NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】ブリュッセルからドイツ3大都市への行き方徹底解説!

ドイツの3大都市であるフランクフルト・ベルリン・ミュンヘンは、ブリュッセル(ベルギー)から鉄道や飛行機でアクセスできます。ベルギーは小さな国のため、ドイツやフランス、オランダなどと組み合わせて複数国を旅する予定の方も多いのではないでしょうか。 本記事では、ブリュッセル(ベルギー)からドイツの3大都市に行く方法をご紹介。鉄道や飛行機、夜行列車などさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

ライター
NEWT編集部

ドイツの3大都市であるフランクフルト・ベルリン・ミュンヘンは、ブリュッセル(ベルギー)から鉄道や飛行機でアクセスできます。ベルギーは小さな国のため、ドイツやフランス、オランダなどと組み合わせて複数国を旅する予定の方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ブリュッセル(ベルギー)からドイツの3大都市に行く方法をご紹介。鉄道や飛行機、夜行列車などさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

Contents

ベルギーからドイツの3大都市に行く方法は?

photo by Unsplash

ドイツの3大都市であるフランクフルト・ベルリン・ミュンヘンは、ブリュッセル(ベルギー)から飛行機や鉄道で移動できます。移動方法によっては、ベルギーを拠点にした日帰り旅行も可能です。

ここでは、ベルギーの首都・ブリュッセルからドイツの3大都市への移動方法をご紹介します。それぞれの旅程にあわせて、適したものを選んでみてくださいね。

\NEWTでドイツ旅行をチェック!/

ベルギーからドイツの3大都市までの行き方は3つ!

photo by Unsplash

ブリュッセルからドイツの3大都市までは、日帰り旅行やヨーロッパ周遊旅行としても足を伸ばしやすい距離にあります。ベルギーは小さい国のため、滞在時間を短くとっている方も多いのではないでしょうか。

ブリュッセル(ベルギー)からドイツの3大都市まで向かう方法は、おもに次の3つがあります。

  • 鉄道
  • 夜間列車
  • 飛行機

各都市へ向かう方法はいくつかありますが、日帰り旅行やヨーロッパ周遊旅行をする予定の方は移動時間が短い飛行機がおすすめです。目的地やスケジュールにあわせて、ぴったりな移動方法を選んでみてくださいね。

ブリュッセル(ベルギー)からフランクフルトの行き方

ブリュッセルから向かいやすいドイツの都市に、フランクフルトがあります。ドイツのちょうど真ん中あたりにあるフランクフルトは、ヨーロッパのマンハッタンと呼ばれる金融街と、中世の街並みが残るエリアの両方を楽しめますよ。

そんなフランクフルトへの行き方は、おもに次の2つがあります。

  • ICE(インターシティ・エクスプレス)
  • 飛行機

ここでは、ブリュッセルからフランクフルトへのアクセス方法を詳しくご紹介します。

1.フランクフルト中央駅までICEで約3時間!

Intercity-Express by Taylor and Kevin is licensed under CC BY 2.0

ブリュッセルからフランクフルトまでは、ブリュッセル北駅を発着しているICE(インターシティ・エクスプレス)という特急列車がおすすめです。ICEはドイツ鉄道が運営する高速鉄道サービスで、時速300キロ以上の早さで運行しているためドイツ・フランクフルトまで約3時間とあっという間に到着します!

また、乗車駅であるブリュッセル北駅は、ブリュッセルの中心部から少し空港よりに位置しているため、空港までのアクセスや待ち時間を加味すると、飛行機よりもICEのほうが断然便利です!時間を有効活用したい方におすすめですよ。

金額は等級や到着場所によって変わる

ICE (InterCity Express) - German High-speed rail by mk_is_here is licensed under CC BY 2.0

ICEは全席指定席の特急列車のため、乗車するには事前にチケットを購入する必要があります。座席プランや早割・特割によって料金が大きく変動し、乗車日まで2週間を切ると料金が割高になるため、できるだけ早めの予約がおすすめです!

旅行日の90日前からオンライン予約ができるため、旅程が決まった時点で予約しておくとおトクにチケットを購入できますよ。

また、ファーストクラスを利用すると、機内でドリンクサービスや軽食、新聞、無制限のWi-Fi、広い座席など、快適な列車の旅を過ごすことができます。少しリッチな移動を楽しみたい方は、ぜひ利用してみてくださいね。

ICE by Cha già José is licensed under CC BY-SA 2.0

ブランクフルトまで向かうICEは、ブリュッセル北駅から乗車します。ブリュッセル中心部からは地下鉄で3~4分ほど、ブリュッセル中央駅の隣駅のため乗り換えは必要ありません。

乗車当日はオンライン予約時に表示されるモバイルチケットを確認しながら、ICEが出発するホームまで向かいましょう。

乗車時にチケットの確認はなく、座席に座ってから職員がチェックにくるため、モバイルチケットとパスポートを提示します。列車で国境をまたぐため、パスポートを忘れずに持参してくださいね。

ICEで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 直行便であれば乗り換えがなく便利
  • ブリュッセル中心部からアクセスできる
  • 等級によって料金を選べるため節約もできる

デメリット

  • キャンセルや変更に手数料がかかる
  • 旅程の間近で予約すると料金が割高になる

ICEはコスパよくフランクフルトへ行きたい人におすすめ!

406 001 / DB Fernverkehr // Eschweiler / 2. April 2014 by InterCityImpress is licensed under CC BY-SA 2.0

ICEはブリュッセル中心部からフランクフルトまで向かえるため、スムーズに旅行を楽しみたい方におすすめ。事前にチケットを予約しておくとおトクに購入できるので、コスパ重視の方にもぴったりです。

ドイツへの日帰り旅行や、ヨーロッパ周遊旅行を計画している方は、ぜひICEでコスパよく移動してみてくださいね!

2.フランクフルト・アム・マイン空港まで飛行機で約1時間

photo by pixabay

ブリュッセルからフランクフルトまでは、空の便を利用する方法もあります。飛行機はベルギーへ向かうときも利用するため、空港での段取りを予想しやすいことも利用しやすいポイントのひとつです。

高速鉄道でも約3時間の距離にあるフランクフルトは、空の便を利用するとたったの1時間ほどで到着します。長い間同じ姿勢で座っているのが辛い方でも、約1時間であれば利用しやすいのではないでしょうか。

金額は航空会社や搭乗日によって変わる

photo by pixabay

搭乗券は利用する航空会社や搭乗日、座席によって料金が大きく異なります。鉄道と同じように搭乗日の間近に予約すると料金が割高になるため、できるだけ早めの予約がおすすめです。

また、ブリュッセルとフランクフルト間はローコストキャリアも多く就航しているため、航空会社によってはおトクに搭乗することもできます。

料金比較サイトなどで予算にあったフライトを選ぶか、旅程が決まった時点で早めの予約をしておくと、低予算でもスムーズに移動できますよ!

photo by pixabay

ブリュッセルを出発するブリュッセル国際空港は、ブリュッセル中心部より車で20分ほどの距離に位置しています。ベルギーは小さい国のため、主要な国際空港から中心部までの距離が近いことも特徴のひとつです。

また、1時間のフライトで到着するフランクフルト・アム・マイン航空も、フランクフルト中心部まで車で10分ほどの距離に位置しています。どちらの空港も中心部までのアクセスが便利なため、とにかく移動時間を短くしたい方にぴったりですよ。

ただし、飛行機での移動は空港までの移動や搭乗までの待ち時間を考慮する必要があります。手荷物検査もおこなうため、荷物の重さや内容にも注意して選んでみてくださいね。

飛行機で移動するメリット&デメリット

メリット

  • フライト時間が短く拘束時間が短い
  • 日本での搭乗と大きな変わりはない

デメリット

  • 搭乗や入国などの待ち時間がある
  • 手荷物検査で持ち込めるものに制限がある

飛行機は短い移動時間でフランクフルトに行きたい人におすすめ!

photo by Unsplash

飛行機での移動は、乗り物に乗っている時間が短いことが大きな特徴です。乗り物酔いをしやすい方や、はじめての移動方法には不安があるという方は、約1時間で向かえる飛行機がおすすめ!

空港での待ち時間も免税エリアでショッピングを楽しめば、時間が無駄になることはないでしょう。スケジュールや目的にあわせて、飛行機も検討してみてくださいね。

ブリュッセル(ベルギー)からベルリンの行き方

ドイツの首都・ベルリンは、ヨーロッパを代表する都市のひとつで、歴史的な建造物が多く残る一方、ストリートアートが点在したエネルギー溢れる街でもあります。同じベルリンでも東と西では違う文化を感じられるところも、ベルリンの魅力のひとつ。

そんなベルリンへの行き方は、おもに次の2つがあります。

  • 夜行列車
  • 飛行機

ここでは、ブリュッセルからベルリンへのアクセス方法を詳しくご紹介します。

1.ベルリン中央駅まで夜行列車で約11時間アクセス

photo by pixabay

近ごろ、ヨーロッパでは環境に対する意識の高まりから、飛行機ではなく列車による旅行スタイルが人気を集めています。夜行列車のみにフォーカスした「ヨーロピアン・スリーパー(European Sleeper)」が、2023年5月にブリュッセルとベルリンを結ぶ列車が運行をはじめました。

オランダのアムステルダムなどを経由してベルリンへ向かうため、ブリュッセルからベルリンまで約11時間かかりますが、寝ている時間を活用してベルリンへ向かうことができますよ。

金額は等級によって変わる

photo by Unsplash ※画像はイメージです

夜行列車は1~3人用寝台車(Deluxe)と、4~6人用簡易寝台車(Comfort)に分かれ、料金は座席の等級によって異なります。もっとも料金が高いDeluxeタイプは、無料のミネラルウォーターや朝食が料金に含まれています。

また、予算が少ない人のために、寝台が付いていない座席車(Budget)も用意されています。しかし、約11時間の移動や深夜に眠ることを考慮すると、快適性・安全性の面からあまりおすすめはできません。

列車内にバーやカウンターなどはありませんが、乗務員から直接購入できる車内販売があります。食事として満足できるメニューは少なく、スナックや軽食が中心のため、食事は乗車前に済ませておくのがおすすめです。

photo by pixabay ※画像はイメージです

夜行列車の乗り場は、ブリュッセル中央駅からは車で12分ほどの距離にあるブリュッセル南駅。ブリュッセル中央駅から地下鉄を利用すると4分ほどで到着します。ブリュッセル南駅からベルリンに向かう列車は19:22に出発し、翌日の6:48にベルリン中央駅へ到着します。

ブリュッセルとベルリンを行き来する列車は、曜日によって異なるため乗車前にチェックしておきましょう。

  • 月曜日、水曜日、金曜日にベルリン行きが運行
  • 日曜日、火曜日、木曜日にベルギー行きが運行

毎日運行していないため、日帰り旅行を計画している方は、別の移動方法と組み合わせて移動する必要があります。

移動するメリット&デメリット

メリット

  • 寝ている間の時間を有効活用できる
  • 車窓からの景色を楽しみながら移動できる

デメリット

  • 移動時間が長い
  • 等級によっては居心地が悪いことも

時間を有効活用しながらベルリンへ行きたい人におすすめ!

photo by Unsplash

夜行列車は寝ている時間を有効活用したい方や、車窓からの景色を堪能しながら移動も楽しみたいという方におすすめです。あまり利用することのない夜行列車の利用は、ヨーロッパ旅行の思い出にもなるのではないでしょうか。

手荷物が少なく身軽な旅行を楽しんでいる方にも、夜行列車がおすすめですよ。

2.ベルリン・ブランデンブルク空港まで飛行機で約1時間25分

Berlin Brandenburg Airport Tour by Jon Worth is licensed under CC BY 2.0

ベルリンへ向かう方法には、夜行列車のほかに飛行機があります。ブリュッセル空港からベルリン・ブランデンブルク空港までのフライトは約1時間25分と短め。夜行列車は移動に半日かかってしまいますが、飛行機であれば空港までの移動や待ち時間を含めても、時間をグッと短縮して移動できます。

同じ体勢で座り続けるこことが辛い方でも、約1時間25分のフライトであれば利用しやすいのではないでしょうか。空港での待ち時間も、グルメやショッピングを楽しめますよ。

金額は航空会社や搭乗日によって変わる

photo by Unsplash

搭乗券は利用する航空会社や搭乗日、座席によって料金が大きく異なります。ほかのチケットと同じように、間近で予約すると料金が割高になるため、できるだけ早めの予約がおすすめです。

また、ブリュッセルとベルリン間はローコストキャリアも多く就航しています。航空会社によってはおトクに搭乗するもできるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

料金比較サイトなどで予算にあったフライトを選んだり、マイルやキャンペーンをうまく活用すると、低予算でもスムーズに移動できますよ!

photo by pixabay ※画像はイメージです

ブリュッセルを出発するブリュッセル国際空港は、ブリュッセル中心部より車で20分ほどの距離に位置しています。ベルギーは小さい国のため、主要な国際空港から中心部までの距離が近いことも嬉しいポイントです。

予約した搭乗券を確認しながら、フライト時間に間に合うよう空港へ向かうようにしましょう。フライト時間は約1時間25分ですが、国際線のためパスポートも忘れずに持参してくださいね。

また、ベルリン・ブランデンブルク空港から中心部までは、車で約30分。電車などの公共交通機関を利用すると1時間ほどかかるため、荷物が多い方はタクシーの利用がおすすめです。

飛行機で移動するメリット&デメリット

メリット

  • フライト時間が短く移動が楽
  • 慣れている移動手段で不安が少ない

デメリット

  • 搭乗や入国などの待ち時間がある
  • 手荷物検査で持ち込めるものに制限がある

飛行機は短い移動時間でベルリンに行きたい人におすすめ!

OO-SNH_A320_Brussels Airlines by Luc Verkuringen is licensed under CC BY-ND 2.0

乗り慣れている方も多い飛行機での移動は、フライト時間が短いためサクッとベルリンまで向かえます。

空港ではラウンジを利用したり免税店でショッピングを楽しんだりすると、搭乗時間までの待ち時間も有効活用できますよ。

ブリュッセル(ベルギー)からミュンヘンの行き方

ミュンヘンはドイツで3番目に大きな都市であり、ビールの祭典・オクトーバーフェストが開催される都市としても有名です。大都市でありながら伝統的な建造物が多く残り、ドイツらしい素朴な魅力が感じられます。

そんなミュンヘンへの行き方は、おもに次の2つがあります。

  • 鉄道
  • 飛行機

ここでは、ブリュッセルからミュンヘンへのアクセス方法を詳しくご紹介します。

1.ミュンヘン中央駅まで列車で約8時間

photo by Unsplash

ブリュッセルからミュンヘンまでは、ドイツ鉄道(DB)の利用がおすすめです。ドイツ最大の鉄道会社としてドイツ全土に鉄道網を持ち、ドイツ旅行の足として欠かせない鉄道です!

普通列車からおもに大都市や中央駅を発着する列車、日本でいう新幹線のような特急列車などがあり、各都市を結ぶさまざまな路線が運行しています。

ブリュッセル南駅からミュンヘン中央駅までは約8時間の列車の旅を楽しめますよ。

金額は等級や乗車時間によって変わる

photo by Unsplash

料金は等級によって異なり、二等は乗車料金のみで一般席を利用でき、一等は乗車料金に追加料金を支払うことで、変更やキャンセルに対応できたり座席を指定できたります。移動時間が長いことを考慮すると、一等席のほうが快適にミュンヘンまで向かえるでしょう!

チケットはオンラインで事前に予約しておくと、早割りや特割が適用されておトクに購入できます。また、チケットは当日に窓口で購入すると割高になるため、旅程が決まった時点で予約しておくのがおすすめです!

また、時間に余裕のある方は、ドイツ全土で利用できる9ユーロ(約1,472円)の「ドイツチケット」を活用する方法もあります。特急列車のICEやICでは利用できませんが、うまく組み合わせることでおトクに乗車することができますよ!

München by Lars Steffens is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

ミュンヘン中央駅へ向かう列車は、ブリュッセル南駅を発着しています。ブリュッセル中央駅からは車で12分ほどの距離にあり、地下鉄を利用すると4分ほどで到着します。

ミュンヘン中央駅までの直通便は運行していないため、ドイツのケルン中央駅で乗り換えてベルリン中央駅まで向かいましょう。

所要時間はケルン中央駅まで約2時間、ケルン中央駅からミュンヘン中央駅まで約6時間ほど。乗車する列車にもよりますが、乗り継ぎは約30分ほどの待ち時間があるため、軽い食事やおやつの調達、お手洗いを済ませておくと安心ですよ!

移動するメリット&デメリット

メリット

  • 中心部から中心部への移動が可能
  • 車窓からの景色を楽しみながら移動できる

デメリット

  • 移動時間が長い
  • 予約のタイミングによって乗り換えが多くなる

移動費を節約してミュンヘンへ行きたい人におすすめ!

photo by pixabay ※画像はイメージです

ミュンヘンまで鉄道での移動は、ほかの移動方法と比べて費用を抑えられる傾向にあります。低予算の旅行を計画している方は、鉄道での移動がおすすめです。

移動時間は少し長いですが、ケルン中央駅で乗り換え時に散策したり、車窓からの景色を満喫したりする楽しみ方もありますよ。

2.ミュンヘン空港まで飛行機で約1時間20分

Munich airport by Gavin is licensed under CC BY-SA 2.0

ミュンヘンまでは、ほかの都市と同じように空の便も利用できます。ミュンヘン空港までのフライト時間は約1時間20分で、鉄道での移動よりもグッと早くミュンヘンへ到着します。

ミュンヘン空港はドイツのフラッグキャリアである、ルトハンザドイツ航空がおもに就航しています。朝は6時台から、夜は19時台までフライトがあり、1日のフライト本数も多いためスケジュールを組みやすいですよ。

金額は航空会社や搭乗日によって変わる

photo by Unsplash ※画像はイメージです

搭乗券は利用する航空会社や搭乗日、座席によって料金が大きく異なります。ほかのチケットと同じように、間近で予約すると料金が割高になるため、できるだけ早めの予約がおすすめです。

料金比較サイトなどで予算にあったフライトを選んだり、マイルやキャンペーンをうまく活用すると、低予算でもスムーズに移動できますよ!

また、フルサービスキャリアを選べば、約1時間20分のフライトがとても優雅な時間になるでしょう。予算にあわせて座席を選んでみてくださいね。

photo by Unsplash ※画像はイメージです

ブリュッセルを出発するブリュッセル国際空港は、ブリュッセル中心部より車で20分ほどの距離に位置しています。ベルギーは小さい国のため、主要な国際空港から中心部までの距離が近いことも嬉しいポイントです。

到着先のミュンヘン空港は、ミュンヘン中心部まで車で約30分。公共交通機関での移動は約40分と大きく変わらないため、交通費を節約したい方は電車での移動がおすすめです!

また、ミュンヘン中心部まで移動したあとも交通機関を利用する予定がある方は、翌日6時まで乗り放題になる一日乗車券が便利です。駅や停留所で購入できるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

移動するメリット&デメリット

メリット

  • フライト時間が短くて移動が楽
  • 慣れている移動手段で不安が少ない

デメリット

  • 搭乗や入国などの待ち時間がある
  • 手荷物検査で持ち込めるものに制限がある

飛行機は最短でミュンヘンへ行きたい人におすすめ!

photo by Unsplash ※画像はイメージです

飛行機は最短でミュンヘンへ向かいたい方におすすめの移動方法です。ミュンヘン空港から中心部までそれほど距離も離れていないため、空港での待ち時間も有効活用しながら向かうと、楽しい旅になるでしょう!

日帰り旅行の場合は、往復チケットを予約する方がおトクに搭乗できますよ。

目的に合わせてベルギーからドイツの各都市に行こう!

photo by shutterstock

本記事では、ブリュッセル(ベルギー)からドイツの3大都市までの行き方について紹介しました。おもな移動方法は飛行機があげられますが、夜行列車や鉄道を利用することで、よりヨーロッパらしい雰囲気を感じながら移動できるでしょう。

なかでも、ヨーロッパのカルチャーを取り入れながら移動したい方は、夜行列車がおすすめ。ヨーロッパで人気の旅行スタイルであるだけでなく、環境への配慮を目的にはじまったサービスでもあります。

それぞれの移動方法にはメリット・デメリットがあるため、自分の旅程や予算にあった方法で移動してくださいね。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ベルギーの東京発のおすすめツアー

ベルギー旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる