NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】博多のおすすめ観光スポット26選!定番から穴場まで

博多には、キャナルシティ博多やベイサイドプレイス博多などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、福岡・博多旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から26選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで厳選したので、博多旅行の参考にしてくださいね!

ライター
mayu tahara

博多には、キャナルシティ博多やベイサイドプレイス博多などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、福岡・博多旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から26選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで厳選したので、博多旅行の参考にしてくださいね!

Contents

博多には人気の観光スポットがいっぱい!

photo by Unsplash

九州を代表する大都市・博多は、東京から飛行機で約2時間でアクセスできる人気都市。福岡空港からは地下鉄で約5分で着くので観光もしやすく、日々多くの観光客でにぎわっています。

今回はそんな博多に来たら、ぜひ訪れてほしいスポットを定番から穴場までピックアップしてみました。ぜひ旅の参考にしてみてください。

博多で絶対行きたいおすすめ観光地26選

博多旅行に来たら、ここには絶対に行っておきたいというおすすめの観光スポットをピックアップ。博多の文化・屋台や、癒やしのパワースポットなど見どころいっぱい!

博多周辺の観光スポットは車がなくてもバスや地下鉄で行ける場所がほとんどなので、ぜひ旅行の参考にしてくださいね。

JR博多シティ

博多駅直結の商業施設!屋上からの眺望がおすすめ!

photo by mayu

JR博多シティは、博多駅直結の駅ビルで、数多くのレストランやショップが集まっています。おもにアミュプラザ博多、博多阪急、博多デイトスの3つで構成されており、1日中楽しめるスポット。KITTE博多にも地下1階と2階でつながっていますよ。

なかでもおすすめなのは、博多デイトスにある博多めん街道。博多らーめんShinShinや博多一幸舎といった人気ラーメン店が随時10店舗以上入っており、いつも観光客でにぎわっています。

JR博多シティでショッピングやグルメを楽しんだ後は、屋上にあるつばめの杜(もり)広場でゆっくり過ごすのがおすすめ。福岡市内の景色を楽しむことができ、デートにもぴったりですが、小さな電車が周遊している場所もあるので家族でも楽しめます。移動の前後に時間がある時に立ち寄ってみてくださいね!

JR博多シティの基本情報

住所

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1−1

電話

092-431-8484 (アミュプラザ博多 インフォメーション)

営業時間

10:00〜20:00

※飲食店、一部施設は店舗により異なる

休業日

なし ※臨時休館・各店舗により不定休あり

アクセス

JR博多駅直結

料金

無料

公式サイト

https://www.jrhakatacity.com/

キャナルシティ博多

博多のランドマーク的存在!噴水が見どころ

photo by Unsplash

キャナルシティ博多は、JR博多駅から歩いて約12分の場所にある博多を代表する人気スポット。約4万3,500平米もの広大な敷地のなかには、多くのショップのほか、映画や劇場、アミューズメント施設が入っており、さまざまな楽しみ方ができます。

また、キャナルシティ博多の中央には水路が流れていて、地下1階のサンプラザでは10時から22時の間、ダイナミックな噴水ショーが楽しめますよ。日中の迫力もばつぐんですが、夜間はさらにプロジェクションマッピングが見られるので、時間が合えばぜひ足を運んでみてくださいね。

キャナルシティ博多の基本情報

住所

福岡県福岡市博多区住吉1丁目2

電話

092-282-2525

営業時間

ショップ 10:00~21:00、レストラン 11:00~23:00 

※店舗によって異なる

休業日

なし

アクセス

地下鉄七隈線・櫛田神社から徒歩約2分

JR博多から徒歩約12分

料金

無料

公式サイト

https://canalcity.co.jp/

中洲屋台横丁

福岡グルメの〆はココ!

photo by Unsplash

キャナルシティ博多から博多川の清流橋を通ってすぐの場所・中洲エリアに、18時から現れるのは福岡名物の屋台。屋台は、博多に来たことをまさに実感できる場所です。

屋台では、定番のとんこつラーメンや焼きラーメン、鉄板餃子などがありますが、なかにはイタリアンなんていう変わり種の屋台も!店主との距離やほかのお客さんとの距離が近いので、皆で仲良くなったりと温かい気持ちになれる場所です。ぜひ一度はチャレンジしてみてくださいね!

中洲屋横丁の基本情報

住所

福岡県福岡市博多区中洲8那珂川通り

電話

店舗により異なる

営業時間

18:00~24:00

休業日

店舗により異なる

アクセス

地下鉄七隈線・櫛田神社から徒歩約5分

JR博多から徒歩約18分

料金

店舗により異なる

公式サイト

https://yokanavi.com/yatai/

櫛田神社

お櫛田さんの愛称で親しまれる人気の神社!博多山笠が見もの!

photo by Unsplash

櫛田(くしだ)神社は、地元の人からお櫛田さんの愛称で親しまれている神社です。そんな櫛田神社は博多を守る総鎮守として古い歴史があり、天照皇大神(大神宮)、大幡主大神(櫛田宮)、須佐之男命(祇園宮)の3つの神様がまつられています。

また櫛田神社は、博多が一斉に活気づく人気のお祭りである博多祇園山笠が奉納される場所としても有名で、毎年6月以外は飾り山笠が展示されています。約13メートルの高さがあるので、遠くからでも迫力ばつぐんですが、近くで見ると鮮やかで細やかな色使いや豪華な装飾に驚くでしょう。

この博多祇園山笠は、毎年7月1日~15日の2週間にわたって行われるお祭り。山笠のフィナーレである追い山の時は、その様子を一目見ようと多くの人でにぎわい、櫛田神社の周囲は活気に包まれます。この期間は櫛田神社周辺でほかの山笠や、山笠を担ぐ人たちが来ている水法被(みずはっぴ)が見られるのでとくにおすすめですよ。

櫛田神社の基本情報

住所

福岡市博多区上川端町1-41

電話

092-291-2951

営業時間

開門時間 4:00~22:00

休業日

なし

アクセス

地下鉄七隈線・櫛田神社から徒歩約2分

JR博多から徒歩約13分

料金

無料

公式サイト

https://hakatanomiryoku.com/spot/%E6%AB%9B%E7%94%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE

ベイサイドプレイス博多

景色も観光もアクアリウムも満喫できるスポット!

photo by pixabay

ベイサイドプレイス博多は博多ふ頭に隣接する複合施設で、レストランや市場、お土産屋さんのほか、クルーズ船などの旅客ターミナルやポートタワー、巨大なアクアリウム、温泉といった施設が入っています。

なかでもC館にあるベイサイドアクアリウムは、開業当時からベイサイドプレイス博多のランドマークとして人気のスポット。直径9m、高さ8mの円柱型の巨大水槽で、ウミガメや約3,000匹の魚たちが泳ぐ姿に癒やされますよ。

また土・日・祝日限定にはなりますが、ベイサイドプレイス博多までの無料送迎バスが運行中です。博多・天神・ベイサイドプレイス博多間を行き来しているのでとっても便利。時間が合えばぜひ利用してみてくださいね。

ベイサイドプレイス博多の基本情報

住所

福岡県福岡市博多区築港本町13-6

電話

092-281-7701

営業時間

レストラン 11:00~22:00 ※店舗により異なる

ショップ 10:00~20:00 ※店舗により異なる

波葉の湯 10:00~23:00

休業日

店舗により異なる

アクセス

JR博多駅博多口から無料送迎バスで約15分(※運行は土・日・祝日のみ)

西鉄バス・博多ふ頭(ベイサイドプレイス)下車すぐ

西鉄バス・国際会議場サンパレス前から徒歩約5分

料金

無料

公式サイト

https://www.baysideplace.jp/

博多ポートタワー

福岡市内を一望できる!

photo by Unsplash

ベイサイドプレイス博多に隣接している博多ポートタワーは、博多港のシンボルとして地元の人に親しまれています。

約100メートルの高さがあるポートタワーには展望台もあり、なんと無料で行けちゃうのも魅力の一つ。展望台からは博多湾を一望でき、周辺の島々や観光船などの船の行き来なんかも見られますよ。

夜間になるとポートタワーがライトアップされ幻想的です。デートスポットの候補にいかがですか?

博多ポートタワーの基本情報

住所

福岡県福岡市博多区築港本町14-1博多ポートタワー

電話

092-291-0573

営業時間

10:00~17:00(入場は16:40まで)

休業日

水曜(水曜が休日の場合は翌平日)

年末年始(12/29~1/3)

アクセス

西鉄バス・博多ふ頭(ベイサイドプレイス)から徒歩約1分

料金

無料

公式サイト

https://www.city.fukuoka.lg.jp/kowan/somu/hakata-port/port_museum.html

博多町家ふるさと館

博多の歴史や文化が分かるおすすめスポット

博多町家ふるさと館 by m-louis .® is licensed under CC BY-SA 2.0

博多町家ふるさと館は、博多駅から徒いて約13分ほどの場所にあり、古き良き明治・大正時代の博多の暮らしを体験できるスポット。ふるさと館は、町屋棟をはじめ、展示棟、みやげ処の3つの建物で構成されてます。なかでも町屋棟は県指定文化財に指定されており、明治中期の博多の暮らしがうかがえるので、とくにおすすめです。

施設内では、日替わりで博多の伝統工芸に触れたり、体験できたりするイベントも行っており、充実した時間を過ごせます。またみやげ処では、博多織の小物や工芸品のほか銘菓なども取り揃えているので、お土産選びにも立ち寄ってみてくださいね。

博多町家ふるさと館の基本情報

住所

福岡県福岡市博多区冷泉町6-10

電話

092-281-7761

営業時間

4月~6月・9月~3月 10:00~18:00、7月・8月 9:00~18:00(最終入館は17:30)

休業日

第4月曜(祝休日の時は翌平日)

12/29~31

アクセス

博多駅から徒歩で13分

地下鉄七隈線・櫛田神社前駅から徒歩4分

料金

大人 200円、子ども(中学生以下) 無料

公式サイト

https://www.hakatamachiya.com/

東長寺

空海ゆかりの最古の密教寺院

photo by Unsplash

東長寺はJR博多駅から地下鉄でアクセスできますが、徒歩でも約10分で着く人気スポット。弘法大師・空海により建てられた、真言宗の国内最古の霊場として知られています。

見どころは、福岡大仏とその台座に造られた地獄極楽めぐり。2階の大仏殿にある福岡大仏は高さ10.8mと、木造坐像では日本一の大きさを誇ります。また、その台座内には地獄極楽めぐりが設置されており、こちらは真っ暗な通路を手すりをたよりに進んでいくもの。その途中にある仏の輪に触れることができれば、極楽に行けるという言い伝えがあるそうです。

また朱色がうつくしい五重塔も見られ写真映えするので、博多散策で立ち寄るのにもおすすめですよ。

東長寺の基本情報

住所

福岡県福岡市博多区御供所町2-4

電話

092-291-4459

営業時間

9:00~17:00(大仏殿は16:45まで) ※要確認

休業日

※要確認

アクセス

地下鉄空港線祇園駅から徒歩約2分

JR博多駅から徒歩約10分

料金

無料

公式サイト

https://www.tochoji.net/

楽水園

博多駅近くの情緒あふれる日本庭園

Fukuoka-256 by Eneko Bidegain is licensed under CC BY 2.0

楽水園は博多駅のオフィス街にある日本式庭園で、駅から歩いて約12分の場所にあります。かつては博多商人の別荘で、1995年に市が池泉回遊式の日本庭園として整備し、開園しました。

この池泉回遊式とは、庭園の中心に池を周囲に園路を配置し、歩きながら庭園が楽しめるような設計になっているものを指します。都会の喧騒を忘れ、和の雰囲気に癒やされること間違いなしです!

photo by pixabay

楽水園の庭園も人気ですが、戦火で焼けてしまった大量の瓦や石を再利用するため堀として埋め込んだ、写真の博多堀も見どころ。同じようなものが櫛田神社でも見られますよ。

楽水園の基本情報

住所

福岡県福岡市博多区住吉2-10-7

電話

092-262-6665

営業時間

9:00~17:00

休業日

火曜(休日の場合はその翌日)

12/29~1/1

アクセス

西鉄バスTVQ前バス停から徒歩約2分

JR博多駅から徒歩約12分

料金

大人 100円、子ども(中学生以下) 50円

公式サイト

https://rakusuien.fukuoka-teien.com/

住吉神社

約1800年以上の歴史を誇る日本三大住吉の1つ

photo by pixabay

住吉神社は博多駅から歩いて約10分ほどと、車がなくても行きやすい観光スポット。底筒男神(そこつつのをのかみ)、中筒男神(なかつつのをのかみ)、表筒男神(うわつつのをのかみ)の住吉三神を祭神としています。こちらの住吉神社は、全国に2,129社ある住吉神社のなかで最初の神社だといわれています。

縁結びや家内安全、そして旅行の安全なども祈願できると参拝客に人気。さらに境内には本殿のほか、多くの歴史的名所が揃っているのでゆっくり散策してみてくださいね。

住吉神社の基本情報

住所

福岡県福岡市博多区住吉3-1-51

電話

092-291-2670

営業時間

(開門時間)4月〜9月 6:00~17:00、10月~3月 6:30~17:00

休業日

なし

アクセス

西鉄バス・住吉から徒歩約2分

JR博多駅・地下鉄博多駅より徒歩約10分

料金

無料

公式サイト

https://www.nihondaiichisumiyoshigu.jp/

博多リバレイン

家族で楽しめる博多川沿いの商業施設

photo by mayu

博多リバレインは地下鉄・中洲川端駅からすぐの場所にある商業施設。博多リバレインモールにはレストランやショップだけでなく、福岡アンパンマンこどもミュージアム in モールや福岡アジア美術館などが入っており、家族で楽しめるスポットが揃っています。

中洲川端駅に直結しているので、天候に左右されず観光しやすいのも魅力。博多リバレインの前には川端商店街もあるので、博多の下町の雰囲気も感じられますよ。

また周辺には、アートプロジェクト・アジアガーデンの一環でさまざまなパブリックアート作品が飾られており、写真を撮るのにもぴったりです!

博多リバレインの基本情報

住所

福岡市博多区下川端町3番1号

電話

092-271-5050(博多リバレインモール)

営業時間

10:00~19:00

※飲食店など一部店舗により異なる

休業日

※要確認

アクセス

地下鉄空港線・中洲川端駅から徒歩約1分

料金

無料

公式サイト

https://www.hakata-riverainmall.jp/

博多座

迫力満点のさまざまなジャンルの演劇が楽しめる

photo by mayu

博多座は、中洲川端駅から歩いて約3分と好アクセスの九州最大級の演劇専用劇場。博多座のある中洲・川端地区周辺は、江戸時代から芝居や芸能など興行の中心地として有名で、現在でも多くの人が演劇や公演を楽しもうと博多座を訪れています。

博多座は、回り舞台・花道・オーケストラピットなど、さまざまな演劇に対応できる日本でも珍しい場所なのだとか。なかに入ると豪華なロビーがお出迎えしてくれます。客席がある1階ロビーでは売店や食事ができるお店もあるので、劇場の合間に利用してみても良いでしょう。

博多座の基本情報

住所

福岡市博多区下川端町2-1

電話

092-263-5858

営業時間

公演により異なる

休業日

公演により異なる

アクセス

空港線・中洲川端駅から徒歩約3分

料金

公演により異なる

公式サイト

https://www.hakataza.co.jp/

福岡アジア美術館

世界に唯一!アジアの近現代の美術品を展示する都心型の美術館

photo by mayu

福岡アジア美術館は、先ほどご紹介した博多リバレインの施設の一部として隣接しており、大きな黄色の出入口が目印です。

福岡は古くからアジア外交の拠点として発展してきた背景もあり、アジアの近現代の美術品を系統的に収集し展示しています。ただ展示するだけでなく、アジアの美術品を通して互いの文化を理解し、認め合う交流型の美術館を目指している点も魅力です。

館内は、幅広いテーマの特別企画展を行う企画ギャラリーと、アジアの近現代美術の流れを系統的に紹介するアジアギャラリーに分かれているほか、アートカフェやミュージアムショップもあります。

車がなくても公共交通機関でアクセスしやすい場所にあるので、博多観光の候補にぜひ入れてみてくださいね!

福岡アジア美術館の基本情報

住所

福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階

電話

092-263-1100

営業時間

月〜木・日 9:30〜18:00、金・土 9:30〜20:00(最終入館は閉館の30分前まで)

休業日

水曜(休日の場合はその翌平日)

年末年始(12/26〜1/1)

アクセス

地下鉄空港線・中洲川端駅から徒歩2分

料金

入館無料 

【アジアギャラリー入館料】大人 200円、高・大生 150円、中学生以下 無料

公式サイト

https://faam.city.fukuoka.lg.jp/

天神地下街

1日中観光するのにぴったりな異国情緒感じる人気スポット

photo by mayu

天神地下街は博多駅から地下鉄で約5分ほどで着く大人の人気観光スポット。地上から地下街へ降りると劇場のような景色とヨーロッパの街並みを思わせる光景に、いるだけでワクワクしますよ。

全長590メートルある地下街には、ショップやレストランなどが約150店舗入っており、観光やショッピングにぴったり。さらにPARCOや岩田屋、大丸、三越といった商業施設と地下でつながっているので、雨の日でも安心して過ごせます。ショッピングや休憩にぜひ利用してくださいね。

天神地下街の基本情報

住所

福岡県福岡市中央区天神2丁目 地下1・2・3号

電話

092-711-1903

営業時間

開閉時間 5:30〜24:30

ショップ 10:00~20:00、レストラン 10:00〜21:00  ※一部異なる店舗あり

休業日

1/1

アクセス

地下鉄七隈線・天神南駅から徒歩1分

料金

無料

公式サイト

https://www.tenchika.com/

警固神社

天神の真ん中にたたずむパワースポット

photo by mayu

警固神社は、西鉄大牟田線福岡天神駅から歩いてすぐの場所にある都会のパワースポット。厄除けや合格祈願などのご利益で知られており、毎日多くの参拝客が利用しています。社務所は近年新しくリニューアル!モダンと緑が融合したおしゃれな建物です。都会の神社らしい洗練さも感じられる神社ですよ。

また警固神社の隣は警固公園になっており、多くの人々が思い思いの時間を過ごしています。休憩に利用してみても良いでしょう。

警固神社(けごじんじゃ)の基本情報

住所

福岡県福岡市中央区天神2丁目2-20

電話

092-771-8551

営業時間

(開門時間)6:30~18:00

休業日

月曜(祝日の場合は開館)

アクセス

西鉄大牟田線福岡天神駅から徒歩約1分

西鉄バス・天神警固神社三越前より徒歩約1分

料金

無料

公式サイト

https://kegojinja.or.jp

天神中央公園

休憩にぴったり!天神にある都会のオアシス

photo by mayu

福岡市役所のうしろに位置する天神中央公園は、都会にたたずむオアシスとして多くの人に親しまれています。 総面積は約3万1,000平米と広大な敷地を有し、中央の緑豊かな広場では、ピクニックをしたりボール遊びをする人も見られる県民の憩いの場です。

photo by mayu

公園の北側は、アクロス福岡という複合施設に隣接しています。写真は通称アクロス山と呼ばれるもので、建物を山に見たてて全面に緑が植えられているのが特徴。近くで見ると迫力がありますよ。

また天神中央公園は桜がきれいで有名なので、ぜひ春にも訪れてくださいね。

天神中央公園の基本情報

住所

福岡県福岡市中央区天神1丁目1

電話

092-716-6730(公園管理事務所)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

西鉄・福岡天神駅から徒歩約3分

西鉄バス・市役所北口バス停から徒歩約1分

料金

無料

公式サイト

https://tenjin-central-park.jp/

元祖博多めんたい重 西中洲

特製ダレをかけて食べるめんたい重が絶品!

photo by mayu

地下鉄空港線・中洲川端駅から徒歩約3分の場所にある元祖博多めんたい重は、オープン以来多くの観光客に人気で、店舗の前は行列ができるほど。

人気は元祖博多めんたい重。手間ひまかけてじっくりと漬け込んだ明太子を、ぜいたくに丸々一本使ったもので博多名物になっています。この明太子だけでも十分おいしいですが、めんたい重に合うように独自につくられた特製ダレをかけて食べると、さらに味わい深く絶品です!

また元祖博多めんたい重は、博多駅構内にテイクアウト専用の店舗があり、めんたい重のお弁当を販売しています。お土産や駅弁にいかがでしょうか?

元祖博多めんたい重 西中洲の基本情報

住所

福岡県福岡市中央区西中洲6-15

電話

092-725-7220

営業時間

7:00~22:30(L.O 22:00) ※要確認

休業日

なし

アクセス

地下鉄空港線・中洲川端駅から徒歩約3分

料金

元祖博多めんたい重 1,848円(税込)、ほか

公式サイト

https://www.mentaiju.com/

福岡大名ガーデンシティ

2023年オープンの緑豊かな商業施設

photo by mayu

福岡大名ガーデンシティは、地下鉄空港線・天神駅から徒歩約3分の大名エリアに2023年にオープンした複合施設です。中心にそびえる福岡大名ガーデンシティ・タワーには、レストランやショップ、オフィス、ラグジュアリーホテルといったさまざまな施設が入っています。

正面のシンボルである門をくぐると、緑のガーデンシティ・パークが広がっており、休憩したり親子で遊んだりするのにぴったり。大名ガーデンシティは表は洗練された都会の雰囲気漂う施設ですが、裏側は以前大名小学校だった設備の一部が残っており、どこか懐かしさを覚える場所でもあります。

イベントなども開催されているので、大名エリアの新しい魅力に出会いに足を運んでみてくださいね。

福岡大名ガーデンシティの基本情報

住所

福岡県福岡市中央区大名2丁目6-50(FDGCタワー)

電話

店舗により異なる

営業時間

ショップ 10:00~20:00、レストラン 10:00~23:00 

※一部異なる店舗あり

休業日

なし

アクセス

地下鉄空港線・天神駅から徒歩約3分

西鉄バス・西鉄グランドホテル前から徒歩約1分

料金

無料

公式サイト

https://fukuoka-dgc.jp/

大濠公園

地元の人に愛される美術館もある公園

photo by Unsplash

大濠公園は福岡市の中心部にある公園で、最寄りのバス停から歩いて約5分でアクセスできます。都会にありますが広大な面積を有し、ランニングをしている人や遊具で遊ぶ親子などでにぎわっています。

園内には日本庭園や福岡市美術館、スターバックスコーヒーもあるのでゆっくり過ごすのにもぴったり。また大濠公園には大きな池がありますが、そこにいる鯉の大きさには圧倒されます!フォトジェニックなスポットなので、休憩がてらに立ち寄ってみてください。

大濠公園の基本情報

住所

福岡県福岡市中央区大濠公園1番2号

電話

092-741-2004

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

地下鉄空港線・大濠公園駅または唐人町下車から徒歩7分

西鉄バス・黒門または大濠公園から徒歩約5分

料金

無料

公式サイト

https://www.ohorikouen.jp/

福岡城跡

飛鳥時代の古代城と江戸時代の城郭の2つが見どころ

photo by Unsplash

福岡城は、江戸時代に初代福岡藩主の黒田長政が建てた城。車でのアクセスがおすすめですが、地下鉄で行くことも可能です。

福岡城は海側から見ると鶴がはばたく様子に似ていることから舞鶴譲と呼ばれていましたが、現在は残念ながら城自体は残っておりません。しかし城内には、国指定重要文化財の天守台・多聞櫓や、県指定有形文化財の潮見櫓は残っており、当時の様子を想像することできます。

さらに飛鳥時代から平安時代にかけて、海外からの使節団の宿泊所や外交施設として機能していた鴻臚館(こうろかん)の遺跡も見学可能です。同じような施設は京都や大阪でも確認されていますが、遺跡が残っているうえ国指定史跡に登録されているのはこの鴻臚館のみなので、福岡城跡に行ったらあわせて見ておきたいスポットの一つ。

また福岡城は桜の名所としても有名で、とくに春の散策はおすすめ!城や歴史好きの人は足を運んでみてはいかがでしょうか?

福岡城跡の基本情報

住所

福岡県福岡市中央区城内1

電話

092-732-4801(福岡城むかし探訪館)

営業時間

9:00~17:00(南丸多聞櫓前庭) ※要確認

休業日

なし

アクセス

福岡市営地下鉄「赤坂駅」2番出口から徒歩約10分

料金

無料

※イベント期間中は有料の場合あり

公式サイト

https://fukuokajyo.com/

福岡PayPayドーム

福岡ソフトバンクホークスの本拠地

Fukuoka Yahoo! Japan Dome by ElCapitanBSC is licensed under CC BY-SA 2.0

数多くの野球試合やコンサートで使用されることが多い福岡PayPayドーム。九州最大規模の大きさを誇り、屋根が可動式なので天候に関係なく利用できるのが特徴です。

福岡PayPayドームをより楽しめるように、ドームガイドによる3つのドームツアー見学(有料)も行われています。まずドーム満喫コースでは、選手たちが実際に座っているベンチやロッカールームやブルペンを中心にまわるので、野球好きにとくにおすすめ。

また試合日限定で、一般開場前に3塁側の席から選手が練習している様子が見られる豪華な練習見学コースもありますよ。さらにアドベンチャーコースでは高さ約30メートルからドーム全体を眺められます。ドーム自体のつくりに興味がある人はチャレンジしてみると良いでしょう。

福岡PayPayドームの隣にはMark is(マークイズ)という商業施設が入っており、ショッピングやグルメも楽しめます。このほかドームの目の前には、BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)というエンターテイメント施設もありますよ。ここでは絶景アトラクションをはじめとした革新的なコンテンツが常時楽しめるおすすめスポットです。

福岡PayPayドーム周辺には観光スポットも多いので、あわせて行ってみてくださいね。

福岡PayPayドームの基本情報

住所

福岡県福岡市中央区地行浜2-2-2

電話

092-844-1189

営業時間

試合により異なる

休業日

※要確認

アクセス

福岡市地下鉄唐人町駅下車

3番出口より徒歩約15分

料金

【試合観戦】外野自由席 大人1,000円、子ども(4歳~中学生)100円 ※座席により異なる

【ドームツアー】ドーム満喫コース(60分) 大人 1,600円、子ども(中学生以下) 850円

公式サイト

https://www.softbankhawks.co.jp/stadium/

福岡タワー

夜間のイルミネーションが幻想的

photo by Unsplash

福岡タワーは、博多駅からバスや地下鉄でもアクセスできる福岡のランドマーク。海浜タワーとしては国内最大で、全長234メートルを誇ります。全面鏡で覆われている洗練された姿は、うつくしく迫力満点!

地上123メートルの場所にある展望台は、福岡の景色を360°のパノラマで楽しめる人気スポット。日中は博多湾に太陽が反射して宝石のようにキラキラと光ってうつくしいですが、夜のロマンチックな夜景もおすすめです。さらに夜間にはタワーの全面を利用して行われるイルミネーションもあり、内容が時期によって変わるのも必見ですよ。

また、展望台ではSKY WAIK123というVR体験(有料)ができます。福岡の人気スポットを実際にドローンを飛ばして撮影しており、それらの映像を見られるのだとか!コントローラーを使うと自分好みに移動できるので、まるで空を飛んでいるような気分が味わえますよ。

福岡タワーの基本情報

住所

福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3-26

電話

092-823-0234

営業時間

9:30~22:00(最終入館 21:30)

休業日

6/24、25

※2024年の場合

アクセス

西鉄バス306番・福岡タワーから徒歩すぐ

地下鉄空港線・西新駅から徒歩約10分

料金

大人 800円、シニア(65歳以上)720円、子ども(小学生、中学生) 500円、幼児(4歳以上)200円

公式サイト

https://www.fukuokatower.co.jp/

福岡市動物園

リニューアルしてさらに魅力いっぱいの動物園

Fukuoka city zoological garden, Japan by pelican is licensed under CC BY-SA 2.0

福岡市動物園は、動物園と植物園が隣接した人気のレジャースポット。動物園は2024年で開園70周年を迎え、入口がリニューアルされているだけでなく園内もリニューアルが進み、次々に新しくなっています。

ゾウが亡くなって以降、空になったゾウ舎がどことなく寂しい印象だったのですが、2024年春にアジアゾウ4頭の受け入れが発表されていて、筆者にとってもうれしい限りです!

園内には、アミメキリンやアムールトラ、マレーグマといった大型動物をはじめ、99種類・約467点あまりの動物を飼育しています。ニホンザルがいるサル山やカバも見どころなので、ぜひ行ってみてくださいね。園内は坂道が多いので、歩きやすいスニーカーや服装がおすすめですよ。

福岡市動物園の基本情報

住所

福岡市中央区南公園1番1号

電話

092-531-1968

営業時間

9:00~17:00(入園は16時30分まで)

休業日

月曜(祝日の場合は翌日休 ※3月の最終月曜は開園)

年始年末(12/29~1/1)

アクセス

西鉄バス・動物園前から徒歩すぐ

地下鉄七隈線・薬院大通駅(動植物園口)から徒歩約15分

料金

大人 600円、高校生以下 300円、子ども(中学生以下)無料

公式サイト

https://zoo.city.fukuoka.lg.jp/

筥崎宮

勝運の神をつかさどる人気パワースポット

Hakozaki-gu(Shrine) / 筥崎宮(はこざきぐう) by TANAKA Juuyoh (田中十洋) is licensed under CC BY 2.0

 筥崎宮は、JR博多駅から電車で約15分の場所にある、開運勝利の神様をまつっている神社。宇佐、石清水両宮と並び、日本三大八幡宮のひとつに数えられています。

鎌倉時代に元(旧モンゴル帝国)が攻めてきた時に、この地に神風が吹いて困難を乗り越えたことから、厄除けや勝運の祈願ができる神社として有名で、これまでに足利尊氏や豊臣秀吉といった名だたる武将が参拝に訪れたのだとか!

また、9月に1週間に渡って開かれる放生会(ほうじょうや)は九州でも人気のお祭りで多くの人でにぎわいます。この期間は周辺道路が混み合いやすいので、電車移動がおすすめですよ。お祭り期間も長いため、時間が合えばぜひ訪れてくださいね。

筥崎宮(はこざきぐう)の基本情報

住所

福岡市東区箱崎1-22-1

電話

092-641-7431

営業時間

6:00~19:00(境内の開門と閉門時間)

休業日

なし

アクセス

地下鉄・箱崎宮前駅から徒歩約3分(1番出口)

西鉄バス・箱崎下車から徒歩約3分

料金

無料(境内)

公式サイト

https://www.hakozakigu.or.jp/

マリンワールド海の中道

九州の海をテーマにした水槽が魅力

IMGP6320 by yuki5287 is licensed under CC BY 2.0

マリンワールド海の中道は、博多湾に面した場所にあり公共交通機関でもアクセスできる人気観光スポット。電車でのアクセスが一般的ですが、船に乗ってアクセスすることも可能です。

マリンワールド海の中道では九州の海をテーマに、九州近海や川、深海、外洋、奄美のサンゴ礁などを幅広く展示しています。なかでもおすすめなのはラッコ。2024年現在、国内でラッコが見られるのは2箇所のみなんだとか!マリンワールド海の中道に行ったらぜひ見てみてくださいね。

さらに1階と2階にまたがる九州の外洋にいる魚を展示している巨大水槽は、この水族館のハイライト的存在となっています。シロワニやいわしの群れなど数多くの魚がいるので、時間を忘れていつまでも見ていたくなりますよ。

マリンワールド海の中道の基本情報

住所

福岡市東区大字西戸崎18-28

電話

092-603-0400

営業時間

9:30~17:30

GW・夏季 9:30~21:00

12~2月 10:00~17:00

※このほか季節によって変動あり

休業日

2/5、6

※2024年の場合

アクセス

JR海の中道駅から徒歩約5分

西鉄バス・マリンワールド海の中道から徒歩約3分

ベイサイドプレイス博多ふ頭から船で約20分

料金

大人 2,500円、シニア(65歳以上)2,200円、子ども(小・中学生) 1,200円、幼児(3歳以上小学生未満)700円

公式サイト

https://marine-world.jp/

海の中道海浜公園

海風を感じながら四季折々の花々を楽しめる

Uminonakamichi Seaside Park 4/3 by Kimon Berlin is licensed under CC BY-SA 2.0

JR博多駅から電車を乗り継いで約40分の場所にある海の中道海浜公園は、小さな子どもから大人まで1日中楽しめるおすすめレジャースポット。年中楽しめるお花畑や動物園、遊具、バーベキュー場など、広い敷地でさまざまな楽しみ方ができます。

とくに高所のアクティビティが得意な人におすすめなのが、光と風の広場に設置されているシー・ドラグーン(有料)。国内でも最大規模を誇る巨大アスレチックタワーで高さは16.8メートルもあります!空中自転車などの数々のアスレチックをこなしながら、頂上を目指していくのが特徴。頂上からは、博多湾や玄界灘の絶景も見られる人気のスポットです。

天気が良い日の観光スポット候補としてぜひ検討してみてくださいね。

海の中道海浜公園の基本情報

住所

福岡県福岡市東区西戸崎18-25

電話

092-603-1111

営業時間

3月1日~10月31日 9:30~17:30

11月1日~2月末 9:30~17:00

休業日

2月第1月曜日とその翌日

年末年始(12/31、1/1)

アクセス

JR海の中道駅から徒歩すぐ

西鉄バス・マリンワールド海の中道から徒歩約3分

料金

大人 450円、シルバー(65歳以上)290円、子ども(中学生以下) 無料

公式サイト

https://uminaka-park.jp/

博多の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、博多のおすすめの観光スポットを紹介しました。名所や見どころがいっぱいある博多では、効率よく観光にグルメ、ショッピングも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、福岡・博多旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

 

cover photo by pixabay

 

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる