NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

パシフィックセブリゾートはセブを満喫できる人気ホテル!部屋やプールを紹介

フィリピンのリゾート地にあるパシフィック セブ リゾートを紹介します。セブ島の玄関・マクタン島の南部に位置し、市街から少し離れたビーチにあります。 本記事は、パシフィックセブリゾートの魅力について深掘りしていきます。

更新日:
NEWT編集部

今回、紹介するホテルは、フィリピンのリゾート地・セブにあるパシフィック セブ リゾート。セブ島の玄関口マクタン・セブ国際空港があるマクタン島の南部に位置し、市街から少し離れたビーチにあります。

本記事は、大切な人と過ごしたいパシフィックセブリゾートのプールや部屋、レストランなどの魅力について紹介していきます。

Contents

パシフィックセブリゾートは豊富なアクティビティが魅力のホテル


photo by expedia

パシフィックセブリゾートは、マクタン島の南部に位置するリゾートホテル。セブ国際空港から12キロ離れた位置にあります。空港からパシフィックセブリゾートへは、車で45分ほど。送迎バスがあるので、楽々ホテルに向かうことができ、安心です。

そして、ホテルの多彩なアクティビティは必見です!カヤック・ボートツアーなどがあり、テニスやフィッティングルーム。お子さま用プールにキッズルームなど、子連れファミリーでおおいに楽しむことができます。その中でも一番は、スキューバーダイビング!セブリゾート施設内で運営しているPCダイバーズは、一級のダイビング施設を完備。初級からプロまでとてもリーズナブルな価格、かつ本格的なスキューバダイビングが体験できます。

ホテルの位置は、喧騒なショッピングモールから少し離れていますが、ローカルなプライベートビーチと一面に広がるオーシャンビューが堪能でき、静かな南国のリゾート地で現実逃避したい!という方にはおすすめなホテルです。

白と青が印象的!セブ島のフォトジェニックなリゾートホテル


photo by Expedia

パシフィックセブリゾートに向かうと、まず出迎えてくれるのは、天井が高く一面純白なロビー!清潔感溢れるロビーで日本語が堪能な現地スタッフが出迎えてくれます!元々は日本人経営だったこともあり、日本語が通じるのは安心しますよね。


photo by Expedia

ロビーのカウンターには、青を基調した壁面がめいっぱいに広がり、白をさらに際立ててくれます。また、所々に設置されたエスニックでアジアンテイストなカウチソファーがとってもおしゃれです。開放感あふれるリゾートらしい雰囲気。

早速、色が映える空間で、思わず写真を撮ってしまいそうに!そんなフォトジェニックな空間がパシフィックセブリゾートの最大の魅力です。

パシフィックセブリゾートのお部屋は白を基調としたルーム!


photo by Expedia

ここでは、パシフィックセブリゾートの3タイプのお部屋を紹介します。どれも共通点は白を基調したスタイリッシュな部屋であることと、無料Wi-Fiが完備されていること。街から離れていてもネット環境がいいのは、安心できるポイントですよね。

コスパよく泊まるならスーペリアルーム


photo by Expedia

スタンダードなタイプのスーペリアルームは、セミダブルベットでゆったり快適。広々とした一室は、車椅子も利用できるバリアフリーです。ホテル内ルームでもっともリーズナブルな価格で宿泊できるので、宿泊費を抑えて観光やアクティビティに投資したいという方にはおすすめ!

ルームサービスは、24時間利用できるのでお出かけ前のティータイムや遊び終わりのコーヒータイムでひとときのブレイクタイムなどいかが?


photo by Expedia

バスルームは、ユニットバスタイプ。清潔感ある白で統一されており、常夏でかいた汗を流す程度なら、ちょうどいい大きさといえます。

リゾート感満載!海が見えるデラックスオーシャンビュー


photo by Expedia

ロビーをあけた右手側、海の直前に位置するデラックスオーシャンビュー。ちょうど桟橋の入口付近に位置しているのですぐ目の前にはフィリピン、セブの南国らしいエメラルドグリーンの海が広がっています。部屋は白が基調ですが、アクセントにさし色の青が映えますね。


photo by Expedia

それぞれ、バルコニー完備で腰かけ程度にうれしいデスク&チェアが用意されているので、ひと休みしながら、一面のオープンシーでリゾート気分を味わってみてください。広々したバスルームは、ひとりでもふたりでも十分。全室白タイルで統一されているので、どの部屋も清潔感であふれています。

セブ島では数少ないぜいたくなガーデンヴィラ


photo by Expedia

セブ島では、あまりないヴィラタイプのお部屋がガーデンヴィラタイプ。ほかの一室同様に、白が基調で真紅の枕が印象的。

ガーデンヴィラは、中庭に面して配置されているのでバルコニーからは、南国植物やヤシの木が一望できます。日の落ちた夕方や夜明け前の早朝は過ごしやすいので、バルコニーで過ごすのもおすすめ。


photo by Expedia

お部屋は、キングサイズのベットでゆったり利用できます。また、有料ですが、可動式のエキストラベッド完備なので、急な利用者の増員にも対応できます。同じくベビーベッドも用意可能なので、ファミリーにもおすすめです。


photo by Expedia

バスルームの化粧室には、大きな一面鏡があるので、身じたくも快適にできます。これからのショッピングや海遊びの用意も!快適にできますよ。

パシフィックセブリゾートのレストランは?

パシフィックセブリゾート施設内では、レストランが1カ所あります。レストラン内にはバーも併設されていて、料理と一緒にアルコールも楽しめますよ。何といっても夕暮れから夜にかけての空は、幻想のように変化していき、おすすめ!

海に囲まれたロマンティックなレストラン!


photo by Expedia

パシフィックセブリゾート施設内はLa Terraza(ラ・テラサ )が営業しています。プライベートビーチ前に位置するラ・テラサは、周りは海に囲まれたリゾート空間。うっすら見える灯し火も幻想的ですね。大切な人とロマンティックなひとときの時間を過ごしたい、そんなレストランです。


photo by Expedia

メニューはアジアン料理からパスタやピザ、クラブサンドイッチなどの取り扱いもあります。1品750円から1,000円ほどで、フィリピンの食材を用いて作られる料理が味わえます。フィリピンに来たならフィリピンならではの料理を試してみてはいかがでしょうか?

桟橋でロマンティックなプライベートディナーもできる!

桟橋近くにあるデッキには壁のない半屋外で目の前には海が広がりロケーションで食事を楽しめる場所も。

セブ島での思い出は、ビーチ前や桟橋で波の音と共に特別な時間を過ごせる、ロマンティックなプライベートディナーもおすすめです。バーも併設され、フィリピン料理やその他の国の料理も楽しめる、バリエーション豊富なレストランでプライベートディナーはいかがですか?

パシフィックセブリゾートのビーチ・プールなどの施設は?


photo by pixabay
※画像はイメージです

パシフィックセブリゾートは、著名なインスタグラマーも訪れるフォトジェニックの宝庫です。ターコイズブルーの空やエメラルドグリーンの海は、さりげない写真も絵になる一枚になるでしょう。

そんなパシフィックセブリゾートには、多彩なおすすめスポットがたくさんありますよ!セブリゾートに訪れた際は、ぜひ思い出の一枚に納めてください。

これぞリゾート!写真映えするおしゃれな桟橋


photo by Expedia

セブリゾートに行けば、ここを訪れない方はいないかもしれません。ホテルの施設内奥に位置するのは、海にのびる600メートルの桟橋です。おしゃれな桟橋は、季節や時間帯によって見える景観が異なります。カップルでも、ファミリーでもかけがえのないひとときになるでしょう!


photo by Expedia

挙式場としても人気なパシフィックセブリゾートですが、桟橋で納める純白のドレス姿もいっそう映えますよね。何気ない一枚も最高のいい思い出になってしまいます。

266メートルのプライベートロングビーチ


photo by Expedia

セブリゾート施設内のプライベート空間といえば、キレイなビーチ!266メートル と長いビーチは、ビーチバレーなどが楽しめます。特に遠浅の沿岸はどこまでも続くエメラルドグリーンのオーシャンビューが印象的です。


photo by Expedia

長くつづくロングビーチは、セブリゾート専用のプライベート空間。市街から少し離れた場所に位置するセブリゾートは、地元の心地よいローカルな雰囲気をただよわせています。

パシフィックセブリゾートのプライベートロングビーチは、静かにひといきつけるリゾートビーチなので、ぜひ綺麗な海と共にたたずんでみてください。

インフィニティープールも!いろんな楽しみ方ができる4つのプール

パシフィックリゾートが人気リゾートである理由のひとつとして、6.5(東京ドーム1.4個分)ヘクタールの広大な施設内には、多彩なアクティビティがあふれています。

その中でもおすすめなのは、しっかり楽しめる4種類のプール!インフィニティプールにダイビング専用プール。屋外プールは、ビーチサイドに腰掛けて優雅にドリンクなんかもいかがでしょう?もちろんお子さま連れにもうれしいキッズプールも完備されています。

インフィニティプール


photo by Expedia

マクタン島の大海原を一望できるインフィニティプールは、プライベートビーチに続いてセブリゾート施設内で人気のあるプライベート空間です。一面に広がるエメラルドグリーンのオーシャンビューを目の当たりにすれば、幸福感と高揚感いっぱいになるはず!

半分水面に浮かぶチェアデッキも完備されているので、泳がなくてものんびり過ごすだけでリゾート気分を味わえますよ。

ダイビング用プール


photo by Expedia

ここは、セブリゾートイチオシのダイビング練習専用のプールです。初心者からプロ級まで安心できる設備を完備!しかも、体験料はとてもリーズナブルで3,000ペソ(約7,500円)!素敵な海底散歩はいかがでしょうか?


photo by Expedia

屋外プール


photo by Expedia

宿泊施設と隣接した屋外プールは、気ままに遊ぶことができます。プールバーがあるので、お好みのドリンクを飲みながら、プールサイドでひといきつけますね。


photo by Expedia

プールには、子ども連れにはうれしいキッズプールもあります!浅瀬のプールは子どもも安心して遊べますね!浮き輪なども貸し出してくれるので、手ぶらで行っても心配ありません。

監視員さんも常駐してくれているので、親御さんも心置きなく、羽を伸ばせますよ。

心も体も癒されるフィリピン伝統のホットストーンスパ


photo by Expedia

セブ島といえばフィリピン伝統のマッサージ・スパが有名です。パシフィックセブリゾート内にあるスパは、元日系経営ホテル内にあるスパなので、日本人の肌に優しいアメニティーを使用しています。

おもに使用するのは、資生堂のDECLEOR(デクレオール)のラインナップ。さまざまな種類のスパが体験できます。日焼けした後のお肌のケアや、疲れた体からフレッシュな体へ。

コースもたくさんあり、要望に応じてトリートメントを受けられるところが人気の秘訣です。マッサージの資格を保有するスペシャリストがいるので、初めての方でも安心してトリートメントを堪能してください。老舗リゾートホテルの落ち着いた雰囲気の中でほどこされるマッサージをぜひ体感してくださいね。

子ども連れも安心の設備

子ども用プールの近くには、子どもが遊べる遊具が設置してあります。室内キッズスペースもあるので、ファミリーの強い味方ですね。また、突然のスコールで外出もできない場合は、室内で遊べるスペースは重宝するはず。

キッズルーム


photo by Expedia

ヴィラの宿泊スペースに隣接した場所に、キッズルームが設置されています。簡単なブロックゲームやボードゲーム、将棋などのゲームができるスペースがあり、子どもはきっと大喜び!お絵描きやボール遊びなど、多彩な楽しみ方ができます。


photo by Expedia

自然に囲まれたブランコや滑り台などの遊具もあり、観光以外に楽しめるアクティビティがたくさん!子どもにとっても、飽きずにセブを満喫できそうです。

テニスコート・バスケットコート


photo by Expedia

テニスコート・バスケットコートも完備!常夏の太陽の下で、プレイするテニス・バスケットも◎いい汗をかけば、夜のディナーもさらに格別です。

カヤック


photo by Unsplash
※画像はイメージです

パシフィックセブリゾートでは、なんとカヤックまで体験することができるのです!浜辺の近くで泳いだり浮かんだりすることに飽きて、少し遠くまで行きたくなった方にはカヤックがおすすめです。浮き輪やSUPのレンタルもあり、海のアクティビティを思い切り満喫できますよ。


photo by Expedia

泳ぐだけでは見られない景色を見ることができます。簡単な講習が受けられますし、ガイドが付いてきてくれるので安心です。こちらのカヤックは500ペソ(約1,250円)/60分で借りられます。

パシフィックセブリゾートでセブリゾートを満喫しよう!

パシフィックリゾートの魅力について紹介をしてきました。最大の魅力は、多彩でフォトジェニックな非現実世界がたくさんあるところ。たとえば、おしゃれな桟橋!とお浅に600メートル続くその橋は、まるで海に浮かぶかけ橋です。

専用のプール完備で設備の充実は、セブ島内でもトップレベルでしょう。リーズナブルな価格でセブリゾートを楽しむことができます。カップルでも、ファミリーでも。幅広い年齢そうが心置きなく楽しむことができるリゾートです。ぜひセブリゾートでの宿泊先の候補にしてみてくださいね。

パシフィック セブ リゾート (Pacific Cebu Resort)の基本情報
住所:Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, フィリピン
電話:+63 32 495 6601
チェックイン:14:00 
チェックアウト:12:00 
料金:5,000ペソ(約12,500円)/1泊 
※掲載料金は2022年10月時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
※2022年時点のレート、1フィリピン・ペソ=2.5円で計算
アクセス:マクタンセブ国際空港から 車で約40分〜1時間 
公式サイト:https://www.facebook.com/pacificceburesort




\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる