NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】スリナムの治安は?危険な場所や注意点を解説

スリナムへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のスリナムの治安情報をお届けします。首都パラマリボの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

スリナムへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のスリナムの治安情報をお届けします。首都パラマリボの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

Contents

スリナムの治安はいい?悪い?

photo by PIXTA

スリナムの治安は比較的安定しているものの、首都パラマリボを含む全土で銃やナイフ等を用いた犯罪が多発しています。外務省の危険情報では特段の注意喚起はありませんが、銃や薬物に関連した犯罪発生件数は日本と比較すると極めて多いといえます。

また政府や治安当局のコントロールが十分に及んでいない地方部も存在しているため、最新の治安状況を確認することが重要です。

夜間の治安状況

photo by Unsplash

スリナムの首都パラマリボでは、夜間の一人歩きは避けるべきです。とくに女性は要注意。強盗や暴行事件が発生しており、銃や刃物を用いた犯罪のリスクもあります。夜間の移動には、信頼できるタクシー会社を利用するのがおすすめです。流しのタクシーや公共交通機関は避けましょう。

スリナムで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

photo by pixabay

スリナムには、犯罪リスクが高いエリアや立ち入りを避けたい場所があります。しかしそういった危険スポットを事前に知っておけば、安全に旅行を楽しむことができます。ここでは、スリナムでとくに注意が必要とされる地域について詳しく解説していきます。旅の安全対策に役立ててくださいね!

パラマリボ市内中心部も注意は必要

パラマリボ中心部では、夜間に強盗や傷害事件が頻発しています。また中央市場付近では、昼間でもスリが多発。主要ホテルや大統領官邸に近接する観光地パームガーデンとその周辺では、日中でも観光客が強盗の被害にあっています。

国境付近の金鉱採掘地帯にご用心

スリナムとガイアナの国境付近には、違法な金鉱採掘が行われている地域があります。これらの地域では、鉱山労働者同士のトラブルや暴力事件が発生しており、治安当局のコントロールも及びにくい状況です。

旅行者が立ち入ることは避けるべきですが、どうしても訪れる必要がある場合は、信頼できる現地ガイドを手配し、最新の治安情報を入手してから行動に移しましょう。

スリナムで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

photo by pixabay ※画像はイメージです。

スリナムは比較的治安が安定している国とされていますが、観光客が被害に遭う犯罪も後を絶ちません。旅行中は十分な注意が必要です。主な犯罪の種類や手口を紹介しますので、参考にしてくださいね。

スリ・ひったくり

スリナムでは、スリやひったくりが多発しています。とくに人混みの中や観光地周辺では要注意です。貴重品は体の前で持ち、バッグは肩掛けではなく斜め掛けにするなどの対策が有効です。ひったくり犯はバイクに乗っていることが多いので、道路側を歩くのは避けましょう。

もしスリやひったくりの被害に遭ってしまったら、犯人を追いかけたり、抵抗したりせず、身の安全を最優先に行動してください。大声で助けを求め、すぐに警察に通報しましょう。防犯意識を高く持ち、周囲の状況に常に気を配ることが大切です。

置き引き

レストランやカフェなどで、荷物から目を離したすきに盗まれる置き引きも多発しています。テーブル上や椅子にバッグを置いたまま席を離れると、狙われやすくなります。貴重品は常に身につけ、少しの間でも目を離さないようにしましょう。

また、ホテルの部屋でも油断は禁物です。清掃スタッフを装った空き巣が入ることもあるため、部屋を出るときは必ずドアをロックし、貴重品は金庫に保管するのが賢明です。スリナム旅行中は、どこにいても高い防犯意識を持つことが重要だと覚えておきましょう。

強盗

近年は、銃器や刃物を使用した強盗も発生しています。もし強盗にあった場合は、抵抗したり大声を上げたりせず、落ち着いて対応することが大切です。あわててポケットやカバンに手を入れると、武器を取り出そうとしていると誤解され、危険。身の安全を第一に考えて、冷静に行動してください。

スリナムで被害にあわないための防犯対策

photo by pixabay ※画像はイメージです。

スリナムでは、観光客が犯罪の標的になるケースが多くなっています。せっかくの旅行を台無しにしないためにも、事前の防犯対策は欠かせません。ここではスリナムで安全に過ごすための具体的な自衛策をご紹介します。貴重品の管理方法から、単独行動を避けるコツまで、しっかりチェックしておきましょう!

貴重品は目立たない場所に

スリナムでは、貴重品を見えるところに置いておくと狙われやすくなります。パスポートや多額の現金、クレジットカードなどは、できるだけ目立たない場所に保管しましょう。

ホテルの金庫を利用するのもいい方法です。外出時は必要最小限の現金だけ持ち歩くようにし、スリ被害に遭わないよう注意が必要です。

夜間の一人歩きは避ける

スリナムの首都パラマリボでは、とくに夜間の一人歩きは危険です。強盗や暴行のリスクが高まるため、できるだけ複数人で行動するようにしましょう。

どうしても一人で出歩く必要がある場合は、信頼できるタクシー会社を利用するのがおすすめ。流しのタクシーや公共交通機関の利用は避けた方が無難です。

最新の治安情報をチェック

スリナムの治安状況は刻一刻と変化するため、旅行前に最新情報を確認しておくことが大切です。外務省の海外安全ホームページでは、スリナムの危険情報や安全対策が詳しく紹介されています。

現地に到着してからも、ホテルのスタッフや大使館から情報を入手し、危険な場所には近づかないようにしましょう。

もしスリナムで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

photo by Unsplash ※画像はイメージです。

スリナムで思わぬトラブルに巻き込まれてしまったときのために、事前に緊急連絡先を把握しておくことが大切です。警察や救急、大使館の連絡先を確認し、すぐに連絡できるよう準備しておきましょう。万が一の際は落ち着いて行動することが重要。次は具体的な緊急連絡先をお伝えしますね。

緊急通報先

スリナムで緊急事態に遭遇した際は、以下の番号に電話しましょう。

警察と救急は共に「115」、消防は「49-1111」です。オペレーターにつながったら、落ち着いて状況を説明してください。英語が通じない場合は、近くの人に助けを求めるのも一つの方法です。 緊急ではないものの犯罪被害に遭ってしまった場合は、警察に相談するようにしましょう。パラマリボ中央警察署(電話:597-472-222)が主要な警察署です。

安全対策を講じていても、トラブルに巻き込まれてしまうことはあります。そんな時は一人で抱え込まず、速やかに警察や大使館に相談することが大切ですよ。

在トリニダード・トバゴ日本国大使館(スリナムを管轄)

住所:5 Hayes Street, St. Clair, Port of Spain, Trinidad and Tobago
電話:(+1-868) 628-5991
メールアドレス:ryouji@po.mofa.go.jp(領事部)
営業時間:月~金 8:00~12:00、13:00~16:30(祝日を除く)
公式サイト:https://www.tt.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在スリナム日本国名誉総領事(Mr. Jayant Anilkumar Padarath)
電話:597-530-311

治安情報をチェックしてスリナム旅行を楽しもう!

スリナムは南米の小国ですが、治安面では注意が必要な国の一つです。首都パラマリボを中心に銃器犯罪が多発しており、旅行者が強盗などの被害に遭うケースも報告されています。危険なエリアに立ち入らない、夜間の単独行動を避ける、貴重品の管理を徹底するなど、適切な防犯対策を講じることが重要です。

また、緊急時の連絡先を把握し、最新の治安情報をこまめにチェックすることも忘れずに。リスクを理解した上で、十分な準備を行えば、スリナムの大自然や多様な文化を安全に楽しむことができるでしょう。


※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。

cover photo by pixabay
※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる