NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】ドバイ旅行の費用&予算を解説!物価や旅費の節約方法も紹介

ドバイには、世界的な建築物や砂漠など、日本にはないような非日常的な世界が広がっています。世界中の大富豪が集まり、高級な都市のイメージが強いかもしれませんが、ドバイ旅行は極端に高額というわけではありません。 今回は、ドバイ旅行でかかる費用の相場を項目別に詳しく紹介します。安い時期や旅費の節約方法もお伝えするので、ドバイ旅行を計画中の方はぜひ参考にしてみてください。

ライター
NEWT編集部

ドバイには、世界的な建築物や砂漠など、日本にはないような非日常的な世界が広がっています。世界中の大富豪が集まり、高級な都市のイメージが強いかもしれませんが、ドバイ旅行は極端に高額というわけではありません。

今回は、ドバイ旅行でかかる費用の相場を項目別に詳しく紹介します。安い時期や旅費の節約方法もお伝えするので、ドバイ旅行を計画中の方はぜひ参考にしてみてください。

Contents

ドバイの基本情報


photo by Shutterstock

ドバイはアラブ首長国連邦で最大の都市として有名で、巨大なショッピングモールやうつくしい都市建築、砂漠、世界的なラグジュアリーホテルなど見どころ満載です。最近では、日本からの観光客も増え、今注目の海外旅行先の1つです。

中東と聞くとなんとなく治安が悪いというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、ドバイは世界的に見ても治安のいい都市なので、安心して観光をたのしめます。

ドバイ旅行のベストシーズンは?


photo by Shutterstock

ドバイ旅行のベストシーズンは、冬場の11月〜3月ごろです。冬季は日中の平均気温が20℃〜30℃と日本の春や秋のような気候で、快適に街歩きができます。

ドバイは亜熱帯性乾燥気候で、滅多に雨が降らない地域です。観光中に雨が降って困ることはありません。しかし、夏場(4月〜10月)は最高気温が50℃以上になることもあるので、日中は外を歩くことが難しく、観光には適していません。その代わり、旅行費用は安い傾向にあるので、ホテルでの滞在やショッピングモールなど室内を中心にたのしみたい方は、夏季でも快適に観光できますよ。

ドバイの物価はどれくらい?


photo by Shutterstock

高級ホテルが多く立ち並び、アラビアンな雰囲気を堪能できる観光都市ドバイ。ドイツの物価は、「お金持ちの街」というイメージで高いイメージがありますが、意外にもリーズナブルな一面も。

日本とドバイの物価を比較すると、日本よりも少し高めの傾向です。日本同様に安いものは安く、高級なものは高級な価格設定です。わかりやすいように例を挙げると、ドバイの物価は以下の通りです。

  • ミネラルウォーター(500ml):30円〜60円前後
  • カジュアルなレストラン: 1,500円前後〜
  • ホテルのレストラン:7,000円前後〜
  • タクシー:初乗り470円前後

エリアや購入するものによっても物価は異なります。ミネラルウォーターやタクシーの初乗り運賃は日本より少し安いですが、レストランでの食事や観光スポットの入場料などの価格は日本よりも高い傾向です。

ドバイは長い間、無税大国となっていました。しかし、2018年からは5%のVAT(付加価値税)が導入され、食品、生活用品、レストランでの飲食代に課税されるようになりました。VATとは、日本の消費税に近いものです。

ドバイ旅行5日間でかかる費用・予算は?

ドバイは 観光スポットが比較的まとまっているため、2日~3日あれば十分に観光できると言われています。そのため、日本からは3泊5日で行く旅行者が多い傾向にあります。

ここからはドバイ旅行3泊5日でかかる費用と予算を紹介します。

ドバイ旅行の相場は20万円程度から!


photo by Shutterstock

ドバイ旅行にかかる旅行費用はこちらです。

  • 航空券費用
  • ホテル費用
  • 食費
  • 現地での交通費
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • インターネット、WiーFi代
  • お土産費用
  • 海外旅行保険にかかる費用

ドバイ旅行は、時期、泊数、宿泊するホテルのランクによって費用が大きく異なります。5日間の旅行の場合は、予算は20万円程度〜です。たくさんショッピングしたい、ぜいたくにラグジュアリーホテルに泊まりたいなどの特別な希望がある場合は、20万円より多めに予算を準備しておきましょう。

それでは、それぞれの費用をくわしく解説します。

\NEWTでドバイ旅行ツアーをチェック!/

ドバイ旅行の航空券費用


photo by Unsplash

費用の目安:往復で約8万円~約18万円
ドバイへの航空券の費用の相場は、約8万円〜約18万円。乗り継ぎが1回ある航空券の場合、安い時期は8万円ほどからありますが、日本からドバイへのエミレーツ航空利用の直行便の場合は13万円〜18万円ほどです。

・ドバイの航空券費用(東京発 往復1名分)
安い時期(日本の長期休暇以外):8万円~13万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):15~18万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

日本からドバイへの旅行は直行便でのアクセスが一般的ですが、乗り継ぎを1回するだけ航空券の価格が約半額ほどまで節約できます。そのため、なるべく安い費用と予算でドバイ旅行へ行きたいという方は乗り継ぎ便を検討してみるのもおすすめです。

年末年始やゴールデンウィークなどの長期休暇のタイミングは最安値の航空券がさらに5万円程度高くなります。

\NEWTでドバイ旅行ツアーをチェック!/

ドバイ旅行でのホテル費用


photo by Shutterstock

費用の目安:1泊で約6,000円〜
ホテル費用は宿泊するエリアやホテルのランクによって大きく異なります。人気のホテルは予約が埋まりやすく、直前になると価格が高騰することもあるので、予定が決まり次第、早めの予約がおすすめです。

・ドバイのホテル費用(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:6,000円~1万円前後
スタンダードホテル:1万円~3万円前後
ラグジュアリーホテル:3万5,000円~10万円前後

ドバイのラグジュアリーホテルは価格幅が広く、同じラグジュアリーホテルでも価格に大きな差があります。また同じホテル内でも客室ランクによって、かなり価格が異なるため、どのような滞在にしたいのかを考えながら、ホテル選びをするのがおすすめです。

ラグジュアリーホテルに安く泊まりたいという方は、ドバイ旅行の安い時期であるオフシーズン(4月~10月)を狙いましょう!

\NEWTでドバイ旅行ホテルをチェック!/

ドバイ旅行での食費


photo by Shutterstock

費用の目安:1日あたり約6,000円〜
ドバイのレストランは日本よりも少し費用が高い傾向にあります。そのため、1日の食費は6,000円ほど準備しておくのがおすすめです。

ドバイの中でも物価が安いとされるオールド・ドバイでの食事なら、500円程度でお腹いっぱいになれます。お金がかかる街というイメージのあるドバイですが、フードコートや食堂などの気軽に立ち寄れるお店も意外と多くあるのはありがたいですね。

高級ホテルやレストランでのディナーを希望する場合は、1食1人あたり1万円以上かかることもあります。お目当ての高級レストランがある方は、あらかじめ予算に余裕を持っておくのがおすすめです!

ドバイ旅行での交通費


photo by Shutterstock

費用の目安:1日あたり約1,000円〜
ドバイには、メトロとトラム、バスなどが走っていて、運賃はNol Card(ノルカード)と呼ばれるプリペイドカードにチャージして支払います。このカードには複数種類があり、種類によって保証や料金が異なります。料金はゾーン制で、決められたゾーン内であれば同じ運賃で乗車ができます。

タクシーの利用が多い場合は、使い切りタイプのレッドカードがおすすめ。発行料2ディルハム(約75円)と乗車ごとの運賃を支払うことで利用できます。メトロやトラム、バスをドバイ滞在中に多く使う予定の場合は、シルバーカードの利用がおすすめです。カード発行料6ディルハム(約230円)がかかりますが、1つのカードにチャージして利用できるのでとても楽です。

そもそもチャージするのが面倒という方は、レッドカードの1デイパスを利用しましょう!22ディルハム(約835円)でメトロとバスが1日乗り放題になりますよ。

暑さが厳しいドバイではタクシーを利用して移動する場面もあります。タクシーの初乗りは12ディルハム(約460円)と日本よりも安い金額です。

メトロとタクシーの両方を利用すると考えると、1日にかかる交通費は1,000円ほどが目安となります。

ドバイでの観光&オプショナルツアーの費用


photo by Shutterstock

費用の目安:1スポットあたり約2,000円〜
ドバイで観光するには、1スポットあたり2,000円程度かかります。それぞれのスポットで差はありますが、ドバイは建築物や展望台などの観光スポットが多いため、入場料が他の都市の観光スポットに比べると高額な傾向です。

ドバイの代表的な観光スポットの入場料は以下の通りです。

  • ドバイフレーム:50ディルハム(大人・約1,950円)
  • ブルジュ・ハリファ:169ディルハム〜(大人・124階と125階展望台・約6,580円)

砂漠ツアーなどに参加される場合の相場は、半日(数時間程度)のものは4,000円ほどから、1日のツアーは9,000円ほどから申し込み可能です。朝日鑑賞やラクダ、バギーなど、砂漠ツアーにはさまざまな種類があります。

ドバイ旅行のお土産費用


photo by Shutterstock

費用の目安:約5,000円〜
ドバイ旅行のお土産にかかる費用は必要な量や購入するものによって個人差があります。家族や友人へお土産を購入する程度であれば、5,000円ほどの予算を用意しておくのがおすすめです。

ドバイ旅行でおすすめのお土産は、アラビアン小物やスパイス、チョコレートなどです。スークでは手頃な値段でおしゃれなお土産をゲットするのにぴったりなスポット!

お土産でまとめ買いをする場合は、さらに値引きをしてくれることも多いので、ぜひ値引き交渉などもたのしみながらショッピングしてみてくださいね。

ドバイ旅行中のインターネット、WiーFi代

ハワイ Wi-Fi
photo by shutterstock

費用の目安:1日あたり1,000円~2,000円前後
旅行中にあるとうれしいのが、インターネット環境。海外でインターネットを使うには、現地のSIMを購入、Wi-Fiをレンタル、日本の携帯会社の海外パケットプランを使うといった方法があります。

スマートフォンがSIMフリー(SIMロックがかかっていないスマートフォン)の場合はSIMを購入するのがおすすめ。5日間で2,000円前後と最も安い方法となっています。ただしSIMフリーの確認やSIMの交換をしないといけないので注意が必要です。ドバイでは旅行用のビジタープランのSIMが販売されているので、ぜひ利用してみてください。

SIM以外だと、持ち歩きタイプのWi-Fiルーターがおすすめ!日本の空港で受けとり、旅行後に空港で返すだけの便利なレンタルサービスもあります。価格は1日あたり1,000円前後です。プランによってデータ容量や受けとり・返却方法が異なるので、事前に確認しましょう。

海外旅行保険にかかる費用


photo by shutterstock

費用の目安:約2,000円前後
ドバイ旅行5日間の海外旅行保険は、1,500円ほどからのプランがあります。補償内容や保険会社によって費用は異なるため、補償内容などを確認して自分に適したものを選ぶようにしましょう。

また、クレジットカードにも海外旅行保険が付帯しているので、保有しているクレジットカードの適用条件や補償内容を確認してから、別途、海外旅行保険への加入を検討するのがおすすめです。

クレジットカードによって、保険の適用条件が自動付帯と利用付帯があります。保険が適用されていると思っていたら、条件を満たしていなくて保険適用外だったということがないように、適用条件は事前に確認しましょう。

ドバイ旅行の費用を節約する4つのコツ

最後に、ドバイ旅行の費用を節約する4つのコツを紹介します。

①格安ツアーで予約する


photo by Shutterstock

ドバイ旅行の費用をなるべく安く抑えたいなら、航空券とホテルがセットになったおトクなツアーの利用がおすすめです!航空券とホテルを自分で手配するよりも予約の作業が楽で、さらに自分で手配するよりお得な場合もあるので、必ずチェックしましょう。

また夏の旅行シーズン直前や初売りシーズンなどに開催されるセールでは格安ツアーが販売されるケースも多く、いつもよりお得にツアーを購入するチャンスです。数量限定や、時間限定の場合がほとんどなので、しっかりと販売開始時刻にスタンバイしておくとセールの争奪戦に勝てる可能性が上がりますよ。

②ドバイ旅行の安い時期(オフシーズン)を狙う


photo by Shutterstock

ドバイ旅行は、ラマダンと夏季(4月〜10月)が安いシーズンです。ラマダンとは、イスラム教徒の五行のひとつ断食を行う期間です。期間は1ヶ月で、毎年行う時期は変化します。

2023年のラマダンは3月22日〜4月20日です。日本ではあまり触れられない文化の1つなので、あえてこのシーズンに旅行をして宗教について学びを深め得るのもおすすめです!ショッピングモールなどの飲食店は営業しているため、ラマダン中の旅行でも食事に困ることはありません。

夏季の6月〜9月は最高気温が40℃以上になることも多く、日中の観光は困難になります。日が暮れれば涼しくなりますが、日中は屋内の観光スポット中心になってしまうため、プランニングに少し工夫が必要です。

③観光スポットは事前予約をする


photo by Shutterstock

ドバイの人気観光スポットでは、事前予約で割引がされるキャンペーンが実施されている場合があります。すべての観光スポットが安くなるというわけではありませんが、予約しておくことで待ち時間の短縮にもなるのでおすすめです。

一方で、人気の観光スポットのブルジュ・ハリファではチケット代とは別に予約手数料の5ディルハム(約200円)がチケット毎にかかります。ブルジュ・ハリファは予約必須の観光スポットなので、事前予約してから行くのがおすすめですが、事前予約による手数料がかかる施設もあるので注意が必要です。

④ドバイのスークを攻略する


photo by Shutterstock

ドバイで旅行費用を抑えるには、スークの攻略は必須です。スークではスパイスや小物などお土産にぴったりなアイテムを多く販売しています。歩いているだけでもたのしいスポットですが、せっかくなら買い物をしてみるのもいいですよ。

買い物をする際は価格交渉が必須です。あまりにも過度な値引きには注意が必要ですが、一般的に最初に提示された価格の半額から1/3程度まで価格が下がります。さらに、まとめ買いをするともっとお得になることも!

スークを散策する際には過剰な客引きに注意をしながら、エキゾチックな市場をたのしんでみてください。

ドバイ旅行でお得にエキゾチックな雰囲気を満喫しよう!

ドバイ旅行5日間にかかる費用はおよそ20万円です。ドバイは日本よりも物価が高いものがある一方で、ミネラルウォーターやタクシーの初乗り運賃などは日本よりも少し価格が安いです。お金がかかりそうなイメージの強いドバイですが、うまく観光すればそれほど高額な費用はかかりません。

ぜひご紹介した節約方法などを活用して費用を抑えつつ、充実したドバイ旅行にしてくださいね。

※2023年6月7日のレート、1UAEディルハムは37.97円で計算しています。
cover photo by Shutterstock

よくある質問

この記事で紹介したホテルはこちら🌟

NEWT(ニュート)ならアプリでかんたんに予約できます🤳 いつでも5%ポイント還元!

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ドバイの東京発のおすすめツアー

ドバイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる