NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】イタリア・ボローニャの人気観光地10選!名所や穴場を厳選

ボローニャには、ボローニャの斜塔やサン・ペトローニオ聖堂などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、イタリア・ボローニャ旅行でおすすめ観光スポットをご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ボローニャ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ボローニャには、ボローニャの斜塔やサン・ペトローニオ聖堂などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、イタリア・ボローニャ旅行でおすすめ観光スポットをご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ボローニャ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

イタリア・ボローニャには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by pixabay

ボローニャは、世界中から観光客が訪れているマッジョーレ広場や街のシンボルとして愛されているボローニャの斜塔など、観光地がたくさんあります。それぞれの観光スポットは歩いて周れるほど近い距離にあることが多いので、初めてのボローニャ旅行でも観光しやすいのがうれしいポイント!

サントゥアリオ・デッラ・マドンナ・ディ・サン・ルーカなどの少し離れた場所にある観光地は、バスや電車などの公共交通機関を使用して、手軽にアクセスできます。ボローニャ ウェルカム カードを事前にゲットしておけば、よりお得に観光を楽しむこともできますよ!

今回はイタリアのボローニャにある人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

ボローニャで絶対行きたいおすすめ観光地6選

まずは、初めてのボローニャ旅行で必ず行きたい、定番の観光地をご紹介します!ボローニャにある人気の観光スポットは市街地に集中しているため、歩いてアクセスしやすく、効率的に楽しめます。

海外旅行に不安のある方は、現地のツアーに参加するのもおすすめです。

サン・ペトローニオ聖堂

アントニオ・ヴィンチェンツォが手がけた大きな聖堂


photo by Unsplash 

ボローニャに行ったなら必ずチェックして欲しいのが、サン・ペトローニオ聖堂。ボローニャの守護聖人であるサン ペトロニオのために作られた、マッジョーレ広場にある聖堂です。

アントニオ ディ ヴィンチェンツォの手により1390年に着工が開始されてから長い年月が経っているものの、ファサードを見ての通り、大理石で装飾されているのは中心から下の部分のみ。建設当初は世界で一番大きな聖堂となる予定でしたが、600年以上経過した現在も完成しないままとなっています。


Bologna - Basilica di San Petronio by Fred Romero is licensed under CC BY 2.0

サン・ペトローニオ聖堂の内部には、彫刻派のヤコポ・デッラ・クエルチャが手がけた彫刻『聖母マリアと幼子キリスト』や、天文学者であるジョバンニ・ドメニコ・カッシーニの日時計があるほか、有料で礼拝堂や美術品などの見学もできます。

サン・ペトローニオ聖堂は宗教寺院なので、タンクトップなどの露出度の高い服装では入場できません。聖堂も美術品の見学エリアも一部を除き無料で入場できますが、内部を撮影するには2ユーロ支払う必要があります。

サン・ペトローニオ聖堂(Basilica di San Petronio)の基本情報
住所: Piazza Maggiore, 40124 Bologna BO, イタリア
電話:+39 346 576 8400
営業時間:【大聖堂】8:30〜13:30、15:00〜18:30 【美術館】火曜〜土曜 10:00〜12:30、15:00〜18:00
休業日:【美術館】月曜、日曜
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約22分、マッジョーレ広場から徒歩で約2分
料金:【ルートA:賢者の礼拝堂(ボローニーニ)、サン セバスティアーノ礼拝堂、サン ヴィンチェンツォ礼拝堂】5ユーロ(約770円) 【ルートB:木造聖歌隊、中会堂から見えるロレンツォ・ダ・プラート作のオルガン、ヤコポ・デッラ・クエルチャ作のパネルのレプリカ、未完成のファサード】1ユーロ(約154円)
※2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算
公式サイト:https://www.basilicadisanpetronio.org/

ボローニャの斜塔(アシネッリの塔とガリセンダの塔)

ボローニャのシンボルとして愛される斜塔


photo by Unsplash

ボローニャのシンボルとして愛されているのが、ボローニャの斜塔。約97mの高さを誇るアシネッリの塔と約48mのガリセンダの塔という、寄り添って建つ2つの斜塔が特に有名で、900年以上前に、権力者が力を誇示する目的もあって建てられたと言われています。

それぞれの塔はピサの斜塔のように傾いていて、少し離れた場所から見るとその傾斜に驚くはず。また2つの塔の間には、ボローニャの守護聖人であるサン・ペトロニオの像も建てられています。ちなみにボローニャには、この代表的な2つの斜塔のほかにも20近い塔がありますので、街を歩きながら探してみてくださいね。


photo by pixabay

2つの斜塔のうち、アシネッリの塔は中に入って頂上部分まで登ることができます。エレベーターはなく、498の階段を自力で登らないといけないですが、体力に自信がある方はチャレンジしてみてくださいね。

ボローニャの斜塔のチケットは、現地で購入することはできません。公式サイトにて事前に予約しておく必要があります。入場時間は15分ごとに決められており、24時間前までキャンセル可能です。

ボローニャの斜塔(Torre degli Asinelli Torre Garisenda)の基本情報
住所: P.za di Porta Ravegnana, 40126 Bologna BO, イタリア
電話:+886-2-6610-3600
営業時間:9:00~17:00 ※季節によって変動あり
休業日:12月25日
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約22分、マッジョーレ広場から徒歩で約4分
料金:大人 5ユーロ(約770円)、子ども(12 歳未満、65 歳以上) 3ユーロ(約462円)
※2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算
公式サイト:https://www.bolognawelcome.com/it/esperienze/112542/Le-due-Torri---Prenotazione-salita-alla-Torre-degli-Asinelli

マッジョーレ広場

歴史的建造物に囲まれた市民の憩いの場


photo by Unsplash

ボローニャの中心エリアにあるのが、マッジョーレ広場。聖ペトロニオ大聖堂、市庁舎といった人気の観光スポットが立ち並んでおり、ボローニャ観光で必ずといっていい程立ち寄る観光スポットです。建設が始まったのは1200年と言われていて、政治の中心として機能していました。

マッジョーレ広場には、ボローニャで有名なネプチューンの噴水があります。16世紀に活躍した彫刻家ジャン・ボローニャが手がけた噴水で、上に建つネプチューンの銅像が持つ三又槍は、ボローニャで設立された自動車メーカー・マセラティのエンブレムとしても採用されています。

 
photo by Unsplash 

日が落ちるとマッジョーレ広場にある市庁舎などはライトアップされ、幻想的で美しい姿を楽しめます。歩行者専用スペースとなっているので、車を気にせずにゆったりと観光を楽しめるところもうれしいポイント。

またマッジョーレ広場には、ボローニャの斜塔のチケットやホテルの予約などができる観光案内所もあります。ボローニャ ウェルカム カードやボローニャ限定の土産物を購入することもできますよ!周辺には、人気のレストランやカフェが立ち並んでいるので、観光の合間に立ち寄ってみてくださいね。

マッジョーレ広場(Piazza Maggiore)の基本情報
住所: Piazza Maggiore, 40124 Bologna BO, イタリア
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約18分
料金:無料
公式サイト:https://www.bolognawelcome.com/en/places/squares-streets-monuments/piazza-maggiore-2

旧ボローニャ大学(アルキジンナジオ)

世界で初めて人体解剖が行われた教室のある大学!


photo by Unsplash

旧ボローニャ大学は、アルキジンナジオ宮殿を使用して1088年に設立された歴史ある大学。ガリレオ・ガリレイやダンテが学んだことでも知られており、現在世界中に存在する大学のモデルとなっています。現在のボローニャ大学は、少し離れた場所にありますよ!

旧ボローニャ大学の廊下には、卒業生の紋章が数多く飾られています。それぞれに出身地が刻み込まれており、ボローニャ大学の歴史を感じられます。中には市立図書館もあり、歴史ある建物の中で貴重な資料を閲覧できます。ただし図書館は観光向けのエリアではなく、観光客は訪れることができないので注意しましょう。


12/23/2019 Bologna - Archiginnasio of Bologna and Teatro Anatomico by Fred Erin McCormack is licensed under CC BY 2.0

旧ボローニャ大学には、世界で初めて人体解剖の講義が行われたとされている解剖教室があり、見学が可能です。アントニオ・レヴァンディが手がけた教室の中心には人体を横にできるテーブルが設置されており、その周りに生徒が座っていた席があります。実際に教室の中に入って、席に座ることもできますよ!

旧ボローニャ大学は人気の観光スポットなので、土日にはチケットが売り切れてしまうこともあるため、オンラインサイトで事前に購入しておくと安心です。予約時間や日付は事前に確定しないといけないだけでなく、キャンセルや払い戻しはできないので、注意しましょう。

旧ボローニャ大学(アルキジンナジオ)(Palazzo della Archiginnasio)の基本情報
住所:Piazza Galvani, 1, 40124 Bologna BO, イタリア
電話:+39 051 276811
営業時間:10:00~18:00
休業日:日曜
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約22分、マッジョーレ広場から徒歩で約4分
料金:3ユーロ(約462円) ※オンラインで事前購入の場合、3.5ユーロ(約539円))
※2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算
公式サイト:http://www.archiginnasio.it/index.html

サン・ルカ大聖堂(サントゥアリオ・デッラ・マドンナ・ディ・サン・ルーカ)

世界遺産のアーケードを抜けた先にある教会


photo by pixabay

サン・ルカ大聖堂(サントゥアリオ・デッラ・マドンナ・ディ・サン・ルーカ)は、ボローニャの中心部から少し離れた場所にあります。1700年代に建てられた歴史ある大聖堂で、内部にはボローニャの街を干ばつから救ったと伝えられているサン・ルカのマドンナの聖像が祀られています。

また聖堂では、歴史ある螺旋階段をつかってドームの屋根部分まで登ることもできます。高さ42メートルと、ヨーロッパで見学可能な教会の中で一番高い場所にドームがあり、ボローニャの街並みを一望できます。

予約不要で入場できますが、登れる時間帯や時期が限られているので、事前にチェックしておいてくださいね。サン・ルカ大聖堂の中では、日本語のオーディオガイドを聴くこともできますよ!


photo by unsplash

大聖堂の見学のほかに、注目したいのがふもとのサラゴッツァの門からサン ルーカ教会までの道のりに設けられている柱廊・ポルティコです。全長約3.8キロメートル、666個のアーチがあり世界遺産にも指定されています。このほかにもボローニャには数々の柱廊があり、全長はなんと62km!

ポルティコは、トレーニングに使う方もいるほどハードな道のりなので、歩きやすい靴と服装でアクセスしましょう。より手軽に行きたい方は、マッジョーレ広場やマルピーギ広場から乗車できるサン・ルカ・エクスプレスを利用してのアクセスがおすすめです。

サントゥアリオ・デッラ・マドンナ・ディ・サン・ルーカ(Santuario Madonna di San Luca)の基本情報
住所: Via di San Luca, 36, 40135 Bologna BO, イタリア
電話:+39 051 614 2339
営業時間:【教会】 7:00~19:00 【広場】 6:30~19:30 【書店・土産物】10:00~12:30、14:30~18:00 【サン ルカ スカイ エクスペリエンス】月曜〜土曜10:00~13:30、14:30~18:00、日曜 12:00~18:00
休業日:なし
アクセス:ボローニャ中央駅から電車で約1時間、マッジョーレ広場から徒歩で約1時間15分
料金:【サン ルカ スカイ エクスペリエンス】大人 5ユーロ(約770円)、子ども(10歳〜18歳)・65歳以上 3ユーロ(約462円)
※2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算
公式サイト:https://www.santuariodisanluca.it/

サント・ステーファノの教会群

ボローニャを代表する教会立ち並ぶスポット


photo by Unsplash 

サント・ステーファの教会群は、聖十字架教会やサン・セポルクロ教会、といった教会が連なっているスポット。もともとは神殿の跡地だった場所に、5世紀から13世紀にかけて7つの教会が建てられましたが、その後工事が複数回行われており、現在は4つの教会となっています。それぞれの教会は内部の扉で繋がっていて、効率的に歴史ある施設を見学できるところもうれしいポイント。

歴史ある教会のほかにも、イエスの処刑が決定された場所をモチーフにしたピラトの中庭などがあります。中にある売店のテラ サンタ ストアでは、職人が手作りしたオリーブなどを使った石けんなどの天然製品を販売しています。


Interior of the Church of the Holy Sepulcher, 5th century; Basilica of Santo Stefano, Bologna (3) by Richard Mortel is licensed under CC BY 2.0

マッジョーレ広場からほど近い場所に位置しているものの、比較的落ち着いた雰囲気が広がっており、ゆったりと観光を楽しめます。目の前にあるサント・ステファノ広場もとても美しいので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

サント・ステーファノの教会群(Basilica Santo Stefano)の基本情報
住所: Via Santo Stefano, 24, 40125 Bologna BO, イタリア
電話:+39 051 498 3423
営業時間:【大聖堂】月曜 18:00~19:30、火曜〜土曜 7:30〜12:30、14:30〜19:30、日曜 8:30〜13:00、14:30〜19:30 【記念碑】火曜〜金曜  9:30〜12:30、14:30〜19:00、土曜・日曜 9:30〜12:30、14:30〜19:30 【テラ サンタ ストア】10:00~12:30、14:30~19:00
休業日:【記念碑】月曜 ※4月10日、24日、5月1日を除く 【テラ サンタ ストア】月曜
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約25分、マッジョーレ広場から徒歩で約7分
料金:無料
公式サイト:https://www.santostefanobologna.it/

ボローニャの知る人ぞ知る穴場観光地4選

ここからは、マッジョーレ広場やボローニャの斜塔ほど定番ではないものの、ぜひ立ち寄ってみてほしい魅力的な穴場観光スポットを紹介します。

エンツォ王宮

フリードリヒ2世の息子が閉じ込められていた王宮


BOLOGNA by LANZATE is licensed under CC BY 2.0

13世紀に司法庁を設置するためにマッジョーレ広場に建てられた美しい王宮。元々、ヌオーヴォ宮殿という名前がつけられていましたが、ローマ皇帝のフリードリヒ2世の子どもであるエンツォが幽閉されたことから、現在の名前がつけられました。

またエンツォ王宮の上にある鐘楼のデッラレンゴは、緊急事態が発生した際に市民を呼び出すための手段となっていたと言われています。


Bologna by Herbert Frank is licensed under CC BY 2.0

1905年にはアルフォンソ・ルッビアーニによって改装工事が行われ、現在のゴシック様式を用いた外観に生まれ変わりました。現在のエンツォ王宮は、会議や展示館などの目的で使用されており、観光客だけでなくボローニャ市民にも愛されるスポットとなっています。

またエンツォ王宮の裏手にはポデスタ宮殿もあり、かつてローマ帝国の皇帝が派遣した司法長官が生活していました。ボローニャが独立した後に市長の居住場所となり、現在はオフィスとしても活用されています。

エンツォ王宮(Palazzo di Re Enzo)の基本情報
住所:Piazza del Nettuno, 1/C, 40125 Bologna BO, イタリア
電話:+39 051 658 3111
営業時間:イベント開催時のみ入場可能
休業日:イベントにより異なる
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約17分、マッジョーレ広場から徒歩で約1分
料金:イベントにより異なる
公式サイト:https://www.palazzoreenzo.com/

ドゥカティ博物館

ドゥカティの歴史を堪能できる博物館


888 SBK 1991 by Michele Testini is licensed under CC BY-ND 2.0

ボローニャには、イタリアで生まれたバイクブランドであるドゥカティ博物館があります。1998年にオープンしてからというもの、65万人以上の人々が入場している人気のスポット。

ドゥカティの歴史を語る上で欠かせない、貴重なバイクや車が展示されているだけでなく、製造工程を間近で見学できるツアーも開催中です。


le ultime regine by Michele Testini is licensed under CC BY-ND 2.0

無料の駐車場も完備されているので、レンタカーでボローニャ観光を満喫しようと考えている方にもおすすめ。ドゥカティの公式サイトでは、バーチャルミュージアムでの見学も楽しめます。

ドゥカティ博物館を見学するためには、公式サイトにて事前に予約をする必要があります。英語で開催されているツアーもあるので、ぜひ参加してみてくださいね。

ドゥカティ博物館(Ducati Museum)の基本情報
住所: Via Antonio Cavalieri Ducati, 3, 40132 Bologna BO, イタリア
電話:+390516413111
営業時間:9:00~18:00
休業日:水曜、8月14日~20日、12月25〜26日
アクセス:ボローニャ中央駅から電車で約45分
料金:【入場料】大人 17ユーロ(約2,619円)、子ども(11歳~17歳) とシニア(65歳以上) 12ユーロ(約1,849円) 【ディスカバリーツアー】大人 37ユーロ(約5,701円)、子ども(11歳~17歳) とシニア(65歳以上) 32ユーロ(約4,931円) ※11歳未満とカルチャーカードを所有している方は無料
※2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算
公式サイト:https://www.ducati.com/jp/ja/borgo-panigale-experience/ducati-museum

市庁舎(アックルシオ宮殿)

マリア像をはじめとした美しい装飾が魅力


photo by pixabay

市庁舎は、マッジョーレ広場にある建物の一つで、約800年前からボローニャの中心として親しまれてきました。もともとは有名な法学者・アックルシオが住んでいた邸宅で、その後に市治安判事の宮殿になったりとさまざまな変遷をたどりましたが、現在でも内部には装飾が美しい礼拝堂などが残されています。

またマッジョーレ広場側にはマリア像が飾られており、人気のフォトスポットにもなっています。


photo by pixabay

市庁舎の中には、観光客が多く訪れている美術館があります。かつてローマ教皇の枢機卿特使が暮らしていた部屋を活用して、その当時の家具や絵画などの貴重な作品を展示しています。

無料で立ち入れるエリアもあるので、時間に余裕がある際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

市庁舎(アックルシオ宮殿)(Palazzo d'Accursio)の基本情報
住所: Piazza Maggiore, 6, 40124 Bologna BO, Italy
電話:+39051203040
営業時間:【美術館】火曜〜金曜 14:00~19:00、土曜〜日曜・祝日 14:00~18:30
休業日:月曜(祝日の場合は開館)、5月1日、クリスマス
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約18分、マッジョーレ広場から徒歩で約1分
料金:【美術館】大人 6ユーロ(約924円)、子ども 3ユーロ(約462円)
※2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算
公式サイト:https://www.bolognawelcome.com/en/places/towers-historic-buildings/daccursio-or-municipal-palace

サンタ・マリア・デッラ・ヴィータ

人々を魅了する像がある教会


photo by Unsplash 

13世紀に建てられたサンタ・マリア・デッラ・ヴィータは、もともとは教会と病院が一緒になった施設でした。修復工事を経て2010年5月より一般公開が開始され、年々人気が高まっている穴場の観光スポットです。

サンタ・マリア・デッラ・ヴィータ内でぜひチェックして欲しいのが、ボローニャで活動していた彫刻家のニッコロ・デラルカが手がけた『死んだキリストへの哀歌』。キリストの死を嘆いている聖母マリアやヨハネなど、人々が鮮明に表現されています。入場料だけでなく追加料金を支払う必要がありますが、一生に一度は見ておきたい作品です。
​​

Transit of the Madonna aka Death of the Virgin (Transito della Vergine), Oratorio dei Battuti, Santa Maria della Vita, Bologna by Dimitris Kamaras is licensed under CC BY 2.0

このほか観光客を惹きつけているのが、教会に隣接する礼拝堂にあるイタリアの彫刻家であるアルフォンソ・ロンバルディが手がけた『聖母のトランジット』。10体以上のテラコッタ像で、聖母マリアの葬式時にあったいざこざを表現した作品です。

サンタ・マリア・デッラ・ヴィータ(Santuario di Santa Maria della Vita)の基本情報
住所:Via Clavature, 8/10, 40124 Bologna BO, イタリア
電話:+39 051 1993 6329
営業時間:10:00~18:30 ※最終入場 18:00
休業日:月曜
アクセス:ボローニャ中央駅から徒歩約18分、マッジョーレ広場から徒歩で約2分
料金:【入場料】大人 5ユーロ(約770円)、子ども(6~18歳) 3ユーロ(約462円) 【入場料 + 聖母のトランジット】大人 9ユーロ(約1,387円)、子ども(6~18歳) 6ユーロ(約924円) ※5歳までの子ども、ボローニャウェルカムカードを所有している人は無料
※2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算
公式サイト:https://genusbononiae.it/palazzi/santa-maria-della-vita/

ボローニャ観光を満喫するためのおすすめモデルコース

イタリアのボローニャは、観光もグルメも見どころがたっぷり詰まった観光スポット。それぞれの観光スポットが比較的近い距離に位置しているものの、効率的に観光を楽しむためには、事前にスケジュールを立てておくことが大切です。

ここからは、2泊3日と3泊4日に分けて、おすすめのモデルコースを紹介します!

世界遺産を満喫する2泊3日の観光モデルコース


photo by pixabay

<スケジュール>

1日目 ボローニャ到着→ランチでトルタ・デッリ・アドッビを食べる→マッジョーレ広場周辺を観光(サン・ペトローニオ聖堂、市庁舎、旧ボローニャ大学、エンツォ王宮)→ディナーを満喫

2日目 ホテルで朝食→サント・ステーファノの教会群を見学→ランチでラザニアを楽しむ→ボローニャの斜塔に登る→本格イタリアンをレストランで堪能

3日目 カフェでエスプレッソとパンを堪能→ドゥカティ博物館を鑑賞→旧市街でショッピング&お土産探し→帰国

ポルティコを楽しむ3泊4日の観光モデルコース


photo by pixabay

<スケジュール>

1日目 ボローニャ到着→ボローニャの斜塔に登って景色を堪能→本場のパスタを堪能→サント・ステーファノの教会群を見学→ボローニャ風カツレツをディナーで満喫

2日目 ホテルで朝食→マッジョーレ広場周辺を観光(サン・ペトローニオ聖堂、市庁舎、エンツォ王宮)→ランチで本場のボロネーゼを楽しむ→サンタ・マリア・デッラ・ヴィータを見学→旧ボローニャ大学で解剖教室を見学→本格イタリアンをレストランで堪能

3日目 カフェでゆっくりとコーヒーとブリオッシュを堪能→サントゥアリオ・デッラ・マドンナ・ディ・サン・ルーカまでの道のりを散策→トルテッリーニをランチで楽しむ→インディペンデンツァ通りでショッピング&お土産探し

4日目 ホテルでゆったりと朝食→ボローニャの旧市街を散策→帰国

ボローニャ市内をたっぷり観光するなら、ボローニャ ウェルカム カードを事前に購入しておきましょう。

ボローニャは、人気の観光スポットだけでなく、レストラン巡りなど、1日中見どころがいっぱい!なので、観光ツアーを利用したり、予めチケットを確保したりと、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのボローニャ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

イタリア・ボローニャの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、イタリアのボローニャにあるおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるボローニャでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、ボローニャ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!


※記事内の金額は2023年7月12日のレート、1ユーロ=154.0円で計算しています。

cover photo by pixabay

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

イタリアの東京発のおすすめツアー

イタリア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる