NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】バンクーバーからシアトルへの行き方4選!おすすめはレンタカーまたはバス

アメリカのシアトルは、カナダのバンクーバーから、国をまたぐ形になりますが最短約2時間半で行ける場所。シーフードグルメや世界的企業の本社が多くあることで有名です。本記事では、バンクーバーからシアトルに行く方法をご紹介。車・レンタカーやバス、鉄道、飛行機などさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

ライター
NEWT編集部

アメリカのシアトルは、カナダのバンクーバーから、国をまたぐ形になりますが最短約2時間半で行ける場所。シーフードグルメや世界的企業の本社が多くあることで有名です。

本記事では、バンクーバーからシアトルに行く方法をご紹介。車・レンタカーやバス、鉄道、飛行機などさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

Contents

バンクーバーからシアトルに行く方法は?距離は?

photo by pixabay

アメリカのシアトルは、カナダのバンクーバーから約200キロメートルと、日帰りや1泊2日などの短期間で旅行がたのしめる距離。それぞれの都市を行き来するには国境をまたぐ必要があるため、必ずパスポートを忘れずに持参するようにしましょう。

バンクーバーからシアトルまでの行き方は4つ!

photo by Unsplash

バンクーバーからシアトルまで移動するのに便利なのは、車・レンタカーです。途中寄り道をたのしみながら、移動ができて、複数人で利用するなら1人あたりのコストは比較的低く抑えられます。

1人で移動する場合や運転は不安という方におすすめなのが、バスでの移動。片道約3時間半〜4時間でアクセスでき、片道約30ドル(約4,520円)と往復でも1万円以下です。

ほかにも景色をたのしみたいなら鉄道や飛行機での移動もできます。

このように、移動手段によって移動時間や価格はさまざま。出発場所や時間、値段などそれぞれ詳しく説明するので、ご自身の予算や滞在時間に合った行き方を選んでくださいね。

バンクーバーからシアトルまで車・レンタカーでアクセス!

photo by Unsplash

バンクーバーからシアトルへの移動は、車・レンタカーを利用するのがおすすめ!所要時間は約2時間半〜3時間半、レンタカー費用相場は7,500円前後から(1泊2日、36時間利用の場合)と別途ガソリン代がかかります。バンクーバーには、多くのレンタカー会社があります。

出発時間やルートなどを自由に決められ、道中で気になる場所があれば気軽に寄り道をたのしむことも!海外での運転に抵抗がない方にぴったりな移動手段です。

約2時間半でアクセスでき、1番おすすめ

photo by Unsplash

バンクーバーからシアトルまでは車で約2時間半です。ただし、国境を超える必要があり、国境での待ち時間によって所要時間が大きく変わります。また都市部は渋滞しやすいため、最短2時間半程度と考えておくのがおすすめ。

場合によっては、3時間〜3時間半かかる場合もあるため、時間に余裕を持って移動するようにしましょう。国境での待ち時間は公式サイトから確認可能。出発前に確認をし、空いてそうな国境に向かうのも効率的な移動の方法ですよ。

レンタカーを借りても複数人で行くならおトク

photo by pixabay

レンタカー費用相場は7,500円前後から(1泊2日、36時間利用の場合)です。そのほかにガソリン代がかかります。バンクーバー周辺のガソリンの平均価格は、2023年11月時点で1リットルあたりおよそ175円〜190円です。利用する地域やガソリンスタンドによって価格は上下します。

バンクーバーからシアトルまでの距離は230キロメートルほどあるので、車の燃費にもよりますが、ガソリン代だけで1往復あたり6,000円前後(15キロメートル/リットルの場合)かかります。

1人で利用するには少し割高ですが、複数人や荷物が多い場合の利用なら、利便性が高く、比較的コストが抑えられるでしょう。

バンクーバーから車で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 複数人で利用するなら1人あたりのコストが安い
  • 自由度が高い
  • 荷物が多くても移動が楽

デメリット

  • 運転する必要がある
  • 渋滞や国境で所要時間に差がある

車はみんなでワイワイしながらシアトルに行きたい人におすすめ!

photo by Unsplash

レンタカーでの移動は、利便性とコストを考えた時におすすめの方法です。所要時間は最短2時間半とそれほど時間がかからないため、1泊する予定であれば運転手は1人でも安心して移動できる距離。途中で寄り道をしたり、道中のドライブをたのしんだりするのも1つの魅力なのではないでしょうか。

レンタカーでの移動を考えている場合は、国際免許証の発行など事前に必要な準備を忘れないようにしましょう。

バンクーバーからシアトルまでバスでアクセス!

photo by Unsplash ※画像はイメージです。

バンクーバーからシアトルまでの移動は、バスもおすすめです。車を運転するのは不安だからそれ以外の方法で、コスパ良く、そして効率的にシアトルへアクセスしたい方にぴったり。

所要時間は約3時間半〜4時間、相場は片道約30ドル(約4,520円)からです。バンクーバーとシアトル間を運行しているバス会社は複数あるため、時間の選択肢も広く、利便性が高い移動方法と言えるでしょう。

約3時間半〜4時間でアクセスでき、1人でも利用しやすい

photo by Unsplash ※画像はイメージです。

バンクーバーとシアトル間を移動する方法として定番のバスは、1人でも気軽に利用できるため、現地に滞在する留学生なども利用する手段です。

バンクーバーとシアトル間を運行するバス会社で有名なのは、FlixbusやAMTRAKです。ほかにも何社か運行するバス会社があるので、価格や口コミ、出発時間、発着場所などを比較しながら、自分にマッチするものを見つけてみてください。

金額は片道30ドル〜から相場

photo by Unsplash ※画像はイメージです。

バンクーバーとシアトル間を運行するバスの相場は、片道約30ドル(約4,520円)からです。日程によって価格が変動するため、早めに予約しておいた方がおトクなチケットができます。まれに相場よりも安いチケットが売られている日もありますが、安いチケットは大きい荷物には追加料金がかかる場合もあるため、しっかりとチェックした上で購入するようにしてください。

バスは基本的にバンクーバー市内のPacific Central Stationから出発します。ダウンタウンエリアにあるのでアクセスしやすいです。チケットやメールに書かれている注意事項をチェックした上で、少し時間に余裕を持ってバス乗り場に行くようにしておくと安心です。

バンクーバーからバスで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 1人でも気軽に利用できる
  • 安い&早い
  • バンクーバー市内中心部から出発できる

デメリット

  • 利用する便によっては時間がかかる

バスは安くシアトルに行きたい人におすすめ!

photo by Unsplash ※画像はイメージです。

バスでの移動は、コスパと時間効率を両方叶えたい方におすすめ。所要時間は約3時間半〜4時間と短く、価格も安いのが特徴です。バスの運行本数も多いので、効率的に計画が立てられるのも魅力のひとつではないでしょうか。

レンタカーの方が自由度が高く、早く到着できる傾向ですが、運転が必要という点では利用できる人が限られるため、誰でも気軽に利用できるバスは人気の移動手段です。

バンクーバーからシアトルまで鉄道でアクセス!

photo by pixabay

バンクーバーからシアトルまでの移動は鉄道を利用するのも選択肢のひとつ。所要時間は約4時間半、相場は片道約30ドル(約4,520円)からです。バンクーバーとシアトル間はAMTRAKが基本的に1日に2本運行しています。

バスよりも所要時間・費用ともに少しかかりますが、国境沿いの車窓を存分にたのしめるという魅力があります。

公式ホームページでチケット検索をしようとすると、Vancouverという場所が2つあります。カナダのバンクーバーの場合は、必ず「Vancouver, BC - Pacific Central Station 」を選択するようにしてください。

約4時間半でアクセスできる

photo by Unsplash

バンクーバーからシアトルまでの所要時間は片道約4時間半。バスよりも少し時間がかかります。国境沿いの車窓を思う存分たのしめるという魅力があります。

AMTRAKは、バンクーバーではダウンタウンエリアにあるPacific Central Stationから乗車し、シアトルのダウンタウンのKing Street Stationに到着します。どちらも市内中心部で観光スポットへのアクセスがよく、到着後はすぐに観光をスタートさせられます。

Pacific Central Stationから片道30ドル〜が相場

photo by pixabay

片道あたりの運賃はバスとそれほど変わらず、Coachというエコノミー車両なら片道約30ドル(約4,520円)からが相場です。エコノミーでも十分に快適ですが、より快適さを求める方はビジネスクラスの利用を考えてみるのもいいでしょう。

運賃は変動性なので、早めに購入する方がお得な傾向。逆に直前はチケット代が高騰しやすいため、予定が決まっている場合はなるべく早めに予約してくのがおすすめです。チケットは公式ホームページなどから予約できます。

バンクーバーから鉄道で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 車窓からの景色がたのしめる
  • 運賃が安い

デメリット

  • 時間がかかる
  • 直前予約だと高い場合もある

景色をたのしみながら、シアトルに行きたい人におすすめ!

photo by Unsplash ※画像はイメージです。

車窓を満喫しながら、のんびり移動をたのしみたいという方に鉄道はおすすめです。所要時間は約4時間半、相場は片道約30ドル(約4,520円)からとバスよりも時間はかかりますが、費用はほとんど変わりません。車窓を眺めているとむしろあっという間という感覚。

基本的に1日に2本と運行本数は少ないですが、自然を眺めながら移動時間も充実させたいという方にぴったりです!

バンクーバーからシアトルまで飛行機でアクセス!

photo by Unsplash

バンクーバーからシアトルへは飛行機でも移動できます。所要時間は約1時間、相場は片道約2万円からです。往復の場合、相場は少し安くなり、3万5千円前後からとなります。

バンクーバー市内(ダウンタウンエリア)からバンクーバー国際空港までは、公共交通機関であればスカイトレインという列車が利用でき、所要時間は約30分。飛行時間は約1時間ですが、空港での待ち時間はもちろん、着いてからも空港からシアトル市内までの移動時間なども発生します。

車でも数時間の距離のため、特別な理由がない限り、飛行機以外の移動手段がおすすめです。

約1時間でアクセスできる

photo by Unsplash

移動時間としてはほかの移動手段よりも短く、一見、最速での移動方法のようにも見えますが、空港まで、そして空港から市内までの移動時間を含めると必ずしも最速とは限りません。市内までの移動時間や空港での待ち時間などが発生することも加味した上で、飛行機での移動を検討してみるといいでしょう。

飛行機は往復3.5万円前後〜が相場

photo by Unsplash

バンクーバーからシアトルまで飛行機で移動する場合の相場は、往復3万5千円前後からです。片道利用の場合、少し高くなり、相場は約2万円からです。

ほかの移動手段に比べて、かかる費用が高くなる傾向にあります。もし飛行機の利用を検討する場合は、なるべく早めに予約をすることでチケット代を抑えられるでしょう。

バンクーバーから飛行機で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 出発地や目的地によっては移動時間が短い

デメリット

  • 空港まで行かなくてはならない
  • 高い

飛行機は最速でシアトルに行きたい人におすすめ!

photo by Unsplash

バンクーバーからシアトルまでの飛行機で移動する方法は、所要時間が約1時間、費用は片道約2万からです。一見最速に見えますが、空港から市街地までの移動時間も含めると必ずしも最速とは限りません。また、チケット代が高く、大きなメリットはないと言えるでしょう。

移動効率、そしてコストの面から、特別な理由がない限り、陸路での移動をおすすめします。

目的に合わせてバンクーバーからシアトルに行こう!

本記事では、バンクーバーからシアトルまでのアクセス方法を、車・レンタカー、バス、鉄道、飛行機と4つご紹介しました。

それぞれメリットやデメリットはありますが、レンタカーとバスがおすすめ。レンタカーは自由度が高く、複数人で利用する場合はそれほどコストがかさみません。一方でバスは、海外での運転に抵抗があるという方にぴったり。金額が安いだけでなく、便数が多いのでそれぞれのスケジュールに合わせて移動できるのがメリットです。

車窓を満喫したい場合は鉄道での移動がぴったり!思う存分、カナダとアメリカの自然を堪能しながらの移動が叶えられます。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、自分にマッチした手段でシアトルまでの移動をたのしんでくださいね。


※記事内の金額は2023年11月15日のレート、1アメリカドル=150.52円で計算しています。
※記事内の金額は2023年11月15日のレート、1カナダドル=110.08円で計算しています。

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

バンクーバーの東京発のおすすめツアー

バンクーバー旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報