タイの5つ星高級ホテル、マンダリンオリエンタルバンコク!ランチやカフェなどを満喫

本記事では、マンダリンオリエンタルバンコクの部屋、ランチに利用したいレストランやカフェ、プールなどの施設、過ごし方をご紹介します。バンコク旅行の是非参考にしてみてくださいね。

NEWT編集部

マンダリンオリエンタルバンコクはタイで一番長い歴史を持つ最高級ホテル。チャオプラヤー川沿いに建ち、著名人に愛されてきた伝統と格式は、今も世界中の旅行客を虜にしています。

本記事では、マンダリンオリエンタルバンコクの部屋、ランチに利用したいレストランやカフェ、プールなどの施設、過ごし方をご紹介します。バンコク旅行の是非参考にしてみてくださいね。

Contents

マンダリンオリエンタルバンコクはタイで最も歴史がある最高級ホテル


 photo by expedia

マンダリンオリエンタルバンコクは1876年に開業した、タイで一番長い歴史を持つ最高級ホテル。チャオプラヤー川沿いに建ち、古くから各国のVIPや文豪などに愛されてきました。その唯一無二の伝統と格式は、今も世界中の旅行客をとりこにしています。

今回は、一度は泊まってみたいあこがれのマンダリンオリエンタルバンコクの部屋、ランチに利用したいレストランやカフェ、スパやプールなどの施設をご紹介します。

バンコクの最高級ホテルでゆっくり過ごしてみたい方はチェックしてみてくださいね。

マンダリンオリエンタルバンコクへのアクセス 


 photo by expedia

マンダリンオリエンタルバンコクは、スワンナプーム空港とドンムアン空港から車で約40分。タクシー以外にもアクセス方法があります。

空港送迎サービス

マンダリンオリエンタルバンコクの宿泊者は、空港送迎サービスを利用することができます。最大3名までの料金は1台あたり片道3,700THB/13,019円、往復7,100THB/24,982円。4名~6名までは片道1台あたり4,000THB/14,074円、往復料金の設定はありません。(1THB=3.52円、以下同じ)

公共交通機関+無料シャトルボート

空港からマンダリンオリエンタルバンコクの最寄り駅となるBTSサパーンタクシン駅までは、バスやMRT、BTSなどを乗り換えて約1時間。BTSサパーンタクシン駅からホテルまでは徒歩10分ほどかかります。駅からすぐのサトーン船着場からホテルまでは専用の無料シャトルボートが運航しているので、こちらの利用がおすすめ!シャトルボートは随時出航していて、約5分の船旅でホテルの目の前に到着します。

ちなみにホテルのシャトルボートを使えば、タイ最大級の複合施設アイコンサイアムまでたった5分で行くことができます。駅から少し離れた場所にあるホテルですが、慢性的に渋滞しているバンコクではシャトルボートの方が使い勝手がいい場合も。上手に活用してくださいね。

マンダリンオリエンタルバンコクの華やかなロビーに感動!


 photo by expedia

マンダリンオリエンタルバンコクに一歩足を踏み入れると、豪華な内装にため息しか出ません! とくにロビーに飾られたフラワーアレンジメントは必見です。装飾は日々変化するので、少しずつ表情を変えるロビーを見るのも滞在中の楽しみ。ロビーにはマンダリン オリエンタル ショップがあり、人気のクッキーやマカロン、紅茶などお土産にぴったりなアイテムを探すことができます。

チェックインは客室で行われます。花飾りとたくさんのウェルカムフルーツ、ドリンクなどのうれしいサービスも!

マンダリンオリエンタルバンコクはきめ細やかなサービスも魅力の一つ。各フロアに専属バトラーが常駐しています。困りごとがあれば客室のコールボタンを押すとすぐに駆けつけてくれるので心強いですね。

部屋はタイの伝統的な素材や技術を取り入れた豪華なデザイン


photo by expedia

マンダリンオリエンタルバンコクは開業時に建てられたオーサーズウィング、その次に古いガーデンウイング、一番新しいリバーウィングと3つの棟に分かれていて、総客室数は331室、内60室がスイートルーム。しかも多くのお部屋がリバービューという贅沢な造りになっています。

タイは物価が安いので、あこがれの5つ星ホテルにもリーズナブルに宿泊できます。例えば閑散期にマンダリオンオリエンタルバンコクの一番お値打ちな客室に泊まると、2名1室で1泊約65,000円(食事なし)。1人1泊30,000円台でラグジュアリーホテルに泊まれる計算になりますよ。

コスパよく宿泊するならプレミアルームがおすすめ!


 photo by expedia

マンダリンオリエンタルバンコクで一番リーズナブルな客室はプレミアルームです。リーズナブルといっても客室は43平米と広々。窓の近くには大きなソファが置かれているので、市街地やチャオプラヤー川の眺望を楽しみながらのんびりとくつろぐことができます。


photo by expedia

ベッドはキングサイズ1台、またはシングルサイズ2台から選べます。定員2名の客室に洗面台が2つ付いているのもうれしい心遣い。コネクティングルームのリクエストもできるので、グループ旅行での使い勝手のよさもおすすめのポイントです。

ちなみにお値打ちな部屋はほかにもデラックスルームがありますが、プレミアルームとの違いは眺望です。チャオプラヤー川の眺めを重視する方ははデラックスルームがおすすめです。

特別な滞在を楽しみたい方はチャオプラヤールームがおすすめ!

 
photo by expedia

ガーデンウィングは2016年に改装されて、すべてワンフロアタイプと2フロアタイプのスイートルームになりました。歴史あるガーデンウィングの雰囲気を手軽に楽しみたい方には、チャオプラヤールームがおすすめです。


photo by expedia

客室はクラシックな雰囲気で、古き良きマンダリオンオリエンタルバンコクを感じさせる趣があります。35平米と比較的コンパクトですが、メゾネットタイプの客室はリビングルームとベッドルームがしっかり区切られているので、空間を広く感じるつくりになっているのが特徴。こちらもベッドはキングサイズ1台、シングルサイズ2台のどちらかが選べます。

なお、どの客室もシャンプーやシャワージェルなどのバスアメニティは、環境に配慮した容器が使われています。エコへの取り組みもさすが一流ホテルですね!

マンダリンオリエンタルバンコクのレストラン・バー12カ所!


photo by expedia

マンダリンオリエンタルバンコクには、レストランやバーなどのダイニングが全部で12カ所あります。ミシュランガイドに掲載されたフレンチレストランや豪華なアフタヌーンティーを楽しめるラウンジ、飲茶が人気の中華レストラン、京料理が話題の日本食レストランなどバラエティ豊か! ここからは人気のレストラン・カフェを一部ご紹介します。

ミシュラン2つ星のクラッシックなフレンチを堪能


photo by expedia

ル・ノルマンディー バイ アラン・ルーは1958年にオープン、ミシュラン2つ星として掲載されたフレンチレストランです。最上階に位置するので、チャオプラヤー川を眺めながら贅沢な時間を過ごすことができます。料理に合わせたワインも豊富にそろうので、大人のタイ旅行にぴったりのレストラン。ランチのドレスコートはカジュアルスマートでも問題ありませんが、ディナータイムの利用はドレスアップが必要です。


photo by @sibl.ingjourney / instagram

ランチコースは選べる前菜と主菜、デザートの3品で2,500THB/8,796円。チーズを追加すると3,400THB/11,963円で、ワインのペアリングは3グラス1,600THB/5629円で楽しめます。ディナーは6品と8品のコースがあり、6,400THB/22,519円から。もちろんアラカルトメニューも選べます。

看板メニューのカナダ産ロブスターメダリオンの揚げ焼き、シャラン鴨のデュカスパイス ローストなど、クラシックなフランス料理とアジアンテイストが融合した、唯一無二の料理を味わうことができます。

生演奏と共に楽しめる優雅なアフタヌーンティー


photo by expedia

オーサーズウィング1階にあるオーサーズラウンジは、映画『サヨナライツカ』のロケが行われた場所としても有名。ちなみにオーサーズの名称はマンダリンオリエンタルバンコクに滞在して執筆活動をしたサマセット・モーム、ノエル・カワードなど名だたる文豪にちなんでいます。三島由紀夫が『暁の寺』を執筆したのも、マンダリンオリエンタルバンコクです。

気品あるクラシカルな雰囲気のラウンジでは、ピアノの生演奏も。優雅な時間が流れます。

 photo by expedia

オーサーズラウンジのアフタヌーンティーは有名で、タイ在住者もこれを目当てに訪れるほど。タイ料理のテイストが詰まったオリエンタル、ビーガン&グルテンフリー、季節ごとに変わるアフタヌーンティーの3種類が選べます。

紅茶またはコーヒー付きで1人1,500THB/5,278円、シャンパンを追加すると1人2,200THB/7741円。紅茶はTWGが選べますが、種類によっては追加料金が必要です。

アフタヌーンティー以外にもドリンクだけのオーダーも可能。こちらもドレスコードがあるのでご注意ください。

チャオプラヤー川沿いのテラスで朝食ビュッフェ


photo by expedia

1日のはじまりは、ザ・ヴェランダでチャオプラヤー川を目の前に眺めながら朝食を。席は屋外と屋内を選べますが、お天気が良ければ屋外テラス席がおすすめ!朝食の時間は月~金6時30分~10時30分、土日は11時まで。早めに朝食を済ませて観光に出かけたいときや、ブランチ利用など、幅広く活用できます。

photo by expedia

2022年3月現在、朝食はオーダー式ビュッフェで提供されています。アラカルトメニューとしてオリエンタルブレックファスト、コンチネンタルブレックファスト、日本人にとってはうれしい和朝食なども選べて、料金は950THB/3,343円から。

マンダリンオリエンタルバンコクのスパやプールなど充実した施設 

究極のリラクセーションに癒やされる


 photo by expedia

ザ・オリエンタル・スパはバンコク屈指のスパ施設。チャオプラヤー川の対岸にあるので、シャトルボートで向かう特別感がたまりません!到着したらウェルカムティーをいただき、カウンセリングを受けてメニューを選びます。


 photo by expedia

ザ・オリエンタル・スパはフェイシャルケアからボディマッサージ、フットケアまで豊富なメニューがそろいます。

タイ旅行で外せないタイマッサージは1時間30分のコースで3,900THB/13,722円。こりかたまった筋肉や関節がほぐれ、柔軟性が高まります。

スパを気軽に試したい方には1時間のオリエンタル フット トリートメントがおすすめ。料金は2,900THB/10,204円です。足裏のマッサージだけでなく角質除去ですべすべに!

ユニークなマッサージに挑戦したい方はムエタイマッサージを。軽いパンチなどムエタイの動きを取り入れたマッサージで、筋肉のリラックスやデトックス効果などが期待できます。料金は3,900THB/13,722円で、1時間30分のコースです。たまには贅沢に体験してみてくださいね。

緑豊かな自然に囲まれたトロピカルなプール


photo by expedia

屋外プールは2カ所。リラックス用のプールにはビーチチェアやカバナがあるので、のんびりくつろぐのに最高!25mプールはフィットネスにぴったりです。子ども向けの浅いプールもあります。ビーチチェアに座ってマンダリンオリエンタルバンコクを愛した文豪の作品を読む、なんて過ごし方も贅沢ですね!

身体をリフレッシュできるフィットネスセンター


photo by expedia

フィットネス センターもザ・オリエンタル・スパと同じくホテル対岸にあるため、シャトルボートで移動します。有酸素運動マシン、ウェイトトレーニング用マシンなど最新設備がそろい、サウナとジェットバスも完備。毎日身体を動かしたい人にとってはうれしい施設ですよね!


photo by expedia

このほかに宿泊者が無料で参加できるフィットネスクラスも用意されていて、瞑想ヨガやムエタイ、サーキットトレーニングなどが日替わりで受けられます。予約は先着順なので、スケジュールをチェックして早めに計画を立てましょう。

マンダリンオリエンタルバンコクで最上級のホテルステイを叶えよう 

一度は泊まりたい憧れのマンダリンオリエンタルバンコク。観光スポットにアクセスしやすい便利な場所にあるのに、静かに過ごせて、リゾート気分も満喫できる極上のホテルです。せっかくのタイ旅行はちょっと奮発して、夢のようなひとときを過ごしてみませんか? 

※記事内の金額はすべて1THB=3.52円です。

cover photo by expedia

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE

公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、海外旅行の情報をお届けします✈️