NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2022年版】バンコクからプーケットへの行き方4選!飛行機がおすすめ

本記事では、バンコクからプーケットに行く方法をご紹介。飛行機やバス、鉄道、タクシーなどさまざまな方法がある中で、1番おすすめの方法を厳選してお伝えします。

更新日:
NEWT編集部

プーケットはタイの南部、アンダマン海に面するタイ最大の島。エメラルドグリーンにかがやく青い海と豊かな自然が見どころの、世界でも有数のリゾート地です。

本記事では、バンコクからプーケットに行く方法をご紹介。飛行機やバス、鉄道、タクシーなどさまざまな方法がある中で、1番おすすめの方法を厳選してお伝えします。

Contents

バンコクからプーケットに行く方法は?

はじめにプーケットまでの距離は?


photo by shutterstock

プーケットは、バンコクから南に約840㎞離れた場所にあり、日本でいうと東京から広島市内、函館市内くらいまでの距離です!

バンコクからプーケットまでの行き方は4つ!


photo by shutterstock

1番簡単で最も使われているのは「飛行機」!スワンナプーム国際空港またはドンムアン空港から発着していて、1時間半程度の所要時間です。格安航空会社が多いので、金額も比較的安め。

時間があって、タイのローカルな雰囲気を楽しみたい方は「バス」や「鉄道」がおすすめです。所要時間は12時間以上と時間はかかりますが、のんびり東南アジアらしいローカルな気分を味わえます。

そして「タクシー」は、道中の東南アジアらしいタイの景色を楽しみながらプライベート気分で行きたい人にぴったり!休憩のタイミングも自由に確保できます。

バンコクからプーケットまでのアクセス方法について、それぞれ料金や時間もふくめて、詳しく紹介します。ご自身の予算や旅のスタイルにあった行き方を選んでくださいね!

1. バンコクからプーケットまで飛行機でアクセス!

約1時間半でアクセスできる!


photo by shutterstock

バンコクからプーケットまでのアクセスで、1番基本となるのが飛行機での移動。なによりも所要時間が約1時間半という気軽さが魅力です!旅行期間が短い方や海外旅行初心者の方におすすめ。飛行機時刻は、朝から夜までさまざまな時間に運行しているのもポイントのひとつ。

白い砂浜や青い海が上空から見えるのも飛行機ならでは!プーケットに近づくにつれて美しい海が広がる姿に感動を覚えるでしょう。

しかし、快適に短時間でアクセスできるものの、費用はほかの交通手段よりも高め。交通費にお金をかけたくない、という方には不向きかもしれません。

金額は航空会社や出発する空港によって変わる!


photo by shutterstock

バンコクには2つの空港があります。国際線が多く運航する「スワンナプーム国際空港」と、国内や東南アジア諸国を結ぶローカルのハブ空港「ドンムアン空港」、それぞれ料金や運航する航空会社が変わるので事前にチェックが必要です!



飛行機は、往復10,000円以内で移動できます。価格はそれぞれの空港で大きく変わらないので、日本からバンコクの飛行機の便と照らし合わせて、同じ空港内で乗り継ぎができると便利ですね。空港の乗り継ぎに注意して航空券を予約しましょう!日本からプーケットまでをひとつとして設定しているツアーもあります。

飛行機で移動するメリット&デメリット

メリット

  • バンコクからプーケットまで短時間で移動ができる
  • 格安航空会社であれば金額が安い
  • 快適な移動が実現

デメリット

  • シーズンによって料金が変動する
  • 街と空港が離れていて到着後の移動が大変
  • 受託荷物に追加代金がかかる(格安航空)
  • 航空会社が多いので予約が面倒


photo by shutterstock

航空会社の数が多いので、金額もシーズンによってばらばら。また、航空会社によっては英語で予約しなくてはいけないものもあります。自分たちの目的にあった便はどれなのか、本当に予約できているかが不安という方には令和トラベルの「トラベルコンシェルジュ」がおすすめです!

トラベルコンシェルジュとは、お客様のご要望にあわせて、ホテル、航空券、現地での滞在など、あらゆるニーズに合わせて、一人ひとりにあったオーダーメードのご旅行をご提案するサービス。

何かと不安な海外旅行を安心・快適にしたい方にとてもおすすめです。料金も最低保証なので、さらに安くなるかもしれません!
相談は無料なので、ぜひこちらからチェックしてみてくださいね。

飛行機は、短時間で行きたい初心者におすすめ!


photo by shutterstock
飛行機は、コスパよく短時間で移動するのに最適の移動手段!旅行日数が限られている方や旅行初心者の方は、飛行機での移動がおすすめです。上空からの街並みや美しい海も楽しめますよ。

2. バンコクからプーケットまでバスでアクセス!

約12~15時間でアクセスできる!


photo by shutterstock

長距離バスはほとんどがバンコクの「北バスターミナル」と「南バスターミナル」から発着しています。時間はかかりますが、飛行機よりも価格が安いのが特徴。節約をしたいバックパッカーの方や、地元の人との交流やローカルな雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

金額は等級によって変わる!


photo by shutterstock

①VIPバス:片道THB1038(約3,678円)
②1等バス:片道THB637(約2,250円)
③2等バス:片道THB500(約1,771円)
※1THB=3.54円で計算
運行バス会社:Bus Express
詳細はこちらの公式サイトをご確認ください。

バスは、階級によって価格が異なります。それぞれの特徴として、

  • VIPバス:エアコン、トイレ、リクライニング、3列シート(一部)、フットレスト、モニター(一部)、食事付き
  • 1等:エアコン、トイレ、リクライニング
  • 2等:エアコン、トイレ

など、バス会社によって条件は異なりますが、価格に沿ってサービスや設備がさまざまです。長時間の移動になるので、バスの中で快適に過ごせるかどうかは大切なポイント。それぞれが求めるサービスによってバスを決めることをおすすめします。


photo by Settawat Udom / shutterstock

バスはおもに「南バスターミナル(サイタイマイ)」から出ています。南バスターミナルへは、BTSシーロムラインの終着駅バンワー駅からタクシーで15分ほど。ショッピングモールが併設されていて、2階がチケット売り場になっています。

その場での予約ももちろんできますが、事前にオンラインでの予約もおすすめ。席が事前に指定できたり、条件や値段を比較できたりするので、旅程が決まったら予約をしておきましょう!予約や時間、料金の詳細はこちらの公式サイトをご確認ください。

バスの時刻やターミナル番号を確認できるよう、当日は30分前に到着しておくと慌てずに済みますよ。

バスで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 金額が安い
  • ローカル感を味わえる
  • 路線が多くて予約がしやすい


デメリット

  • 時間がかかる(渋滞もあり)
  • 設備が不十分なこともある
  • 疲れがたまる

バスは、金額を抑えてローカル感を楽しみたい人におすすめ!


photo by shutterstock

バスでの移動は約12時間~15時間と時間がかかるのがデメリット。渋滞にはまれば、到着時間が遅れる場合もあります。

しかし、飛行機や鉄道での移動より料金が安いため、旅費を抑えたいバックパッカーにはおすすめ!時間に余裕のある長期旅行者の方も、ローカル感をたっぷりと味わいながらのんびり移動できるので、またひと味違うタイの魅力を発見できるかもしれません。

3. バンコクからプーケットまで鉄道でアクセス!

約15~20時間でアクセスできる!


photo by shutterstock

バンコクからプーケットまでの鉄道は直行便が運行していません。そのため、途中の「スラータニー駅」で降り、そこからはバスに乗り換えて向かいます。

日本での鉄道といえば「速い」をイメージしますが、タイの鉄道は待ち合わせや停車時間が多く、そもそもの運行速度が遅いため、バスよりも時間がかかります。

ただ、車窓からはタイの素朴な景色が広がるので、のんびりと電車旅を楽しみたい方にはおすすめです。

金額は等級によって変わる!


photo by shutterstock

バンコク(フアランポーン駅)からスラータニー駅※片道

※1THB=3.54円で計算

スラータニー駅からプーケット(バス)※片道
300THB(約1063円)

2022年2月24日現在、1日に出ている本数は12本。日中に到着する便や深夜に到着する便、そして夜行便など時間帯により車両や等級は異なります。また、超特急、特急、快速と3種類走っていて、所要時間もさまざまです。
詳しくはこちらの公式サイトをご確認ください。


photo by shutterstock

鉄道の始発駅はバンコク・タイ国鉄フアランポーン駅。中心部からは地下鉄MRTでアクセスが可能です。

駅にはチケット売り場があり、時刻表案内も出ているため、行き先と希望の座席グレード、時刻を伝えればOK。その場でチケットを発行してくれます。オンラインでの事前購入も可能ですが、電車が遅延することが多いので、その場で最適なバスを予約する方がベター!スラータニー駅までのチケットを購入しましょう。

スラータニー駅からは、バスに乗り換えプーケットに向かいます。バスで4時間半ほどで到着です。

鉄道で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 金額が安い
  • 寝台列車で旅情緒アップ
  • 1泊分宿泊代が浮く


デメリット

  • 時間がかかる(遅延が多め)
  • 途中で乗り換えが必要
  • 高グレードの座席は飛行機より高くなる場合も

鉄道は、タイならではの情緒を楽しみたい旅人におすすめ!


photo by shutterstock

鉄道は、移動時間がとても長く、さらに座席によっては飛行機よりも価格が高くなります。途中でローカルバスに乗り換えが必要であるため、海外初心者の方にはストレスに感じるかも。

旅情緒を存分に味わいたい方や鉄道ファン、時間があっていつもと違う旅行をしたい方などにはおすすめです。忘れられない旅の思い出になることは間違いないでしょう!

4. バンコクからプーケットまでタクシーでアクセス!

約12時間でアクセスできる!


photo by shutterstock

タクシーでは、約12時間で到着します。専用車なので、休憩のタイミングを自由に選べるのがうれしいポイント。気の向くまま快適に移動できます。金額は、ほかの移動手段に比べて高め。人数が多いほど安くなるので、ファミリーや大人数での旅行におすすめです。

金額は片道約40,000円~!


photo by shutterstock

金額は、片道THB10,000(約35,000円)が相場。流しのタクシーは、高い金額を言われたり安全面で不安があったりするのでおすすめしません。

空港やホテルなどで手配をしてもらうか、事前に予約サイトから予約し料金を確認した上で利用するようにしましょう。

タクシーで移動するメリット&デメリット

メリット

  • プライベートで快適
  • 休憩のタイミングが自由に決められる
  • 目的地までストレートで行ける


デメリット

  • 金額が高い
  • 料金交渉が必要な場合あり
  • 時間がかかる

タクシーは、自分のペースで快適に移動したい人におすすめ!


photo by shutterstock

タクシーは金額が高い分、プライベート感を味わいながら自由に移動することができます。休憩や食事のタイミングも自分で決められるのがメリット。自分のペースで快適に移動したい人におすすめです。

とはいえ、車移動なので時間がかかることはデメリット。旅行日程に余裕を持たせておくと、かかる移動時間にストレスを感じないでしょう。

目的に合わせてバンコクからプーケットに行こう!


photo by shutterstock

本記事では、バンコクからプーケットまで、飛行機、バス、鉄道、タクシーの4つの移動手段について紹介しました。

それぞれメリットやデメリットはありますが、1番おすすめの移動手段は飛行機。格安航空会社が多く便を出していて、金額も安く、時間もかかりません。旅行日程が限られている方に特におすすめです。

とはいえ、「ローカルな雰囲気を味わいたい」「旅情緒を感じたい」という方は、バスや鉄道も選択肢のひとつ。時間はかかるものの、東南アジアらしい素朴なタイの魅力を感じられるはずです。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、ぴったりの移動手段でプーケットまでの移動を楽しんでくださいね。

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる