NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

ベルギー・猫祭りは3年に一度のお祭り!楽しみ方やアクセスなどを解説

ベルギーで3年に一度開催されている猫祭り。猫の仮装や猫のフロートがパレードするなど、町じゅうが猫であふれるお祭りです。 この記事では、猫祭りの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひ猫祭りに参加する前に情報をチェックして、お祭りを楽しんでくださいね!

ライター
NEWT編集部

ベルギー西部、フランスとの国境近くの小さな町・イーペルで3年に一度開催されている猫祭り(Kattenstoet / カッテンストゥッツ)。猫の仮装や猫のフロートがパレードするなど、町じゅうが猫であふれるお祭りです。

この記事では、猫祭りの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひ猫祭りに参加する前に情報をチェックして、お祭りを楽しんでくださいね!

Contents

猫祭りの基本情報

Toneelorkest by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

ベルギー・イーペルで3年に一度開催される猫祭り。2024年の今年は開催年です!まずは猫祭りの概要や歴史などの基本情報を解説します。

猫祭りとは?

Kattenstoet - Eqyptian float by R/DV/RS is licensed under CC BY 2.0 DEED

猫祭り(Kattenstoet / カッテンストゥッツ)はベルギー西部、フランスの国境近くの人口約4万人の小さな町・イーペルで、1938年から3年に一度開催されているお祭りです。2024年の今年はその第46回目の開催年です。

猫祭りはイーペルにあるマルクト広場で開催され、猫の仮装をした人々や猫のフロートがパレードを行い、まさに猫だらけの空間に!世界中の猫好きや観光客が集まるお祭りです。毎回、日本からも多くの観光客が訪れます。

猫祭りの歴史

Kattenstoet '09 by Geert Schneider is licensed under CC BY 2.0 DEED

猫祭りは、実は過去の悲しい歴史が起源だと言われています(諸説あり)。

12世紀、イーペルは繊維業で栄える町でした。イングランドから輸入されたウールを保管する倉庫では、毛織物をネズミの被害から守るため、ネズミの天敵である猫がたくさん飼われていました。しかし、今度は猫が増えすぎるという事態に悩まされるように。

その後、14世紀になると、ヨーロッパで感染症のペストが大流行。なんと当時のヨーロッパの人口の約3分の1が命を落としたと言われています。ペストは動物を介して人間に感染するため、ペストが蔓延するのを恐れたイーペルの人々は、猫を鐘楼から投げ落とすことにしたのです。

その後、1817年まで1年に一度「猫の水曜日(Cats’ Wednesday)」に、猫を投げ落とす行事が行われました。

このような悲しい歴史を忘れず、多くの殺されてしまった猫を追悼するために、1938年3月、9人の侍者を連れた道化師がおもちゃの猫を鐘楼から投げたことをきっかけに、現在の猫祭りが始まりました。今では音楽の演奏やパレードが開催される、明るいお祭りとなっています。

猫祭りが開催される町・イーペルとは?

DSCF0017 by Steve Parker is licensed under CC BY 2.0 DEED

猫祭りが開催される町・イーペルはベルギー西部にあるウェストフランデレン州の町のひとつで、フランスの国境にも近い町です。ベルギーの首都・ブリュッセルから西に約120キロ、電車で2時間前後の距離に位置します。

人口約4万人ほどの小さな町ですが、猫祭りの日は世界中の猫好きや観光客で町があふれかえります。

猫祭りの開催日時は?

Kattenstoet '09 Ieper by Geert Schneider is licensed under CC BY 2.0 DEED

猫祭りは1938年から3年に一度、5月の第2日曜日に開催されており、次回は2024年5月12日(日)に開催されます。

開催日の前日には前夜祭があり、開会宣言・ミニパレード・花火などが行われ、町はすでににぎやかなムードに。当日は例年15時ごろからパレードが始まり、18時ごろにフィナーレの名物・猫投げが行われます。

猫祭り開催期間は、周辺のホテルが混み合うので、気になる方は先にスケジュールを押さえておくのがおすすめです。日程やそのほかの最新情報は公式サイトから情報を確認しましょう。

猫祭りの見どころ・楽しみ方

Minneke Poes by Cedric Dubois is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

猫祭りは3年に一度の希少なイベントで、盛り上がるポイントがたくさんあります。ここでは、猫祭りで絶対に見逃せない見どころや楽しみ方を徹底解説します!

猫祭りは前夜祭から参加しよう!

Percussion by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

時間に余裕があれば、ぜひ前日からイーペルに滞在して、18時ごろから始まる前夜祭から参加しましょう!

猫祭りの前日から、メイン会場となるマルクト広場では準備が進められ、音楽を演奏するバンドや仮装して歩く人々などで大盛り上がり。また、町中のお店で猫の装飾が施されたり、猫の形のスイーツが販売されたりと、とにかく町中どこを見渡しても猫だらけ!

また、5月のイーペルの日没は夜9時頃。前夜祭の時間帯でもまだ辺りは明るいので、安全面が気になる方も安心して楽しめますね。

当日は朝から大盛り上がり!

Kattenstoet - Crowds and marchers by R/DV/RS is licensed under CC BY 2.0 DEED

パレード自体は15時からスタート予定ですが、パレードを間近で見るため場所取りをする人があちこちにあふれ、ベルギーワッフルや軽食の屋台がにぎわい、音楽の演奏が鳴り響くなど、マルクト広場付近は朝からお祭りの高揚感で大盛り上がり!

猫祭りのフィナーレを飾る猫投げと同じ猫のぬいぐるみも販売されているので、パレードが始まる前にぜひゆっくりチェックしましょう。

猫だらけの圧巻のパレードを楽しもう

Katjes by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

15時ごろには、待ちに待ったパレードが始まります。老若男女、例年約2千人もの人々が猫のキャラクターに扮したり、猫とネズミの天敵どうしの仮装をしたり、猫をテーマにした仮装で練り歩きます。また、猫にまつわる物語や歴史などをテーマにしたフロートも数多く登場します。

その他にも、猫のペインティングを顔に施した器楽隊が音楽を演奏しながら行進するなど、さまざまなエンターテインメントが繰り広げられます。

フィナーレの猫投げで幸せをキャッチしよう!

Belforttoren by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

18時頃には、猫祭りのフィナーレで名物の猫投げが行われます。猫投げとは、イーペルのシンボルカラーの赤と白の服を着た道化師が、繊維会館の鐘楼から黒猫のぬいぐるみを投げ落とす儀式です。

このぬいぐるみをキャッチできた人には幸福が訪れると言われているため、参加者たちは手を伸ばしたり、ジャンプをしたりと、みんな必死でぬいぐるみをキャッチしようと必死です。

猫祭りの参加方法は?予約は必要?

Garfield by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

猫祭りは無料で見ることができますが、多くの観客が訪れるため、見やすい場所から見学するためには早くから場所を確保しておく必要があることも。あらかじめ席を確保しておける有料座席もあるので、ぜひチェックしておきましょう。

ゆっくりと座ってパレードを見るには有料座席がおすすめ

photo by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

猫祭りのパレードは無料で見ることができますが、数万人の観客が集まるため、遠く見づらい場所から見学することになってしまう可能性もあります。必ず見やすい位置を確保したい方や、座ってゆっくり見たい方は、あらかじめ有料座席のチケットを購入しておくのがおすすめです。

パレードが通る8つのエリアに有料座席が設けられており、価格はエリアによって20ユーロ(約3,260円)か25ユーロ(約4,075円)となっています。

余裕をもってホテルの確保をするのがおすすめ!

photo by pixabay ※画像はイメージです

イーペルは人口約4万人の小さな町で、普段から観光客がたくさん来る場所ではありません。そのため、宿泊施設の数も限られているので、猫祭りの期間は早めにホテルの予約を行うのがおすすめです。

イーペルはブリュッセルから電車で1時間40分から2時間10分の距離のため、当日ブリュッセルのホテルから移動して参加することも可能です。しかし、途中で一度乗り換えが必要な場合もあるので注意しましょう。

オプショナルツアーに参加するのもおすすめ

photo by pixabay

猫祭りだけでなく、周辺の観光地を巡りたい方はツアーに参加するのもおすすめ!せっかくベルギーまで行くのであれば、猫祭りだけでなく他の都市も周遊するプランがおトクです。

首都・ブリュッセル発着の日帰りツアーのほか、日本との往復航空券やホテル、ブリュッセルやブリュージュ、ゲントなどの周辺都市観光を含めたパックツアーなど、さまざまなツアーが販売されています。

ブリュッセルを拠点に猫祭りに参加したいものの、個人でイーペルまで移動するのが不安な方には、ブリュッセル発着のツアーがおすすめです。

猫祭りへのアクセス・行き方

photo by Unsplash

猫祭りが開催されるイーペルへ行く拠点となる都市はブリュッセルです。

ブリュッセルはイーペルから約120キロメートルほど西に離れた場所に位置しています。ツアーを使わず個人で移動する場合、電車を利用します。所要時間は便によって異なり、約1時間40分から2時間10分です。またブリュッセル南(Brussels Midi)駅からイーペル(Ieper)駅までは、乗車する時間によって、直行便の場合と途中ゲント セント ピーターズ(Gent St Pieters)駅やコルトレイク(Kortrijk)駅で乗り換える必要が生じる場合があるため、事前に調べておきましょう。

ブリュッセル南駅からイーペル駅行きの電車のチケットは駅でも買うこともできますが、事前に公式サイトで購入すると割引価格となるためおすすめです。

片道の価格はスタンダードチケット21ユーロ(約3,425円)、ユースチケット(26歳以下)7.5ユーロ(約1,220円)、シニアチケット(65歳以上)8.3ユーロ(約1,355円)となります。なお、シニアチケットについては、往復価格も8.3ユーロ(約1,355円)です。

イーペル駅から猫祭りのメイン会場のマルクト広場までは徒歩約10分です。

猫祭りに個人移動で向かうのが不安な方は、ブリュッセル発の日帰りバスツアーに参加しましょう。

猫祭りにおける注意点

Kleine Katjes by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

猫祭りは世界中から観客が集まる楽しいお祭りです。その一方で、たくさんの人が集まるゆえの注意点もあります。以下の注意点に気をつけて、猫祭りを満喫しましょう!

スリに気をつけること

Whisle the mice away by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

世界中から多くの観光客が訪れる猫祭り。密集した人混みは最もスリが多発する環境です。貴重品やスマートフォンなどはコートの内側に入れたり、持っているカバンは体の前面に抱えて持つなどして、必ず防犯対策をするようにしましょう。

ベルギーの猫祭りを満喫しよう

この記事では、ベルギーで開催される猫祭りに関する見どころや歴史、参加方法、アクセスなどを紹介しました。猫祭りは、3年に一度のみの希少なイベントなので、しっかりと事前準備を行い、思いっきり楽しみましょう!

猫祭りの基本情報

住所

Belgium, Ieper

開催日

3年おきの5月第2日曜日

アクセス

ブリュッセルから電車で1時間40分から2時間10分

参加料金

無料

公式サイト

https://kattenstoet.be/en/home-en/

※記事内の金額は2024年2月24日のレート、1ユーロ=163.07円で計算しています

cover photo by Minneke Poes by storem is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED


おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

ベルギーの東京発のおすすめツアー

ベルギー旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる