NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

マリーナベイサンズの楽しみ方を紹介!プールや絶景でシンガポールのリゾート気分を満喫

マリーナベイサンズは、豪華絢爛でラグジュアリーな雰囲気が楽しめる統合型のリゾート施設です。シンガポールのホテルのなかでも特に人気があり昼夜で異なる景色や、インフィニティプールなど見どころがたくさんあります。この記事では、シンガポールの代表的スポット・マリーナベイサンズの魅力を存分に紹介しんがぽ

更新日:
NEWT編集部

シンガポールのシンボル的なホテルといえば、マリーナベイサンズではないでしょうか。マリーナベイに面した、統合型リゾートとしても知られており、総工費80億シンガポールドルをかけた豪華絢爛な作りでも有名です。

この記事では、一度はマリーナベイサンズに泊まってみたいと考えているあなたに、マリーナベイサンズの魅力を存分に紹介します。

Contents

マリーナベイサンズの基本情報


photo by unsplash

シンガポールを訪れたら一度は見てみたい、憧れのマリーナベイサンズ。ホテルやショッピングセンター、プールなど施設も充実しています。まずは、マリーナベイサンズの基本情報をまとめます。

シンガポール屈指の5つ星リゾートホテル


photo by unsplash

マリーナベイサンズは、シンガポールの数あるホテルのなかでもNo.1の人気ホテルとして、5つ星ホテルに認定されています。マリーナエリアといえばシンガポールを代表する華やかな観光スポットとしても有名。夜になると周辺の高層ビルがきらめく夜景へと移り変わります。マリーナベイサンズ内には、インフィニティプールはもちろん、カジノやショッピングモールなどの施設もそろっています。

客室数は2,500を超える巨大なホテルで、一度は泊まってみたいと憧れている人もいるのではないでしょうか。ちなみに、5つ星ホテルとは、パビリオンマークにて表示されており”豪華で最高級”を意味しています。

ホテルを選ぶ目安となっているもので、世界統一の基準があるわけではありません。シンガポールにはほかにも5つ星ホテルがありますが、マリーナベイサンズはなかでも高級でラグジュアリーなホテルとして知られています。


photo by expeia

マリーナベイサンズには、さまざまなタイプの部屋があります。リーズナブルなデラックスタイプもあれば、約20万円するようなスイートルームまで用途に合わせて選べます。おすすめなのは、絶景を楽しみたい人向けのスカイビューの部屋!40階以上の高さからシンガポールの街並みを一望でき、ぜいたくなひとときを体験できますよ。

近未来的で特徴的なデザイン


photo by unsplash

マリーナベイサンズは、ホテルタワー3棟に船型の屋上であるサンズスカイパークで構成されています。インパクトがある近未来的なデザインで、過去にはCMでも使われたことがあります。

実は、このマリーナベイサンズは少し傾いた特徴的なつくりをしています。これはホテルを設計するときに風水の考え方を取り入れたことに関係しています。ホテルを横から見たときに漢字の入をイメージして作られているのだとか。

見た目もかすかに傾いている?と思える程度で、ホテル内で傾きを感じることはありません。快適なホテル空間を体験できるのも、マリーナベイサンズの良さですね。

昼夜で異なる景色を楽しめる


photo by unsplash

マリーナベイサンズが人気なのは、昼と夜で違った景色を楽しめることでもあります。宿泊者限定のインフィニティプールは、地上57階よりシンガポールの街並みを見渡せる絶景が楽しめる場所です。

インフィニティプールは、150メートルにもなる巨大な施設。宿泊者しか使えないので混雑している心配もありません。なかでも18時頃からの夕暮れから夜に変わる時間は、夕日が沈み変わっていく景色を存分に堪能できます。

夜には、ホテルの正面にあるマリーナにて屋外ショーも行われており、最新のレーザー技術や音楽に合わせ噴水が吹き上がります。15分ほどのショーではありますが、昼と夜で違った景色を体験できるので、時間を変えて何度も訪れたくなる場所です。

マリーナベイサンズの見どころ


photo by unsplash

マリーナベイサンズは、たくさんの見どころがあるホテルです。ホテルとしてだけでなく、ショッピングモールや観光地などさまざまな姿を見せてくれます。夜景の美しさもあり、シンガポールを代表する人気スポットを合わせている場所です。そんなマリーナベイサンズの見どころを詳しくご紹介していきます。

展望スポット・スカイパーク展望デッキ


photo by unsplash

マリーナベイサンズの屋上には、スカイパーク展望デッキという展望台が設置されています。地上200メートルの場所にあり、360度の大パノラマビューが体験できます。なんでも設計時からこの位置に展望スポットを作ることが計画されていたのだとか。

宿泊者以外でも使える展望スポットで、入場料は大人25シンガポールドル(約2,611円、子ども19シンガポールドル(約1,984円)で入れます。マリーナベイサンズ宿泊者は入場料が無料。展望スポットは11時から21時まで営業していますので昼と夜で変わる景色を比較しながら楽しみましょう。

なかでも夕方から夜にかけての時間帯がねらい目です。シンガポールの高層ビルに沈んでいく夕陽が眺められるのも、スカイパーク展望デッキの見どころです。

宿泊客のみ利用可能なインフィニティプール


photo by unsplash

マリーナベイサンズを代表する施設といえば、なんといってもインフィニティプールです。世界で最も大きな屋上にあるインフィニティプールになり、シンガポールの摩天楼が目の前に広がります。宿泊者のみ利用でき、全長150メートルと世界一の長さ。

インフィニティプールから日没を眺めるのはとても幻想的です。プールサイドには軽食やドリンクが楽しめるダイニングもありますので、ゆったりとした時間が過ごせるのも特徴。夜になったらシャンパンを片手に、シンガポールの街並みを体験してみてください。

プールは年齢制限などはなく、大人専用とファミリー向け、キッズエリアの3つに分かれています。そのため、子ども連れのファミリー旅行でも、安心して楽しめます。

光と水が美しいデイリーショー・スペクトラ


photo by unsplash

毎日マリーナベイサンズ内のイベントプラザにて行われているのが、光と水のシンフォニーのスペクトラです。4部構成のショーになり、多文化国家であるシンガポールが世界都市になるまでの過程を描いたストーリー。

オーストラリアに拠点をおくデザインエージェンシーimagination(イマジネーション)がデザインを手掛けています。独自開発された色鮮やかなハイパーレーサーや、ジェット噴水は60種類にもなります。プロジェクションマッピングや、ショーの為に編集したミュージックなど、どれをとっても魅力的なものばかり!

最新のテクノロジーを駆使して作られているので、時間を忘れて楽しめます。どのショーも圧巻の内容で飽きずに楽しめるため、せっかくシンガポールに来るのであれば一度はみておきたいショーです。

ショッピングセンターやレストラン、カジノなどの施設


photo by experia

マリーナベイサンズは、レストランの種類も豊富。45軒を超える高級レストランがあります。日本料理の芸術を感じられるWAKUDA(ワクダ)を始め、東南アジアやセレブリティシェフのダニエルブールーが手掛ける料理、点心メニューなどなんでもそろいます。味はもちろん、レストランのなかにはそれぞれにコンセプトがあるので、違いを楽しめるのも、マリーナベイサンズのぜいたくなポイントです。


photo by unsplash

マリーナベイサンズのなかには、世界的にも有名な4フロア、総面積15000平方メートルにもなる大きなカジノがあります。シャンデリアが光り輝き、驚きの広さです。日本からの観光客は、外国人スポットより無料で入場できます。600種類を超えるテーブルゲームや、世界最大のスロットも。食事もできるので存分に楽しめる大人の遊び場です。

マリーナベイサンズの宿泊予約を取りやすいタイミングは?


photo by unsplash

マリーナベイサンズに宿泊したいと思っても、世界的にも人気のホテルだからこそ予約がとりにくいと感じている人もいるかもしれません。これから初めてマリーナベイサンズに宿泊する人も、予約のとりやすい閑散期に予約する方法があります。訪れる時期を少し変えるだけでも、予約のとりやすさが変わってきますので、参考にしてください。

雨季の11〜2月に予約するのがおすすめ!


photo by unsplash

マリーナベイサンズに、確実に宿泊するのであれば雨季の11月〜2月に予約をするのがおすすめです。他の時期に比べると観光客も少なく、ホテルの価格が下がりやすい時期です。雨季といっても、日本の梅雨のように一日中雨が降っているわけではありません。

雨季は1日に1回程度スコールがあると覚えておきましょう。気温も少し下がるので観光もしやすい気候ではあると思います。シンガポールには雨季こそありますが、台風がやってくることはありません。

雨が降るからとシンガポール旅行を避ける人もいるのですが、ホテル内にも設備が充実しているマリーナベイサンズであれば雨の日は施設内で楽しむという計画を立てることもできます。あえて雨季の11月〜2月に予約をするのも、おすすめの方法です。

シンガポール観光中には傘が必要?


photo by unsplash

シンガポールの天気予報を見ると、毎日雨マークがついていることも少なくありません。一時的に雨が降ってもすぐにやむのですが、観光中に降ってしまうと大変です。そのため、カバンのなかに折りたたみ傘を入れておくのがおすすめです。

現地だと値段も高額になってしまうので、事前に準備しておきシンガポールの観光中は天気に合わせてすぐに出せるようにしましょう。忘れてしまったときは、シンガポール現地でも購入できますのでご安心を。

土・日・祝日を避けると予約が取りやすい


photo by unsplash

マリーナベイサンズに宿泊するときは、土日祝などの混雑するタイミングを外すと予約がとりやすくなります。週末は宿泊料金も高くなり、人気のインフィニティプールや展望スポットなど人が多くてゆったりと過ごせなかったという声もあります。

世界に誇る高級ホテルで落ち着いた雰囲気で旅行を楽しみたいと思っている人にとっても、残念な経験になってしまいます。土日祝を避けることで予約が取りやすくなり、平日のゆったりとした時間を楽しむぜいたくなひとときになりますよ。

宿泊の予定を変更できる人の場合は、平日も視野にいれつつスケジュールを立てていきましょう。ちなみに最も予約が取りやすいのは火曜から木曜にかけてといわれています。

マリーナベイサンズ利用におすすめの時間帯


photo by unsplash

マリーナベイサンズを利用するうえで、最もおすすめの時間帯があります。その時間にしか楽しめない景色もあるので、ちょっと時間をずらすだけでも混雑を避けて過ごすことができます。特に土日祝は人でいっぱいになるため、訪れる時間帯は重要。マリーナベイサンズで快適に過ごすためにも、おすすめの時間帯はしっかりと押さえておきましょう。

日の入りにデッキへ行くと美しい景色が出迎えてくれる!


photo by unsplash

ホテルタワーに位置しているサンズスカイパーク展望デッキは、日の入りの時間にこそ訪れて欲しい場所です。マリーナベイサンズの最端に位置していることもあり、周囲に遮るものがなにもありません。

360度の大パノラマでシンガポールの絶景を堪能することも。ガーデンズバイザベイやフラワードームのクラウドフォレスト、スーパーツリーグローブなど見どころもたくさん。北側にはシンガポールフライヤー方面に大きな観覧車も見えますよ。

日の入りの時間は18時から19時になりますので、この時間を狙って訪れるようにしましょうね。ドレスコードもないので、気軽に立ち寄れる嬉しいスポットです。

混雑を避けるため15時より少し前のチェックインを目指す


photo by unsplash

マリーナベイサンズにチェックインする時間は15時からになりますが、夕暮れの日の入りの前にチェックインを考える人も多いので、できれば少し早めに来てチェックインを済ませるほうがスムーズに移動ができます。タクシーを降りて入り口を入ってすぐの場所にカウンターがありますがが、タワー1と2はとにかく混雑するので、少し歩きタワー3からチェックインする方法もあります。

日本人専用のチェックインカウンターもありますので、日本語での対応を希望する人にもおすすめです。

マリーナベイサンズを楽しむ上での注意点は?


photo by unsplash

マリーナベイサンズを楽しむためには、いくつか注意点があります。混雑している人気のホテルであり高級ホテルならではのマナーなど、覚えておかないとスケジュール通りに楽しめなくなってしまいます。マリーナベイサンズを楽しむ注意点について、詳しく紹介していきます。初めて泊まる場所だからこそ不安に思っている人も、覚えておくと安心して宿泊できますよ。

アトラクションのチケットは事前購入しておく


photo by unsplash

マリーナベイサンズは、豊富なアトラクションが用意されており見どころがたくさんあります。運河を巡るサンパンライドや、デジタルアート、スカイパーク展望デッキなどどれに参加しようか迷ってしまうほど。

チケットの購入は、公式サイトでできオンラインでの引き換えに対応しています。チケットのなかに写真のサービスや、マジックショットがついているものもあります。閑散期であればそこまで心配ないのですが、混雑している時期や土日祝はチケットが希望通りにとれなくなることもあります。

観光できる日数は限られているので、事前購入がおすすめです。

本格的な撮影機材を持ち込まない


photo by unsplash

マリーナベイサンズのなかでも展望デッキなど、絶景を記念に残したいと本格的な撮影機材を用意している人もいるかもしれません。しかし、マリーナベイサンズの公式サイトでは、スカイパーク展望デッキにプロ仕様の撮影機材である、三脚や照明、レフ版などの持ち込みを禁止しています。落下させてしまったときの危険性を考慮したものです。

どこまで持ち込めるのかどうかは、スタッフに確認しておきましょう。撮影できるものが限られていることもあり、本格的な撮影機材を持ち込まないようにしましょう。隠れて持ち込むのも禁止されていますので注意してください。

落雷が懸念される場合はプールが入場禁止になる


photo by unsplash

マリーナベイサンズのインフィニティプールは、1年中どんな季節でも泳げる仕様になっています。平均気温も高く、冬でも30度近い気候になるので、十分にプールが楽しめます。

ただし、落雷などの危険性があるときは、入場禁止になるため注意が必要です。雷がなり始めた場合、スタッフがプールから上がるように指示してきます。落雷の危険性がありますので、速やかにプールから上がり移動するようにしましょう。

相当な豪雨ではない限り、雨だけでプールが使えなくなることはありません。落雷の危険性があるとき以外は入れる可能性が高いので、安心してくださいね。

アーリーチェックインを希望する場合は事前連絡を


photo by unsplash

マリーナベイサンズの通常のチェックイン時間は15時です。なかには、それよりも早くチェックインを希望するケースもあると思います。そのときの空室状況によって希望通りにならないこともありますので、事前連絡で確認するのをおすすめします。

確実にアーリーチェックインを希望する場合は、前日から予約したほうが賢明です。チェックインがすぐにできないときは、フロントに登録手続きを済ませておき、手荷物を預ける方法もあります。部屋の準備ができるまでは、ホテル内にある施設を自由に使えます。

インフィニティプールはもちろん、スカイパーク展望デッキやフィットネスクラブもありますので、ゆったりとした時間を過ごすことも。確実ではないのは注意しておきましょう。

チェックアウト時間に要注意


photo by unsplash

マリーナベイサンズの通常のチェックアウトが11時になります。特別早い時間ではないのですが、なかにはゆっくり過ごしたいと考えている人もいるかもしれません。

その場合は、レイトチェックアウトを選ぶこともできます(有料)。12時から18時までは半日分の料金がかかり、18時以降になると1泊料金が追加でかかることになります。チェックアウトの時間を忘れてしまい、うっかりレイトチェックアウトになっていたなんてことがないようにしたいものですね。

マリーナベイサンズは半日分でも高いので、時間の管理はしっかりと行うようにしましょう。わからなくなってしまったときは、フロントに問い合わせると教えてくれますので、早めに確認しておきましょう。

マリーナベイサンズへのアクセス


photo by unsplash

マリーナベイサンズに宿泊するうえで、アクセス方法も確認しておきましょう。地下鉄で行くのか、バスや自家用車、タクシーを使うのかによっても変わってきます。空港からの送迎サービスもありますし、移動には困りません。快適な旅行にするためにも、アクセス方法を確認しておくこと、しっかりとスケジュールを立てていきましょう。

地下鉄を利用する場合


photo by unsplash

MRTベイフロント駅から、マリーナベイサンズに直結しています。そのため、雨の日でも安心して移動できるのが特徴です。駅も2階建てになっていて、エスカレーターなどの設備も完備しています。きれいな駅ですし、コンビニもあるのでちょっとした買い物も可能。

ベイフロントの駅の改札を出てセブンイレブンがあるので、まっすぐ進みます。マリーナベイサンズまでは案内板が点在していますが、「HOTEL」と記載されているだけなので注意してください。(※マリーナベイサンズは施設の総称)

バスを利用する場合


photo by unsplash

マリーナベイサンズまで利便性もよく、バスを使った移動も充実しています。以前は空港からのシャトルバスもありましたが、現在は使われていないようです。毎日走っているバスや、金土祝の前日の深夜のみ走っているバスなどもあります。

ホテル付近に停留所もありますので、移動にも困りません。バスの時間もありますので、事前にスケジュールを確認しておくと安心です。バスでシンガポールの街並みを眺めながら移動するのもいいですね。

自家用車・タクシーを利用する場合


photo by unsplash

ホテルまで自家用車を使って移動する、空港からタクシーの人もいると思います。夜などバスが通っていない時間帯など、タクシーは便利に使えます。イーストコーストパークウェイ高速道路を経由すると、約20分で到着します。

駐車場もありますので、自家用車で行くのも問題ありません。無料で使えるEV充電ステーションも8箇所あるので、充電にも困りません。設備が充実しているのも、マリーナベイサンズならではです。

空港送迎サービスを利用する場合


photo by unsplash

マリーナベイサンズでは、利用者のニーズに合わせて送迎車両の用意をしています。指定した時間にドライバーがページングボードをもって待っていますので、一目見てすぐにわかります。事前にホテルに予約を取る必要があるので注意してください。

メルセデスベンツのリムジンやトヨタのアルファード、13人・23人・45人乗りのバスの予約もできます。荷物専用車などもあるので、目的に合わせて借りるようにしましょう。目的地以外の立ち寄りは追加料金がかかります。

リバーフェリーを利用する場合

マリーナベイサンズまで、ベイフロントサウス桟橋から運航しているフェリーを使う方法もあります。プロムナードの南側にあるので、ホテルタワー1やザ・ショップスなど徒歩圏内で移動できます。フェリーの運行スケジュールは10分〜20分ごとと本数も多いので移動にも困りません。

シンガポールならではの船に乗ってホテルまで移動したい人にも、リバーフェリーはおすすめです。チケットをもっていれば、桟橋のどこからでも乗船できます。

マリーナベイサンズで絶景を楽しもう!


photo by unsplash

マリーナベイサンズは、シンガポールならではの絶景を楽しめるホテルです。豪華絢爛なホテルで、インフィニティプールや展望デッキなど高い場所からシンガポールの街並みを存分に体験でき、思い出作りにも最適です。アクセスもよく人気のある5つ星ホテルになりますので、宿泊するタイミングも含めしっかりとスケジュールを立てていきましょう。

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)の基本情報
住所:10 Bayfront Ave, Singapore 018956
電話:+65-6688-8868
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
料金:779シンガポールドル(約81,165円)/1泊 
※掲載料金は2022年10月15日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。
ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
※2022年5月3日のレート、1ドル=101.44円で計算
アクセス:ベイフロントMRT駅直結
公式サイト:https://jp.marinabaysands.com/

cover photo by unsplash

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる