NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】イタリア・ベネチアでおすすめの観光地11選!名所や穴場を厳選

ベネチアには、サン・マルコ広場やカナルグランデなどの有名な観光地がいっぱい! 今回は、イタリア・ベネチア旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から11選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ベネチア旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ベネチアには、サン・マルコ広場やカナルグランデなどの有名な観光地がいっぱい!

今回は、イタリア・ベネチア旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から11選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ベネチア旅行の参考にしてくださいね!

Contents

ベネチア観光における基本情報

日本との時差

-8時間(サマータイムは-7時間)

フライト時間

約13時間

公用語

イタリア語

通貨

ユーロ

治安

比較的安全
※観光客が集まるエリアではスリやひったくりに注意が必要

物価

日本に比べて物価が少し高い傾向

電源プラグ

Cタイプ※変換プラグが必要

イタリア・ベネチアには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

アドリア海のラグーンに築かれた水の都・ベネチア。ラグーンの中には100を超える島が点在しており、運河を行き交うゴンドラや歴史的な建物の景観は訪れる人を魅了します。

ベネチアならではのゴンドラや水上バス、水上タクシーで移動したり、街歩きを楽しんだり、移動時間もわくわくが止まりません。

\NEWTでベネチア旅行をチェック!/

ベネチアで絶対行きたいおすすめ観光地6選

ここでは、ベネチアで絶対に訪れたい定番の観光スポットを紹介。定番の観光スポットの大半はベネチア本島にあり、徒歩で周遊できるので、1日あれば観光できます。

対岸の観光地にも水上バスでらくらくアクセスできるのも、ベネチア観光の魅力です!

サン・マルコ広場

世界でもっとも美しい広場に感動!


photo by Unsplash

ベネチアの中心地にある、高くそびえ立つ鐘楼(しょうろう)が目じるしのサン・マルコ広場。高さ100メートルの鐘楼をはじめ、歴史ある時計台、サン・マルコ寺院、ドゥカーレ宮殿、広場を取り囲む大理石の回廊は、うっとりする景観で「世界でもっとも美しい広場」と評されるのも納得です。


photo by Unsplash

サン・マルコ広場の回廊には、ベネチア最古のcaffè florian(カフェ フローリアン)などのおしゃれなカフェやお土産屋さんが立ち並んでいます。観光案内所もあるので、ベネチア観光はここからスタートするのがおすすめ!

サン・マルコ広場(Piazza San Marco)の基本情報
住所: P.za San Marco, 30100 Venezia VE, イタリア
電話:なし
営業時間:24時間 ※広場内のサン・マルコ寺院、鐘楼は営業時間あり
休業日:なし
アクセス: 水上バス1・2番サンマルコ(San Marco Vallaresso)駅から徒歩約5分
料金:無料 ※広場内のサン・マルコ寺院、鐘楼などの施設への入場は有料

サン・マルコ寺院

豪華な外観と宝石で彩られた祭壇画に圧倒


photo by pixabay

ベネチアの守護聖人である聖マルコをまつるために建てられたサン・マルコ寺院。数世紀にわたって改修が繰り返されてきましたが、改修のたびにロマネスク、ゴシック、ルネッサンスなどさまざまな建築様式が複合し、11世紀に現在の姿になったそうです。

床や壁のいたるところまで細部に施された彫刻やモザイク画など、どこを切り取っても圧倒的な美しさに心を奪われます。

中でも、聖堂内のパラ・ドーロでは、宝石がはめこまれたきらびやかな祭壇画を見ることができます。黄金に輝く縫製細工は思わず言葉を失ってしまう美しさです。


Basilica di San Marco by TracyElaine is licensed under CC BY 2.0

サン・マルコ寺院には無料エリアと有料エリアがあり、パラ・ドーロ、宝物館、博物館への入場のみが有料となっているので、寺院には無料で入ることができます。

ベネチア随一の人気観光スポットなので、入場するには長蛇の列になることも多々あります。人が少ない朝イチや、事前のネット予約がおすすめです。ネットの事前予約は、毎年4月1日~11月3日のみの販売なので注意しましょう(最新情報を要確認)。

サン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)の基本情報
住所: P.za San Marco, 328, 30100 Venezia VE, イタリア
電話:+39-041-270-8311
営業時間:9:30〜17:15、日・祝 14:00〜17:15 ※要確認
休業日:なし
アクセス: 水上バス1・2番サンマルコ(San Marco Vallaresso)から徒歩約5分
料金:【パラ・ドーロ】大人 5ユーロ(約815円)、子ども(6歳以下) 無料 【博物館】大人 5ユーロ(約815円)、子ども(6歳以下) 無料 【宝物館】大人 3ユーロ(約489円)、子ども(6歳以下) 無料
※2023年11月27日のレート、1ユーロ=163.09円で計算
公式サイト:http://www.basilicasanmarco.it/

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会

教会の鐘楼からベネチア全体の絶景を一望!


photo by pixabay

サン・マルコ広場のすぐ対岸にあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ島。この島の敷地の大半を占める教会が、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会です。

この教会は天才建築家と呼ばれるパッラーディオによって1566年から1610年にかけて建築されました。大理石を組み合わせたルネッサンス様式、赤レンガのゴシック建築、サン・マルコ寺院のようなビザンチン風とパッラーディオ様式が融合した唯一無二の美しさです。


photo by pixabay

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会の見どころは建物の美しさだけでなく、教会からの景観です。教会の鐘楼をエレベーターで登ると、アドリア海に囲まれた絶景が待っています。対岸のベネチアの美しさに心ゆくまで浸りましょう。

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会(Basilica di San Giorgio Maggiore)
の基本情報
住所: Isola di S.Giorgio Maggiore, 30133 Venezia VE, イタリア
電話:+39-375-632-3595
営業時間:9:00〜19:00
休業日:なし
アクセス:水上バス サンジョルジョ(San Giorgio)駅から徒歩約1分
料金:【教会】入場無料 【鐘楼】6ユーロ(約978円)
※2023年11月27日のレート、1ユーロ=163.09円で計算
公式サイト:http://www.abbaziasangiorgio.it/

ドゥカーレ宮殿

誰もが心うばわれる名画の数々と豪華な内装


photo by pixabay

かつてベネチア共和国の総督の館や、政府庁舎、裁判所として使われていたドゥカーレ宮殿。白とピンクの大理石で施された外観からは、かつてのベネチア共和国の栄華を感じることができます。現在はベネチア映画祭の会場にも使用されている、有名な観光スポットです。


Doge's Palace by Nan Palmero is licensed under CC BY 2.0

内部にはきらびやかな部屋がたくさんあり、その美しさに圧倒されます。中でも世界最大の油絵と呼ばれているティントレット作の『天国』や黄金の階段は必見!

ドゥカーレ宮殿にはきらびやかな面だけでなく、かつて牢獄もありました。知られざるドゥカーレ宮殿に迫るシークレットツアーもおすすめです。

ドゥカーレ宮殿(Doge's Palace)の基本情報
住所:P.za San Marco, 1, 30124 Venezia VE, イタリア
電話:+39-041-271-5911
営業時間:9:00〜19:00、5 /12〜9/30のみ 金・土 9:00〜23:00、6/1/・8/15〜16のみ  9:00〜23:00 ※23時までの夜間営業の日程は2023年のもの・2024年以降は要確認
休業日:なし
アクセス:水上バス1・2番サンマルコ(San Marco Vallaresso)駅から徒歩約5分
料金:大人 30ユーロ(約4,892円)、6歳〜14歳・15歳〜25歳の学生・65才以上 15ユーロ(約2,446円)、子ども(5歳以下) 無料 ※オンライン購入の場合割引あり
※2023年11月27日のレート、1ユーロ=163.09円で計算
公式サイト:https://palazzoducale.visitmuve.it/en/home/

カナル・グランデ

水の都を象徴する大運河


photo by pixabay

約3.8kmにもおよぶベネチアのメイン運河であるカナル・グランデ。ベネチアの街をS字型に二等分するように流れています。ロマネスク、ゴシック、バロック、ルネサンスなど異なる様式の建物が両岸に調和しながら立ち並ぶ様子は、まさにベネチアならではの景色。

このカナル・グランデの建築群は、世界遺産「ベネチアとその潟」を構成する遺産の一つとして登録されています。


photo by unsplash

また、ベネチアの人気写真スポットである4つの橋、リアルト橋、スカルツィ橋、アッカデーミア橋、コスティトゥツィオーネ橋は、すべてこのカナル・グランデに架かっています。

せっかくなので貸切のゴンドラに乗って、ゆっくり運河を周遊しながらロマンチックな街並みを心ゆくまで味わってみては?

カナル・グランデ(Canal Grande)の基本情報
住所:Canal Grande, ヴェネツィア, イタリア
電話:なし
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス:ベネチア・サンタ・ルチーア駅から徒歩1分
料金:なし ※ゴンドラや水上ボートに乗船は別料金

リアルト橋 

カナルグランデにかかるベネチアで最も歴史ある橋


photo by Unsplash

カナル・グランデ運河にかかる最古の橋で、16世紀に改修され現在の白い大理石の姿になりました。リアルト橋は、水上から撮影したり、橋の上からパノラマ写真を撮影したりと、ベネチアの中でも観光客でにぎわう撮影スポットのひとつです。シェイクスピアの「ベニスの商人」にも登場することで有名!


Notturno Veneziano by Hervé Simon is licensed under CC BY-SA 2.0

夕暮れ時のリアルト橋はライトアップされ、周辺のレストランや船着場にも灯りがともるので一気にロマンチックな雰囲気に。

また、リアルト橋周辺はショッピングにもおすすめです。たくさんのお土産屋さんやブランドショップが立ち並びます。地元民が利用する朝市もあるので、ローカル気分を味わってみては?

リアルト橋 (Ponte di Rialto)の基本情報
住所:Sestiere San Polo, 30125 Venezia VE, イタリア
電話:なし
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス:水上バス1、2番リアルト(Rialto)より徒歩約2分
料金:無料

ベネチアの知る人ぞ知る穴場観光地5選

ここからはベネチアの穴場の観光スポットを紹介します。ベネチア本島にある観光スポットから、少し足を伸ばした島々まで、魅力たっぷりの観光地をぜひ訪れてみてください!

ため息橋

恋人たちに人気のロマンチックスポット


photo by Unsplash

ドゥカーレ宮殿の尋問室と古い牢獄をむすぶため息橋。16世紀半ばに造られた橋で、かつてドゥカーレ宮殿で有罪判決を受けた囚人が牢獄に向かう際にベネチアの美しい風景を最後に見て、ため息をついたことからその名が付けられました。


photo by Unsplash

そんな悲しいエピソードがある橋ですが、日没時に橋の下でキスをすると永遠に結ばれるというロマンチックな言い伝えもあります。ハネムーナーやカップルには、ぜひ訪れて欲しいスポットです。

ため息橋(Ponte dei Sospiri)の基本情報
住所:P.za San Marco, 1, 30124 Venezia VE, イタリア
電話:なし
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス:サン・マルコ広場(Piazza San Marco)から徒歩約1分
料金:無料

アカデミア美術館

ベネチア派の名作をゆっくり堪能!


Gallerie dell'Accademia, Venice by Dimitris Kamaras is licensed under CC BY 2.0

14世紀〜16世紀のベネチア派絵画を中心に、約2,000点の作品が展示されるアカデミア美術館。かつては美術学校だったことからその名が付きました。


Gallerie dell'Accademia by Kent Wang is licensed under CC BY-SA 2.0

アカデミア美術館にはベネチアの三大画家とされているティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼなどの傑作が展示されています。

ベネチア派以外にも、フィレンツェ派のダ・ヴィンチなどの作品も時期によっては特別展示されており、アート好き、絵画好きにはたまらないスポットです!

アカデミア美術館(Gallerie dell'Accademiai)の基本情報
住所:Calle della Carità, 1050, 30123 Venezia VE, イタリア
電話:+39-041-522-2247
営業時間:月 8:15〜14:00、火〜日 8:15〜19:15
休業日:なし
アクセス:水上バス アカデミア(Accademia)駅から徒歩約3分
料金:16ユーロ(約2,609円) ※時期により変動あり
※2023年11月27日のレート、1ユーロ=163.09円で計算
公式サイト:https://www.gallerieaccademia.it/

ムラーノ島

ベネチアンガラスの島で旅のお土産を購入しよう!


photo by pixabay

ベネチア本島から水上バスで約15分〜20分で訪れることができるムラーノ島。カラフルで色鮮やかなベネチアングラスの生産地として有名です。ムラーノ島には13世紀から続く伝統技術を今もなお守り続けるガラス工房が、約200軒残っています。


Craftsman in Murano by Cristina Valencia is licensed under CC BY 2.0

街には、ガラス博物館や製造工程を見ることのできるショールーム、ベネチアングラスのお土産屋さんが立ち並び、歩いているだけでもわくわくします。とっておきのベネチアングラスを旅の思い出にいかがですか?

ムラーノ島(Murano)の基本情報
住所:30141 Venezia VE
電話:なし
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス:ベネチア本島フォンダメンテ・ヌオヴェ(Fondamente nove)駅から
水上バスで約15分
料金:無料

ブラーノ島

カラフルな街並みが写真映えまちがいなし!


photo by pixabay

ベネチア本島から水上バスで45分、ムラーノ島からは25分ほど進んだところにある、ブラーノ島。この島の魅力は、まるで絵本の世界に迷い込んだようなカラフルでかわいい家々です!

漁業の街として昔から栄えていたブラーノ島の漁師たちが、霧の中でも自分たちの家を見つけるためにカラフルに家をペイントしたのがはじまりと言われています。


photo by pixabay

ブラーノ島は、主要スポットは1時間ほどで周れるほどコンパクトな島ですが、カラフルな家だけでなくレース編みでも有名です。

運河沿いにはレース編みのお店が立ち並んでいるので、ぜひ立ち寄ってみてください。また漁業がさかんな島だけあって、シーフード料理も絶品です!

ブラーノ島(Burano island)の基本情報
住所:30142 Venezia VE
電話:なし
営業時間:なし
休業日:なし
アクセス:ベネチア本島 フォンダメンテ・ヌオヴェ A(F.te Nove A)から水上バスで約45分、ムラーノ島 ムラーノ・ファーロ B1(Murano Faro B1)から水上バスで約25分
料金:無料

リアルト市場

ベネチアの朝市でローカル体験


 Mercato Rialto by Kate Hopkins is licensed under CC BY 2.0

先ほどご紹介したリアルト橋の近くで開催されるリアルト市場。野菜類や果物類、魚介類など地元の新鮮な食材が並び、地元民と観光客から人気の市場です。

リアルト市場は早朝から営業しており、お昼頃には閉まってしまうお店も。そのため早起きした日に、散歩がてら市場に向かうのがおすすめ。地元の食品やベネチアならではの新鮮なシーフードなどの美味しい味覚を満喫できるでしょう。


Venice. #8. by dr_tr is licensed under CC BY 2.0

市場を見て回った後にはリアルト橋付近にある露店に足を運んでみるのもいいですね。ベネチア観光の際は、現地の朝市の雰囲気を味わったり、新鮮なフルーツを食べてみたりして、リアルト市場を楽しんでみてはいかがでしょうか?

リアルト市場(Rialto Mercato)の基本情報
住所:Calle Prima de la Donzella, 306, 30125 Venezia VE, イタリア
電話: なし
営業時間:7:30〜15:00
※最新情報をご確認ください
休業日:日曜
※最新情報をご確認ください
アクセス:リアルト橋から徒歩約3分
料金:店舗によって異なる

ベネチア観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by pixabay

美しい寺院から離島まで魅力たっぷりのベネチア。本格ベネチア郷土料理や本場のジェラートなどグルメも外せません。

ベネチアは観光地がぎゅっと集まっているので、1泊2日で主要な観光地は網羅できます。美術品をゆっくり鑑賞したり、カフェやレストランでまったり過ごすなら2泊3日〜3泊4日の滞在もおすすめ!

<スケジュール例>

1日目 ベネチアに到着→サン・マルコ広場とサン・マルコ寺院を観光→ドゥカーレ宮殿を鑑賞→サン・マルコ広場周辺でイタリア料理ランチ→ため息橋→水上バスに乗りサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会へ→カナルグランデを通ってリアルト橋へ→周辺でショッピング→Trattoria alla Madonnaでベネチア郷土料理を堪能!

2日目 アカデミア美術館を鑑賞→Algiubagio restaurantでムラーノ島をながめながらぜいたくランチ→Fondamente nove駅から水上バスでムラーノ島へ→ブラーノ島へ→Barbaneraで本場のピザディナー

3日目 移動または帰国

イタリア・ベネチアの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、イタリア・ベネチアのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるベネチアでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、イタリア旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年11月27日のレート、1ユーロ=163.09円で計算しています。

cover photo by Unsplash

よくある質問

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ベネチアの東京発のおすすめツアー

ベネチア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる