NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスへのアクセス!最安・最速の行き方を紹介

瀬長島ウミカジテラスは、那覇空港から車で約10分の場所にある海上道路でつながるアイランドリゾート。日本のアマルフィとも呼ばれるほどのおしゃれな外観が特徴で、さまざまな商業施設がそろっています。 本記事では、那覇空港から瀬長島ウミカジテラスに行く方法をご紹介。路線バスやエアポートリムジン、タクシーなどさまざまな方法があるので、ご自身の旅行プランに合った移動手段を選んでくださいね。

ライター
とむにい

瀬長島ウミカジテラスは、那覇空港から車で約10分の場所にある海上道路でつながるアイランドリゾート。日本のアマルフィとも呼ばれるほどのおしゃれな外観が特徴で、さまざまな商業施設がそろっています。

本記事では、那覇空港から瀬長島ウミカジテラスに行く方法をご紹介。路線バスやエアポートリムジン、タクシーなどさまざまな方法があるので、ご自身の旅行プランに合った移動手段を選んでくださいね。

Contents

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスに行く方法は?距離は?

photo by とむにい

瀬長島ウミカジテラスは、豊見城市にある島。那覇空港から約5キロメートルとほど近く、滑走路の対岸に位置しています。空港からは車で約15分でアクセスできるので、沖縄に到着後、観光前に食事をしたいときや、帰りのフライト前に少し時間があまったときなど、気軽に立ち寄れるのが魅力です。

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでの最速・最安の行き方は?

時間

料金

おすすめな人&特徴

路線バス

約20分

1人250円(子ども 130円、0歳は無料、1歳以上6歳未満の小児は旅客1人につき1人は無料)

料金が安い、本数が多い、最安で移動したい人

エアポートリムジン

約15分

1人250円(子ども 130円)

大きな荷物を積める、座席を確保できる、最安で移動したい人

タクシー

約15分

約1,300円~

24時間営業、待ち時間なし、スムーズに移動したい人

レンタカー

約15分

約3,000円~

プライベート空間、複数の観光スポットに行きたい人、荷物が多い人、ガソリン代などが別途かかる

ツアー

ツアーによって変わります

約5,000円~

効率よく楽しみたい人、食事や宿泊の手配を省きたい人

移動時間はそこまで変わりませんが、移動手段によって料金や利用できる時間帯などが異なります。それぞれの移動手段について詳しく解説するので、ご自身の予算や旅行の計画に合った行き方を選んでくださいね。

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまで路線バスでアクセス!

photo by とむにい

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでは、通称ウミカジライナーと呼ばれる路線バスでアクセスできます。

約20分でアクセスでき、1番おすすめ

photo by pixabay ※画像はイメージです

渋滞状況にもよりますが、那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまではバスで約20分で移動できます。8時半頃から21時半頃まで1日20本以上運行しているので、柔軟に移動の計画を立てられますよ。詳しい時間はこちらの公式サイトでご確認ください。

瀬長島ウミカジテラスまでの金額は片道250円

photo by pixabay

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでの路線バスの料金は、片道250円です。0歳は無料、1歳以上6歳未満の子どもは、大人1人につき1人無料で乗車することができます。

支払い方法は、現金もしくはクレジットカードのタッチ決済です。交通系ICカードは利用できないので注意しましょう。

路線バスは、国内線到着ロビーの4番出口を出て左に約50メートル歩いたところにある、1番のバス乗り場から運行しています。8時半から21時半まで、1時間に約2本の間隔で運行しているので、那覇空港到着後、余裕をもって利用できます。

photo by とむにい

到着地は、瀬長島ウミカジテラスの頂上に位置する琉球温泉 瀬長島ホテル前です。島内の店舗にアクセスする場合は、ホテル前の坂道を下るように進んでくださいね。ショップの案内が記載されている看板の方向に進むと、1番近い店舗に到着します。

瀬長島ウミカジテラスから那覇空港へアクセスする場合も、瀬長島ホテル前から出発する路線バスを利用できます。那覇空港からのアクセスと同様、1日20本以上のバスが運行しているので便利です。

那覇空港から路線バスで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 金額が安い
  • 運行本数が多い
  • 所要時間が短い

デメリット

  • 渋滞に巻き込まれる可能性がある
  • 大きな荷物を運ぶのが難しい場合がある

路線バスは、最安で瀬長島ウミカジテラスへ行きたい人におすすめ!

photo by とむにい

路線バスの魅力は料金の安さ!移動の費用をおさえたい方におすすめです。所要時間は約20分と短く、バスの運行本数も多いので、効率的に計画が立てられるのもうれしいポイントですよ。

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでエアポートリムジンでアクセス!

photo by Unsplash ※画像はイメージです

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでは、2023年7月に運行が開始されたエアポートリムジンバスでアクセスすることも可能です。那覇空港と琉球温泉 瀬長島ホテルを結ぶリムジンバスで、土日祝日、1日7便のみ運行しています。

那覇空港から約20分でアクセスできる!

photo by Unsplash ※画像はイメージです

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでは、エアポートリムジンバスで約20分で移動できます。トランクに荷物を積めるので、大きな荷物を持っての移動も安心です。後方座席は屋根が開閉するオープントップの仕様になっていて、沖縄ならではの景色を楽しむことができますよ。

瀬長島ウミカジテラスまでの金額は片道250円

photo by pixabay

エアポートリムジンバスの料金も、片道250円です。支払い方法は、路線バスと同じく現金もしくはクレジットカードのタッチ決済を利用できます。

乗り場も路線バスと同様、国内線到着ロビーの4番出口を出て左方面に歩いたところの、1番のバス乗り場から出発します。座席を確保できたり、大きな荷物を積むことができたりと便利ですが、定員は41名まで、乗車は先着順となっているので注意しましょう。

2024年3月現在、土日祝日の10:40、11:40、13:10、14:10、15:10、16:40、18:00の合計7本が運行しています。詳しい時間はこちらの公式サイトをご確認ください。

photo by とむにい

到着地は路線バスの到着地と同様、琉球温泉 瀬長島ホテル前です。瀬長島ウミカジテラスから那覇空港へ向かうエアポートリムジンバスも、瀬長島ホテル前から出発し、那覇空港の3階チェックインロビーフロアに到着します。2024年3月現在の運行時間は、土日祝日の10:10、11:10、12:40、13:40、14:40、16:10、17:15です。

エアポートリムジンバスで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 空港から直行できる
  • 大きな荷物を積める
  • 座席を確保できる

デメリット

  • 便数が少ない
  • 渋滞に巻き込まれる場合がある
  • 定員が限られている

エアポートリムジンは、コスパよく快適に行きたい人におすすめ!

photo by とむにい

エアポートリムジンバスは、大きな荷物を運べたり、座席を確保できたりするうえに、路線バスと同じ料金で利用できるコスパの高い移動手段です!

ただし、便数が少なく定員が限られているので、利用したい場合は早めにバス停に並んでおきましょう。オープントップの座席で、沖縄の景色を楽しめるのも魅力のひとつです。

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでタクシーでアクセス!

photo by pixabay ※画像はイメージです

荷物が多い人や、早朝・深夜便などで到着する場合は、タクシーでの移動がおすすめ!那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまで、タクシーでアクセスする方法をご紹介します。

所要時間は約15分!

photo by Unsplash

渋滞状況にもよりますが、那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまではタクシーで約15分でアクセスできます。空港から目的地まで直接行くことができるので、大きな荷物があっても快適に移動できますよ。

瀬長島ウミカジテラスまでの金額は片道約1,300円

photo by pixabay

那覇空港には、国内線到着ロビーを出てすぐのところにタクシー乗り場があります。乗り場は、那覇市周辺や南部の地域へ行く中・近距離タクシーと、北部方面に向かう遠距離タクシーの2つに分かれています。

瀬長島ウミカジテラスへは、中・近距離タクシーを利用しましょう。料金は道路の混雑状況によっても異なりますが、約1,300円程度です。ファミリーなど複数人で利用すれば、路線バスの料金とあまり変わりません。24時間営業で、早朝・深夜便で到着する場合も利用できるのがうれしいポイントです。

配車アプリを活用するのもおすすめ!

photo by Unsplash ※画像はイメージです

GOやDiDiなどの配車アプリを利用するのもおすすめ!事前に目的地と乗車場所を設定するので、自分のいる場所まで迎えにきてもらえますよ。

空港からの移動だけでなく、沖縄旅行中の移動にも便利です。那覇空港のタクシー乗り場では、待ち時間が発生することも少なくないので、配車アプリを上手に活用して、時間を節約してみてくださいね。

那覇空港からタクシーで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 空港から目的地まで直接アクセスできる
  • 大きい荷物を運べる
  • 24時間利用できる

デメリット

  • 料金が高い
  • 待ち時間が発生する場合がある
  • 渋滞に巻き込まることがある

タクシーは、短い時間で移動したい人におすすめ!

photo by Unsplash

タクシーでの移動は、短い時間で移動したい人におすすめ。バスと比較すると料金は高いですが、待ち時間やバス停から目的地までの移動時間を節約できますよ。荷物をスムーズに運べるのも、うれしいポイントです。

レンタカーの場合

photo by pixabay ※画像はイメージです

沖縄旅行中の移動手段として人気なレンタカー。那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまでは、タクシー同様約15分でアクセスできますが、レンタカーを借りる手続きなどがあるため、かえって手間と時間がかかる場合もあります。

料金やレンタカーのメリット・デメリットなどを解説するので、ご自身の旅行プランに合うかどうか、参考にしてみてください。

レンタカーを利用する場合の料金は?

photo by とむにい

レンタカーの料金は、レンタカー会社や車種によっても異なります。1日あたり約3,000円から10,000円以上までと幅広いので、各社のウェブサイトや比較サイトなどで事前に確認しておきましょう。

返却時には、ガソリンを満タンにすることを条件とするレンタカー会社が多いので、トータルの料金は変動があることに注意してくださいね。1日あたりの料金設定で、利用する人数が多くなるほどおトクになるので、ファミリーや複数人での旅行におすすめです。

利用時は、予約したレンタカー会社の店舗にて手続きを行うのが一般的です。店舗までの送迎サービスを行っている会社も多く、国内線到着ロビーの外にレンタカー送迎バスのりばがあります。

自由度高く移動できるレンタカーですが、瀬長島ウミカジテラスへ行く場合、バスやタクシーを使えば約15~20分でアクセスできることを考えると、手続きなどで時間や手間がかかるというデメリットも。

旅行プランに合わせて、必要かどうかを検討してくださいね。

那覇空港からレンタカーで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 自由度が高い
  • 複数人で利用すると割安
  • プライベート空間が確保される

デメリット

  • 渋滞に巻き込まれる場合がある
  • 車種によっては料金が高い
  • ガソリン代などが追加でかかる場合も
  • 手続きに手間や時間がかかる

レンタカーは、複数の観光スポットを訪れたい人におすすめ!

photo by pixabay ※画像はイメージです

レンタカーでの移動は、瀬長島ウミカジテラスのほかにも、複数の観光スポットを巡りたい方におすすめ!プライベート空間で、自由度高く行動できるのがうれしいポイントです。ただし、ハイシーズンには予約が難しくなることや、手続きなどの手間がかかることなども考慮したうえで、検討するようにしましょう。

ツアーを活用する方法も!

photo by とむにい

那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまで、ツアーに参加して移動する方法もあります。瀬長島ウミカジテラスをはじめとする、複数の観光スポットを巡るツアーや、宿泊、食事などがセットになったツアーなど、内容はツアーによって異なります。

料金は内容はツアーによって異なる

photo by とむにい

料金はツアーによって異なります。瀬長島ウミカジテラスを含む、沖縄南部を巡るツアーや、食事や航空券が含まれたツアーなど、内容もさまざまです。瀬長島ウミカジテラスにある唯一のホテル、琉球温泉瀬長島ホテルへの宿泊がセットになったツアーもありますよ。

複数の観光スポットを巡るシンプルなツアーは、約5,000円程度から参加できます。旅行のプランに合わせて上手に活用してみてくださいね。

那覇空港からツアーで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 効率よくさまざまな観光スポットを巡れる
  • 航空券や宿泊の手配を省ける

デメリット

  • 自由に行動できる時間が少ない
  • 希望しない観光スポットが含まれている場合がある

効率よく旅行を楽しみたい人におすすめ!

photo by とむにい

ツアーは、効率よく旅行を楽しみたい方におすすめ!上手に活用することで、複数の観光スポットを訪れたり、宿泊や食事の手配を省けたりと、限られた時間のなかでも楽しむことができますよ。

目的に合わせて那覇空港から瀬長島ウミカジテラスに行こう!

photo by とむにい

本記事では、那覇空港から瀬長島ウミカジテラスまで、路線バス、エアポートリムジンバス、タクシー、レンタカー、ツアーの5つの行き方について紹介しました。

それぞれメリットやデメリットはありますが、1番おすすめの移動手段は路線バス。金額が安いだけでなく便数が多いので、それぞれのスケジュールに合わせて移動できるのがうれしいポイントです。

土日祝日であれば、エアポートリムジンバスが便利!大きな荷物を積んだり、座席を確保したりできるうえに、料金も安くコスパの良い移動手段です。

ご自身のペースでスムーズに移動したいのであれば、タクシー。瀬長島ウミカジテラス以外の観光スポットも巡るのであれば、レンタカーの利用を検討してみるのもおすすめです。

限られた時間のなかで効率よく観光したい方は、ツアーを利用するのも良いでしょう。食事や宿泊がセットになった、おトクなプランを探してみるのも楽しいですよ。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、瀬長島ウミカジテラスまでの移動を快適に楽しんでくださいね。

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる