スイス観光

スイス観光におすすめのスポット

スイスの定番から最新のおすすめの観光スポットまで幅広くご紹介

スイス旅行・ツアーのポイント

  1. 大自然が作り出す絶景と澄み渡る空気⛰

  2. チーズフォンデュなどの絶品郷土料理を堪能🧀

  3. ヨーロッパらしい街並みを眺めながら街歩き🚶‍♂️💨

チューリッヒでおすすめの観光スポット

その他のエリアでおすすめの観光スポット

スイスの基本情報

公用語
ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語が公用語ですが、観光地では英語が通じる場合が多いです。
宗教
キリスト教、他
通貨
スイス フラン
ビザ
スイスでは90日以下の滞在であればビザは必要ありません。90日以上滞在する場合は、滞在許可発行確約書の取得が必要です。
日本との時差
スイスと日本の時差は8時間です。日本の方がスイスより8時間進んでいます。3月末〜10月末のサマータイム採用期間は7時間の時差です。
気候
スイスには日本と同様に四季があります。緯度は北海道よりも高く、湿度が低いため夏でも涼しく感じるでしょう。スイス国内でも気候の差が激しいのが特徴です。アルプス山岳地帯は1日の気温の差が激しいため夏でも羽織るものを持ち歩くことをお勧めします。スイス南部は地中海性気候のエリアで、比較的暖かく過ごしやすい気候です。
治安
スイスはヨーロッパの中でも比較的治安の良い国です。殺人や強盗などの凶悪犯罪は多くはありませんが、スリや置き引きには注意しましょう。特に観光地では荷物の管理を徹底することをおすすめします。
物価
スイスの物価は日本の2倍程度とされており、比較的物価が高いといえます。一般的なランチは3000円程度、高級レストランに入ると5000円を超える場合もあります。ミネラルウォーター500mlのペットボトルの値段は大体500円程です。
交通手段
スイスの街中は路面電車やバス、鉄道が網羅しており観光に便利です。スイス旅行では絶景を求めて山岳地帯やリゾート地に行く方が多いですが、ケーブルカーや登山鉄道なども充実しているのが特徴です。湖では湖船も利用できます。タクシーや車移動よりも公共の交通機関を利用するのがおすすめです。
インターネット
スイスでは空港や観光地、ホテル、一部のレストランでフリーwifiを利用できます。インターネットの普及率は日本と変わらず、街中で特に不便を感じることはないでしょう。山岳地帯やリゾート地では比較的インターネットに繋がりにくいため、日本からsimカードを購入したり、海外対応のwifiをレンタルすることをおすすめします。
電源プラグ
スイスの電圧は230〜240V、コンセントはCタイプが使われています。日本の電圧は100V、コンセントはAタイプなので、変圧器と変換プラグの両方が必要です。日本の2倍以上の電圧なので、日本の製品をそのまま利用すると発火の恐れがあります。ホテルによっては変圧器や変換器をレンタルできますが、日本で購入したものを持参するのがおすすめです。電化製品は海外対応のものを用意するなど、持っていく電化製品には注意しましょう。
飲水
スイスの水道水はカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水です。水道水を飲んでも特に問題ないとされていますが、不安な場合はスーパーマーケットなどでミネラルウォーターを購入することをおすすめします。
トイレ
スイスのトイレは、無料の場所と有料の場所があります。一般的に、トイレットペーパーは常備されていることが多く、そのままトイレに流せます。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に加入することができます。

監修者について

岡部 昇

プロフィール

チューリヒ観光局 日本代表岡部 昇
スイス航空、スイスインターナショナルエアラインズに42年間勤務、その間、チューリヒには100回以上訪問、その縁で退職後の2017年より同観光局の駐日代表となる。安心して過ごせるスイスを代表する都市チューリヒをより多くの日本の方々に知って頂きたく、努力しております。

コメント

1000年以上の歴史を誇るチューリヒ。チューリヒと言えば、多くの人がその名前をご存知ですが、実はその都市が1000年以上の歴史を誇り、中世の香りが色濃く残り、ヨーロッパの文化、芸術に触れる最適な場所という事はあまり知られておりません。チューリッヒ湖に抱かれた美しい街、多くのスイスを代表する名山に日帰りが可能です。チューリヒにご滞在いただき、天気の良い日には山歩き、ハイキング、そうでない日には治安、インフラが整った都市でショッピング、ダイニング、スイスの全てが楽しめます。

コメント

1000年以上の歴史を誇るチューリヒ。チューリヒと言えば、多くの人がその名前をご存知ですが、実はその都市が1000年以上の歴史を誇り、中世の香りが色濃く残り、ヨーロッパの文化、芸術に触れる最適な場所という事はあまり知られておりません。チューリッヒ湖に抱かれた美しい街、多くのスイスを代表する名山に日帰りが可能です。チューリヒにご滞在いただき、天気の良い日には山歩き、ハイキング、そうでない日には治安、インフラが整った都市でショッピング、ダイニング、スイスの全てが楽しめます。
パオロ・ルナルディ

プロフィール

スイス政府観光局 日本支局長パオロ・ルナルディ
2009年のニューヨークでスイス政府観光局のインターンとしてそのキャリアをスタートさせました。その後、ティチーノ観光局やチューリヒ観光局などのパートナー機関や世界各地のスイス政府観光局で要職を経験。2015年よりスイス政府観光局ニューヨーク支局でソーシャルメディア・マネージャー兼メディアリレーションズ北米中部担当に従事後、2020年から「北米旅行業界担当部長」を務めました。2024年1月よりスイス政府観光局日本支局長に就任。

コメント

氷河から湖へ、山から都市へ。スイスのグランド・トレイン・ツアーは魅力が満載、スイスを簡単、快適、そして美しい景色を楽しみながら発見する最適なものを採用しています。スイスの鉄道に使用される電力は、ほぼすべてが水力発電による再生可能エネルギーで環境にも優しい旅です。スイス政府観光局では、スイスの見どころを満喫できるこの旅をおすすめしています。皆様のスイスへのお越しを心よりお待ちしております!

コメント

氷河から湖へ、山から都市へ。スイスのグランド・トレイン・ツアーは魅力が満載、スイスを簡単、快適、そして美しい景色を楽しみながら発見する最適なものを採用しています。スイスの鉄道に使用される電力は、ほぼすべてが水力発電による再生可能エネルギーで環境にも優しい旅です。スイス政府観光局では、スイスの見どころを満喫できるこの旅をおすすめしています。皆様のスイスへのお越しを心よりお待ちしております!

NEWTのおすすめ

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F