NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】ウルグアイの治安は?危険な場所や注意点を解説

ウルグアイ旅行を計画中の皆さん、治安が気になりますよね。この記事では、2024年最新のウルグアイの治安情報をお届けします。首都モンテビデオの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。南米屈指の治安の良さを誇るウルグアイですが、油断は禁物。安全で楽しい旅行のために、ぜひ参考にしてください。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

ウルグアイ旅行を計画中の皆さん、治安が気になりますよね。この記事では、2024年最新のウルグアイの治安情報をお届けします。首都モンテビデオの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。南米屈指の治安の良さを誇るウルグアイですが、油断は禁物。安全で楽しい旅行のために、ぜひ参考にしてください。

Contents

ウルグアイの治安はいい?悪い?

photo by PIXTA

ウルグアイは南米の中でも治安が良いと評価されている国の一つです。日本の外務省は現在ウルグアイに対して特別な危険情報を出していません。

世界平和度指数2023年版では、ウルグアイは163カ国中50位にランクインしました。周辺国と比べると凶悪犯罪の発生率は低いものの、スリや置き引きなどの一般犯罪には注意が必要です。

ウルグアイの夜間の治安

photo by PIXTA

ウルグアイの主要都市では、夜でも比較的人通りが多く安全です。ただし、モンテビデオの旧市街など一部のエリアでは夜間の一人歩きは避けた方が無難。特に女性は要注意です。

夜の移動にはタクシーやUberの利用がおすすめ。流しのタクシーは避け、ホテルのフロントなどで正規のタクシー(レミス)を呼んでもらうのが安全です。バスは夜遅くまで運行していますが、終バス近くは治安が悪化するので注意しましょう。

ウルグアイで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

photo by PIXTA

ウルグアイは南米の中でも治安が良い国として知られていますが、それでも観光客が注意すべき危険なエリアがいくつかあります。特に首都モンテビデオの一部の地域では、スリやひったくりなどの犯罪が多発しているので要注意です。

ここでは、ウルグアイ旅行で立ち寄る可能性のある治安の悪いエリアを具体的に紹介します。安全に楽しい旅行をするために、ぜひ参考にしてくださいね!

モンテビデオのセロ地区は要注意!

モンテビデオのセロ地区は丘の上にある要塞跡が人気の観光スポットですが、昼夜を問わず強盗や殺人事件が多発しているエリアです。観光客を狙った犯罪が後を絶たないので、個人での訪問は避けるのが賢明でしょう。

セロ要塞の眺望を楽しみたい場合は、代わりにAntelのオフィスビルなどの展望施設からの景色がおすすめです。安全第一で観光を楽しみましょう!

モンテビデオ旧市街で財布を盗まれないように!

モンテビデオの旧市街、通称シウダ・ビエハ地区は独立広場から西側に広がるエリアです。歴史的な建物が立ち並ぶ人気の観光スポットですが、観光客を狙ったスリやひったくりが多発しています。

特に夜間は危険度が増すので、暗くなったらタクシーで移動するのが安全です。人通りの少ないところでは、貴重品の管理に十分注意しましょう。リュックは背負わず、体の前で抱えるのがおすすめですよ。

プンタ・デル・エステのビーチでの盗難に注意!

ウルグアイ有数のビーチリゾート、プンタ・デル・エステ。夏のハイシーズンには世界中から多くの観光客が訪れますが、それを狙った犯罪も増加します。

特にビーチでの盗難が多いので、荷物から目を離さないようにしましょう。遊泳中はホテルのプールサイドロッカーを利用するなどの工夫が必要です。夜遅くの一人歩きも控えめにして、人通りの多い場所を選ぶのが賢明ですよ。

ウルグアイで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

photo by PIXTA

ウルグアイは南米の中でも比較的治安が良い国とされていますが、観光客を狙った犯罪も後を絶ちません。旅行中は十分な注意が必要です!

ここでは、ウルグアイで観光客が被害にあいやすい主な犯罪の種類と手口を解説します。スリや置き引き、ひったくりなどの街頭犯罪に加え、両替トラブルやタクシー強盗なども要注意です。具体的な事例を交えながら、どのような場面で注意が必要かを詳しく説明していきますね。

スリ・置き引き

ウルグアイでは、観光地や人混みを中心にスリや置き引きが多発しています。特に、開いたままのバッグや後ろポケットに入れた財布などは狙われやすいので注意が必要です。貴重品は体の前で抱えるようにし、肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

また、リュックサックは背中に背負うと中身を取られる危険性が高いので、避けた方が無難です。人混みを歩く際は、周囲に気を配り、不審な人物がいないか確認しながら移動しましょう。

ひったくり

ウルグアイの都市部では、オートバイの二人乗りによるひったくりが頻発しています。歩きながらスマホを見ていると、一瞬で奪われてしまう可能性があるので厳禁です。

貴重品は見えないところにしまい、なるべく目立たないようにしましょう。ひったくり被害に遭ったら、すぐに警察に届け出て、状況を説明してください。

偽札・過少払いトラブル

ウルグアイの市街地では、偽札や過少払いのトラブルが多発しています。見知らぬ人から両替を持ちかけられても、絶対に応じないようにしましょう。両替は必ず銀行やホテルのフロントなど、信頼できる場所で行ってください。

お店で買い物をする際は、店員が目の前で紙幣を数えているか確認を!おつりをもらう時も、その場でしっかり金額を数えましょう。少しでもおかしいと感じたら、遠慮せずに店員に確認を求めてください。用心深く行動することが、トラブル防止の鍵となります。

ウルグアイで被害にあわないための防犯対策

photo by PIXTA

ここからは、ウルグアイで被害に遭わないための具体的な防犯対策をご紹介していきますよ。スリやひったくりなど、旅行者が狙われやすい犯罪の手口と、それを防ぐためのポイントを押さえておきましょう。少し気を付けるだけで、ウルグアイの旅はもっと安心で楽しいものになるはずです!

目立たない服装を心がける

ウルグアイでは、派手なアクセサリーやブランド品は控えめにするのがおすすめです。高価そうな服装は犯罪者の標的になりやすいので注意が必要。現地の人に溶け込むような、目立たないシンプルな服装を心がけましょう。

貴重品は分散して持つ

スリや置き引きのリスクを減らすには、パスポートとクレジットカード、現金は別々に持ち歩くのが効果的です。全ての貴重品を一箇所に入れておくのは危険。ホテルのセーフティボックスを活用して、必要最小限の荷物で外出するのがベターですよ。

スマホの使用は最小限に

人混みの中でスマホを見ていると、ひったくりの格好の的に。観光地などではスマホの使用は最小限に抑えましょう。使う時は周囲に十分気を配り、使い終わったらすぐにバッグにしまう習慣をつけると安心です。

夜間の一人歩きは避ける

ウルグアイの都市部では、夜は人通りの多い場所でも一人歩きは避けるのが賢明。特に女性は要注意です。夜の外出が必要な場合は、信頼できるタクシーやUberを利用するのがおすすめですよ。

もしウルグアイで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

photo by Unsplash

ウルグアイ旅行中に万が一犯罪に巻き込まれてしまった場合、落ち着いて適切な緊急連絡先に助けを求めることが大切です。警察への通報はもちろん、怪我をした時は病院に、盗難にあった時は保険会社への連絡も必要になるかもしれません。

ここでは、ウルグアイで犯罪被害に遭った時の主要な連絡先をまとめてご紹介します。安全対策の一環として、旅行前にメモしておくと安心ですよ。

緊急通報先

ウルグアイの緊急通報番号は以下の通りです。

  • 警察:911
  • 救急車:105
  • 消防:104

緊急時はこれらの番号に電話をかけましょう。オペレーターにゆっくりとはっきりと状況を説明してください。日本語が通じない場合は、近くにいる現地の人やホテルのスタッフに助けを求めるのも一つの方法です。

盗難などに遭った場合など、緊急ではない被害の場合は最寄りの警察署に相談するようにしましょう。パスポートを紛失した場合は大使館に連絡を取り、再発行の手続きを行ってください。安全のために、大使館の連絡先は控えておくことをおすすめします。

在ウルグアイ日本国大使館

ウルグアイで何かトラブルに巻き込まれたり、緊急事態が発生した場合は、在ウルグアイ日本国大使館に連絡しましょう。パスポートの紛失や盗難、事件や事故に遭遇した際の手続きなどについて、適切なアドバイスをしてくれます。必要に応じて「帰国のための渡航書」の発給も行っています。

大使館の方へは直接訪問するか、電話やメールで連絡が可能です。営業時間内であれば、すぐに対応してもらえるでしょう。休日や営業時間外の緊急時は、留守番電話のメッセージに従って行動してください。

在ウルグアイ日本国大使館の基本情報は以下の通りです。

在ウルグアイ日本国大使館の基本情報

住所

Bulevar General Artigas 953 (Bulevar España通りと21 de setiembre通りの間), Montevideo

電話

+598-2418-7645

メールアドレス

ryoji-bu-uruguay@mv.mofa.go.jp(領事部)

営業時間

月~金 9:00~12:30、13:30~17:00(祝日を除く)

公式サイト

https://www.uy.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

治安情報をチェックしてウルグアイ旅行を楽しもう!

ウルグアイは南米でも治安の良い国ですが、都市部では犯罪のリスクもゼロではありません。スリやひったくりなどの一般犯罪に十分注意し、夜間の一人歩きは控えめにするのが賢明です。

モンテビデオのセロ地区など危険度の高いエリアは避け、人混みではスマホや貴重品の管理を徹底しましょう。最新の治安情報をこまめにチェックし、状況に合わせて臨機応変に行動することが大切。リスクを理解した上で適切な防犯対策を講じれば、ウルグアイの美しい景色や文化を安全に楽しむことができるはずです。

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。

cover photo by Unsplash
※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる