NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】ラトビアの治安は?危険な場所や注意点を解説

ラトビアへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のラトビアの治安情報をお届けします。首都リガの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

ラトビアへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のラトビアの治安情報をお届けします。首都リガの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

Contents

ラトビアの治安はいい?悪い?

photo by PIXTA

ラトビアの治安は欧州の中でも比較的良好で、外務省の危険情報でも特段の注意喚起はありません。日本と同じ危険レベル0に指定されているのですが、一般犯罪の発生率は日本より高めなので、油断は禁物です。最新の治安状況は外務省の海外安全ホームページで確認するのがおすすめです。

首都リガは観光客に人気の街ですが、中央駅周辺や旧市街地では夜間の犯罪発生率が高いので注意が必要です。一人歩きは避け、タクシーを利用する際は正規の会社を選びましょう。Boltなどの配車アプリを使うのも安心ですね。

ただしラトビアでは、スリや置き引き、詐欺やぼったくりなどの犯罪が多発しています。貴重品の管理には十分気をつけ、両替はきちんとした場所で行いましょう。レンタカーを利用する際も、車内に荷物を放置しないなど、防犯対策が欠かせません。

適切な注意を払えばラトビアは十分に安全に観光を楽しめる国です。事前に情報を入手し、現地での行動には気をつけましょう。緊急時の連絡先なども確認しておくと安心ですよ!

夜間の治安状況

photo by PIXTA

ラトビアの首都リガでは、夜間でも比較的安全に過ごせます。ただし人気のない場所での一人歩きは避けるべきです。

特に女性は要注意。中央駅周辺や旧市街地は夜間の犯罪発生率が高いので注意が必要。タクシーを利用する際は、正規のタクシー会社を利用し、流しのタクシーは避けてください。夜間の移動には、Bolt等の配車アプリの利用がおすすめ。

ラトビアで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

photo by PIXTA

ラトビアは全体的に治安の良い国ですが、旅行者が特に注意すべき危険スポットが存在します。スリや置き引きなどの犯罪に巻き込まれないよう、これらのエリアでは警戒が必要です。人混みに紛れて、後ろからすられたり、荷物を盗まれたりする可能性があるので、貴重品の管理にはくれぐれも気をつけましょう。

リガ中央駅はスリや置き引きに注意

首都リガにはたくさんの国から人が集まって来ています。なかでもリガ中央駅はさまざまな国から来ている人たちが利用しており、スリや置き引きの窃盗などの犯罪が発生する可能性が高い場所といわれています。切符などの購入で財布を出すときは、財布をカバンの奥にし

地下道もスリに注意

駅周辺の地下道もスリに遭遇する可能性が高い場所。地下道には窃盗団のグループがおり、数人で歩行者を囲みながら財布を盗むことがあります。

市場では置き引きに注意

楽しく買い物ができる市場。しかしリガ中央市場などでも置き引きの被害が発生しています。買い物に夢中になって財布が入ったバッグを少し置いた隙に盗まれることがあるため、また財布をカバンいいかげんに入れておくとスリに狙われやすくなります。

ラトビアで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

photo by PIXTA

ラトビアは治安の良い国とされていますが、観光客を狙った犯罪も後を絶ちません。旅行中は十分な注意が必要。

ここでは、ラトビアで観光客が被害にあいやすい犯罪の種類や手口について解説します。スリや置き引き、詐欺やぼったくりなど、具体的な事例を紹介しながら、被害に遭わないための対策もお伝えしていきますね。

スリ・ひったくり

ラトビアでは、スリやひったくりが最も多い犯罪の一つです。特に観光地や人混みの多い場所では要注意。リュックサックを背負っていると、後ろから取られる可能性が高いので、体の前で持つようにしましょう。貴重品は肌身離さず管理し、ポケットやカバンのファスナーはしっかり閉めておくことが大切です。

もしスリやひったくりに遭ってしまったら、犯人を追いかけず、すぐに警察に通報しましょう。犯人に抵抗すると、暴力に発展する恐れがあるので注意が必要です。盗難防止のため、パスポートのコピーを持ち歩くのもおすすめです。

詐欺・ぼったくり

ラトビアでは、観光客を狙った詐欺やぼったくりにも注意が必要です。特にタクシー料金の水増しや両替での詐欺が多発しています。タクシーに乗る際は、正規の会社を利用し、料金をあらかじめ確認しましょう。両替は必ず銀行や公式の両替所で行い、見知らぬ人から両替を持ちかけられても断ることが大切です。

また観光地で無料ツアーなどと声をかけられても、安易についていかないようにしましょう。最終的に高額な料金を請求されるケースがあります。見知らぬ人から親切に話しかけられても、警戒心を持つことが重要です。

置き引き

レストランやカフェなどで、テーブルに荷物を置きっぱなしにしていると、置き引きの被害にあう可能性があります。席を離れる際は、必ず貴重品を持ち歩くようにしましょう。またホテルの部屋でも、貴重品はセーフティボックスに保管するのがおすすめです。

観光地の混雑した場所も置き引きのリスクが高いので注意が必要です。カメラやスマートフォンを取り出す際は、周囲に気を配りましょう。盗難防止のため、ストラップを手首に巻くなどの工夫も有効です。

ラトビアで被害にあわないための防犯対策

photo by PIXTA

ラトビア旅行を安全に楽しむためには、事前の防犯対策が欠かせません。スリや置き引きなどの犯罪リスクを理解し、適切な対策を講じることで、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

ここでは、ラトビア旅行での具体的な防犯対策をご紹介します。

貴重品の管理

パスポートや多額の現金は、ホテルの金庫に保管しましょう。外出時は、必要最小限の現金とクレジットカードのみ持ち歩くのがおすすめです。貴重品は分散して持ち、体の前で管理するのが安全ですよ。

スリ対策

人混みではバッグを体の前で抱えるようにしてください。リュックサックは背負わず、体の前で持つのが賢明です。ズボンの後ろポケットに財布を入れるのは避けましょう。

夜間の外出

夜間の一人歩きは危険なので、必ず複数人で行動するようにしましょう。人通りの少ない場所には近づかないのが賢明ですね。タクシーを利用する際は、アプリや正規の会社を利用することが大切です。

両替・ATM利用

両替は必ず銀行や公式の両替所で行いましょう。見知らぬ人から両替を持ちかけられても、きっぱり断ることが重要。ATM、銀行内や人通りの多い場所にあるものを利用するのがおすすめです。

市外での注意点

市外を歩く際は、反射素材のアクセサリーや服を着用しましょう。これはラトビアの法律で義務付けられています。暗い道を歩く際は、ライトを持参するのを忘れずに。

もしラトビアで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

photo by Unsplash

ラトビア旅行中に万が一犯罪に巻き込まれてしまったら、あわてず落ち着いて行動することが大切です。警察への通報はもちろん、状況に応じて病院や保険会社、大使館への連絡が必要になります。

ここでは、ラトビアで犯罪被害に遭った際の主要な連絡先をまとめました。安全対策の一環として、旅行前にメモしておくと安心ですよ。

緊急通報先

ラトビアでは緊急時は、112に電話をかけます。オペレーターにつながったら、落ち着いて状況を説明しましょう。英語での対応も可能です。 火事や救急車が必要な場合は、112につないだ後に、1を押します。

警察が必要な場合は、2を押します。 スリなどの犯罪被害に遭った場合は、すぐに最寄りの警察署に行き被害届を提出することが重要です。警察署の場所が分からない時は、ホテルのスタッフに尋ねるのがおすすめですよ。

在ラトビア日本国大使館

住所:Vesetas iela 7, Riga, LV-1013, Latvia
電話:+371-6781-2001/2002
メールアドレス:info@ri.mofa.go.jp
営業時間:月~金 9:00~12:30、13:30~17:00(祝日を除く)
公式サイト:https://www.latvia.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

治安情報をチェックしてラトビア旅行を楽しもう!

ラトビアは欧州の中でも比較的治安が良い国ですが、観光客を狙った犯罪のリスクは存在します。スリや置き引き、詐欺やぼったくりなどの被害に遭わないよう、十分な注意が必要です。

特にリガの中央駅周辺や中央市場、バス乗り場は要注意エリア。人混みに紛れてスリや置き引きが多発しています。貴重品は肌身離さず持ち、バッグは体の前で抱えるなど、しっかり管理しましょう。

夜間の一人歩きは避け、タクシーを利用する際は正規の会社を利用するなど、適切な防犯対策を講じることが大切です。両替やATMの利用にも気をつけて。

また市外を歩く際は、反射素材の服を着用することがラトビアの法律で定められています。

万が一の事態に備え、緊急連絡先も把握しておきましょう。112が緊急通報番号。

在ラトビア日本国大使館の連絡先も控えておくと安心です。事前の準備と注意深さで、ラトビアの魅力を存分に楽しめる旅になるはずです。

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。

cover photo by Unsplash
※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる