NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】モザンビークの治安は?危険な場所や注意点を解説

モザンビークへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のモザンビークの治安情報をお届けします。都市部の安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。とくに、北部のカーボ・デルガード州では武装勢力による襲撃が頻発しているため要注意です。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)
海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳

モザンビークへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のモザンビークの治安情報をお届けします。都市部の安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。とくに、北部のカーボ・デルガード州では武装勢力による襲撃が頻発しているため要注意です。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

Contents

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

モザンビークの治安はいい?悪い?

photo by Pixabay

モザンビークの治安は、地域によって大きく異なります。日本の外務省は、下記の通り危険情報を出しています。

  • レベル3(渡航は止めてください。):カーボデルガード州(ペンバ市を除く)、ナンプラ州メンバ郡、エラーティ郡
  • レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):カーボデルガード州ペンバ市、ニアッサ州メクーラ郡
  • レベル1(十分注意してください):ナカラアヴェーリャ郡、ナカローア郡、ムエカテ郡、メクンブーリ郡、ララウーア郡、ソファラ州、ニアッサ州(メクーラ郡を除く)、マニカ州、マプト州

カーボデルガード州では、イスラム過激派の武装集団による襲撃事件が発生しており、治安が不安定です。とくに、同州メクーフィ郡では2024年1月以降、襲撃事件が複数発生。外務省の危険レベルも「レベル3」に引きあげられており、非常に危険です。絶対、立ち寄らないでください。

カーボデルガード州以外の地域の治安も注意が必要です。モザンビーグの経済は回復しつつあります。しかし、所得格差は拡大しているため、貧困を理由とした犯罪がひん発しています。

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

モザンビークの夜間の治安状況

photo by PIXTA

モザンビークの主要都市では、夜間の一人歩きはさけてください。とくに、首都マプトでは、夜間の路上強盗や車両窃盗が多発しています。やむをえず夜間に外出する際は、信頼できるタクシー会社を利用し、人通りの多い明るい場所を選びましょう。北部のカーボデルガード州では、武装勢力による襲撃のリスクが高いため、昼夜問わず立ち寄らないでください。

モザンビークで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

photo by Unsplash

モザンビークの治安は、地域によって大きく異なるのが特徴です。どこが危険エリアなのか具体的に知っておくことで、安全に旅行を楽しむことができます。ここでは、モザンビークでとくに、注意が必要な要注意エリア3選をご紹介します。

  • マプト市内のバイーア・デ・マプト周辺
  • シャイシャイ・ビーチ周辺
  • ショッピングモールや市場

モザンビーグの治安は不安定ですので、細心の注意を払って行動することが大切です。一緒に危険スポットを確認していきましょう!

マプト市内のバイーア・デ・マプト周辺

首都マプトのバイーア・デ・マプト周辺は、観光客に人気のエリアですが、夜間は要注意です。レストランやバーが集中し、人通りも多いため、スリや置き引きのリスクが高まります。飲酒で警戒心が緩むと、犯罪者のターゲットになりやすいので注意しましょう。

貴重品は肌身離さず管理し、夜遅くの一人歩きはさけてください。手荷物から目を離さず、常に周囲に気を配るようにすると安心です。

シャイシャイ・ビーチ周辺

マプト郊外のシャイシャイ・ビーチは、白い砂浜の美しい人気スポットですが、治安面では注意が必要なエリアです。昼間は比較的安全ですが、夕方以降は人通りが減り、犯罪のリスクが高まります。

レンタカーを利用する際は、車上荒らしに注意しましょう。駐車場は見通しの良い場所を選び、貴重品を車内に置きっぱなしにしないことが大切です。また、シャイシャイ・ビーチ周辺では、観光客をねらった強盗事件も発生しています。人気のない場所では、犯罪者にねらわれやすいので立ち寄らないようにしましょう。

ショッピングモールや市場

マプトのショッピングセンターや市場は、観光客に人気のスポットですが、スリや置き引きのリスクが高いので警戒が必要です。人ごみでは、リュックサックを背負わず体の前で持つようにしましょう。バッグは常に肌身離さず持ち、ポケットに財布を入れっぱなしにしないことが大切です。

露店での買い物の際は、周りに気を配りながら支払うようにしてください。貴重品の管理をおこたると、一瞬で盗まれてしまうかもしれません。人ごみでは、友人や家族とはぐれないよう、定期的に合流する場所を決めておくのもおすすめです。

モザンビークで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

photo by PIXTA

モザンビークの治安状況は地域によって異なりますが、観光客が被害にあいやすい犯罪を知っておくことが大切です。ここでは、被害が多数報告されている下記3点の犯罪について詳しく解説します。

  • スリやひったくり
  • 置き引き
  • 両替トラブルや偽札

具体的な手口や注意点だけでなく、対策方法も確認しましょう。

スリやひったくり

モザンビークの都市部では、スリやひったくりがひん発しています。人ごみや観光地では要注意です。リュックサックは体の前に抱えるようにし、貴重品は肌身離さず持ちましょう。ポケットに財布を入れるのはさけ、なるべく目立たない服装を心がけることも大切です。スリやひったくりにあ遇したら、抵抗せずに身の安全を最優先に行動してください。

スリやひったくりの被害にあわないためには、常に周囲に気を配ることが重要です。怪しい人物がいないか、後ろから近づいてくる人はいないかなど、警戒心を持って行動しましょう。

置き引き

レストランやカフェなどで、荷物から目を離したすきに置き引きにあうケースが報告されています。席を離れる際、テーブルに荷物を置きっぱなしにしたり、椅子の背もたれにかけっぱなしにしたりするのは危険です。貴重品は常に身につけ、荷物は足元に置くなど、自分の手が届く範囲に置きましょう。見知らぬ人から話しかけられて、気を取られている間に盗まれる手口もあります。

ホテルの部屋でも油断しないでください。清掃スタッフを装った空き巣被害も発生しています。部屋を出る際は必ずドアをロックし、貴重品は金庫に保管しましょう。スーツケースも施錠し、部屋の隅に置いておくと安心です。

両替トラブル・偽札

モザンビークでは、見知らぬ人から両替を持ちかけられるケースがあります。偽札を使ったり、両替後に通貨を巻き上げたりする手口が多いため、絶対に応じないようにしましょう。両替が必要な場合は、空港や銀行、ホテルの両替所を利用するのが安全です。レートが理由もなく安い両替所では、偽札を渡される可能性もあるので、近づかないでください。少しでも不審に思ったら、受け取りを拒否しましょう。偽札の見分け方を学んでおくのも一つの対策です。

モザンビークで被害にあわないための防犯対策

photo by PIXTA

モザンビークでは、観光客をねらった犯罪のリスクがあります。ここでは、モザンビークで被害にあわないための具体的な自衛策を4点ご紹介します。

  • 貴重品は肌身離さず管理する
  • スリや置き引きに要注意!
  • 夜間の一人歩きはさける
  • 両替は正規の場所で

せっかくの旅行を安全に楽しむためには、しっかりとした防犯対策が欠かせませんよ!

貴重品は肌身離さず管理する

パスポートや多額の現金、クレジットカードなどの貴重品は、ホテルの金庫に預けるか、肌身離さず持ち歩くようにしましょう。バッグは体の前に抱えるなど、盗難のリスクを減らす工夫が大切です。また、必要以上の現金は持ち歩かず、クレジットカードの利用明細はこまめにチェックしてください。万が一に備え、パスポートなど大切な書類のコピーを取っておくのもおすすめの対策法ですよ。

スリや置き引きに要注意!

モザンビークの都市部では、スリや置き引きが多発しています。人ごみでは、バッグから目を離さないよう注意しましょう。リュックサックは背負わず、体の前で持つのがおすすめです。レストランやカフェでも、荷物から目を離さないでください。席を立つ際は、貴重品を必ず持ち歩き、テーブルに置きっぱなしにしないでください。ほんの少しの油断が、犯罪者につけ込まれてしまうきっかけになります。

夜間の一人歩きはさける

日が暮れてからの一人歩きは、できるだけさけましょう。とくに、人通りの少ない場所は危険度が高まります。夜間の外出が必要な場合は、信頼できるタクシーを利用してください。ホテルのスタッフに安全なタクシー会社を紹介してもらうのがおすすめです。また、複数人で行動することで、犯罪のターゲットになるリスクを下げられます。暗くなってからの無用の外出は控えめにするのが、防犯の基本です。

両替は正規の場所で

モザンビークの通貨メティカルへの両替は、銀行や空港、ホテルの公式な両替所を利用しましょう。見知らぬ人から声をかけられ、両替を持ちかけられるケースがありますが、トラブルのもとです。犯人は偽札を使ったり、両替後に巻き上げたりします。お得に両替できそうな誘いには乗らないことが大切です。安全を最優先に考え、正規の場所でしっかりと両替してくださいね。

もしモザンビークで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

photo by PIXTA

モザンビーク旅行中に、万が一犯罪に巻き込まれてしまったら、慌てずに適切な対処を心がけましょう。警察への通報はもちろん、状況に応じて病院や保険会社、大使館への連絡が必要です。緊急時の連絡先を事前にメモしておくと、いざという時に慌てずに行動できます。ここでは、モザンビークで犯罪被害にあった際の主要な連絡先をご紹介します。安全で楽しい旅行のために、参考にしてくださいね。

緊急通報先

モザンビークの緊急通報番号は以下の通りです。緊急時は落ち着いて、必要な番号に電話をかけましょう。

  • 警察:112
  • 消防:21-322222
  • 救急:21-493687(プライベート病院マプト)

救急車を要請するためには、プライベート病院マプトに直接電話をかけなければいけません。

犯罪被害にあってしまったら、まずは、身の安全を確保することが最優先です。そして、警察に連絡を取り、状況を説明しましょう。被害届の提出も忘れずに。緊急ではない軽犯罪の場合は、最寄りの警察署に出向いて手続きを進めます。

海外旅行保険に盗難補償が含まれていれば、保険会社への連絡も必要です。緊急時の対応方法をあらかじめ確認し、冷静に行動することが大切ですよ。

在モザンビーク日本国大使館

最新の治安情報をチェックしてモザンビークの旅を楽しんで!

photo by PIXTA

モザンビークは美しいビーチや豊かな自然、魅力的な文化を楽しめる旅行先です。しかし、一部の地域では治安リスクが高いため、注意しましょう。とくに、北部のカーボ・デルガード州は、武装勢力の活動が活発なので旅行者は立ち入らないでください。

都市部では、スリや強盗などの一般犯罪に警戒する必要があります。最新の治安情報をチェックし、適切な防犯対策を講じることが安全な旅行の鍵です。万が一のトラブルに備え、緊急連絡先も把握しておきましょう。リスクを理解した上で、モザンビークの魅力を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。
※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる