NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ピサの斜塔を観光しよう!歴史や周辺スポット、上る際の注意点を解説

イタリアの人気観光スポット・ピサの斜塔。イタリア旅行に行った際は訪れたいと考えている方も多いでしょう。この記事では、そんなピサの斜塔の歴史やアクセスについて紹介していきます。ピサの斜塔について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

更新日:
NEWT編集部

イタリアの観光地として人気のピサの斜塔。傾いたまま建っている姿に驚いた方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなピサの斜塔の歴史やアクセスについて紹介していきます。ピサの斜塔について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

ピサの斜塔の基本情報


photo by pixabay

イタリアのトスカーナ州にあるドゥオーモ広場には世界遺産に登録された建物が複数あります。そのひとつが今回ご紹介するピサの斜塔。

ここでは、ピサの斜塔の歴史や内部構造について詳しく解説していきます。ピサの斜塔が建てられた経緯や倒れない理由について知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ピサの斜塔の歴史


photo by pixabay

ピサの斜塔は、199年もの長い年月をかけて建てられたピサの大聖堂ドゥオーモの鐘楼です。

1173年に着工し、1185年に3階部分まで建設が進みました。しかしこの頃から地盤の不安定により傾き始め、さまざまな理由により建設は一時中断されます。1272年に建設が再開され、傾きを補正しながら1319年に7階部分まで完成。1372年に鐘楼が取り付けられました。1990年~2001年には、傾きが顕著になってきたため、改めて構造強化の工事が行われました。

ピサの斜塔が世界遺産になった理由


photo by pixabay

ピサの斜塔は、1987年にドゥオーモ・洗礼堂・カンポサイトと共に世界遺産に登録されました。ピサの斜塔が世界遺産に登録された理由は、以下の3つだと言われています。

  • 建物のデザイン性の美しさ
  • 建築と芸術の歴史への影響力
  • 落下の法則の発見

ゴシック様式とロマネスク様式が融合したデザインのピサの斜塔は、その美しさで訪れた人を魅了し続けています。またドゥオーモ広場は、11世紀~13世紀にかけて新しい建築方法を確立させた地域であり、14世紀にはピサ大聖堂の説教壇を制作したジョヴァンニ・ピサーノの影響で、トレチェントと呼ばれる芸術の時代がはじまるという、建築と芸術の歴史に2度も影響を与えました。

そしてガリレオ・ガリレイが証明した「落下の法則」は、ピサの斜塔で実験が行われたと言われています。

ピサの斜塔の内部構造


photo by pixabay

ピサの斜塔は内部にらせん階段があります。全部で296段の階段があり、最上階まで上ることができます。大理石でできた階段は、長い年月をさまざまな人が上ったことにより擦り減ってしまっています。

ピサの斜塔は斜めに傾いているため、内部に入ると平衡感覚がなくなって、普段通りになかなか階段を上ることができません。しかし、階段を上りきればピサの街が一望できます。苦労して上ったかいのある絶景は、必見です!屋上付近の階段は狭く急なので気を付けてください。

ピサの斜塔はなぜ斜め?危なくない?


photo by pixabay

建てられている地盤が弱かったこと、土台部分にかかる力が一定でないことから一部の地面が沈み、ピサの斜塔は傾いてしまいました。その後工事は一時中断され、完成までに199年もの歳月がかかってしまったのです。

建設当初は100m以上の高さになる予定でしたが、傾き始めてしまった結果、半分ほどの高さで完成となりました。完成した後も傾き続けたため、1990年からも大規模な補強工事を開始。最新の技術で行われた工事では、傾きが建設当初と同じほどに改善されました。その結果、今後200年は倒壊することはないだろうと言われています。

危険なため立ち入りを禁止していた時期もありますが、現在は入場規制をしながら最上階まで上ることが可能です。

ピサの斜塔が倒れない理由


photo by pixabay

ピサの斜塔の傾斜は現在およそ4度。近くに建っている大聖堂と比較すると、だいぶ傾いているのがわかります。それほど傾いているのに、なぜピサの斜塔は倒れないのでしょうか。ピサの斜塔は、倒れないように以下の4つの対策がとられています。

  • 積み上げている石の厚みを変えた
  • 鐘の重さを変えた
  • 重しを置いた
  • ワイヤを張った

ピサの斜塔の最上階には7つの鐘があり、すべての重さを異なるものにすることで、バランスが取れるように配置されています。このバランスが崩れないよう、鐘が鳴らされることはありません。

また、南側に傾いているため北側に重しを置き、壁に使われている石の厚さも薄くなっています。

ピサの斜塔の内装や外観、見どころ


photo by pixabay

ピサの斜塔は傾きながらも建ち続けているという特徴から、写真スポットとしても人気です。遠近法を利用して、ピサの斜塔を人が支えている写真を目にしたことはありませんか?

また、世界遺産に登録された理由のひとつであるデザインの美しさも魅力です。ここからは、そんなピサの斜塔の外装や内装について詳しく解説していきます。

写真映えする白基調の外観


photo by pixabay

ピサの斜塔は白大理石で作られています。ゴシック様式とロマネスク様式を融合させたデザインは美しく圧巻。円柱に囲まれた6層の回廊が重なっており、一番上には鐘楼があります。建物の美しさはもちろん、傾いたまま建ち続ける珍しさから、写真スポットとしても人気です。

またピサの斜塔があるドゥオーモ広場には、青々と広がる芝生の上に大聖堂などの建物が建っており、その美しさから奇跡の広場とも呼ばれています。

空洞状の内部構造


photo by pixabay

ピサの斜塔は高さ55.86mの8階建て、直径約20mの円柱形になっており、内部は約4.5mの空洞になっています。内部はらせん階段になっており、頂上まで上ることが可能です。南側は下に傾いているため、スリル満点!

最上階には7つの鐘があり、それぞれ重さが違います。一番重いもので3トンを超えていますが、塔のバランスを保つために鳴らされることはありません。毎日定時に鐘の音が鳴りますが、それはスピーカーから流れているそうです。

傾きを直接感じる296段の階段


photo by pixabay

塔内には296段のらせん階段があります。この階段を上り切った先には、絶景が!しかしそこまでたどり着くにはひと苦労あります。

ピサの斜塔は傾いているため、重心が内部に向かっており、平衡感覚がおかしくなってしまうのです。また、内部は狭く上に行くにしたがってカーブが急になり、ステップも小さくなっていきます。屋上から見られるピサの街並みはとても美しいので、ぜひ頑張って上ってみてください。

ピサの斜塔を上った先には絶景が!


photo by pixabay

最上階まで上ると、ピサの街並みや奇跡の広場が一望できる絶景が楽しめます。苦労して上った甲斐がある、美しい景観に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

歩きやすいシューズで臨むのがおすすめ!


photo by pixabay

大理石でできた階段は、長い年月をかけて多くの人が上ったため、中央がすり減りツルツルと滑りやすくなっています。ヒールやサンダルは危ないため、履きなれたスニーカーやフラットシューズなど歩きやすい靴で上るのがおすすめです。

【知っておくと2倍楽しめる】ピサの斜塔の豆知識|ガリレオの斜塔実験


photo by pixabay

ガリレオ・ガリレイという名前を一度は聞いたことがありませんか?慣性の法則など、物理学的な法則を多数発見した有名な学者です。なかでも、カリレオの代名詞ともなっている落下の法則は、ピサの斜塔で実験が行われたといわれています。この実験でガリレオは物体の落下速度は種類や重さに関わらず一定であることを証明しました。

この話は有名ではありますが、実はガリレオの助手だったビンチェンツィオ・ビビアーニの創作話だともいわれています。実際に実験を行ったのはビビアーニの友人で、ビビアーニがガリレオが行ったと間違えて伝記に書いてしまったという説もあるそうです。

現在でもこの実験が実際に行われたか議論が続いていますが、ガリレオの斜塔実験のエピソードは広く親しまれています。

ピサの斜塔は予約が必要?見学方法や所要時間もご紹介


photo by pixabay

フィレンツェへ旅行に行くならぜひ訪れたいピサの斜塔ですが、傾いたまま建っているため、安全上中に入る人数を制限しています。ここでは、ピサの斜塔内部に入るための予約方法について紹介していきます。

ピサの斜塔へ入場する際は予約が必須


photo by pixabay

ピサの斜塔は内部が狭く傾いているため、一度に入る人数を制限しています。そのため、中に入るには、事前予約が必須!

予約していなくても空きがあれば当日券が購入可能ですが、当日にチケットを購入できても中に入るまでに時間がかかることもあります。そのため、確実に入場したい方や効率よく観光地を回りたい方は事前予約がおすすめです。

特に混雑が予想される7~9月のバカンスシーズンは、事前にオンライン予約を済ませておきましょう。

公式サイトからの予約


photo by pixabay

ピサの斜塔の公式サイトでは、最大20日前から事前予約が可能です。カード決済のため、現地での支払いは必要ありません。

公式サイトにアクセスし、メニューバーの「TICKETS」から「BUY」を選択しましょう。
予約日・チケット種類・予約時間・人数を入力すると確認画面になります。その後代表者の情報とクレジットカード情報を入力し、決済を完了させてください。

決済が完了するとチケットのダウンロード画面になるので、チケットを保存や印刷しておきましょう。当日は印刷したチケットを持ち、手続きを済ませて15分前にピサの斜塔入り口に並びます。

予約サイトは英語表記となっているため、よく確認しながら入力しましょうね。

オプショナルツアーの利用


photo by pixabay

予約の手間を省きたい方や英語の公式サイトで予約するのが不安な方は、海外旅行初心者の方はオプショナルツアーの利用がおすすめです。オプショナルツアーは、大手旅行会社のウェブサイトや窓口、現地でツアーを探して予約することができます。

ピサの斜塔に入場できるツアーもありますし、日本語ガイド付きで解説を聞きながら楽しめます。料金は割高になりますが、限られた時間で効率よく観光スポットを巡ることができますよ!

ピサの斜塔を見学する上で必要な時間


photo by pixabay

ピサの斜塔は基本的にらせん階段を上って頂上からの景色を楽しみ、地上に降りていくだけですので、所要時間は45分ほどあれば充分です。

ドゥオーモ広場にはピサの斜塔以外にも大聖堂や洗礼堂など見どころ満載。それらも一緒に観光する場合は、1時間〜2時間半ほどかかるでしょう。

フィレンツェ旅行に半日くわえてピサを満喫できるので、送迎が付いたオプショナルツアーも多数存在します。効率よくイタリア旅行を楽しみたい方は、ぜひ利用してみましょう。

ピサの斜塔へのアクセス


photo by unsplash

ピサの斜塔の最寄り駅は「ピサ中央駅」です。そこからラムロッサ路線のバスに乗り「トッレ」で降車し、ピサの斜塔へ向かうのが一般的な行き方です。ピサ中央駅からトッレまでは約10分ほど。バス停からドゥオーモ広場までは歩いて5分ほどです。

駅からドゥオーモ広場までは歩いて25分ほどかかりますが、途中でアルノ川などが見られるため、お散歩がてら歩いて行くのもおすすめ!

このほか、ピサ空港からピサの斜塔まで直行する路線バスも出ています。

フィレンツェから行く場合


photo by pixabay

フィレンツェからピサの斜塔まではおよそ85キロメートルです。車なら1時間15分ほど、列車なら1時間弱で到着するので、日帰り観光も可能です。

列車で行く場合は、フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅から、リヴォルノまたはピサ方面行きの快速電車に乗りましょう。ただし、特急と高速鉄道はピサ中央駅に停車しないので注意してください。便数は多めなので気軽に利用できます。

ローマから行く場合


photo by pixabay

ローマのローマ・テルミニ駅から高速列車のフレッチャビアンカに乗り、ピサ中央駅に向かいます。乗車時間は約2時間半で、乗車料金は片道1,250円ほどです。

飛行機を使うなら、ローマのフィウミチーノ空港からピサ空港まで直行便が出ているのでそちらを利用しましょう。所要時間は1時間弱、最短ルートの料金で12,000円ほどかかります。

ローマから、フィレンツェを経由しつつピサの斜塔も日帰りで行くことが可能です。私鉄のイタロに乗ってフィレンツェで途中下車し、観光してからピサの斜塔へ向かう方もいます。

ミラノから行く場合


photo by pixabay

ミラノ中央駅からピサ中央駅まで、 フレッチャビアンカを利用すれば約4時間で到着します。料金は4,580円ほどです。または、ミラノ中央駅からフィレンツェ中央駅まで準急列車のフレッチャロッサで行き、鈍行列車のレジョナーレに乗り換えて向かうルートもあります。

ミラノからピサまで飛行機の直行便はなく、ローマなどを経由するの必要があります。その場合、最短で3時間半ほどで到着し、40,000円ほどかかります。

ミラノからピサへ日帰りするのは難しいため、フィレンツェやピサに滞在するのがおすすめです。

ピサの斜塔に上る場合の注意点


photo by pixabay
※画像はイメージです

ここからはピサの斜塔に上る際の注意点をいくつか紹介していきます。現地に行って中に入れなかった、予想外のことが起きてしまった、なんてことが起こらないように事前に確認しておきましょう。

ピサの斜塔の公式サイトにもQ&Aがあるのでそちらもチェックしてみてください。注意事項を事前にチェックしておけば、当日の荷物や服装・スケジュールが考えられますよ。イタリアの中でも人気観光スポットであるピサの斜塔を気持ちよく楽しむために、ぜひ参考にしてみてください。

入場前に荷物を預ける


photo by pixabay
※画像はイメージです

塔の内部は大変狭いため、持ち込める荷物にも制限があります。ビデオやカメラ・身につけられる貴重品以外の荷物は持ち込めません。

チケット売場横かオレンジ色の建物にロッカーがあるので、そちらで事前に荷物を預けておきましょう。ただし、これらのロッカーは混み合う可能性があるため、ピサ中央駅の荷物預かり所を利用するのもおすすめです。

繁忙期に行くなら事前予約を早めに完了する


photo by pixabay

前述の通り、ピサの斜塔は入場規制されているため、着いてさえしまえば行列ができるということはありませんし、塔内がごったがえすこともありません。

ただし、繁忙期になるとそもそも満席で予約できないということもよく起こります。公式サイトからは20日前から事前予約ができるので、繁忙期にピサの斜塔を訪れる際は、なるべく早めに予約しておくのがおすすめです。また、公式サイトの予約状況をチェックすれば、その日の混雑状況も確認できますよ。

8才未満の子どもは入場できない


photo by pixabay

ピサの斜塔は8歳未満のお子様は入場ができません。また、8才~12才は手をつないで、18才以下は大人と同行が必須となっています。小さなお子さま連れで、ピサの斜塔観光を予定している方は気を付けてください。

予約日時に遅れると入場できない

チケットに記載された日時に遅れると入場できません。返金もできないので、早めの行動をおすすめします。

ピサの斜塔を楽しく観光しよう!


photo by pixabay

イタリアの人気観光スポット・ピサの斜塔について紹介してきました。ピサの斜塔は建設途中に傾き始め、一時は中断されましたが、約199年もの歳月をかけて完成されました。その後補強工事も入り、現在は塔内部を上ることができます。

らせん階段を上った先に待っているのは、ピサの街を一望できる絶景スポット!階段は狭く滑りやすいので履き慣れた靴で訪れるのがおすすめです。周辺にある美しい建造物と共に、ピサの斜塔を楽しみましょう。

ピサの斜塔(the Leaning Tower of Pisa)の基本情報
住所: Piazza del Duomo, 56126 Pisa PI, イタリア
電話:+39-050-835011
営業時間:9時~20時(夏期)、9時~20時(春秋期)、9時~17時(冬期)
休業日:特になし
アクセス:ピサ中央駅から徒歩約20分、フィレンツェから車で約75分
料金:18ユーロ(約2,592円)
※2022年10月14日のレート、1ユーロ=144円で計算
公式サイト:https://www.opapisa.it/en

cover photo by unsplash

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる