
電話:+5378619727
営業時間:10:00~19:00
休業日:なし
アクセス: ハバナ旧市街中心から車で約10分
料金:6CUC(約803円)、カメラを持ち込む場合追加で2CUC(約268円)
※2023年4月10日のレート、1CUC=133.881円で計算
公式サイト:http://www.morrocabana.cu/

エル・カピトリオ(旧国会議事堂)

アメリカの国会議事堂を模倣した旧国会議事堂



かつてキューバがアメリカの支配下にあった時代に、ワシントンD.C.の国会議事堂を模倣してつくられたのが、カピトリオ(旧国会議事堂)です。カピトリオは、旧市街に位置しており、ハバナのシンボルともいえるでしょう。
真っ白な外観とドーム型の天井が特徴的で、内部には巨大な女性のブロンズ像がたっています。ブロンズ像の前には、レプリカの24カラットのダイヤモンドが埋め込まれており、国道のはじまりを意味しているとか。


photo by Unsplash

エル・カピトリオは、夕暮れに訪れるのもおすすめ。ライトアップされた建物とハバナ旧市街の街並みは圧巻の美しさです。

エル・カピトリオ(Capitolio Nacional de Cuba)の基本情報
住所: 66 Cienfuegos, La Habana 10200 キューバ
電話:+53 7 8603411
営業時間: 10:30~22:00
休業日:なし
アクセス: ハバナ旧市街中心地から徒歩で約10分
料金:
公式サイト:https://www.parlamentocubano.gob.cu/el-capitolio-nacional-0

ラム酒ハバナ・クラブ博物館

有名なハバナ・クラブのラムのつくり方を見学


photo by pixabay
※画像はイメージです

ハバナ旧市街の中心地ビエハ広場から徒歩約5分のところにある、ラム酒ハバナ・クラブ博物館。ここでは、世界的に有名なラム ハバナ・クラブの製造工程を見学できたり、ラム酒の飲み比べをしたりできるので、観光客に人気です。

建物内もピンク色のパティオ(中庭)が目をひく、可愛らしい内装で、その場にいるだけでも楽しむことができます。


photo by Unsplash

さらにお酒好きの方におすすめな、ここでしか味わえないラム酒のブレンドをいただける、特別なプランもあります。あらかじめ予約が必要なので、旅行の前に公式サイトをチェックしてみてくださいね!

ラム酒ハバナ・クラブ博物館(Museo del Ron Havana Club)の基本情報
住所: 4MP2+6W7, La Habana, キューバ
電話:+53 7 8618051
営業時間:月〜金 9:00~16:00
休業日:土日
アクセス: ハバナ旧市街中心地から徒歩で約8分
料金:プランにより異なるので、詳細は公式サイトからご確認ください。
公式サイト:https://www.havanaclubmuseum.com/es/inicio/

サンティアゴ・デ・クーバ

キューバ第2の都市


photo by Unsplash

サンティアゴ・デ・クーバは、ハバナから南東に車で約12時間進んだところにある、キューバ第2の都市。かつてスペインの植民地時代は、キューバの首都として栄えました。

革命のはじまりであるこの都市には、革命家ホセ・マルティやフィデル・カストロのお墓がたてられており、見学も可能です。


photo by Unsplash

サンティアゴ・デ・クーバには歴史あるカテドラル(大聖堂)をはじめとした建築物や、世界遺産のサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城など見どころがたくさん。また音楽の街としても知られ、街を歩くだけで様々な音楽を楽しむことができるでしょう。

サンティアゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba)の基本情報
住所: サンティアゴ・デ・クーバ、キューバ
電話:なし
営業時間:24時間営業
休業日:なし
アクセス: ハバナ旧市街から車で約12時間
料金:なし
公式サイト:なし

キューバ観光を楽しむために

キューバ観光を楽しむために、事前に知っておきたい情報や注意点をまとめました。ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね。

キューバ観光におすすめのシーズンは?


photo by Unsplash

キューバの年間平均気温は約25℃と暖かく、年中過ごしやすい気候です。なかでもベストシーズンは雨が少ない乾季の4月〜11月。日本の夏場とは違い、カラッとした空気なので快適に旅行を楽しめますよ!逆に、9・10月はハリケーンが発生しやすい時期のため、避けた方がいいでしょう。

キューバ旅行にビザは必要?


photo by pixabay

キューバに30日以内の観光目的で滞在する場合は、ビザの代わりにツーリストカードが必要です。ツーリストカードは、キューバ大使館で取得するか、旅行代理店に代行手配してもらうのがおすすめ。大使館で取得するには、窓口で申請する方法と大使館ホームページより書類をダウンロードし、郵送する方法があります。

また、海外旅行保険への加入が必須になっているため、事前に加入しておきましょう。ただし、アメリカの保険会社は不可なので要注意。空港で英文契約書の提示を求められることもあるので、コピーを持参しておくと安心ですよ!

必要書類を漏れなく準備して、キューバ旅行を楽しんでくださいね!

キューバの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、キューバのおすすめの観光スポットを10選ご紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるキューバでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、キューバ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。

※記事内の金額は2023年4月10日のレート、1CUC=133.881円で計算しています。

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる