NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2022年】台湾のおすすめ観光地22選!各都市の名所やモデルコースも

今回は、台湾の人気観光スポットから穴場スポットまで、台北や台南、台中、高雄などエリア別にご紹介します。最後には台湾旅行のモデルコースも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

更新日:
NEWT編集部

日本から4時間ほどと気軽に行ける海外旅行先として人気の台湾。映画『千と千尋の神隠し』の舞台になった幻想的な観光地から夜市のグルメまで、台湾には見どころがいっぱい!今回は、台湾の人気観光スポットから穴場スポットまで、台北や台南、台中、高雄などエリア別にご紹介します。最後には台湾旅行のモデルコースも紹介するので、台湾旅行の初心者の方も参考にしてみてくださいね。

Contents

台湾は弾丸旅行にもおすすめの観光地!


photo by pixabay

台湾は、日本から4時間ほどで行ける人気の観光地。日本からの直行便も多く、費用も格安で弾丸で行けるのも魅力のひとつです。親日家が多く治安もいいので、初めての海外旅行先にもおすすめ!

屋台が並ぶ夜市や、映画『千と千尋の神隠し』の舞台になった九份、幻想的なランタンの世界を楽しめる十分など名所や見どころスポットもいっぱいです。小籠包、かき氷、魯肉飯などのグルメも欠かせません。そんな名所がいっぱいの台湾旅行は、学生旅行やファミリー、女子旅、カップルなどいろいろな方におすすめ!さらに、弾丸で行けるので会社員でも休みを取って楽しみやすいのが特徴です。

台湾は1年中を通して暖かく夏のような気候が続きます。とくに、3月から5月、9月下旬から11月にかけては観光のベストシーズン。カラッと晴れる日が多くて観光にもおすすめの時期です。1月から2月にかけては短いですが冬のような気候になります。6月から9月にかけては台風やスコールが多く、雨の日が続くこともあります。

台湾の観光の受け入れが整って入国が再開されたら、すぐにでも行きたいという方も多いのでは?この記事では、台湾のおすすめの観光地をエリア別に紹介していきます!

台湾・台北市(近郊)のおすすめ観光スポット7選

台湾の中心地・台北市の有名な観光地から穴場スポットまでおすすめの観光地を紹介します。台北観光は2泊3日のスケジュールでも満喫できるので弾丸旅行にもおすすめです!

 国立故宮博物院(こくりつこきゅうはくぶついん)

世界4大博物館のひとつ!見応えある名作コレクション


photo by Shutterstock

国立故宮博物院は、世界4大博物館にも数えられる格式高い博物館。中国美術工芸品を中心に70万点ほどのコレクションがあり、そのうちの6,000~8,000点ほどが常時展示されていて、その数なんと世界最大級!1日あっても回れないほどの見どころが詰まった博物館なんです。


photo by Shutterstock

なかでも、翠玉巧彫の最高傑作・翠玉白菜や、豚の角煮を模した肉形石は必見!まるで本物かのような繊細な芸術品に驚くはずです。MRT士林駅からバスで15分ほどと市内からは少し離れますが、1度は行っておきたい、台湾旅行のメインスポットです!

国立故宮博物院(こくりつこきゅうはくぶついん)の基本情報
住所: No. 221, Sec 2, Zhi Shan Rd, Shilin District, Taipei City, 台湾 111
電話:+886-2-6610-3600
営業時間:9:00~17:00
休業日:月曜(祝日の場合は開館)
アクセス: MRT士林駅からバスで約15分
料金:350台湾ドル/約1,552円(18歳以上)
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:https://www.npm.gov.tw/index.aspx?l=3

龍山寺(りゅうさんじ)

台湾のパワースポット!地元の人も信仰する台北最古の寺


photo by Shutterstock / Jack Hong

龍山寺は、台北市街にある台北最古のお寺。国家古跡のひとつにも数えられていて、観光客だけでなく地元の人も熱心に信仰する由緒あるお寺です。正月や受験シーズンなどには、とくに多くの人がお参りにくる、まさに台湾のパワースポット!さらに、縁結びにも御利益があると言われていて幸運や良縁を求めて多くの人が訪れます。


photo by Shutterstock

MRT龍山駅からすぐのアクセスのいい立地なので、最終日の朝に訪れるなど、サッと参拝へ向かえるのもうれしいポイント。中国の伽藍建築や線香の香り、鮮やかなお供えなど、お寺ならではの熱気や雰囲気を味わってみて。

龍山寺(りゅうさんじ)の基本情報
住所:  No. 211, Guangzhou St, Wanhua District, Taipei City, 台湾 10853
電話:+886-2-2302-5162
営業時間:6:00~22:00
アクセス: MRT龍山寺駅出口から徒歩すぐ
料金:無料
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:https://www.lungshan.org.tw/jp/index.php

士林夜市(しりんよいち)

台湾最大の夜市!台湾観光の定番グルメスポット


photo by Shutterstock

士林夜市は、台湾観光のなかでも定番のナイトグルメスポット!夜市の規模は、台湾の数ある夜市のなかでも最大規模を誇り、夕方になるとずらりと多くの露天が並びます。胡椒餅(フージャオビン)やフライドチキンなどのB級グルメが楽しめる屋台エリアや、名物の牡蠣オムレツやかき氷などを味わえる地下の美食區(メイシーチュー)などのグルメエリア、射的やスロット、雑貨までまるで縁日のように活気ある雰囲気を楽しめますよ!


photo by Shutterstock / HTU

アーケードや地下にも店が並ぶので雨の日でも安心です。季節問わず楽しめますよ。最寄り駅は士林駅ではなくMRT剣潭駅なので、訪れる際は注意してくださいね。

士林夜市(しりんよいち)の基本情報
住所:No. 101, Jihe Rd, Shilin District, Taipei City, 台湾 111
電話:+886-2-2881-5557
営業時間:店舗により異なる
休業日:店舗により異なる
アクセス: MRT剣潭駅から徒歩約5分
料金:店舗により異なる
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

忠烈祠 (ちゅうれつし)

息ぴったりの衛兵交代式は必見!一度は訪れたい台湾の歴史的スポット


photo by Shutterstock / Richie Chan

忠烈祠は、辛亥革命や抗日戦争などで国のために倒れた英霊が祀られている追悼施設です。大門と赤い屋根の大殿では衛兵が英霊を守っていて、微動だにせずに警護にあたる姿は圧巻。


photo by Shutterstock / beibaoke

さらに、1時間ごとに衛兵が交代するときの衛兵交代式は必見です!9時から17時までの1時間ごと、20分間、衛兵たちが息を合わせて一糸乱れぬ姿で行進をする姿をぜひ間近で見学してみてください!

忠烈祠(ちゅうれつし)の基本情報
住所:No. 139, Beian Rd, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 10491
電話:+886-2-2885-4162
営業時間:9:00~17:00
休業日:5月28日・29日、9月2日・3日
アクセス:MRT圓山駅からタクシーで約5分
料金:店舗により異なる
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:https://afrc.mnd.gov.tw/faithmartyrjp/Content.aspx?ID=&MenuID=497&MP=2

行天宮(ぎょうてんぐう)

三国志の英雄・関羽が商業の神として祀られているお寺


photo by Shutterstock

行天宮は、三国志の英雄・関羽が商業の神として祀られているお寺。商売繁盛や仕事運アップに御利益があると地元の人も参拝に訪れる由緒あるお寺です。通常の参拝以外にもおみくじが有名で、茭杯と呼ばれる赤い三日月形の木片を使って占うのが特徴的。引いたおみくじを日本語で説明してくれるスタッフもいるので、ぜひ旅行の思い出に試してみて。


photo by Shutterstock / elwynn

最寄り駅のMRT行天宮駅の地下街には占い屋さんが集まっていて、こちらも人気!占い横丁と呼ばれていて、手相、姓名判断、米粒占い、小鳥占いなど本格的に占ってもらえます。日本語OKのブースも多いので、言語に不安がある方でも安心です。

行天宮(ぎょうてんぐう)の基本情報
住所:  No. 109, Section 2, Minquan E Rd, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 10491
電話:+886-2-2502-7924
営業時間:4:00~22:00
アクセス: MRT行天宮駅から徒歩約5分
料金:無料
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:https://www.ht.org.tw/

九份(きゅうふん)

台湾旅行の定番!映画のような世界が広がる幻想的なスポット


photo by Shutterstock

九份は、言わずと知れた日本人にも人気の台北郊外にある有名な観光スポット。夜になると街の至る所にあるちょうちんが灯り、幻想的な世界が広がります。その美しい世界観は映画『千と千尋の神隠し』のモデルにもなったと言われているほど!元々は金鉱の街として栄えていて、古い町並みが今もなお残されています。


photo by Shutterstock / NH

景色を楽しむことはもちろんですが、カフェに入ってゆっくりと過ごしたり、団子や豆の入ったデザート・芋圓を味わったりと食事や街歩きも満喫してみましょう!台北市内からは1時間半ほどの場所になるので、オプショナルツアーを活用するのもおすすめ!

九份(きゅうふん)の基本情報
住所:Jishan St, Ruifang DistrictNew Taipei City, 台湾 224
アクセス:MRT忠孝復興駅から金瓜石行きの基隆客運バスに乗り換え、九份老街バス停下車、台北市内から車で約1時間半
料金:無料
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

十分(じゅうふん)

願いを込めてランタンを空へ飛ばそう!


photo by unsplash

台北市内から車で1時間ほどの場所にある十分。周辺にはオレンジ色の電車・平渓線が走るローカルで昔懐かしい雰囲気のエリアです。なかでも旧正月に行われるランタンフェスティバル(平渓天燈節)が有名で、真っ暗な夜空にオレンジ色のランタンが浮かび上がる姿は幻想的で、心奪われる景色!


photo by Shutterstock / Simon Tang

ランタンフェスティバルの期間以外にも、ランタンを購入して願い事を書いて空に飛ばす天燈上げ体験ができます!とくに夜の時間帯に訪れてランタンを飛ばせば、幻想的な風景が目の前に広がり感動的です。ランタンは1つ150台湾ドル(約665円)から購入できるので、ぜひ台湾旅行の思い出に願いを込めてランタンを空に飛ばしてみて!

十分(じゅうふん)の基本情報
住所:台湾 New Taipei City, Pingxi District, 226
電話:+886-2-2502-7924
営業時間:4:00~22:00
アクセス:MRT瑞芳駅から平渓線に乗り換え十分駅からすぐ、台北市内から車で約1時間
料金:ランタン1つ150台湾ドル(約665円)
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

台湾・台南市のおすすめ観光スポット4選

つづいては、台湾の南西部の都市・台南市にあるおすすめの観光地をピックアップします。温暖な気候とレトロでノスタルジックな街の雰囲気は、訪れるとほっとするはず。担仔麺(タンツーメン)やえび飯など、台南ならではの名物グルメもそろっているので、ぜひゆっくりと観光を楽しみたいエリアです。

安平樹屋(アンピンシュウー)/徳記洋行(ジャジーヤンハン)

ガジュマルの木に覆われた旧イギリス商社の倉庫


photo by Shutterstock

安平樹屋は、旧イギリス商社の倉庫だった建物が19世紀に日本の倉庫となり、日本人によって増築された建物です。廃墟になった際にガジュマルの樹が建物を覆うようになり、今の姿になったのだとか。まるで映画の世界のような非現実的な景色は、探索をしているかのような気分になります。


photo by Shutterstock

建物内にはコーヒーショップやお土産ショップも併設しているので、休憩を挟みながら散策を楽しむのがおすすめ。台南市内から離れていますが、台南駅からバス1本で行けるので、レトロで不思議な世界を味わいたい方はぜひ訪れてみて。

安平樹屋(アンピンシュウー)の基本情報
住所:No. 108, Gubao St, Anping District, Tainan City, 台湾 708
電話:+886-6-391-3901
営業時間:8:30~17:30
アクセス:台鉄台南駅前より車で約20分、台南駅からバス德記洋行・安平樹屋で下車し徒歩約2分
料金:50台湾ドル/約221円(大人)、25台湾ドル/約110円(子ども)
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

神農街(シェンノンチエ)

レトロな街歩きを満喫!夜のライトアップもきれいなスポット


photo by Shutterstock / beibaoke

神農街は、レトロな古民家や道が残る通りで、古き良き台湾の雰囲気をそのまま体感できるエリア。清朝統治時代に賑わった街で、当時は商業の中心地だったのだとか。狭い路地には、古民家が残り、ノスタルジックな雰囲気です。台湾の雰囲気を味わいながら街歩きを楽しめますよ。


photo by Shutterstock / topimages

とくに散策するのにおすすめなのが夜の時間帯。通りに掲げられた赤いちょうちんに一斉に灯りがともり、幻想的な世界を演出します。石畳の通りと古民家とちょうちんで、レトロな世界へのタイムスリップを楽しめます。

神農街(シェンノンチエ)の基本情報
住所:Shennong St, West Central DistrictTainan City, 台湾 700
電話:+886-6-226-7151
アクセス:台鉄台南駅前より車で約10分、台南駅からバス神農街水仙宮で下車し徒歩すぐ
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

林百貨(はやしひゃっか)

レトロな建物で台湾の最旬お土産をゲットできる!


photo by Shutterstock

林百貨は、1932年に日本人実業家によって創立されたデパート。2014年にリニューアルされ、レトロでおしゃれな外観に生まれ変わりました。当時の面影を感じながらも、台湾の旬の雑貨やグルメを楽しめるスポットです。


photo by Shutterstock / cherry-hai

現在は、台湾各地のご当地グルメやファッション、お土産などが販売されています。とくにMIT(メイドイン台湾)の製品のセレクトを中心に展開していて、こだわりの台湾ならではの製品が手に入りますよ。林百貨と台湾の老舗帆布工房・合成帆布のコラボグッズも!ぜひとっておきの最旬グッズを手に入れたい方は台南観光の合間に立ち寄ってみて。

林百貨(はやしひゃっか)の基本情報
住所:No. 63號, Section 2, Zhongyi Rd, West Central District, Tainan City, 台湾 700
電話:+886-6-221-3000
営業時間:11:00~21:00
アクセス:台鉄台南駅から徒歩約20分
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:http://www.hayashi.com.tw/

赤嵌樓(せきかんろう)

300年以上の歴史を誇る!台南のランドマーク的スポット


photo by Shutterstock / Romix Image

赤嵌樓は、1653年にオランダ人によって創設された建物。安平の安平古堡(あんぺいこほ)と向き合う形になっていて、当時は台湾・台南エリアの政治の中枢を担っていた場所とされています。現在は反乱や災害により当時の建物はほとんど残っていませんが、19世紀後半に再建され、赤色のレンガ式の建物として残っています。


photo by Shutterstock / ZHAN XUNCHAO

夜の時間になると一帯がライトアップされて、昼間とはまたひと味違う雰囲気に。駅からはタクシーを利用して訪れてみてくださいね。

赤嵌樓(せきかんろう)の基本情報
住所:No. 212, Section 2, Minzu Rd, West Central District, Tainan City, 台湾 700
電話:+886-6-220-5647
営業時間:8:30~21:30
アクセス:台鉄台南駅からタクシーで約5分、台南駅からバス赤嵌樓で下車し徒歩すぐ
料金:50台湾ドル/約221円(大人)、25台湾ドル/約110円(子ども)
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

台湾・高雄市のおすすめ観光スポット4選

台湾南部にある第三の都市・高雄市。高層ビルが建ち並ぶ都会のエリアもありながら、広々とした開放的な気分を味わえる地元民の人気スポット・愛河などの自然エリアもあり、見どころがいっぱいの都市です。台北からは新幹線で日帰りでも行けますが、ぜひのんびりと1泊して町の雰囲気を楽しんでみるのがいいでしょう。

美麗島駅(びれいとうえき)

世界で最も美しい地下鉄の駅のひとつ!一見の価値あり


photo by pixabay

美麗島駅は、世界で最も美しい地下鉄の駅のひとつに選ばれたこともある高雄観光の名所。ホームを抜けてすぐ、直径30メートル、4,500枚ほどのステンドグラスが輝く光のドームが目の前に飛び込んできます。カラフルに頭上に広がる景色は、息を吞むほどの美しさ!駅とはいえ、アート作品を見ているかのようです。


photo by pixabay

1日に3回は光のショーが行われるので、時間を合わせて訪れるのもおすすめ!

美麗島駅(びれいとうえき)の基本情報
住所:No. 115號, Zhongshan 1st Rd, Xinxing District, Kaohsiung City, 台湾 800
電話:+886-7-793-8888
営業時間:6:00~24:00
アクセス:MRT美麗島駅構内B1階
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

蓮池潭・龍虎塔(れんちたん・りゅうことう)

開運効果のある高雄のパワースポット!


photo by Shutterstock

蓮池潭は、蓮の花が生い茂る湖の周囲に鮮やかな建物が並ぶスポット。そのエリアに開運効果のあるパワースポット・龍虎塔があります。龍の口から入場し、隣に並ぶ虎の口から出ると御利益があると言われています。龍の口から内部に入るとらせん階段が続くので、そこを登っていくと景色が一望できる絶景スポットに!湖に浮かぶ色鮮やかな景色を楽しめますよ。


photo by Shutterstock

夜になるとライトアップされ、エキゾチックな雰囲気に。灯りにともされる幻想的な世界を感じられます。

蓮池潭・龍虎塔(れんちたん・りゅうことう)の基本情報
住所:No. 9號, Liantan Rd, Zuoying District, Kaohsiung City, 台湾 813
電話:+886-7-581-9286
営業時間:8:00~17:00
アクセス:高鉄左営駅から車で約8分
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

駁二芸術特区(ばくにげいじゅつとっく)

倉庫をリノベーション!高雄の旬が詰まったアートスペース・カフェエリア


photo by Shutterstock / Richie Chan

駁二芸術特区は、高雄港の倉庫として使われていた場所をリノベーションしてできた展示会やオブジェの展示が行われるエリア。巨大ロボットやオブジェなどユニークな作品が並ぶので、インパクトばつぐんです。フォトスポットとして写真撮影を楽しむのもいいですね。


photo by Shutterstock

アートスペースだけでなく建物は実際にカフェやショップに使われています。高雄の今を知れる、おしゃれなスポットなので女子旅のスケジュールに組み込むのがおすすめです!

駁二芸術特区(ばくにげいじゅつとっく)の基本情報
住所:No. 1號, Dayong Rd, Yancheng District, Kaohsiung City, 台湾 803
電話:+886-7-521-4899
営業時間:10:00~18:00(月~木)、10:00~20:00(金~日・祝)
アクセス:MRT塩埕埔駅から徒歩約5分
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

愛河(あいが)

地元の人のデートスポット!夜のクルージングも幻想的


photo by Shutterstock

愛河は、高雄の仁武郷から高雄港まで16キロほどにわたって高雄市の中心を流れる河。住民の意向によって景観が生まれ変わり、緑あふれる整備されたスポットになっています。対岸にはお店も並び、都会的な雰囲気。観光客だけでなく地元の台湾の若者たちのデートスポットとしても人気です。


photo by Shutterstock

さらに、愛河をより楽しむためには、愛之船でのクルージングがおすすめ!夜には辺り一帯がライトアップされて、オレンジの灯りで彩られます。クルージング時間は25分ほど。ゆっくりと風を感じながら夜景を眺めて、幻想的な時間を過ごしてくださいね。

愛河(あいが)の基本情報
住所:No. 188-1, Hedong Rd, Qianjin District, Kaohsiung City, 台湾 801
電話:+886-7-799-5678
営業時間:15:00〜22:00(愛之船運行)
アクセス:MRT鹽埕埔駅周辺
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

台湾・台中市のおすすめ観光スポット4選

台湾第二の都市・台中市。台湾の中部に位置するので台北からも気軽に日帰りで観光を楽しめます。カラフルな村や台湾のウユニと呼ばれる湖など、今話題の観光スポットも多い注目のエリアです!

彩虹眷村(さいこうけんそん)

まるで絵本の世界!おじいちゃんが描くカラフルな家


photo by Shutterstock / ungtaman

彩虹眷村は、96歳の住人のおじいちゃんがペンキを使って描いた鮮やかな絵で埋め尽くされた地区。壁だけでなく家にも道路にもカラフルな絵が描かれていて、見ているだけで楽しい気分に!素朴な動物や人物が描かれている様子は、ストーリー性もありずっと見ていても飽きないほどです。心ゆくまで写真撮影を楽しんでみてくださいね。


photo by Shutterstock / Shawn.ccf

また、日中になるとおじいちゃんがショップに現れ、記念撮影に応じてくれることも!バッグやポストカード、カラフルなアイスなどが売られるショップで色鮮やかなお土産を探すのも楽しいひとときになるでしょう。

彩虹眷村(さいこうけんそん)の基本情報
住所:408 台湾 Taichung City, Nantun District, 春安路56巷25號
電話:+886-4-2380-2351
営業時間:8:00〜18:00
アクセス:新烏日駅からバスで約20分、台中駅から車で約20分
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:http://www.1949rainbow.com.tw/

宮原眼科(ゴンユェンイェンクォー)

レトロとモダンが融合した建物でスイーツとお土産を堪能!


photo by Shutterstock / elwynn

宮原眼科は、眼科として作られた建物をリノベーションしたショップ。かつては日本統治時代の1927年、日本人による眼科として開院し、1945年まで台中で最大規模の眼科でした。現在はチーズケーキやパイナップルケーキで有名なブランド・日出がショップを構えています。


photo by Shutterstock / weniliou

建物は、レンガ調の歴史ある面影を残しつつも、スタイリッシュなモダンな雰囲気も融合された空間で、フォトジェニックな雰囲気!お店ではレトロな見た目がかわいいアイスクリームやお土産にぴったりのお茶が販売されています。古き良き台湾の雰囲気と話題のデザート、どちらも存分に味わってみて。

宮原眼科(ゴンユェンイェンクォー)の基本情報
住所:No. 20號, Zhongshan Rd, Central District, Taichung City, 台湾 400
電話:+886-4-2227-1927
営業時間:10:00〜21:00
アクセス:台鉄台中駅から徒歩約5分
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

逢甲夜市(ほうこうよいち)

活気のある台湾中部最大の夜市!


photo by Shutterstock / elwynn

逢甲夜市は、台湾中部エリアの最大の夜市。逢甲大学の周辺に位置しているので、グルメ以外にも靴やファッション、雑貨などさまざまなお店が出店しているのが特徴です。もちもち食感の台湾式クレープやさつまいもボール、タロイモスイーツなど夜市ならではのB級グルメの食べ歩きを気軽にできちゃいます!


photo by Shutterstock / Yen Lin

台中駅からはタクシーで30分ほどかかる距離ですが、路線バスも充実しているので、一度は訪れてみたいスポットです。夜の賑わいやお祭り感を存分に楽しんで!

逢甲夜市(ほうこうよいち)の基本情報
住所:Wenhua Rd, Xitun District, Taichung City, 台湾 407
電話:+886-4-2451-5940
営業時間:16:00〜2:00
休業日:店舗によって異なる
アクセス:台鉄台中駅から車で約30分
料金:店舗によって異なる
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

高美湿地(こうびしっち)

台湾のウユニ塩湖!水面に映る夕日が絶景


photo by Shutterstock

高美湿地は、台中駅から車で1時間30分ほどの距離にある湿地帯。120種類以上の鳥が生息している有名なバードウォッチングのスポットとして知られていたり、絶滅危機に瀕している植物・雲林莞草が広がっていたりと、豊かな自然に囲まれたエリアです。


photo by Shutterstock

干潮時の日の入りの時間帯には、辺り一帯が夕日に染まり、絶景が広がります!その姿は台湾のウユニ塩湖とも呼ばれ、幻想的な景色を眺められますよ!水面に映った夕焼けの景色を見たい方は、台中で一泊して夕暮れ時にゆっくりと訪れるのがおすすめです。

高美湿地(こうびしっち)の基本情報
住所:Meidi St, Qingshui District, Taichung City, 台湾 436
電話:+886-4-2656-5810
アクセス:台鉄台中駅から車で約1時間30分
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:https://www.gaomei.com.tw/

台湾・花蓮市のおすすめ観光スポット3選

花蓮市は、台湾東部に位置する都市。太平洋に面していて、西側には中央山脈がそびえる、地方ならではの自然が美しいエリアです。台湾随一の景勝地・太魯閣峡谷や先住民族であるアミ族の文化を知るスポットなど、見どころがいっぱい!温泉なども多いので冬の観光にもおすすめです。台北からは電車で2時間ほどで行けるため、のんびりと日帰り旅を楽しみましょう。

太魯閣峡谷(たろこきょうこく)

エメラルドグリーンに輝く絶景!台湾の大自然を堪能


photo by Shutterstock

太魯閣峡谷は、エメラルドグリーンの大迫力の清流が流れる台湾随一の景勝地。大理石の断崖絶壁が20キロほどに渡って続く景色は圧巻!長年の水の浸食によってできた奇岩やエメラルドグリーンの水に癒やされる神秘的なスポットです。


photo by Shutterstock

花蓮からバスで1時間ほどかかりますが、台湾の大自然を間近で感じたい人にはとくにおすすめの場所。周辺のスポットである砂卡礑(サカタン)橋や砂卡礑遊歩道を散策するハイキングも楽しめますよ。

太魯閣峡谷(たろこきょうこく)の基本情報
住所:972 台湾 Hualien County, Xiulin Township, 富世291號
電話:+886-3-862-1100
アクセス:花蓮駅からバスで約1時間
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算
公式サイト:https://www.taroko.gov.tw/ja/

東大門夜市(とうだいもんよいち)

アミ族の原住民料理が楽しめる夜市!


photo by Shutterstock / Opat Suvi

東大門夜市は、花蓮市内にいくつかあった夜市を統合して2015年に整備された花蓮を代表する観光夜市。道が広くゴミ箱や飲食スペースがあるので、快適に食べ歩きを楽しめます。


photo by Shutterstock / Richie Chan

花蓮に住むアミ族などが屋台を出す原住民一條街や、おいしい屋台がそろう自強夜市、中国のグルメを扱う各省一條街、射的や輪投げが楽しめる店が多い福町夜市の4つのエリアに分かれているので、何度来ても楽しく過ごせますよ。台湾の歴史や文化を知るきっかけにもなりそう!ぜひお気に入りの店を見つけてみてくださいね。

東大門夜市(とうだいもんよいち)の基本情報
住所:No. 415號, Chongqing Rd, Hualien City, Hualien County, 台湾 970
電話:+886-3-822-7171
営業時間:18:00~23:00
休業日:店舗によって異なる
アクセス:花蓮駅から車で約10分
料金:店舗によって異なる
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

七星潭風景区(チーシンタン)

地元の人にも人気の海岸スポット!


photo by Shutterstock 

七星潭風景区は、花蓮市内から北7キロの場所にある、美しい弧を成す地元の人にも人気のビーチです。断層によって作られた海峡で、青い澄んだ海と山の自然あふれる景色を楽しめます。花蓮市の南浜公園から港、四八高地を結ぶ21キロほどのサイクリングコースもあり、アクティブに台湾の自然を感じたい方にはぴったり!


photo by Shutterstock / Avim Wu

波が高いので泳ぐことはできませんが、ただ眺めてゆっくりと過ごすには絶好の場所です!

七星潭風景区(チーシンタン)の基本情報
住所:No. 5號, Lane 79, Qixing St, Xincheng Township, Hualien County, 台湾 971
電話:+886-3-822-1592
アクセス:花蓮駅から車で約20分
※2022年7月30日のレート、1台湾ドル=4.4円で計算

台湾観光を満喫するための目的別モデルコース

ここまで、台湾のおすすめの観光地をエリア別に紹介してきました。台湾には各エリアごと素敵な観光スポットがいっぱいあるので、どのように旅行のスケジュールを組めばいいか分からないという方も多いのでは?

そこで、台北をまるっと満喫する2泊3日のモデルコースと、台北だけでなく台南や高雄を巡って台湾全体を満喫する3泊4日のモデルコースの2種類を紹介します!ぜひ台湾旅行の計画の参考にしてみてくださいね。

台湾・台北を満喫する2泊3日の観光モデルコース


photo by Shutterstock

観光スポットからグルメまで、見どころいっぱいの台湾の中心地・台北。せっかくなら朝から夜まで時間いっぱい楽しみましょう。グルメは、本場の絶品小籠包からローカル食堂でのランチまで取り入れると台湾カルチャーを感じられるのでおすすめ!夜市巡りも欠かせません。

時間に余裕のある2日目の夜には、台湾観光の目玉・九份へ行って映画の世界に酔いしれてみて。

<スケジュール例>

photo by Shutterstock / Shawn.ccf

1日目 台北到着→ローカル食堂で魯肉飯のランチ→市内観光(故宮博物院、中正紀念堂、忠烈祠)→台北101で景色を観賞→士林夜市でB級グルメを満喫

2日目 ホテルで朝食→流行文化の発信地・西門町やレトロな迪化街、おしゃれな永康街で街歩きを楽しむ→鼎泰豊本店で小籠包の食事→夕暮れの九份で観光&食べ歩き

3日目 世紀豆漿大王で台湾式の朝食→龍山寺でお参り&占い→中山エリアでショッピング&お土産探し→帰国

台北、台南、高雄を縦断する3泊4日のモデルコース


photo by Shutterstock

台湾リピーターにおすすめなのが、台北以外の都市を巡るコース!新幹線を使えば、高雄や台南などの都市にも楽々行けちゃいます。高雄と台南で一泊ずつして、夜市や名物グルメを楽しみましょう!

<スケジュール例>

photo by Shutterstock

1日目 台北到着→新幹線で高雄へ→名物の牛肉麺ランチ→高雄市内観光(蓮池潭、美麗島駅)→駁二芸術特区で散策を楽しむ→愛河で夕日観賞→六合夜市で食べ歩き
2日目 高雄から台鉄で台南へ→度小月担仔麺でランチ→林百貨でショッピング→神農街でノスタルジック散策
3日目 台南市内観光(赤嵌樓、安平樹屋)→台南から台北へ→そのまま九份へ
4日目 龍山寺や迪化街で街歩き→鼎泰豊本店で小籠包ランチ→お土産探し→帰国

台湾の見どころ満載の観光地で旅行を満喫しよう!

この記事では、台湾のおすすめの観光地とモデルコースを紹介しました。名所や見どころがいっぱいある台湾では、効率よくグルメも観光も楽しむのがおすすめです。ぜひ紹介したスポットやモデルコースを参考に、オリジナルの旅のスケジュールを立ててみてくださいね!

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる