NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2022年】オアフ島でおすすめのコスパ抜群のホテル9選

ハワイをよく知るNEWT編集部が、オアフ島のコスパの高いおすすめホテルを紹介します!価格はリーズナブルでも、部屋からワイキキビーチやダイヤモンドヘッドを一望できるホテルや、キッチン付きで部屋で料理できるホテルなどをピックアップ。

更新日:
NEWT編集部

ハワイをよく知るNEWT編集部が、オアフ島のコスパの高いおすすめホテルを紹介します!価格はリーズナブルでも、部屋からワイキキビーチやダイヤモンドヘッドを一望できるホテルや、キッチン付きで部屋で料理できるホテルなどをピックアップ。

Contents

久しぶりの海外旅行、まずは日本人にも人気が高く、現地の観光客受け入れ体制も整っているハワイはいかがでしょうか?

本記事では、ハワイをよく知るNEWT編集部が、オアフ島のコスパの高いおすすめホテルを紹介します!。価格はリーズナブルでも、部屋からワイキキビーチやダイヤモンドヘッドを一望できるホテルや、キッチン付きで部屋で料理できるホテルなどをピックアップ!

中には日本語のサポートが充実しているホテルもあるので、語学に自信のない方も安心して楽しめるはずです。ハワイでも人気の観光地、オアフ島をお得に楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみて。

美しい自然と都市が融け合うオアフ島への旅行を満喫!

別名「ギャザリング・プレイス(集いの場所)」とも呼ばれ、ハワイの人口の多くがあつまるにぎやかな島・オアフ島。数あるハワイの島々の中でも3番めに大きく、海や森などの壮大な自然を残しながらもアラモアナセンターのような巨大ショッピングモールが点在します。まさに、新旧の価値観が見事に融合した魅力いっぱいの観光地!

世界屈指のリゾート地として知られるワイキキをはじめ、島のシンボル的存在のダイヤモンドヘッドなど有名な観光スポットが目白押し。ハワイの中心地とも呼ばれるホノルルは大自然に囲まれ、ハワイの歴史を象徴する、イオラニ宮殿などのランドマークやカルチャーの発信地が並びます。エリアによって全く異なる表情を見せてくれるので、さまざまな楽しみ方ができるでしょう。

そんなハワイ・オアフ島を存分に楽しむためのホテルを、今回はランキング形式でご紹介!全部屋オーシャンビューのホテルやキッチンつきのホテルなど、宿泊者の満足度が高く、リーズナブルに泊まれるコストパフォーマンスの高いホテルをピックアップ!お得にオアフ島を楽しみたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

オアフ島での宿泊におすすめ!コスパ抜群の人気ホテルTOP9

それでは早速、NEWT編集部が厳選した、宿泊者の満足度が高く、コストパフォーマンスの高いホテルを順に見ていきましょう!

1. アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル (参考価格:167ドル~ / 室)


photo by Expedia

美しいワイキキビーチを見下ろせるビーチフロント型ホテルの、アストンワイキキビーチホテル。目の前には子どもも安心して遊べるクヒオ・ビーチパークが広がるほか、近くにはホノルル動物園やワイキキ水族館など家族で楽しめるスポットが満載なので、子ども連れにも人気です。

さらにはワイキキのメインストリート、カラカウア大通り沿いに位置しており、ショッピングやグルメスポットも徒歩圏内と便利!観光やショッピングを楽しみたい方も大満足の立地です。

このホテルは、645室ある客室のうち、550以上もの客室がオーシャンビューまたはパーシャルオーシャンビューとなっているため、部屋の中からもハワイの絶景を楽しめます。存分に観光を楽しみながら部屋から海を楽しめるロケーションにあって、167ドル~とリーズナブルな料金も嬉しい、人気のホテルです。

①部屋は全室オーシャンビュー


photo by Expedia

600以上ある客室のほとんどから、美しいワイキキビーチを望めます。起きてすぐに窓からビーチを眺めれば、朝からハワイらしい雰囲気を存分に楽しめますし、観光から疲れて帰ってきた後も、美しい風景に癒やされます。

客室には椅子を備えたプライベートバルコニーもあるので、風を感じながら雄大なハワイの空気を楽しめるでしょう。コーヒーメーカーや冷蔵庫も設置されているので、朝の清々しいハワイの空気と一緒に落ち着く時間を楽しんでください。

特におすすめなのが、ジュニアスイートダブル。部屋からはワイキキビーチに加え、ダイヤモンドヘッドも楽しめます。47平米の広さにリビングとベッドルームが別々になっているので、4人まで宿泊可能。家族や友達同士で旅行に行く方におすすめのホテルです。

②夜まで使えるプール


photo by Expedia

ホテル目の前に広がるワイキキビーチも素敵ですが、優雅にゆったりすごしたいならホテル3階のプールエリアを利用するのもおすすめ!たくさん用意されたデッキチェアでくつろぎながら、ハワイの暖かい日差しを受けてすごす時間は格別です。カラカウア通り越しにワイキキビーチの風景も楽しめるのもおすすめポイント。

プールデッキ横にはサーフ・シャックというショップがあり、プールタオルを借りられるほか、無料でSunbum社の珊瑚に優しい日焼け止め、アフターサンローションも利用できます。小腹が空いたらアイスクリームも販売されていますし、レストラン、ティキズ グリル & バーも近くにあるので食事も一緒にどうぞ。

朝の9時から夜の9時までオープンしているので、旅行のスケジュールに合わせて柔軟に楽しめるでしょう。

③カジュアルな雰囲気で地元の野菜を堪能!


photo by Expedia

食事をとるなら、先にも紹介したホテルのメインレストラン、ティキズ グリル & バーがおすすめ!地元の農家と提携しており、新鮮な食材を使用したパシフィック・リム・スタイルのメニューが食欲をそそります。

朝、昼、夕食のすべての食事を開放的でカジュアルな雰囲気のバルコニー席で楽しめ、週替りのイベントや毎日のライブ演奏も魅力的。日替わりのトロピカルドリンクもぜひ堪能してみてくださいね!


2. アラモアナ・ホテル (参考価格:159ドル~ / 室)


photo by Expedia

ショッピングを存分に楽しみたい方におすすめなのが、ハワイ最大のショッピングセンター、アラモアナセンターに連結しているアラモアナ・ホテル・バイ・マントラ。アラモアナ公園やビーチにも近く、ワイキキではないですが利便性がよく、ショッピング重視派に絶大な人気を誇る穴場的なホテルです。

徒歩圏内のカピオラニ通りは、日本のテレビでもB級グルメ街として紹介されており、レストランやスーパーが立ち並びグルメ重視の方にもうってつけ。ホテル最上階のシグネチャーステーキハウスは、ワイキキのパノラマを見下ろしながら美味しいステーキが食べられると日本人にも大人気。

159ドル~ながら部屋の設備も充実しており、幅広い楽しみ方ができるでしょう。

どの部屋も電子レンジつき!キッチンで料理できる部屋も


photo by Expedia

アラモアナ・ホテルは部屋で自炊したい方にもおすすめのホテル。全ての部屋に冷蔵庫と電子レンジが備え付けてあるため、簡単な調理ならできますし、スイート以上の部屋にはキッチンも完備。調理用具も備え付けてあるため、アラモアナセンターで買ってきた食材で自炊することもできます。

ホテルにはレストランもありますが、手料理が恋しくなったときには重宝するはずです。食費を抑えたい方にもおすすめ。

②改装したばかりのプールでくつろぎのひとときを


photo by Expedia

アラモアナ・ホテル3階にあるプールは、2020年秋に改装を終えたばかり。気持ちよく泳ぐのもあり、おしゃれで広々としたサンデッキでくつろぐのもあり。プールサイドにはデッキチェアとパラソルが備え付けてあるので、ゆったりとした時間をすごせるでしょう。

観光で疲れた身体にはフィットネス・センターにあるサウナとスチームルームもおすすめ。代謝をたかめて疲労を取り除いてくれるので、次の日から思い切りハワイ観光を楽しめるでしょう。

③多彩なグルメを楽しめるバラエティ豊かなレストラン


photo by Expedia

アラモアナ・ホテルはバラエティに富んだレストランを用意しているため、宿泊客の舌を飽きさせることがありません。日本人にも人気なのが新鮮なシーフードと熟成されたステーキが味わえるシグニチャー・プライム・ステーキ&シーフード。料理がおいしいのはもちろん、太平洋をのぞむ36階からの眺めがディナーの魅力を際立たせます。

またロコモコやアサイーボウル&パワーラップサンドなどのハワイらしい人気メニューを楽しみたいならCafé 410もおすすめ。全てのメニューには新鮮なフルーツの盛り合わせとペイストリーバスケット、ドリンクが付き、家族みんなが楽しめる多彩なメニューを用意しています。

3. イリマホテル (参考価格:115ドル~ / 室)


photo by Expedia

長期の旅行をリーズナブルに楽しみたい方におすすめのイリマホテル。全室にキッチンが備え付けられているため、旅行中でも自炊できます。外食を抑えて食費を抑えたい方はもちろん、海外でも料理を楽しみたい方も満足できるでしょう。

ワイキキ中心部の便利なロケーションに位置しており、近くのクヒオ通り沿いのエリアでは、いろいろなレストランやショッピングが楽しめます。徒歩圏内にインターナショナル マーケットプレイスという大型ショッピングモールがあり、話題の新しいレストランが満載。

115ドル~とリーズナブルな料金ながら、無料駐車場やWi-Fiも完備されており、ハワイ旅行を満喫できるはずです。

どの部屋もキッチンつき!充実したアメニティ


photo by Expedia

イリマホテルの部屋は全室キッチン付きで広いのが特徴。高速インターネットやコーヒーメーカーが完備されているほか、リクエストすれば炊飯器も使用可能。旅行中も米が恋しくなる人にはおすすめです。

全室プライベートラナイ(バルコニー)も備えられているため、ハワイの風を感じながらゆっくりすごすのもいいでしょう。ハワイでは少なくなった喫煙者用のフロアもあり、喫煙者の方には嬉しいホテルです。

ハワイでも珍しい温水プール。こだわりのアクティビティ


photo by Expedia

イリマホテルのプールはハワイでも珍しい温水プール。ハワイでも冬は水が冷たくなりますが、イリマホテルなら年中通してプールを楽しめるでしょう。サウナも完備されているので、疲れた体をリフレッシュできます。

ハワイ式のおもてなしで文化に触れる


photo by Expedia

イリマホテルは宿泊客に最高のハワイ滞在を過ごしてもらうため、ハワイ文化への取り組みにこだわっています。ホテルのスタッフたちは一連の文化講座を通しておもてなしの心などを学び、ハワイ文化の価値観を常日頃から学んでいる方ばかり。

薬草や島国の生活、ハワイの言語、レイ作り、織物などのレクチャーを受けたり、文化的観光地を訪問して歴史や文化を学んでいるため、深くハワイを理解できるでしょう。貝殻とココナッツによるレイ(ハワイの首飾り)作りや、毎週金曜日の朝には歌を唄うイリマ・コーラスといったアクティビティもあるので、ぜひハワイ文化を体験してみてください。

4. 星野リゾート ザ・サーフジャック・ホテル&スイム・クラブ (参考価格:207ドル~ / 室)


photo by Expedia

日本でも人気の星野リートをハワイでも楽しめるホテルがあります。2016年に全面改装されたブティックホテルを、2020年から星野リゾートが運営することになりました。星野リゾートとして初の米国展開です。

ワイキキの中心DFSギャラリアの裏手に位置し、ビーチやショッピング、レストランが徒歩圏内と便利なロケーションで、ナイトライフまで楽しめます。星野リゾートならではの快適な空間が広がっているほか、充実したサービスとフォトジェニックなデザインに、気分が盛り上がること間違いありません。

充実したアメニティを使い放題


photo by Expedia

ボディー・ヘアケアやタオルのほか、ホテル内の至るところにある日焼け止めクリームが使い放題、さらには市内通話とトールフリー通話が無料と嬉しいアメニティやサービスが盛りだくさん!人気のレストラン、マヒナ&サンズでは、カリフォルニア州サンタモニカ発カフェ・ラックスのカスタムブレンドコーヒーが毎日サービスされるという特典も。

さらに嬉しいのは無料でレンタサイクルが利用できる点。アクティブ派なら少し離れた観光スポットに足を伸ばしてもいいですし、市内を回って街並みを堪能するのもよいでしょう。

オールドハワイをモチーフにした映えるインテリア


photo by Expedia

オアフ島でも指折りのおしゃれホテルとして知られる星野リゾート。ホテル内では地元アーティストたちが手掛けた内装やインテリアのデザインが目を引きます。オールドハワイをモチーフにしつつ洗練されたオシャレな内装はフォトジェニックで、きっと旅の思い出になるでしょう。

SNS映えするおしゃれなプール


photo by Expedia

内装とおなじく映えスポットとして有名なのがアウトドアプール。プールの底には大きく「Wish you were here!」と書かれており、訪れた人々がこぞって撮影していきます。

プールサイドではアーティストやミュージシャンなどのトークセッションが開かれたり、バーで美しいカクテルが振る舞われるなど楽しみ方もさまざま。きっとお気に入りの過ごし方が見つかるでしょう。

5.ザ モダン ホノルル バイ ダイヤモンド リゾーツ (参考価格:176ドル~ / 室)


photo by Expedia

都会的でありながらハワイらしい温かみも感じられるザ モダン ホノルルはフォーブス・トラベルで4つ星を獲得したデザイナーズ・ホテル。インテリアやサービスによってくつろぎ空間を演出してくれます。

アラモアナセンターへは徒歩で約4、5分で、ワイキキも徒歩圏内。観光もショッピングも楽しめる魅力的なロケーションも人気の理由の一つ。ホテル内におしゃれなバーもあるなどナイトライフが充実しているため、大人っぽい雰囲気を求めている人にもおすすめです。

フォトスポット満載のデザイナーズ空間


photo by Expedia

ホテルのロビーに足を踏み入れた瞬間、ハワイでもっともお洒落なホテルとも言われるモダンホノルルの魅力を体感するはずです。ロビーにもモダンでアーティスティックなデザインが施されており、都会のオアシスの名にふさわしい特別な雰囲気を演出しています。

ホテルのデザインは世界的に有名な建築家、George Yabu (ジョージ・ヤブ) とGlenn Pushelberg (グレン・プシェルバーグ) によって手がけられ、2011年にはエンルート・ホテルデザイン賞でベスト・インテリア賞とベスト・ロビー賞に選ばれています。

雰囲気の違う2つのプールを堪能


photo by Expedia

モダンホノルルにはプールが2つ備わっており、それぞれ異なる魅力を堪能できます。楽園のプライベート・ガーデンのような雰囲気のサンライズ・プールはニューヨークのソーホーを拠点とするデボラ・ネヴィンズによるデザイン。チーク材を敷き詰めたデッキとシダの葉やトロピカルな花が咲くプールサイドには、白い布張りの座り心地の良いプールサイドチェアとゆったりサイズのデイベッドが設置されています。

サンライズ・プール脇の階段を上ったとこにあるのがスタイリッシュなサンセット・プール。ニューヨークのソーホーを拠点とするランドスケープデザイナー、デボラ・ネヴィン&アソシエーツによって手がけられました。プールサイドにハワイの隣島から取り寄せた約1万トンの白砂や、イヴ・クライン氏によるカスタム設計のコバルトブルーのガラス製タイルを敷いたラグーンが設置されており、トロピカルな雰囲気を演出しています。

ナイトタイムを演出してくれるバー&ラウンジ


photo by Expedia

ロビーの本棚の奥には隠れ家のようなバー&ラウンジ、ザ・スタディがあります。午後6時になると本棚が回転扉のように開くおしゃれな演出に、まるで別世界に訪れた雰囲気を味わえるでしょう。
ミュージシャンによる生演奏を聴きながら、バーのカウンター席やテーブル席で、有名文学にちなんで名づけられた数々のお洒落なカクテルや軽食をお楽しみください。

6.ホテル ラ クロワ in ワイキキ (参考価格:130ドル~ / 室)


photo by Expedia

リーズナブルな料金とハワイっぽさ満点のおしゃれな部屋が人気のホテル ラ クロワ。ワイキキの入り口に位置し、大改装を経て真新しくモダンな雰囲気に生まれ変わったこのホテルは、同じ料金帯なら最も新しく使い勝手もよくておすすめです。

小さなホテルながら、SNS映えするおしゃれなインフィニティプールやフィットネスセンターなどの施設も充実。料金はリーズナブルでもリッチな雰囲気を満喫できるでしょう。

個性豊かな11タイプの部屋


photo by Expedia

100ドル代で泊まれるホテルとしても有名なホテル ラ クロワですが、予算に余裕があるなら少しランクの高い部屋も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。最上階に位置する豪華なペントハウスルームや、19平米もの大きなテラスを備えたペントハウス・テラス、長期滞在にも最適なキッチン付きのお部屋など、個性的な魅力が満載です。

どの部屋も温かみのあるウォールナット材のフローリングを採用し、海辺に立つビーチハウスのような居心地の良さを演出しています。

SNS映え間違い無しのインフィニティプール


photo by Expedia

ホテル4階にあるプールの外には緑あふれる公園とワイキキのシティビューが広がり、ワイキキにいながらも贅沢なくつろぎのひとときをすごせます。Love+Aloha の文字がプールの底から浮かび上がるデザインは観光客に人気で、SNS映えすること間違いないでしょう。

プール横にはパームスビーチハウスがあり、部屋からプールを一望できます。室内には手作りの大きな耳付き木製カウンタートップ、シャワーがあり、6名まで宿泊可能です。

カラカウア通りの便利なロケーション


photo by Expedia

ホテル ラ クロワ ワイキキがあるのは、クヒオ通りとカラカウア通りが交差するワイキキの入り口あたり。美しい緑であふれる公園とワイキキビーチを見渡すことができ、ハワイの雰囲気を全身で感じられます。

ハワイの自然にインスピレーションを受けたインテリアと、全ての部屋に設けられたラナイ(バルコニー)からの景色を楽しめるでしょう。

7. パークショアワイキキ (参考価格:169ドル~ / 室)


photo by Expedia

部屋によっては太平洋のパノラマビューと、横たわるダイヤモンドヘッドの全姿を眺められるパークショアワイキキ。ワイキキのオーシャンフロントに位置し、ダイヤモンドヘッドとカピオラ二公園を目前に望むロケーションです。

高層階に位置するオーシャンビューのお部屋でも宿泊料金は265ドル。リーズナブルで景色のいいホテルをお探しの方におすすめです。

ワイキキビーチから1ブロックの自然を感じられるロケーション


photo by Expedia

ホテル周辺は美しいハワイの自然に溢れ、散策に最適なロケーション。ワイキキビーチが徒歩圏内なので、サンライズ、サンセットタイムなど時間によって表情を変える海を眺めながらビーチを歩く時間は忘れられない思い出になるでしょう。

宿泊客には1室1泊につき3ポイントのビーチキャンディークレジットが付与され、このポイントを使ってビーチ用具のレンタルも可能。ビーチチェアからサーフボードまで、さまざまな用具がそろっています。

地元の人にも人気のレストラン


photo by Expedia

ホテル内にある3つのホテルは地元の人たちにも大人気。ルルズ ワイキキはオープンエアのレストランでワイキキビーチを眺めながら食事を堪能できます。

タッカー&ベビーではオーガニック発芽雑穀パンを使ったサンドウィッチ、パニーニ、サラダなど、新鮮で健康的な食材にこだわった軽食を提供。地産のフルーツや野菜はもちろん、豆腐やみそなど日本の食材も取り入れたメニューもあります。

そして、日本食レストランの義経では、寿司職人が腕を振るう”おまかせ”コースのほか、うどんやそば、すき焼きやとんかつなど、さまざまな和食メニューが勢ぞろい。日本食が恋しくなったときに嬉しいレストランです。

最高の景色を楽しめる客室


photo by Expedia

白を基調にした清潔感あふれるデザインの客室は、ゆったりと寛げる居心地の良い雰囲気。スイート以上のお部屋からは、ワイキキの一番東側に位置するホテルならではの、さえぎるもののないダイヤモンドヘッドビューを楽しめます。

プールサイドルームを除く客室には、椅子と小さなテーブルを備えたプライベートラナイがあり、ハワイの風を感じながら美しい景色を堪能できるはずです。

8. ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ (参考価格:265ドル~ / 室)


photo by Expedia

ハワイ州最大規模を誇る広大な敷地に、いくつもの宿泊棟やショップ、レストランが並ぶヒルトン・ハワイアン・ビレッジ。敷地内だけでも十分に楽しめるので、小さな子どもがいて、長時間の外出や移動が難しいファミリー旅行に、とくにおすすめです。

ワイキキのオーシャンフロントに位置し、ビーチへのアクセスもらくらく!毎週金曜日の夜に、目の前のビーチに打ち上げられる花火も人気のアトラクションとなっています(2022年4月現在、新型コロナウィルスにより一時的に中止しています)。

大人も楽しめる充実のプール


photo by Expedia

ワイキキ最長の23mもあるという溶岩スライダーや、溶岩の滝や南国の植物に囲まれたワイキキ最大規模の広さを誇るプールなど、ホテルには宿泊者専用プールがなんと5つも!

ジャグジーや小さな子どもが安心して遊べるプールもあり、ホテルのプールだけでも楽園ハワイを感じながら、大人も子どもも一日中満喫できるでしょう。全米のベストビーチに輝いたデュークカハナモクビーチ&ラグーンもすぐそばにあります。

ハワイ初心者も安心の日本語ゲストサービス


photo by Expedia

語学に不安のある方も、ヒルトンホテルなら安心。日本語ゲストサービス、フロントデスク、マネージャー、電話オペレーターが24時間日本語で対応してくれます。初めてのハワイで右も左も分からない観光客にもおすすめです。

金曜日の花火は必見!無料アクティビティも


photo by Expedia

ヒルトンでは無料でさまざまなアクティビティを用意しています。サーフィンやスタンドアップ・パドルなどのオーシャン・アクティビティの他、ヨガやエアロビクスなどのリゾートアクティビティも。

毎週金曜日には花火も打ち上げられるので、宿泊するタイミングも意識してみてください。

9. プリンス ワイキキ (参考価格:261ドル~ / 室)


photo by Expedia

海外旅行にあまり慣れておらず、日本語サービスの充実しているホテルを探しているなら、日系ホテルのプリンス・ワイキキがおすすめ。ワイキキとアラモアナの中間という絶好のロケーションに位置し、全ての客室がオーシャンビュー。客室の大きな窓からはヨットハーバー、青い海、太平洋に沈むサンセットとハワイならではの絶景を心ゆくまで堪能できます。

新型コロナで休館となっていた期間中に、プールエリアやクラブラウンジのデッキ塗り替えなど施設のメンテナンスを行い、ホテルの魅力に一層磨きがかかっているのも大きな魅力。ホテルの衛生管理も強化しているので、最高のサービスでハワイでの快適な時間を過ごせるでしょう。

お得すぎるラウンジを絶対利用すべし

photo by Expedia

プリンス・ワイキキを利用するなら、必ず利用してほしいのがクラブラウンジ。営業時間内には朝食や軽食、おつまみ、アルコール類を含むドリンクなどが1日中飲み放題です。美味しい朝食ビュッフェを毎日無料で食べられるだけでなく、インターネットや日本語コンシェルジュによるサービスが滞在中いつでも受けられます。

利用できるのはクラブフロア(最上階の31~33階)の宿泊客、もしくはクラブラウンジ利用の別途料金(1部屋2人につき1日110ドル ※税別)を支払った方のみ。別途料金を支払うのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、ハワイのレストランで夕食をとるなら2人で100ドルは軽く超えるもの。景色の良いラウンジで朝食ビュッフェ、ランチ、サンセットを楽しみながら毎日ゆったりと過ごせるなら、とってもお得です。

ヨットハーバーと太平洋が映えるインフィニティプール


photo by Expedia

16歳以上の宿泊客なら誰でも利用できるのが5階のプールエリアにあるインフィニティプール。海側のプールの水面が水平線と一体になっているようなデザインが特徴的で、プールの真下にはヨットハーバーと太平洋の美しい景色が見下ろせます。プールに浸かりながら、海を眺めてのんびりと癒されるのは、プリンス ワイキキならではの醍醐味。

インフィニティプールの利用には年齢制限があるので、大人が静かにゆっくりとすごすにはもってこいの場所です。

6つのレストランで食事を堪能


photo by Expedia

プリンス・ワイキキには6つのレストランがありますが、特におすすめを挙げるなら、100SAILS。大きな窓から美しいハーバービューやサンセットを眺めながら、開放感あふれる店内で朝食、ランチ、ディナーを楽しめます。

レストラン正面中にある人気スポットのバーではコーヒー、フレッシュドリンク、軽食そしてカクテルを提供。地元の新鮮な食材を使った個性的で想像力あふれるメニューを創り出し、ブッフェのみならず、多種多様なアラカルトメニューを堪能できます。

コスパ抜群のホテルステイで、心に残る思い出を作ろう

ハワイの中でも人気の観光地、オアフ島を満喫するなら賢い宿選びが欠かせません。料金は抑えつつも、部屋からの景観やアメニティなど、自分たちにとって譲れないポイントを満たしたホテルを選べると、旅の満足度が一層高まるでしょう。

この記事を参考に、より充実したハワイ旅行を楽しんでみてくださいね!

cover photo by Expedia

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる