NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】リベリアの治安は?危険な場所や注意点を解説

リベリアへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のリベリアの治安情報をお届けします。首都モンロビアの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。西アフリカ諸国の中では比較的安定しているリベリアですが、油断は禁物。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)
海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳

リベリアへの旅行を検討中の皆さん、治安の状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のリベリアの治安情報をお届けします。首都モンロビアの安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。西アフリカ諸国の中では比較的安定しているリベリアですが、油断は禁物。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

Contents

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

リベリアの治安はいい?悪い?

photo by PIXTA

リベリアの治安は、西アフリカ諸国の中では比較的安定しています。2003年に内戦が終結して以降、治安は徐々に改善されてきました。しかし、一般犯罪の発生率は依然として高く、注意が必要です。

外務省の危険情報では、リベリア全土が「レベル1:十分注意してください。」に指定されています。周辺国ではイスラム過激派組織によるテロがひん発しているため、最新の治安情報は小まめにチェックしてください。

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

リベリアの夜の治安は?

U.S. Army Southern European Task Force, Africa

リベリアの夜間の治安は、日中に比べて悪化する傾向にあります。とくに、首都モンロビアでは、夜間の一人歩きはさけてください。人通りの少ない場所では、強盗や暴行などの犯罪に巻き込まれるリスクが高まります。

とくに、女性の一人歩きは危険です。夜間の移動には、信頼できるタクシー会社を利用し、流しのタクシーには乗らないようにしましょう。また、夜間のバス利用もトラブルに巻き込まれる可能性があるため、さけた方がいいかもしれません。

リベリアで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

photo by PIXTA

リベリアは西アフリカの中では比較的安定した国ではありますが、下記のように危険なエリアも存在します。

  • モンロビア市内のウェストポイント地区
  • ニンバ州とグランド・ゲデ州の国境地帯
  • グランド・ケープマウント州のボミ山周辺

危険な場所を事前に把握しておけば、安全にリベリアを楽しむことも難しくありません。治安の悪い地域についてそれぞれ、ご紹介していきます。旅行前にしっかりチェックして、トラブルにあわないよう注意しましょう!

モンロビア市内のウェストポイント地区

首都モンロビア市内のウェストポイント地区は、スラム街として知られ、治安が非常に悪いエリアです。窃盗や強盗、暴行などの犯罪が多発しています。警察の管轄力も弱く、犯罪者の温床となっています。旅行者は立ち入らないようにしましょう。やむをえず近づく場合は、現地ガイドや信頼できる人の同行が不可欠です。

ニンバ州とグランド・ゲデ州の国境地帯

リベリアの北東部に位置するニンバ州とグランド・ゲデ州は、コートジボワールとの国境地帯です。この地域では、国境を越えた武装勢力の移動や、密輸などの違法行為が行われています。治安当局の管轄力が弱く、犯罪に巻き込まれるリスクが高いエリアです。不要不急の立ち入りはさけるべきでしょう。

グランド・ケープマウント州のボミ山周辺

リベリア西部のグランド・ケープマウント州にあるボミ山周辺は、かつてダイヤモンドの違法採掘が行われていた地域です。現在でも、武装した採掘者が占拠しているため、旅行者が立ち入ると危険です。また、道路インフラが整っておらず、事件・事故に巻き込まれた際の救助も難しいエリアになります。旅行者は近づかないようにしましょう。

リベリアで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

photo by PIXTA

リベリアは内戦の影響で治安が悪化していましたが、最近は徐々に回復してきています。ただし、一般犯罪の発生率は現在も高く、旅行者が被害にあうリスクは残っています。とくに、下記のような犯罪は、観光客が被害にあいやすいので、注意が必要です。

  • スリやひったくり
  • 強盗
  • 詐欺やぼったくり

犯罪の種類や手口について詳しく解説するだけでなく、対策方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スリやひったくり

リベリアでは、スリやひったくりがひん発しています。とくに、首都モンロビアの市場や人ごみでは要注意です。貴重品は体の前で抱えるようにし、リュックサックの使用はさけましょう。ポケットに財布を入れたままにしていると、スリにねらわれやすいので気をつけてください。ひったくりは、オートバイに乗った犯人が多いです。歩道の車道寄りは、歩かないようにしましょう。

強盗

リベリアでは、武器を使用した強盗事件も発生しています。犯人は、銃器や刃物で脅し、金品を奪っていきます。人通りの少ない路地や夜間の一人歩きは、強盗のリスクが高まるのでさけてください。レストランやホテルでも、貴重品から目を離さないようにしましょう。強盗に遭遇したら、抵抗せずに金品を渡すことも防犯対策です。犯人を刺激するような行動は絶対にしないでください。

詐欺やぼったくり

リベリアでは、旅行者をねらった詐欺やぼったくりに注意が必要です。偽の警官を装って金品を要求したり、両替時に不当なレートを提示したりする手口が報告されています。見知らぬ人から声をかけられても、安易に信用しないようにしましょう。公的機関の職員を名乗る人物でも、身分証の提示を求めてください。

リベリア旅行での防犯対策

photo by PIXTA

リベリアでトラブルや犯罪に巻き込まれると、せっかくの旅行が台無しです。ここでは、リベリアで被害にあわないための防犯対策を3点、ご紹介します。

  • 現地の言葉を少し覚える
  • 旅行保険に加入する
  • 安全情報をこまめにチェック

事前にどのような対策ができるのか知っておくことで、安全で楽しい旅となるでしょう!

現地の言葉を少し覚える

リベリアの公用語は英語ですが、現地の人々とコミュニケーションを取る際は、簡単な現地語を覚えておくと役立ちます。現地の人に話しかける際に使ってみましょう。親しみを持ってもらえるかもしれません。

旅行保険に加入する

リベリア旅行では、盗難や病気、事故などのトラブルに備えて、海外旅行保険への加入が欠かせません。医療費をカバーしてくれる保険を選びましょう。また、保険会社の緊急連絡先を控えておくと、もしもの時にすぐに日本語で相談できます。

安全情報をこまめにチェック

リベリアの治安情勢は刻一刻と変化します。外務省の海外安全ホームページや、在ガーナ日本国大使館のウェブサイトなどで、最新の安全情報を入手するようにしましょう。現地の日本人コミュニティとも連絡を取り合い、情報交換するのもおすすめです。

もしリベリアで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

photo by PIXTA

リベリアでは犯罪に巻き込まれるリスクがゼロではありません。万が一、被害にあってしまった時のために、事前に緊急連絡先をチェックしておくことが大切です。警察への通報はもちろん、怪我をした場合は病院への連絡も必要になります。いざという時に慌てないよう、しっかり準備しておくことが安全な旅行の第一歩です!

緊急通報先

リベリアでの緊急通報先は、下記の通りです。

  • 警察:911
  • 救急:911
  • 消防:911

    ※「911」にかけてつながらない時は「077-080-0911」または「077-080-0990」へ通報してください。

緊急時はちゅうちょせずに、「911」に通報しましょう。つながらないことが多いため、根気よく電話をかけ続ける必要があります。リベリアの公用語は英語ですので、英語で状況を伝えられるようにしましょう。

また、軽犯罪など緊急ではない場合、最寄りの警察署に直接出向いて被害届を提出してください。その際は、パスポートを持参し、できるだけ詳しく事情を説明することが大切です。

在ガーナ日本国大使館(リベリアを兼轄)

  • 住所:Dr. Hideyo Noguchi Street, West Cantonments, P.O. Box GP1637 Accra, Ghana
  • 電話:+233(30)-2765-060
  • 緊急連絡先:+233(24)4328-173
  • メールアドレス:ryoji@ac.mofa.go.jp(領事部)
  • 開館時間:月~木8:30~18:00、金8:30~12:30(土日祝閉館)
  • 公式サイト:https://www.gh.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

リベリア旅行はリスクを正しく把握し安全に楽しんでください!

photo by PIXTA

西アフリカ諸国の中では比較的治安が安定しているリベリアですが、旅行者が犯罪に巻き込まれるリスクは依然として高いです。危険なエリアには立ち入らないなど、適切な防犯対策を講じることが大切です。また、最新の治安情報を入手し、状況の変化にも柔軟に対応してください。リスクを理解した上で十分な準備を行えば、リベリアの大自然や文化を安全に楽しむことができるはずです!

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。
※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる