NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

フーバーダムは世界最大級のアメリカにある巨大ダム!観光の見どころや行き方を解説

アメリカ・ラスベガス近郊にある巨大ダム・フーバーダム。1985年に国定歴史建造物に指定されました。 この記事では、見どころやアクセス方法などを解説!フーバーダムへ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

アメリカ・ラスベガス近郊にある巨大ダム・フーバーダム。1985年に国定歴史建造物に指定されました。

この記事ではフーバーダムの見どころやアクセス方法などを解説!フーバーダムへ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

フーバーダムの基本情報


photo by Unsplash

フーバーダムはアリゾナ州とネバダ州の州境にあるダムで、年間約100万人が訪れる人気観光スポットです。そのダムの大きさは世界最大級!

コロラド川のブラック峡谷(ブラックキャニオン)に作られた多目的ダムで、ラスベガスから車で約40分ほどで行ける距離にあります。


photo by Unsplash

あのラスベガスの煌びやかなネオンも、実はフーバーダムの水力発電から作られているんですよ!高さは221.3メートル、長さ379.2メートルの重力式アーチダムです。

フーバーダムは、1931年に建設が始まり、1936年に完成しました。フーバーダムの名前の由来は第31代アメリカ大統領のハーバート・クラーク・フーヴァーからつけられたと言われています。

フーバーダムの歴史


photo by Unsplash 

フーバーダムができる前、人々はコロラド川の水害に悩まされていました。コロラド川は1800年代から1900年代初頭まで毎年、雪解けの時期になると氾濫し、夏から秋にかけて渇水していたのです。特に1905年に大規模な洪水が発生したことで、ダムの建設が急務だという声が急増しました。これをうけて、1931年フーバーダムの建設が始まったのです。

また、当時は世界恐慌の真っ只中。仕事を失う人が急増したため、失業者対策や景気回復の側面もあったと言われています。

フーバーダムの貯水量と発電量は?


photo by Unsplash 

フーバーダムの貯水量は約400億トン。日本全国すべてのダムを足しても足りないほどの貯水量です。日本最大の湖と言われる琵琶湖の貯水量が約280億トンなので、フーバーダムがどれだけ巨大かわかりますね!

主にコロラド川の氾濫防止や近隣の地域へ電力の供給、水道水として利用されています。1939年から1948年までは世界一の水力発電として活躍していました。現在でも水力発電所がアリゾナ側とネバダ側のダム直下にあり、計17基の発電機があります。

日々、約2,080メガワットの電力をアリゾナ州・ネバダ州・カリフォルニア州の3州に供給しています。

映画のロケ地としても有名


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

フーバーダムは、映画のロケ地としても有名です。スティーブン・スピルバーグが製作総指揮したトランスフォーマーのクライマックスシーンもこの地で撮影が行われました。

また、巨大地震を題材にした2015年公開のカリフォルニア・ダウンにも登場しています。カリフォルニア・ダウンでは地震でフーバーダムが崩壊するシーンがあり、かなりショッキングな内容です。興味のある方はぜひ映画も見てみてくださいね!

フーバーダムは事故や死亡者が多い⁉


photo by Unsplash

1931年に建設を開始し、1936年に完成したフーバーダム。わずか5年で巨大ダムを作り上げた背景には、多くの犠牲が伴いました。

フーバーダムの建設作業員のほとんどは、1929年の世界恐慌の発生によって生まれた、多数の失業者でした。彼らのなかにダムを建設した経験のある者はいなくて、作業は非常に難航したともいわれています。


photo by Unsplash

経験者のいない中での作業は建設中に多数の作業員が亡くなり、その人数は96〜122人と言われています。当時は作業中のヘルメット着用が義務付けられていませんでした。そのため、多くの人が落石によって命を落としています。中には一酸化炭素中毒で亡くなった人もいたそうです。

フーバーダムは、多くの犠牲の元で作り上げられた建造物と言えますね。現在、フーバーダムのなかには事故で亡くなった人の慰霊碑が建てられています。フーバーダムを訪れた際には、苦難の歴史にすこしだけ思いを馳せてみてください。

フーバーダムのあるボルダーシティってどんな街?


photo by Unsplash
※画像はイメージです

ボルダーシティは、ラスベガスから約40キロメートルの場所に位置する街です。ラスベガスの中心地から車で約40分もあれば行けます。もともとはフーバーダム建設に関わる作業員のためにこの街はできました。現在は人口約14,000人の静かでこじんまりとした街です。

フーバーダムが建設されている間、ボルダーシティはギャンブルやアルコールが一切禁止されていました。そのなごりで、現在もカジノで有名なラスベガス近郊にありながら、ギャンブルは禁止されています。

一方、アルコールは解禁されており、ボルダーシティでは地元名物の醸造ビールが販売されています。訪れた際はぜひ堪能してみてください!

フーバーダム観光の見どころ


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

フーバーダムは巨大でダイナミックな景色が広がる場所です。コロラドリバー橋やミード湖など見どころもたくさんあり、せっかく訪れるのであればしっかりと堪能したいですよね!

ここからは、絶対に外せないフーバーダム観光の見どころを紹介します。

ダム内に時差がある!時間の違う時計


photo by Unsplash 

なんと、フーバーダム内では時差が発生します。アリゾナ州とネバダ州の州境にあるため、時差が発生しているのです。フーバーダムに設置された2つの時計は、時間が1時間異なっていますよ。

同じ場所にいるのに、少し歩けば時間が1時間違うなんて、時差のあるアメリカならではですね!少し歩けば1時間違うという、まるで時空移動のような面白い体験ができるのもフーバーダムの魅力です。サマータイムの時期には時差がなくなり、同じ時間になることもあります。

北米最長のコロラドリバー橋


photo by pixabay

コロラドリバー橋はコロラド川をまたぐバイバス道路として2010年に造られた橋です。北米最長のコンクリートアーチ橋として有名で、日本の大手ゼネコン大林組が施工したことでも知られています。

4車線の道路があり、歩道もあるので、歩いて観光するのもおすすめです。しかし、橋の上に立つとあまりの高さに驚く人も少なくありません。風がとても強いので、高所恐怖症の人は注意が必要です。

ちょうどダムを見下ろす側に歩道があるため、壮大なフーバーダムを見下ろせます。巨大でダイナミックなダムに言葉を失うことでしょう。階段もあるので、歩きなれた靴で行くのがおすすめです。

アメリカで一番大きい人工池・ミード湖


photo by Unsplash

ミード湖は、フーバーダムによって造られた人工の貯水池です。人工の湖としてはアメリカで一番の大きさを誇ります。澄んだブルーの湖では、たくさんの生物や魚を見ることができますよ。まるで別世界のような美しさです。フーバーダムの上から見るミード湖は壮大で、見ていて飽きません。

また、ミード湖ではジェットスキーをはじめとする水上アクティビティや釣りなども盛んで、休日になるとファミリーや憩いを求める地元民、観光客で賑わいます。特にバス釣りのメッカとして知られており、過去にはバスのフィッシングトーナメントもこの場所で開催されました。

釣り用具の貸出レンタルもあるので、アメリカの地で釣りを楽しんでみるのはいかが?


photo by Unsplash
※画像はイメージです

また、ミード湖では水上アクティビティのほかに、遊覧船も運航しています。ミード湖をゆっくりと楽しみたい人におすすめです。息を飲むようなミード湖の美しい風景をながめながら、ときおり吹くそよ風を感じる瞬間は至福のときです。ランチクルーズやディナークルーズも定期的に運航しており、カップルやご夫婦にもおすすめですよ。

ツアーでしか見れない発電所


photo by pixabay

ビジターセンターから催行されるダム内部の見学ができる、ダムツアーとパワープラントツアーの2つのツアーがあります。

2つのツアーでは、ツアーに参加しないと見られない場所を見学できます。実際に発電所内部に入り、電力を発電している瞬間を間近で見ることができるのです。この体験はここでしかできないでしょう。ズラリと発電機が並ぶ景色は圧巻!

また、地下数十メートルの地下発電所の内部も見学でき、探検家気分を味わえますよ。ガイド付きのツアーを選べば、英語のガイドがついてきます。フーバーダムの歴史や当時の様子などを詳しく教えてもらえるので、おすすめです!

亡くなった方のために作られた慰霊モニュメント


photo by Unsplash
※画像はイメージです

フーバーダムの建設にあたって96〜122人の尊い命が犠牲になりました。フーバーダムのネバダ州側に、亡くなったとされる全員の名前が刻まれた慰霊碑が建てられています。

その他にも、翼の生えた人間のような縦に長い彫像が2体ある記念碑もあります。翼の生えた彫像は足をこすると幸運になるという言い伝えがあるそうです。訪れたらぜひ擦ってみてください。アールデコ様式の彫像は美しく、慰霊モニュメントとあわせてぜひ見ていただきたいおすすめスポットです。

今にも動き出しそうなハイスケーラーのブロンズ像


photo by pixabay

フーバーダムの建設時、ハイスケーラーと呼ばれる作業員たちはブラックキャニオンを猛スピードで駆け下ったり、華麗な身のこなしで作業にあたりました。落石の危険にさらされながら作業した彼らはまるでスタントマンのよう。訪れた人の注目の的だったといわれています。

1995年9月30日、フーバーダム60周年記念にあわせ、ダムの建設に携わったハイスケーラーという作業員の功績をたたえるブロンズ像が造られました。このブロンズ像のモデルは最後まで生き残ったハイスケーラーのひとりである、ジョー・キネだと言われています。

フーバーダム観光のベストシーズンは1年中!


photo by Unsplash

フーバーダムは1年中観光を楽しめるスポットです。ただし、フーバーダムのあるネバダ州は6〜8月にかけて日中40℃を超えることもあり、屋外を観光する場合は注意が必要です。サングラスや帽子、日焼け止めなどの紫外線対策はしっかりしておきましょう。

また、風が強いので帽子が飛ばされないように注意しましょう。屋内施設は冷房がついている可能性もあるため、寒さ対策で薄手の長袖シャツがあると安心です。

フーバーダムの見学方法は?予約は必要?


photo by Unsplash 

ここからはフーバーダムの見学方法について解説します。予約や入場の仕方についてお伝えするので、ぜひ参考にしてください!

入場には入場料が必要!


photo by pixabay

フーバーダムのみ観光する場合は無料で観光できます。遠くからダムを眺めたり、橋を渡りながら見学したりするだけならお金はかかりません。しかし、近くでダムを眺めたり、展示物やダムの内部を見たりする場合は、ビジターセンターの入場料が必要になります。

ビジターセンターの入場料金は10ドル(約1,340円)です。ビジターセンターでは、フーバーダムの歴史や展示物を見ることができますよ。また、展望台ではコロラド川やミード湖まで360度見渡すことができ、絶景を堪能できます。

チケットの購入は当日現地購入のほか、公式サイトでも購入が可能です。

入場にはセキュリティチェックあり


photo by Unsplash

ビジターセンターに入場する場合、予約は必要ありません。しかし、入場する際にセキュリティチェックを受ける必要があります。金属探知機を使う厳しいチェックなので、事前に金属類は取り除いておきましょう。また、飲食物の持ち込みも禁止されています。

ビジターセンターは地下に降りたところにあります。荷物検査を受けてダム内部へと入ります。ビジターセンターは、ラスベガス側の有料駐車場のすぐそばです。お金はかかりますが、あまり歩きたくないという人はこの駐車場に停めるのがおすすめです。

有料駐車場の1階は、お土産店とカフェになっています。フーバーダム周辺では、このカフェ以外に飲食店はありません。食事や休憩をしたい場合はこのカフェを利用すると良いでしょう。

ガイドツアーに参加するのもおすすめ


photo by Unsplash 

フーバーダムではガイドツアーも開催されているので、参加するのもおすすめです。ガイドツアーはパワープラントツアーとダムツアーの2種類あります。

パワープラントツアーは、水力発電所を見学するツアーです。約30分のツアーで、料金は11歳以上の大人は15ドル(約2,000円)、4〜10歳の子どもは10ドル(約1,340円)です。チケットの販売時間は9時から15時45分まで。先着順なので売り切れる場合もあり、時間に余裕をもって行くのがおすすめですよ。

ダムツアーは水力発電所の見学の他に、フーバーダムの見学もセットになっています。約1時間のツアーで、料金は30ドル(約3,990円)です。ただし、8歳以下の子どもは参加できません。チケットは公式サイトでは予約できず、当日9時から先着順の販売です。

また、ラスベガス出発のフーバーダムとミード湖を観光する半日ツアーもあり、ラスベガスに宿泊する人はこちらのツアーもおすすめです。

フーバーダム観光に要する時間


photo by pixabay

フーバーダムは規模が大きいので、かるく見て回るだけでも2〜3時間はかかります。そのほかビジターセンターを訪れたり、観光ツアーに参加したりする場合は、半日くらい時間をみておくと安心です。

ダムツアーの所要時間は約1時間、パワープラントツアーは約30分です。フーバーダムにはカフェや土産物店もあるので、1日いても飽きることはありませんよ!また、フーバーダムは17時にはすべての施設が閉まるので帰りの時間には注意しましょう。

フーバーダムへのアクセス・行き方


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

ここからは、フーバーダムへの行き方を紹介します。フーバーダム観光の拠点となる都市はラスベガスです。フーバーダムはラスベガスの中心地から車で片道約40分の距離にあります。

日帰りでも気軽に行ける距離なので、ラスベガス周辺のホテルに宿泊しながら日帰りでフーバーダム観光もできますよ。ラスベガスからフーバーダムに行くには、レンタカーか観光バスツアーもおすすめです。

バスツアーはガイドさんの話を聞きながら行くことができます!観光ツアーは半日のものが多く、約4〜5時間かかりますが旅の思い出になりますよ!フーバーダムはグランドキャニオンへ行く途中の場所にあるので、レンタカーで足をのばしてグランドキャニオンに行くのもおすすめですよ。

フーバーダム観光における注意点


photo by Unsplash

ここからは、フーバーダム観光に行くにあたっての注意点をお伝えします。現地に行って戸惑うことのないように、しっかり確認しておきましょう!

駐車場の料金が異なる


photo by Unsplash
※画像はイメージです

フーバーダムの駐車場は有料と無料の2種類あります。ラスベガス方向からやってくると、最初に到着するのがネバダ州側の有料駐車場です。ここは屋内駐車場で、フーバーダムビジターセンターのすぐ近くにあります。料金は10ドル(約1,340円)です。

ほとんどの観光客はこの有料駐車場に停めがちですが、橋の先にはアリゾナ州側の無料駐車場もあります。無料駐車場からビジターセンターへは歩いて約15分ほどかかります。

フーバーダムは夏は気温が40℃を超えることもあり、灼熱のなかを15分歩くのはかなりこたえるでしょう。夏の時期は有料駐車場に停めるのがおすすめです!駐車場の営業時間は8時17時15分となっています。

検問がある


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

フーバーダムの入り口には検問所があります。観光地で検問はあまりなじみがありませんが、9.11同時多発テロ事件以降、セキュリティはかなり厳しくなっているようです。

ここで検査員に武器や危険物を持っていないかの確認をされます。稀にトランクやボンネットなども開けるように指示されることがありますよ。

フーバーダムの観光を満喫しよう

この記事では、フーバーダムの観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。フーバーダムは、アメリカの開拓時代からの歴史も知ることができ、その壮大なたたずまいに圧倒される観光地です。ぜひ、紹介した情報を参考にフーバーダムの観光を満喫してみてくださいね!

フーバーダムの基本情報
住所:US HWY 93, BOULDER CITY, NV 89006
電話:(702) 494-2517
営業時間:5:00〜21:00(ビジターセンターは9:00〜17:00まで。クリスマスと感謝祭は変更する場合あり)
休業日:なし
アクセス: ラスベガスから車で約40分
料金:ビジターセンターの入場料10ドル=1,335円
※2022年12月29日のレート、1ドル=133円で計算
公式サイト:https://www.usbr.gov/lc/hooverdam/service/index.html
※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。

cover photo by Unsplash 

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる