NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ラッフルズ シンガポールは最高級ホテル!優雅な時間を過ごしたい人におすすめ

ラッフルズ シンガポールは、1887年創業の歴史あるシンガポールの名門老舗ホテル。シンガポール名物のカクテル、シンガポールスリングを生み出したバーがあり、本場のお酒を楽しめます。2019年にはお部屋やロビー、中庭、レストランなどがリニューアルされ、お城のような空間でラグジュアリーな宿泊をしてみたい方におすすめです。

更新日:
NEWT編集部

ラッフルズ シンガポールは、1887年創業の歴史あるシンガポールの名門老舗ホテル。シンガポール名物のカクテル、シンガポールスリングを生み出したバーがあり、本場のお酒を楽しめます。2019年にはお部屋やロビー、中庭、レストランなどがリニューアルされ、お城のような空間でラグジュアリーな宿泊をしてみたい方におすすめです。

Contents

ラッフルズホテルはシンガポールの名門老舗ホテル


photo by expedia

ラッフルズシンガポールは宮殿のような白亜の外観が特徴の高級ホテル。シンガポールチャンギ国際空港より車で約20分、MRTシティホール駅より徒歩約5分、MRTエスプラネード駅より徒歩約2分と、アクセスもばつぐん!

高級感あふれるホテルのバーや、アフタヌーンティー、美しい中庭など、大都会のど真ん中で非日常を味わうことができます。自分へのご褒美で、優雅なホテル滞在を叶えたい人におすすめです。

24時間対応のバトラーサービス付き


photo by expedia

ラッフルズシンガポールではどの部屋タイプに宿泊しても、バトラーサービスが付いてきます。バトラーサービスとは、あらゆる用件をできるだけ細かに聞いてくれるお客様専用の客室係のこと。例えば、コーヒーや紅茶などの飲み物の用意やウェルカムフルーツのカット、レストランや観光案内などを頼むことができます。部屋に専用の呼び出しボタンがあるので、お願いを伝えてみましょう。

ホテルで誕生した本場のシンガポールスリングを堪能


photo by expedia

シンガポールスリングとは、ジンをベースにパイナップルジュースやチェリーブランデーを加えた飲みやすいカクテルです。今やシンガポールの名物カクテル!

そんなシンガポールスリングは、1915年にラッフルズシンガポールのバーテンダーによって作られたカクテルなんだとか。ラッフルズのロングバーでは、本場のシンガポールスリングを味わえるだけでなく、ウェルカムドリンクでもシンガポールスリングが提供されます。見た目もかわいいシンガポールスリングをぜひ、本場で味わってみてください!

2019年にリニューアル、よりラグジュアリーな雰囲気に


photo by expedia

1887年創業の歴史あるラッフルズシンガポールが2019年8月にリニューアル。客室が103室から115室に増設され、客室やアメニティ、ロビーエリア、中庭、レストラン、バーエリアが新たに生まれ変わりました。重厚な歴史ある外観はそのままに、新たなラッフルズシンガポールを楽しむことができます。

全室スイートの優雅な部屋


photo by expedia

一流ホテル、ラッフルズシンガポールの部屋は全室スイート仕様!先述の通り、24時間対応のバトラーサービスという一流のサービスを受けることができます。クラシックでありながら、近代的なインテリアも融合された唯一無二の部屋で、優雅な時間を過ごしてみてはいかがですか?

リーズナブルに泊まれるスタジオスイート!


photo by expedia

白を貴重とした、コロニアル調で高級感ただようスタジオスイート。天井高4メートル、広さ46平米と開放感あふれる部屋でゆっくり滞在できます。広々としたバルコニーからは緑あふれる庭園を眺めることができ、非日常的な時間を過ごせますよ。


photo by expedia

真っ白で高級感あふれるバスルームでは、極上のバスタイムを味わえます。上品な香りのバスアメニティで幸せな気分に。リビングルームにはカフェコーナーもあるので、コーヒーやティーを優雅に楽しめるのもポイントです。

非日常的に過ごしたい方はコートヤードスイート!


photo by expedia

ラッフルズシンガポールの滞在を思う存分満喫するなら、おすすめはコートヤードスイート。ホテルの中庭に面しており、ホテル内の各施設へのアクセスに便利です。リビングルームやワークデスク、ひろびろとしたバスルームと優雅な部屋で暮らすように過ごすことができます。


photo by expedia

コートヤードスイートの魅力のひとつは、映画のワンシーンのようなバスルーム。かわいい絵柄のタイル床と、絶妙におしゃれなフォルムのバスタブが写真映えまちがいなし!バステーブルも付いているので、バスタブにつかりながら、カクテルやお酒を楽しめます。

ラッフルズ シンガポールの豪華なアフタヌーンティー&バー


photo by expedia

レストランやバーは全部で4カ所あります。シンガポールの名物カクテル、シンガポールスリングを生み出したバーや極上の時間が過ごせるアフタヌーンティー、本格的な北インド料理を味わえる朝食レストランなど、宿泊者以外でも利用できるのでチェックしてみてくださいね。

本場のシンガポールスリングが味わえるバー


photo by expedia

先ほど紹介したシンガポールスリングを生み出したロングバーは、シンガポール観光の名所のひとつです。リニューアルにより、伝統的でクラシックな雰囲気と現代的なインテリアが見事に調和した雰囲気になりました!おつまみのピーナッツの殻は床にそのまま捨てるのがロングバー流です。ぜひ体験してみてくださいね。


photo by expedia

ロングバーでトライして欲しいメニューはもちろん、シンガポールスリング!見た目もあざやかなので、味わう前に写真撮影も忘れずに。シンガポールスリング以外にも、イーストコーストやリトルインディアなどシンガポールの地名にちなんだオリジナルカクテルもあります。料理もチキンラクサ味の春巻きなど、シンガポール料理がそろっているので味わってみてくださいね。

エレガントな雰囲気で至福のアフタヌーンティーを


photo by expedia

ラッフルズ シンガポールといえば、シンガポールスリング以外にも有名なのがアフタヌーンティー。ビクトリア調の豪華けんらんなロビーで、極上のアフタヌーンティーを楽しむことができます。


photo by expedia

アフタヌーンティーセットは、小ぶりのサンドイッチや自家製スコーン、ケーキ、旬のデザートなど見た目も豪華で、写真を撮る手が止まりません!さらに、紅茶とシャンパン付きなので贅沢な午後を過ごせます。シーズンごとに、限定のアフタヌーンティーセットが提供されていることもあるため、公式サイトで最新情報をチェックしてみてくださいね。

朝食ビュッフェと本格的な北インド料理が味わえるレストラン


photo by expedia

朝から極上のビュッフェを味わうことができる、ティフィンルーム。昼と夜は本格的な北インド料理を提供しています。北インド料理のレストランとして、店内にはインドのお弁当箱であるティフィンのインテリアが飾られています。食事を待つあいだ、お気に入りのティフィンを探してみてくださいね。


photo by expedia

朝食ビュッフェの名物といえば、ラッフルズオムレツ。具がたっぷり入ったふわふわのオムレツを味わってみてください。昼と夜はティフィンで提供される本場のインド料理のコースメニューがおすすめ。ひとり72シンガポールドル(約7,200円)で、タンドリーチキンなどの前菜、メイン料理とカレーやナンのセット、インド風デザートも付いてきます。

ラッフルズホテルでより極上に過ごせる設備&体験

開放的な屋外プールや身体を心ゆくまで癒やせるラッフルズスパ、ガーデンスペース・パームコートへのアクセス、ラッフルズホテルの歴史ツアーなど、宿泊体験がより上質になる施設や体験がたくさんあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

宮殿のような開放的な屋外プール


photo by expedia

ラッフルズシンガポールの屋外プールは、宮殿のプールで泳いでいるかのような贅沢な時間を過ごすことができます。更衣室やシャワールームも完備されているので便利!簡単な軽食が頼めるプールバーもあるのでプールサイドでシンガポールの太陽を感じながら、食事も楽しめますよ。


photo by expedia

屋外プールのおすすめの時間帯は夜。プールがライトアップされ、ロマンチックな雰囲気に。23時まで営業しているので、1日の締めくくりにひと泳ぎしてみては?
※新型コロナウイルスの影響で営業時間に変更の可能性がございます。最新情報は公式サイトでご確認ください。

心ゆくまで癒やされるラッフルズスパ


photo by expedia

ラッフルズ宿泊客以外の人も多く訪れるラッフルズスパ。洗練されたスパに一歩足を踏み入れると、安らぎと癒やしを感じることができます。更衣室には、ヴァイタリティプールやサウナがあったり、男女別のラウンジルームがあったりと、ウェルネス施設も充実。施術前後もゆっくり過ごせるのもポイント。


photo by expedia

おすすめはラッフルズ オリジナルスパメニューの、ラッフルズ シグネチャー、120分で430ドル(約43,000円)です。天然石を使ったラッフルズシグネチャージェムストーンマッサージも、体の疲れを癒やすのにぴったり。90分で365ドル(約36,500円)でお値段は少しはりますが、普段のご褒美に極上の体験をしてみてはいかが?

ラッフルズホテルの歴史ツアー


photo by expedia

130年を超える歴史を誇る、ラッフルズシンガポール。その歴史を現代に伝える歴史ツアーは、ラッフルズシンガポールのイチオシのアクティビティです。ホテルの歴史のみならず、シンガポール島の植民地時代の歴史にも触れることもできます。ホテル専属の歴史家で最も長い勤続年数を誇るレスリー・ダンカーさんと一緒に、ラッフルズシンガポールとシンガポールの歴史を紐どいてみませんか?

ガーデンスペース パームコートへアクセス


photo by expedia

シンガポールの大都会の中で緑を感じることのできるオアシス。中庭にあるラッフルズ コートヤードでは、屋外のオープンな雰囲気の中で冷たいドリンクやカクテルを楽しむことができますよ。

最新トレーニングマシンでリフレッシュ


photo by expedia

6時から23時まで営業するフィットネスセンター。最新のランニングマシンやエアロバイクだけでなく、冷蔵庫で冷やされたお水や新聞、雑誌など細かいアメニティも完備されています。プールと兼用の更衣室も利用できます。
※新型コロナウイルスの影響で営業時間に変更の可能性がございます。最新情報は公式サイトでご確認ください。

ラッフルズホテルのお土産が買えるギフトショップ


photo by expedia

ホテル内にあるラッフルズブティックではホテルのロゴ入りのお土産やインテリアグッズが購入できます。旅の思い出にここでしか買えない、ラッフルズオリジナルグッズを購入してみては?

シンガポール名門のラッフルズホテルで優雅な時間を!

シンガポールを代表するラグジュアリーホテル、ラッフルズ シンガポール、いかがでしたか?ラッフルズ シンガポールには唯一無二の魅力がたくさんあります。ぜひ、極上の贅沢を味わってみてください。

ラッフルズ シンガポール(Raffles Singapore)の基本情報
住所:1 Beach Rd, シンガポール 189673
電話:+65-6337-1886
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
料金:1,138シンガポールドル(約112,021円)/1泊1室
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2022年8月26日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
※2022年8月26日のレート、1シンガポールドル=100円で計算
アクセス:チャンギ国際空港から車で約20分、MRTエスプラネード駅から徒歩約2分
公式サイト:https://www.raffles.jp/singapore/

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる