NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】オーストリア旅行1週間の費用&予算!安い時期も紹介

オーストリアは、うつくしい中世の街並みと、音楽やアートなどを堪能できる芸術の国です。その中でも世界遺産シェーンブルン宮殿やホーフブルク(王宮)などをはじめとする、多くの観光スポットがあるウィーンは人気の観光都市です。今回は、人気のウィーンを中心にオーストリア旅行にかかる費用や予算を紹介します。

ライター
NEWT編集部

オーストリアは、うつくしい中世の街並みと、音楽やアートなどを堪能できる芸術の国です。その中でも世界遺産シェーンブルン宮殿やホーフブルク(王宮)など多くの観光スポットがあるウィーンは人気の観光都市です。今回は、オーストリア旅行にかかる費用や予算を紹介します。

Contents

オーストリア旅行の基本情報


photo by pixabay

音楽や芸術、世界遺産など、魅力がたくさんつまったオーストリア。中世の街並みや宮殿など見どころがたくさんあるオーストリアは治安が良く、はじめての海外旅行や女子旅、家族連れなどにおすすめの旅行先です。

そしておいしいワインや伝統菓子のザッハトルテ、ウィーンのカフェ文化など、美食もはずせません!

まずはオーストリア旅行の基本情報について解説していきます!

オーストリアのベストシーズンは?


photo by pixabay

オーストリア旅行のベストシーズンは、気候的にすごしやすい5月~9月。この時期のオーストリアは気温が上がり、街歩きなどに適しています。しかし、朝晩は冷え込むこともあるため羽織を1枚持って行くと安心です。

ほかの季節でもオーストリア旅行はたのしめますが、冬はかなり冷え込みます。また、日照時間も短くなるため、街歩きなどにはあまり適しません。

クリスマスの時期はクリスマスマーケットなどが開催され、街がキラキラとします。冬のオーストリア旅行ならクリスマスシーズンを狙うのがおすすめです!

オーストリアの物価はどれくらい?


photo by Unsplash

オーストリアの物価は全体的に日本よりも高いのが特徴。特に外食費が高いので、食費を抑えるならスーパーを活用してみるのがいいでしょう。

物価の目安の例は以下の通りです。

  • ミネラルウォーター(500ml):320円前後
  • レストランでのランチ:2,400円前後〜
  • カフェのコーヒー:650円前後
  • 公共交通機関の1回券(ウィーンの場合):380円前後

ラグジュアリーなホテルに宿泊したい方やレストランでおいしい食事を満喫したい方は、オーストリア旅行の予算を多めに見積もっておくのがおすすめ。後ほど旅行費用を節約するコツもご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね!

\オーストリア旅行をチェック!/

1週間のオーストリア旅行でかかる費用は?

オーストリアの中でも人気の観光都市、ウィーンは「音楽の都」としても知られています。中世ヨーロッパを彷彿とさせるうつくしい街並みや、世界的に有名なオペラなどが魅力的です。

ウィーンの街は比較的コンパクトですが、オペラやアートなども堪能するなら、少し日程に余裕がある1週間ほどがおすすめです。隣国のチェコ・プラハやハンガリー・ブダペストとの周遊も人気になっています!

オーストリア旅行の相場は約25万円から


photo by Shutterstock

オーストリア旅行にかかる費用は以下の通りです。

  • 航空券代
  • ホテル代
  • 食費
  • 現地での交通費
  • お土産費用
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • 海外旅行保険の費用

宿泊するホテルのランクやすごし方などによっても費用は異なりますが、1週間のオーストリア旅行は1人あたり約25万円からが目安です。

オーストリアはヨーロッパの中では、それほど物価の高くない地域ですが、全体的に日本よりも物価が高いです。なかでも外食はかなりお金がかかるため、旅行中の食費はかさみます。

それでは、今回はオーストリアの人気都市、ウィーンの旅行にかかる費用をくわしく紹介します。

オーストリアへの航空券費用


photo by pixabay

費用の目安:往復で約16万円~約30万円

オーストリアへの直行便はなく、人気観光地のウィーンも乗り継ぎ便を利用する必要があります。東京からウィーンまでのフライト時間は片道20時間前後、乗り継ぎは中東でするフライトが多いです。

ドイツやポーランドなどのヨーロッパ主要都市で乗り継ぐフライトもありますが、値段が高い傾向にあります。こだわりがない場合は、中東乗り継ぎのフライトがおすすめです!
・ウィーンへの航空券費用(東京発 往復1名分・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):16万円~25万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):20万円~30万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

GWや夏休み、年末年始などの大型連休は、航空券が高騰しやすいです。特に直前に購入しようとすると普段の倍以上することもあるため、旅行の日程が決まり次第、航空券の予約を検討し始めるようにしましょう。

オーストリア旅行でのホテル費用


photo by pixabay

費用の目安:1泊で約1万円〜

オーストリア旅行でホテル宿泊にかかる費用は、1泊(1室2人分)あたり約1万円からです。主要観光スポットが徒歩圏内のウィーン中心部に宿泊しようとする場合は、相場が少し上がります。しかし、ウィーンは公共交通機関が発達している上、街がコンパクトなので、中心部から少し離れても観光にはそれほど影響しません。

・ウィーンのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:1万円~1万5千円前後
スタンダードホテル:1万5千円~2万円前後
高級ホテル:3万円~10万円前後

ハネムーンなどで、ラグジュアリーなホテルに泊まりたい場合は、少し多めに予算を用意しておくと安心です。

オーストリア旅行での食費


photo by Shutterstock
費用の目安:1日あたり約1万円〜

オーストリア旅行で1日あたりにかかる食費は、約1万円からです。オーストリアはヨーロッパの中では物価がそれほど高くない地域ですが、外食の物価は日本よりも高くなっています。ホテルのレストランで食事をする場合や、毎日ビールやワインなどのお酒を堪能したいという方は少し多めに食費を見積もっておくと安心です。

またオーストリアはカフェ文化が有名な地域なので、食事以外にもカフェへ入ることが多くなるはずです。カフェでコーヒーやケーキをいただくと、すぐに2,000円くらいかかるので、旅行中にどのような食事をたのしみたいかによってかかる費用は異なります。

オーストリア旅行での交通費


photo by pixabay

費用の目安:1日あたり約1,000円〜

オーストリア旅行で1日あたりにかかる交通費は、約1,000円からです。ウィーンの公共交通機関の1回券は2.4ユーロ(約388円)、1日券が5.80ユーロ(約938円)です。1日に3回以上、公共交通機関に乗車する予定の場合は、1日券を購入した方がお得になります。

オーストリア・ウィーンの公共交通機関はとても発達しているため、トラムを中心に簡単に移動ができます。また、ウィーンはそれほど大きな街ではなく、主要観光スポットはウィーンの中心部に多く集まっているため、徒歩でもめぐれます。そのため、タクシーを利用することなくウィーンを観光でき、現地での交通費にはそれほどお金がかかりません。

オーストリアでの観光&オプショナルツアーの費用


photo by Shutterstock

費用の目安:1スポットあたり約1,000円〜

オーストリア観光にかかる費用は、1スポットあたり約1,000円からです。人気の宮殿や美術館、博物館などの入場料は、約2,000円〜3,000円のところが多くなっています。

人気の観光スポットはウィーンに集中していて、見どころが多いため、複数スポットを回ろうとすると意外とお金がかかります。また、1つ1つじっくりと鑑賞しようとするとかなり時間がかかるため、時間に余裕を持った観光がおすすめです。

ヨーロッパでは多くの施設で学生価格が設定されています。国際学生証(ISIC)が必要な場合もありますが、日本の学生証の提示でも学生価格が利用できることもあるので、旅行の際は持参しましょう!

ウィーンで人気のオペラの相場は、1番いい席だと約30,000円〜40,000円、立ち見席は約1,000円〜2,500円です。公演によって価格差があります。ウィーンのオペラは、公演シーズンの9月上旬~6月下旬はほぼ毎日公演がありますが、7月〜8月はウィーンでの公演が基本的にないので注意しましょう。

オーストリア旅行のお土産費用


photo by Shutterstock

費用の目安:約5,000円〜

オーストリア旅行でお土産購入にかかる費用は、約5,000円からです。お土産購入にかかる費用は、購入するものや量によって個人差があるため、5,000円というのはあくまでも目安としてください。

オーストリアのお土産で人気があるのは、ザッハトルテやパンプキンシードオイル、チョコレートなどです。また、かわいらしい小物なども街のいたるところで販売されているので、観光しながら、いろいろなお店に立ち寄って、お土産探しをするのがたのしいですよ!

海外旅行保険にかかる費用


photo by shutterstock

費用の目安:約2,000円〜

1週間のオーストリア旅行でかかる海外旅行保険の費用は、約2,000円〜4,000円です。加入する保険によって、補償内容や適用条件が異なるため、加入前には必ず保険内容の詳細まで確認するようにしましょう。ほとんどの海外旅行保険は、歯科治療が保険適用外となっています。心配な方は、歯科治療も保険適用されるものに加入すると安心です。

クレジットカードを保有している方は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するというのも選択肢の1つです。ただし、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償内容が手薄な場合もあります。出発前までにしっかりと補償内容と保険の適用条件を確認しておくようにしましょう。

\オーストリア旅行をチェック!/

オーストリア旅行の費用を節約する3つのコツ

それでは、オーストリア旅行の費用を節約するコツを3つ紹介します。

①オーストリアへの旅行が安い時期を狙う


photo by Shutterstock

オーストリア旅行への費用を抑えたいなら、安い時期を狙うのがおすすめです!オーストリア旅行が安い時期は、年末年始を除く11月~3月の寒い時期です。

多くの人が観光するであろうウィーンではあまり雪は降りませんが、エリアによっては北海道のように寒いので、しっかりと防寒対策をしてから出発するようにしましょう。

またこの時期は、風が吹くとかなり寒いので、風が強そうな日は美術館や宮殿など室内メインの観光にすると快適に観光ができます。冬場はオーストリア観光で人気の宮殿の庭園は封鎖されていたり、お花が咲いていなかったりするので、庭園が見たいという方は暖かい季節の旅行がおすすめです!

②ツアーで予約する


photo by pixabay

オーストリア旅行へ安く行きたいなら、航空券とホテルがセットになったフリープランのツアーを利用するのがおすすめです。航空券とホテルのみがセットになったツアーなら、現地では自由にすごせるので、時間が決められて観光するのが苦手という方にもぴったりです!

さらに、オーストリアにある無数のホテルからホテル選びをする必要もなく、旅行代理店にお任せできちゃいます。

オーストリア旅行は、ウィーンをはじめ、チェコのプラハやハンガリーのブダペストと周遊することが多いです。周遊には、複数ホテルの予約や鉄道の手配など多くの予約が必要で、なかなか手間がかかります。フリープランのツアーなら、それらも一括予約できるので、ミスも減り、時短になります。

フリープランのツアーはセールで安くなることも多いです。オーストリア旅行を計画し始めたら、セール情報をチェックしてみましょう!

③スーパーを賢く活用する


photo by Unsplash

オーストリアは日本よりも物価が高く、その中でも外食にかなりのお金がかかります。そのため、賢くスーパーを活用するとうまく節約できます。

オーストリア旅行で食べたいグルメはレストランでいただきつつ、レストランではなくてもいい食事はスーパーでデリやフルーツなどを購入するのがおすすめです!

また、お土産も観光地やお土産屋さんで購入しつつ、バラマキ用のお菓子などはスーパーで購入するようにすると、お土産購入にかかる費用が抑えられますよ。オーストリアのスーパーには種類豊富なチョコレートやコーヒーなどが並べられています。

\オーストリアの詳しい観光情報はこちら!/

【2024年最新】オーストリアでおすすめの観光地12選!都市・エリア別に厳選

オーストリア旅​​行にかかる費用のまとめ

1週間のオーストリア旅行にかかる費用は、1人あたり約25万円からが相場です。宿泊するホテルのランクや、旅行中のすごし方でかかる費用は異なります。

またオーストリアは、ヨーロッパ諸国の中では比較的物価が安い地域ですが、日本と比べると物価は高めです。旅行中も想像以上にお金がかかることがあるので、少し余裕を持った予算を準備しておくと安心です。

ぜひ人気の観光スポットをめぐりながら、オペラやアート鑑賞も満喫してみてはいかがでしょうか。

※2024年2月20日のレート、1ユーロは161.84円で計算しています。

よくある質問

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

オーストリアの東京発のおすすめツアー

オーストリア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる