NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

タイ旅行で使える持ち物リスト29選!女子旅向けの持ち物や便利なものまで!

今回はタイ旅行で必要な持ち物を私の経験に基づいて紹介します!必須アイテムからあると便利なグッズ、女子旅で使えるものまで、厳選しました。最後にチェックリストもあるので、タイ旅行の際はぜひ参考にしてみてくださいね!

更新日:
NEWT編集部

今回はタイ旅行で必要な持ち物を私の経験に基づいて紹介します!必須アイテムからあると便利なグッズ、女子旅で使えるものまで、厳選しました。最後にチェックリストもあるので、タイ旅行の際はぜひ参考にしてみてくださいね!

Contents

タイ旅行で必要な持ち物とは?


photo by shutterstock

初めてのタイ旅行にワクワク!行きたい観光地や食べたいものはある程度決まったけど、持ち物の準備が全くできてない!タイ旅行には一体何を持っていったらいいの?

今回はタイ旅行が初めてで、何を持っていけばいいのか分からない方のために、実際にタイ旅行をしたことがあるNEWT編集部が選んだ、必須の持ち物からあると便利なものまで一挙にご紹介します。
女性向けの必須持ち物や最後にチェックリストもあるので、参考にしてみてくださいね!

タイ旅行で必須の持ち物13選!

1. パスポート(残存・有効期間は6ヶ月以上のもの)


photo by shutterstock

タイ旅行に限らず、海外に行く場合はこれがないと始まりません!鞄に入れたつもりになっていたり、有効期限が残っていない…なんてことのないよう、事前に有効期限を確認し、出発前も入れ忘れがないか再度確認を行いましょう。

※タイでは30日(29泊30日)以内の観光目的で、往復の航空券や他国への出発航空券を所持していれば、ビザなしで入国できます。パスポートの残存・有効期間はタイ入国日から数えて6か月以上必要です。航空会社によっては搭乗できないできない場合もあるので事前に確認してください。

パスポートは、ホテルでも提示が必要な場合があるのでスーツケースではなく、手持ちのカバンに入れて持ち歩くようにしましょう。万が一の紛失・盗難等にそなえ、顔写真があるページをコピーして持っておくと、その後の手続きがスムーズとなります。パスポートなどの貴重品は、ウエストポーチなどに入れておくと安心です!

2. 航空券


photo by shutterstock

最近は紙よりもスマホなどにeチケット(電子チケット)として航空券を入れている方のほうが多いですが、バッテリー切れなどの時のために、航空券は印刷して持って行くのがおすすめです!
航空券は入国審査時に往復チケットの提示がある場合がありますので、あらかじめスクショなどをしてすぐ提示できるよう準備しておくと便利ですよ。

3. 宿泊やツアーなどの予約確認書&ボールペン


photo by shutterstock

ホテルを予約した際に発行される予約確認書は、スクショもしくは印刷して手持ちのカバンに入れておきましょう。飛行機に乗った際に機内で配られる出入国カード(入国審査時で必ず提出する書類)があり、そこに滞在中の宿泊先住所(ホテル名)の記載をしないといけないため、予約確認書やボールペンを持っておくと困ることなく記入できます。

また英語が話せない私は、現地で筆談(絵)の際にもボールペンをよく使っています!いざという時にあると役に立つアイテムです。

4. 現金(円)


photo by shutterstock

最近はキャッシュレス化が進み、以前に比べて現金を持ち歩くことが減ってきましたが、タイのバスや屋台などローカルな場所では現金しか使えない場合があるので、現金は必ず持っていくことをおすすめします。

タイの通貨(バーツ)は日本で両替することもできますが、現地で両替したほうが手数料が安いので、現金はタイの空港や銀行で両替しましょう。料金はその場でしっかり確認してくださいね!
持っていく現金の目安は、1日1万円の計算で十分!ローカルな場所で過ごすことが多くなる場合は、もう少しあると安心です!

5. クレジットカード


photo by shutterstock

タイのホテルや大きなショッピングモールなどではクレジットカードが使える場合があるので、こちらも財布に入れておきましょう。
特に海外保険が付帯されているカードだと、新たに海外保険に加入せずにすむので一石二鳥!

私はVISA、Masterの2枚をメインに持っていき、ウエストポーチに予備としてさらに別のクレジットカードも入れていきます。
キャッシング機能付きであれば、ATMで現地通貨を引き出すこともできるので持っていて損はなし!

6. スマートフォンや携帯


photo by shutterstock

航空券のeチケットや宿泊情報などを入れるほかに、カメラや連絡手段としても使えるスマホや携帯も持ち歩くと大変便利!
道を調べるために地図のアプリを使ったり、現地の人とのコミュニケーションツールとしての翻訳アプリなどもかなり役に立ちます!

7. レンタルWifi


photo by shutterstock

空港やホテル・カフェなどでは、Wi-Fiが使える場所が多いのでスマホもパソコンも使用できますが、Wi-Fiがない場所では圏外となるのでスマホなどは使えません。そんな時に役に立つのがレンタルWi-Fi!これを持っておくとどこにいても電波がつながるので、調べ物をしたり連絡もすぐに取れる状態なので、かなりの安心感があります。

8. ティッシュ&除菌のウェットティッシュ


photo by shutterstock

タイは日本のように、レストランで食事をする際におしぼりが出てくることも、テーブルの上に紙ナプキンが置いてあることもほぼありません。

トイレットペーパーが設置されていないトイレもしばしば見かけられます。食事の前には手をふきたいし、トイレにペーパーがないと絶望的!そんな時のために、ティッシュと除菌のウエットティッシュはかなり必須のアイテムといえるでしょう。

9. 雨具&折り畳み傘


photo by shutterstock

タイは6〜10月が雨季となっており、1日1回以上のスコール(強い風雨)があります。雨季でなくとも雨は降ることはあるので、雨具や折り畳み傘はカバンに忍び込ませておきましょう。荷物がかさばるので、軽量かつコンパクトなものがおすすめです。

10. 常備薬&バンドエイド


photo by shutterstock

タイの食事は日本人にあまり馴染みのないものも多く、食べ物が合わなくてお腹を壊してしまうことも!海外で体調を崩すとせっかくの楽しい旅行も台無しですよね。
そのほか気候の変化で頭痛になったり、靴擦れなどになった場合にそなえ、頭痛薬や下痢止めなどの常備薬やバンドエイドを持っていくと安心です。

11. 着替え(宿泊+2日分)


photo by shutterstock

タイは常夏の国なので、どの時期に行っても暑いです。そのため着替えは宿泊分にプラスで用意しておくと、より快適に過ごすことができます!
薄手のTシャツやワンピースなどがあれば便利ですが、寺院を見てまわる際には露出が多い服装だと入れないことが多いので、カーディガンなど肌を隠せる服を1枚持っておくとよいです!
また、バーや高級レストランなどはサンダルや短パンなどの服装は入店NGの場合があるので注意が必要です。

12. サンダル&運動靴


photo by shutterstock

たくさん歩く場合は履きなれた運動靴がいいですが、暑い国なのでサンダルがあると快適!
ホテルの部屋で靴を履きたくないのであれば、サンダルは必須アイテムとなります。ただしバーや高級レストランなどはサンダルだと入店NGの場合があるので注意してくださいね。

13. 汗ふきタオル(宿泊分以上)&汗きシート


photo by shutterstock

タイは1年を通して気温が高いため、観光しているとどうしても汗をかいてしまいます。汗くさいまま観光ってしたくないですよね。そこで、汗をふく用のタオルと汗ふきシートがあれば、汗をかいてもサラっとした気持ちで過ごせますよ!
タオルは宿泊分+αあるといいですね。

タイ旅行であると便利な持ち物12選!

14. スマートフォン充電器&バッテリー


photo by shutterstock

旅行中にスマホの充電がなくなって困った…なんてことのないよう、充電器とモバイルバッテリーを持っておきましょう。ホテルでしっかりと充電し、さらにモバイルバッテリーも持ち歩くことで、バッテリーの残量を気にせずに安心して写真や動画を撮ることもできます。

ただしリチウムバッテリーの場合は、飛行機の預入荷物に入れることができないのでご注意を!

15. 変圧器&変換プラグ


photo by shutterstock

日本からスマホやパソコンなどを持っていくのであれば、変圧器と変換プラグもあれば便利です。というのも、タイは日本よりも電圧が高い(220V)ため、壊れてしまうことも。事前に対応可能かを確認しましょう。ほとんどの電化製品は対応可能となってますが、まれに非対応のものがあります。

また、コンセントのタイプも日本とは違います。日本はAタイプですが、タイはAタイプのほかにCタイプとB3タイプがあります。多くはAタイプですが、万が一Aタイプ以外だった時にそなえ、変換プラグを持って行っておくとよいです。100均に売ってあるものでも十分ですし、Amazonなどのネット通販ではマルチタイプのものも売っています。

16. カメラ&SDカード


photo by shutterstock

せっかくタイまで来たんだし、美しい景色をそのまま写真に収めたい!となればデジタルカメラや一眼レフのカメラがあると素敵な写真を撮ることができます。新しい風景ばかりなので、データ容量を確保するためにもSDカードもあわせて持っていけば、安心してたくさん撮影できますね。

17. パジャマ


photo by shutterstock

タイのホテルは日本のように、部屋に浴衣やパジャマが置いていない場合がほとんどです。就寝時に着るパジャマなどを持って行っておくといいでしょう。
私はパジャマ代わりにいつも動きやすいジャージを持っていきます。

18. 歯ブラシ


photo by shutterstock

歯ブラシについてもホテルにない場合がほとんどです。仮に置いてあったとしても、ブラシの部分が半端なく大きくて、かなり磨きづらい…。トラベル用の歯ブラシや使い慣れたものを持っていくことをおすすめします。

19. コンタクトレンズ&眼鏡


photo by shutterstock

目が悪いのであれば必須ですね!どれほど素敵なタイの景色も、視力が悪いとぼやけて見えてしまいます。ギリギリ裸眼でも見えるという方でも、眼鏡を持っていたらぜひ旅行には持って行ってくださいね。
コンタクトはワンデータイプの方が使い勝手がいいですよ。

20. アメニティ(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔料など)


photo by shutterstock

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔料などのアメニティは、高級ホテル以外だとなかなか置いてありません。1日観光してまわった後の身体は、汗もかいているし、つちぼこりもついています。仮にアメニティーが置いてあったとしても、自分の髪に合わず髪の毛がパサついてしまったり、好みの香りでなかったら、せっかくのお風呂タイムも残念なことに!
そうならないために、使い慣れたシャンプーなどを持って行っておくと安心してお風呂に入れますよ!市販のトラベルセットや、100均の小さい詰替えボトルに入れるなどしてスーツケースに入れときましょう。ジップロックに入れていれば、漏れる心配もありません!

21. 化粧水・乳液・ボディクリーム


photo by shutterstock

これらもホテルに置いてないことのほうが多いです。普段使っているスキンケアセットがあれば、必ず持っていきましょう。あまりスキンケアをしないという方も、持って行っておいたほうがよいです。というのもタイは常夏の国なので、紫外線も強く肌へのダメージは大きいです。1日紫外線を浴び続けた肌のケアをするためにも、化粧水・乳液・ボディクリームなどのスキンケアセットは持っていくことをおすすめします。

22. 日焼け対策グッズ(サングラスや日焼け止め、帽子、ストールなど)


photo by shutterstock

日焼け止めは何が何でも持っていきましょう!とにかくタイの日差しはすさまじいです。日焼け止めの選び方としては、汗に強く、PA(+の数が多いもの)、SPF(数値が大きいもの)の部分を要チェックです。

日焼け止め以外におすすめのものは、サングラス。紫外線は目からも入ってきますので、目も守ってあげましょう。そのほかに帽子やストールなどあればバッチリです。頭のてっぺんや首元など、日焼け対策を意外と忘れがちな場所もしっかり対策しましょう!

23. 虫よけスプレー


photo by shutterstock

タイで蚊に刺されるとデング熱という感染症になってしまう恐れがあるため、普段から蚊に刺される方もそうでない方も虫よけスプレーがあると安心です。スプレータイプのほかにも、服に貼るタイプの虫よけシールや虫よけブレスレットなどもあります。

24. 防寒具


photo by shutterstock

タイは暑い国なので防寒着なんかいるの?と思うかもしれませんが、飛行機内やレストランは冷房が効きすぎて寒いと感じることも多いです。靴下や羽織もの、ストールなどがあると役に立ちます!あまり厚手のものだと荷物がかさばるので薄手のものがいいでしょう。

25. 水着


photo by shutterstock

ビーチに行く予定がなくとも、水着を持って行っておくといざという時に使えます。タイは本当に暑い国です。涼を求めて海やホテルのプールなどに入りたくなった時のために、持って行っておけば迷わず入れます。もちろん現地調達も可能ですが、ついつい水着選びに夢中になって時間が足りなくなった…とならないようご注意を。

女性向けの持ち物リスト4選!

26. メイク道具&生理用品


photo by shutterstock

タイはとにかく暑くて汗をかきます。汗に強いメイク道具があるとうれしいですね。また念のため生理用品を入れておくとかなり助かります。環境の変化で、生理がずれたりすることも無きにしも非ず。

27. 寺院観光に適した服装


photo by shutterstock

タイの観光で欠かせないのが寺院観光です。寺院に入るには露出が多い服装はNGで、足や腕が出すぎていると入場を断られる場合があります。そうならないために、足全体が隠れるパンツや腕を隠せるカーディガンなどがあるといいでしょう。タイのパンツは現地にもたくさん売っていますので、お土産・寺院観光用に買うこともおすすめします。

28. ドライヤー


photo by shutterstock

ドライヤーはホテルによってはない場合も。お風呂のあと、髪を乾かしたいのであればドライヤーは持って行っておきましょう。電圧が海外対応しているか必ず確認を!私は電圧対応してないドライヤーを使用してしまい、火花が飛び散ってドライヤーを壊したことがあります。みなさんはそうならないように注意してくださいね!

29. ヘアアイロン


photo by shutterstock

 タイに行っても毎日髪をきれいに整えたい!しかし、ヘアアイロンもホテルについていない場合がほとんどです。こちらもドライヤー同様に電圧を確認し、海外対応するものか必ずチェックしましょう。充電式のアイロンもコンパクトで便利でおすすめです!

タイ旅行の持ち物チェックリスト!

タイ旅行で必須の持ち物13選

  • 1. パスポート(残存・有効期間は6ヶ月以上のもの)
  • 2. 航空券
  • 3. 宿泊やツアーなどの予約確認書&ボールペン
  • 4. 現金(円)
  • 5. クレジットカード
  • 6. スマートフォンや携帯
  • 7. レンタルWifi
  • 8. ティッシュ&除菌のウェットティッシュ
  • 9. 雨具&折り畳み傘
  • 10. 常備薬&バンドエイド
  • 11. 着替え(宿泊+2日分)
  • 12. サンダル&運動靴
  • 13. 汗ふきタオル(宿泊分以上)&汗ふきシート

タイ旅行であると便利な持ち物12選

  • 14. スマートフォン充電器&バッテリー
  • 15. 変圧器&変換プラグ
  • 16. カメラ&SDカード
  • 17. パジャマ
  • 18. 歯ブラシ
  • 19. コンタクトレンズ&眼鏡
  • 20. アメニティ(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔料など)
  • 21. 化粧水・乳液・ボディクリーム
  • 22. 日焼け対策グッズ(サングラスや日焼け止め、帽子、ストールなど)
  • 23. 虫よけスプレー
  • 24. 防寒具
  • 25. 水着

女性向けの持ち物リスト4選

  • 26. メイク道具&生理用品
  • 27. 寺院観光に適した服装
  • 28. ドライヤー
  • 29. ヘアアイロン

タイ旅行に欠かせない持ち物は忘れずに!


photo by shutterstock

タイ旅行で必要な持ち物を、必須アイテムからあると便利なグッズ、女子旅で使えるものまで、厳選してご紹介しました。こうして必要アイテムをまとめてみると、意外と準備するものも多く、注意点もかなりありますね。なるべく荷物を減らしたいという気持ちはわかりますが、いざ旅行してみると、あれもこれも持ってきておけばよかった!と思うこともしばしば・・・。もちろん現地で手に入れることもできますが、使い慣れたものを使うのが一番安心できます。
チェックリストもぜひ活用してみてくださいね!

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる