NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ホワイトヘブンビーチは世界で最も美しいビーチ!観光の見どころや行き方を解説

オーストラリアを代表する観光スポット・ホワイトヘブンビーチは、世界遺産に登録されています。この記事では、ホワイトヘブンビーチの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ホワイトヘブンビーチへ行く前の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

オーストラリアを代表する観光スポット・ホワイトヘブンビーチ。巨大なサンゴ礁と美しい自然で世界遺産に登録されています。

この記事では、ホワイトヘブンビーチの見どころや楽しみ方、アクセス方法、観光の注意点などを解説!ぜひホワイトヘブンビーチへ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

ホワイトヘブンビーチの基本情報


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチは、長さ約7キロメートルにおよび白い砂丘が広がるオーストラリア有数の観光地です。旅行サイトの実施するランキングで、世界で最も美しいビーチの第1位に選ばれ、世界中から多くの観光客が訪れています。

ホワイトヘブンビーチのあるウィットサンデー諸島は、全長約2,000キロメートルの世界最大のサンゴ礁地帯・グレートバリアリーフの中心部に位置し、国立公園として整備されています。1981年に世界自然遺産に登録されました。そのグレートバリアリーフの中でもホワイトヘブンビーチの青い海と白く輝く砂丘は、世界でもっとも美しいビーチといわれています。

まずは、ホワイトヘブンビーチの歴史や特徴などの基本情報を解説します。

世界で最も美しいといわれるビーチ


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチは、青い海と真っ白な砂浜、ビーチのすぐ後ろにある原生林の緑のコントラストが幻想的で、世界でもっとも美しいと称されています。

ビーチの白い砂丘は、98%純粋なシリカの砂でできています。シリカは太陽光透過率が高く、断熱性があるため太陽の熱がこもりません。そのため灼熱のオーストラリアの気候の中、素足で歩いても足の裏が焼けることなく、サラサラとした浜辺で快適な散策を楽しめます!また、シリカの砂は粒子が細かく、歩くだけで角質ケアにも最適だといわれています。

日常の喧騒から離れてグレートバリアリーフの青い海を眺めながら、ゆっくり歩いて心癒やされる地上の楽園です。ホワイトヘブンビーチで最高の気分を味わってくださいね。

ホワイトヘブンビーチの歴史


photo by pixabay

ホワイトヘブンビーチが発見されたのは、1770年。イギリス人海洋探検家のジェームズ・クック(James Cook)が島々を発見し、カンバーランド諸島と命名したのが始まりです。その後、1879年に当時のイギリス海軍士官の司令官がカンバーランド諸島の中に白く輝くビーチを発見しました。イギリスカンバーラ州にある町に由来してホワイトヘブンビーチと名付けられました。

ホワイトヘブンビーチの特徴であるシリカの砂はウィットサンデー諸島にはない石英という岩石からできています。周辺に石英がないのに、なぜシリカの砂がホワイトヘブンビーチに広がったのかはいまだにいくつかの説があります。

数千年にわたり海流が世界中の場所から運んできた説や、オーストラリア内陸部から運ばれてきた花崗岩が分解して砂になった説などさまざまです。解明されていない神秘の謎を美しいビーチで過ごしながら考えるのも良いですね。

ホワイトヘブンビーチのあるウィットサンデー諸島


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチのあるウィットサンデー諸島は、グレートバリアリーフの中央に位置しています。

ホワイトヘブンビーチへの拠点となるハミルトン島や、デイドリーム島、ヘイマン島、高級リゾートのある島からバックパッカーが泊まれるような安価な宿泊施設がある島、ほとんど人の住んでいない手つかずの自然が広がる島まで、さまざまな種類の島があります。自分の好みにあった島を拠点にして楽しめますよ。

ウィットサンデー諸島はダイビングやシュノーケリングのメッカです。カラフルなサンゴ礁の海の下にいる熱帯魚やカメと一緒に、透明な海の中を思う存分泳いでみてくださいね!

また、ヨットをチャーターして数日間、クルーズを楽しむこともできます。ウッドサンデー諸島にはあらゆる経験やレベルに合わせた熱帯の楽園を満喫できるアクティビティが満載です。

ホワイトヘブンビーチ観光の見どころ・楽しみ方


photo by Unsplash

きめの細かい雪のように白い砂丘で有名なホワイトヘブンビーチですが、ビーチを散策する以外にもいくつかの観光を楽しめます。

海や空からホワイトヘブンビーチを眺める観光や、ビーチの沖合で楽しむシュノーケリングなど人気の観光など、ホワイトヘブンビーチを満喫できるおすすめの楽しみ方をまとめました。

ホワイトヘブンビーチクルーズで青い海を堪能


photo by pixabay

ホワイトヘブンビーチへはハミルトン島からクルーズ船に乗って向かうのが一般的です。ハミルトン島から出航して、目もくらむほどのターコイズブルーの海を30分から60分ほどクルーズを楽しめば、ホワイトヘブンビーチに到着します。

ビーチで1時間半から2時間ほど過ごして再びハミルトン島へ戻ります。

クルーズ船は提供している船会社により、タイプやサービスが異なります。ホワイトヘブンビーチからすこし離れたところに停泊して、ビーチまでは泳いで向かうものや、ゴムボードに乗り換えて上陸するもの、底がガラスになっていて海中が眺められるものなどがあります。

どのようなタイプのクルーズでホワイトヘブンビーチに行きたいのか、事前に確認してから出かけてくださいね。船酔いには気を付けてください!

絶景が広がる!ヒルインレット展望台


photo by pixabay

ホワイトヘブンビーチから小型ボートに乗って向かう、またはガイドと歩きながら、島の南端部にある、ヒルインレット展望台に向かいます。

ヒルインレット展望台へは原生林の中を歩いて行きます。途中に立てられている案内板には島の歴史や植物についての説明などが書かれているので、それを眺めながら歩くのも楽しいですよ!

気軽なハイキング感覚で楽しめるので、ビーチサンダルでも問題ありません。頂上から一望できる青い海と白いビーチは、まさに大自然の贈り物!手をのばすとすべてが自分のものになったような爽快感が味わえますよ。

ビーチからすこし足を伸ばしてヒルインレット展望台を訪れると、テレビやポストカードで見たことのある青い海と白いビーチが広がる絶景を楽しめますよ!

一生の宝物に!遊覧飛行で上空から見渡す絶景


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチを含むグレートバリアリーフの絶景を上空から眺められるヘリコプターやセスナの遊覧飛行は、観光客に大人気です。

サンゴ礁や島々の自然が広がる壮大なグレートバリアリーフは息を呑む美しさで、生涯忘れられない思い出となるでしょう。

ホワイトヘブンビーチやその周辺の島を上空から眺めるだけでなく、ホワイトヘブンビーチへの移動手段として上陸できるツアーもあります。最新鋭のヘリコプターでアーリービーチからホワイトヘブンビーチへ向かいます。

また、ハラハラドキドキの気分を味わいたい方は、時速220キロメートル、最大15,000フィートのセスナから飛び降りるスリル満点のスカイダイビングはいかがでしょうか?空からの絶景を眺めながらホワイトヘブンビーチに着地すると、ホワイトヘブンビーチ上空を飛ぶ鳥のような気分を味わえますよ!

シュノーケリングで南国の魚やサンゴにご対面


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチで白い砂丘を満喫したら、再びボートにのって沖合へ向かいシュノーケリングを楽しんでください。

ホワイトヘブンビーチの近くの海はサンゴ礁がないため、シュノーケリングには適していません。しかし、ホワイトヘブンビーチのあるグレートバリアリーフは、ダイビングやシュノーケリングのメッカとしてダイバーの間では有名です。

透明な海では、深くまで潜らなくてもカラフルな魚たちと出会えます。

ホワイトヘブンビーチに行く人は、泳げなくてもぜひグレートバリアリーフのシュノーケリングに挑戦してみてくださいね。波にプカプカ浮かぶだけでも、青い海を堪能できますよ!

世界遺産に沈む太陽を眺めるディナークルーズ


photo by Unsplash

ハミルトン島に宿泊するなら、ホワイトヘブンビーチを昼間は観光し、夕方には優雅なディナークルーズへ出かけるのがおすすめの過ごし方です!

ハミルトン島を夕方出発するディナークルーズは、島の周囲をゆっくりクルージングします。船の上からウィットサンデー諸島のサンセットを眺めると、それだけで昼間の疲れが癒やされますよ。サンセットが終わると、船は入江に停泊し豪華なディナータイムが始まります。

夜は少しだけおしゃれして、海のうえでおいしい食事をお楽しみください。冬の季節は冷えることもあるので、上着をお忘れなく!

ホワイトヘブンビーチと一緒に訪れたいハートリーフ


photo by pixabay

ハートリーフはハートの形に自然に形成されたサンゴ礁で、グレートバリアリーフを訪れたら必見のスポットです。ホワイトヘブンビーチを訪れたら、ぜひ合わせて観光したいですね。

ハートリーフに上陸することはできませんが、近くにハートリーフ専用のハートアイランドと呼ばれる箱船が設立されました。ハートアイランドからボートに乗ると、ハートリーフに最も近づけます。環境保護のために、シュノーケリングやダイビングはできませんが、ハートリーフを間近で見られるハートアイランド体験日帰りツアーも開催されています。

ハートリーフのきれいなハート型を見たい人は、遊覧飛行がおすすめです。上空から2人で見るとかならず幸せになれるといわれています。全世界のカップルの憧れスポットを愛する人と一緒に眺めてみてくださいね。

ホワイトヘブンビーチ観光に最適なシーズンは?


photo by Unsplash

南半球にあるオーストラリアは、日本とは季節が真逆になります。そのためオーストラリア観光を考える時、いついったらいいか迷う方も多いはずです。

ホワイトヘブンビーチは1年を通して温暖な気候でいつでも楽しめる観光地ですが、あえてベストシーズンをあげるなら、日本の春や秋にあたる9から11月と3から5月です。

ベストシーズンは快適に過ごせる9~11月と3~5月


photo by Unsplash

オーストラリアの9月から11月は日本でいう春で、3月から5月は秋になります。

日本と同じで、春や秋は暑すぎず、寒すぎずで過ごしやすい気温の日が続きます。特に10月と11月は乾季で気温や水温が高くなります。

雨が少ないと海の透明度が増すことからこの時期に見る空からの海は1年のうちで最もきれいだといわれています。また波も穏やかなため、シュノーケリングやクルージングを楽しむのにも適した時期だといえるでしょう。

日本から観光を考えるときは、10月、11月に予定を立てるとベストなホワイトヘブンビーチを堪能できますよ。

観光客が少ない時期を狙うなら6~8月と1~2月


photo by Unsplash

日本と季節が逆のオーストラリアは、6月から8月が冬の時期です。一年中温暖な気候のグレートバリアリーフですが、冬になると肌寒く感じる日もあり泳ぐには向いていません。この時期にホワイトヘブンビーチを訪れる際は、上着をお忘れなく持参してください。

また、1月と2月は雨季で降水量が多くなります。雨が降るとどうしても海が濁り乾季と比べると透明度が低くなります。それでも1日中雨が降っていることは少なく、グレートバリアリーフを楽しむには十分です。

上記の時期は比較的観光客も少なく、静かなホワイトヘブンビーチを楽しみたい方にとって狙い目の期間です。

ホワイトヘブンビーチの見学方法は?予約は必要?


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチ観光の拠点となる島はハミルトン島です。ハミルトン島からホワイトヘブンビーチへは、フェリーやセーリングボート、ヘリコプターや水上飛行機などの移動手段があります。

ホワイトヘブンビーチは、それぞれの乗り物を使ったツアーを利用して見学します。

入場にはチケットの購入が必要?

ホワイトヘブンビーチへ上陸するのに入島料は必要ありません。フェリーやボートで向かい、海からビーチに入れます。

ホワイトヘブンビーチでは、白い砂浜を散策したり、のんびり横たわったりしながら海風を楽しんで時間を過ごします。観光地を巡る忙しいツアーとは違い、何もしない時間を楽しんでください。

オプショナルツアーの利用がおすすめ


photo by Unsplash

ハミルトン島からホワイトヘブンビーチへ行くには、船や小型機などを使っていく必要があり、個人で行くのは難しいのが特徴です。そのかわり、オプショナルツアーはたくさん開催されているので、好みのツアーを選んで参加するのがおすすめ!

たとえば、ハミルトン島からホワイトヘブンビーチへ日帰りでサクッと行けるホワイトヘブンビーチ半日クルーズツアーや、ホワイトヘブンビーチへの上陸と小型機でハートリーフや周辺の島の遊覧飛行を楽しめるツアーなどが人気です。

料金の相場は10,000円から。遊覧船や食事付きなど内容によって料金はピンキリなので、事前に確認した上で参加を決めてくださいね。オプショナルツアーはハミルトン島に到着してからでも申し込めますが、人数制限で参加できないこともあるため、日本から予約しておくことをおすすめします。

ホワイトヘブンビーチ観光に要する時間


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチでは、1時間半から2時間ほど滞在してビーチを楽しむツアーが一般的です。

ビーチ自体に観光スポットはないため、純白の砂の上でゆっくりと過ごしましょう。ホワイトヘブンビーチからフェリーで沖合にでると、サンゴ礁のある海でシュノーケリングを楽しめます。

ホワイトヘブンビーチとシュノーケリングを合わせて1日確保しておくと、たっぷり楽しめますよ。

ホワイトヘブンビーチへのアクセス・行き方


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチに行くには、まずハミルトン島に向かいます。日本からハミルトン島への直行便はないので、ケアンズやシドニー、メルボルン、ブリスベンを経由して行くのが一般的です。ハミルトン島へは国内線を利用します。

日本からハミルトン島へアクセス


photo by Unsplash
※画像はイメージです

日本からハミルトン島へは、カンタス航空、シンガポール航空、ヴァージニアオーストラリアなどが就航しています。

料金の比較的安いシンガポール航空を利用すると、シンガポールとブリスベンを経由して、乗り継ぎ時間を合わせると成田からハミルトン島まで約24時間です。カンタス航空はブリスベン経由で16時間ほどかかります。

LCCを利用すると40時間かかることもあるため、時間と料金を確認して最適なフライトを予約しましょう。

ハミルトン島に到着すれば、ホワイトヘブンビーチまでは船や小型機を使って移動できます。ハミルトン島のリゾートホテルに宿泊して、ゆっくりと過ごすのもいいですね。

手軽に行きたいならオプショナルツアー


photo by Unsplash

ハミルトン島へ手軽に行くなら、ケアンズやブリスベンからオプショナルツアーを申し込むのも良いでしょう。

ケアンズやブリスベンから国内線を利用して、ホテル付きで2泊3日や3泊4日のパッケージツアーが開催されています。ハミルトン島だけでなく、ケアンズやブリスベンも楽しみたい方におすすめです。

ハミルトン島からホワイトヘブンビーチへ行くには、別のハミルトン島発ホワイトヘブンビーチ行きのオプショナルツアーを申し込みます。ちなみに、ケアンズやブリスベンなどから直接日帰りでホワイトヘブンビーチへ行くことはできません。ハミルトン島を拠点にホワイトヘブンビーチへ行く旅程を立ててくださいね。

ホワイトヘブンビーチ観光における注意点


photo by Unsplash

のんびり過ごせるホワイトヘブンビーチですが、いくつか注意しておきたいことがあります。

これからひとつずつ解説するので、快適な旅にするための参考にしてくださいね!

オーストラリアの入国にはETASの登録が必要!


photo by pixabay

オーストラリアへ渡航する際は、ETASと呼ばれる電子旅行認証システムを出発の72時間前までに申請します。

ETASは、オンライン上で簡単に申請でき、パスポート情報、連絡先等を入力するだけです。申請手数料はクレジットカードやデビットカードで支払えます。申請後、数分から数日で結果が通知されます。ETASの有効期限は、1年またはパスポートの有効期限までで、有効期限内であれば何度でも入国できます。ただし1度の滞在期限は3ヶ月以内と定められています。

ETASは数日で結果がでることがほとんどですが、審査に時間がかかる場合や承認されないこともあるため、オーストラリア旅行を計画したら早めに申請することをおすすめします。

電子機器の故障に注意


photo by pixabay

ホワイトヘブンビーチの白く輝く砂浜は、細かなパウダー状です。サラサラの砂の肌さわりはとてもよく、体に塗ったり、手に取ったりして楽しめます。

しかし、粒子がとても細かいため、携帯電話やカメラのレンズ内のような電子機器に付着すると不具合の原因となる恐れがあります。精密機器を持ち込む場合は、ビニール袋に入れてしっかり封をしておくなどの注意が必要です。

また、衣服や体に砂が付着していることもあります。ホテルに戻ったらすぐにシャワーを浴びるなど、砂対策に気をつけてください。

クラゲやエイに刺されないよう注意


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチは浅瀬で常に人がたくさんいるため、人を襲うような大型のサメが出没することはほとんどありません。しかし、11月から3月ごろの雨季になると、海のなかで猛毒のクラゲに遭遇することがあります。大きさは親指の第一関節より小さく、ほとんど目視できません。

クラゲに刺されると刺された箇所の激しい痛みだけでなく、背中や腰のあたりまで痛みだすこともあります。この時期はツアーガイドがクラゲよけのスーツを貸し出してくれるので、念のためスーツを着用するほうが安全です。


photo by Unsplash

また、人の少ないビーチや砂浜ではエイも生息しています。エイは尻尾に毒針を持っていて、刺されるとズキズキ傷み嘔吐、下痢、失神などの症状を引き起こします。

滅多に遭遇することはありませんが、人の少ないシーズンに出かけるときは、よくわからない物体があった場合、近づかないよう気をつけましょう。

紫外線に注意!日焼け止め対策を忘れずに


photo by Unsplash

ホワイトヘブンビーチへ向かう時、日焼け止め対策を忘れないよう注意してください。

クイーンズランドの紫外線はかなり強く、気温が高くない日でも短時間で肌は真っ赤になることもあります。日差しが強くないからと油断しないよう、かならず水に強い日焼け止めを塗ってから出かけてください。

また青い海や白い砂に反射する太陽の光はとてもまぶしく、目の弱い人はサングラスも必須です。海に入っても大丈夫なサングラスを用意するといいでしょう。

世界一美しいホワイトヘブンビーチの観光を満喫!

この記事では、ホワイトヘブンビーチの観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。濃淡の青い海と真っ白な砂浜が美しいホワイトヘブンビーチ。一度は訪れてみたいオーストラリアの数ある観光スポットの中でも屈指の絶景の観光地です。

ぜひ紹介した情報を参考に、ホワイトヘブンビーチの観光を満喫してみてくださいね!

ホワイトヘブンビーチ(whitehaven beach)の基本情報
住所: Airlie Beach, Queensland, Australia
アクセス:ハミルトン島から高速クルーズで30分
料金:ツアーによって異なる
※2023年1月20日 のレート、1AUD=88.7円で計算
cover photo by pixabay

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

オーストラリアの東京発のおすすめツアー

オーストラリア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる