NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】長崎・佐世保のおすすめ観光スポット15選!定番から穴場まで

長崎・佐世保には、ハウステンボスや九十九島などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、長崎・佐世保旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から15選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで厳選したので、佐世保旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

長崎・佐世保には、ハウステンボスや九十九島などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、長崎・佐世保旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から15選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、話題の人気スポットまで厳選したので、佐世保旅行の参考にしてくださいね!

Contents

佐世保には人気の観光スポットがいっぱい!

photo by Unsplash

長崎県の北部にある佐世保市は国内でも有名なハウステンボスがあるだけでなく、かつては旧海軍の軍港がある都市としても栄えた人気の観光スポット。九十九島をはじめとした雄大な自然が多く残されており、観光やグルメ、ショッピングなど充実した時間が過ごせます。

観光名所が比較的コンパクトにまとまっているので、1日でいろいろ巡ることができるのも魅力です。

今回はそんな佐世保に来たら、ぜひ訪れてほしいスポットを定番から穴場までピックアップしてみました。ぜひ旅の参考にしてみてくださいね。

佐世保で絶対行きたいおすすめ観光地15選

佐世保旅行に来たら、ここには絶対に行っておきたいというおすすめの観光スポットをピックアップ!自然を身近に感じられる九十九島パールシーリゾートをはじめ、オランダの街並みを再現したハウステンボスなど、見どころがたくさんありますよ。

ハウステンボス

まるで異世界!年中楽しめる見どころが盛りだくさん

photo by pixabay

ハウステンボスは長崎・佐世保を代表するテーマパークで、オランダの街並みが再現されているのが特徴。なかに入るとまるで異世界に来たようでワクワクしてきます。

春は色とりどりの美しいチューリップ、夏はプールや満開のひまわり、秋はハロウィーンイベントや秋バラ、冬は豪華なイルミネーションなど、年中楽しめる見どころがもりだくさんです。日によっては花火が見られることも!

ハウステンボスは街並みを楽しめるだけでなく、3階建てのメリーゴーランド・スカイカルーセルや子ども向けの遊具がそろったキッズフォレストといった、アトラクションや施設もたくさん!

なかでもドムトールンは、ハウステンボスを代表するシンボルタワー。地上80メートルの高さからハウステンボス全体を見渡せ、夜のライトアップの景色も幻想的でおすすめですよ。

カップルや友人だけでなく、家族でもイベントやグルメを楽しめるレジャースポットなのでぜひ足を運んでみてくださいね。

ハウステンボスの基本情報

住所

長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

電話

0570-064-110(ハウステンボス総合案内)

営業時間

9:00~22:00(最終入館は1時間前)※曜日・季節施設によって異なるため要確認

休業日

なし

アクセス

JRハウステンボス駅から徒歩約5分、ハウステンボスバス停から徒歩約1分、マリンターミナルから徒歩すぐ

料金

1DAYパスポート 大人(18歳~64歳) 7,400円、中学・高校生 6,400円、小学生 4,800円、4歳~小学生未満 3,700円、3歳以下 無料、シニア(65歳以上)5,400円

公式サイト

https://www.huistenbosch.co.jp/

九十九島パールシーリゾート

海、島、グルメ!さまざまな楽しみ方ができる海の大型リゾート

photo by Unsplash

九十九島パールシーリゾートは、佐世保南部にある九十九島にまつわるテーマパークです。九十九島(くじゅうくしま)とは、佐世保湾の外側から平戸までの約25キロメートルにおよぶ海域のことで、複雑なリアス式海岸と美しい島々からなる景観が評判の名勝地です。島の密度は日本一で、その数は208もあるのだそう!

九十九島パールシーリゾートは、九十九島をめぐる遊覧船や九十九島水族館海きらら、そのほかレストランやショップからなり、九十九島動植物園森きららへも車で5分ほどでアクセス可能です。

遊覧船で九十九島をクルージングしたあとは、パールシーリゾート内のレストランで佐世保名物のレモンステーキや佐世保バーガーを食べ、水族館海きららでゆっくり魚を観てまわる、という過ごし方がおすすめ!遊覧船のチケットは事前に購入して、観光を楽しんでくださいね。

九十九島パールシーリゾートの基本情報

住所

長崎県佐世保市鹿子前町1008

電話

0956-28-4187

営業時間

施設により異なるため要確認

休業日

施設により異なるため要確認

アクセス

JR佐世保駅から快速バスで約18分・路線バスで約25分、パールシーリゾート・九十九島水族館バス停から徒歩すぐ、佐世保中央インターから車で約22分

料金

無料

公式サイト

https://www.pearlsea.jp/

九十九島遊覧船

見た目も豪華な遊覧船で九十九島の絶景を堪能

九十九島 Kujuku Islands by Kanesue is licensed under CC BY 2.0

九十九島をめぐる九十九島遊覧船は、パールクィーンとみらいの2隻があります。九十九島遊覧船パールクィーンは海に映える白と木が基調のラグジュアリーなデザイン。一方で九十九島海賊遊覧船みらいはその名の通り、海賊船のような遊び心あるデザインが特徴です。

航路は天候によって変更することがありますが、九十九島を彩るさまざまな島を見ながらゆっくり進んでいきます。島が真っ二つに割れたような割島や、深い入り江が特徴で九十九島南部の景観を代表する松浦島などが見どころです。場所によって景色が変わるので、ぜひさまざまな角度から島々を眺めてくださいね。

※九十九島海賊遊覧船みらいは2024年2月現在、当面の間運休中です。詳しくは公式HPをご確認ください。

九十九島遊覧船の基本情報

住所

長崎県佐世保市鹿子前町1008

電話

0956-28-1999

営業時間

【パールクィーン出航時刻】10:00、11:00、13:00、14:00、15:00 ※日によって異なるため要確認

休業日

なし ※要確認

アクセス

JR佐世保駅から快速バスで約18分・路線バスで約25分、パールシーリゾート・九十九島水族館バス停から徒歩すぐ、佐世保中央インターから車で約22分

料金

【パールクィーン乗船料】大人 1,800円、子ども(4歳~中学生)  900円、子ども(3歳以下)   無料

公式サイト

https://www.99cruising.jp/

九十九島水族館海きらら

九十九島にまつわる生き物に出会える人気水族館!真珠の玉出し体験も

©SASEBO 写真提供:(一社)長崎県観光連盟

九十九島水族館海きららは九十九島にまつわる生き物を展示している水族館。館内では、九十九島に生息している海の生き物のうち、カブトガニやイルカ、クラゲなどを含む約370種・約16,000個体に会えます。とくに、クラゲのなかでもワタゲクラゲは世界ではじめて確認された新種なのだとか!

さらに館内では人気のイルカのほか、まるでミラーボールのように揺らめくマイワシの群れ、ゆったり泳ぐウシエイなどが観られます。

さらに体験プログラムで人気になっているのが、真珠の玉出し体験(有料)!アコヤ貝から真珠を取り出すという珍しい体験ができるもので、真珠によって形や色が違って面白いので、九十九島観光の思い出作りにぜひチャレンジしてみてくださいね。

九十九島水族館海きららの基本情報

住所

長崎県佐世保市鹿子前町1008

電話

0956-28-4187

営業時間

3月~10月 9:00〜18:00(最終入館 17:30)、11月~2月 9:00〜17:00(最終入館 16:30)

休業日

なし

アクセス

JR佐世保駅から快速バスで約18分、バスで約25分、パールシーリゾート・九十九島水族館バス停から徒歩すぐ、佐世保中央インターから車で約22分 

料金

【入館料】大人 1,470円、子ども(4歳~中学生)  730円、3歳以下 無料 【真珠の玉出し体験】1,000円

公式サイト

https://www.umikirara.jp/

船越展望所

九十九島が眼前にせまる絶景スポット!

© (一社)長崎県観光連盟

九十九島の絶景が見られる展望台はいくつかありますが、船越展望所はそのなかでも島に一番近い場所として人気のスポットです。海抜60メートルほどと低い場所にあるのが特徴で、九十九島を眼前に見たいなら船越展望所がぴったり!

晴れの日だと遠くの島まで見えますが、曇りや雨の日は、まるで水墨画のような景色が見られるので、天候に左右されず景色を楽しめるスポットですよ。九十九島パールシーリゾートに行く途中に立ち寄ってみてくださいね。

船越展望所の基本情報

住所

長崎県佐世保市船越町147

電話

0956-22-6630(佐世保観光情報センター)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

佐世保インターから車で約18分、動植物園前バス停から徒歩約10分

料金

無料

公式サイト

https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/61464

展海峰

九十九島の絶景パノラマを楽しめる!

photo by Unsplash

佐世保市内の展望台のなかでも、一番人気となっている展海峰。九十九島の大パノラマや佐世保港周辺の景色も一度に楽しめるのは展海峰だけなので、九十九島観光に来たらぜひ行っておきたい場所の1つです。

展海峰では九十九島の絶景に加え、すぐ近くの園地で、3月下旬から4月上旬は菜の花、10月中旬から下旬は約15万本ものコスモスも見られます。気になる方は、時期をあわせて足を運んでみてくださいね。

展海峰の基本情報

住所

長崎県佐世保市下船越町399

電話

0956-22-6630(佐世保観光情報センター)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

佐世保インターから車で約20分、JR佐世保駅からバスで約40分

料金

無料

公式サイト

https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/274

石岳展望台

映画『ラストサムライ』にも出てきた名観光スポット!

photo by Unsplash

最寄りの動植物園前バス停から徒歩約15分と少々歩きますが、九十九島の日没の景色を見たいなら石岳展望台がマスト!標高約191メートルの高さから九十九島の絶景を堪能できます。360度の展望ができるのも石岳展望台の特徴で、かつて映画『ラストサムライ』のロケ地にも使われた場所です。

日中の景色ももちろん綺麗ですが、夕陽が沈んで行く様子も幻想的なのでぜひ一度足を運んでみてくださいね。

石岳展望台の基本情報

住所

長崎県佐世保市船越町2277

電話

0956-22-6630(佐世保観光情報センター)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

JR佐世保駅から車で約15分、動植物園前バス停から徒歩約15分

料金

無料

公式サイト

https://www.sasebo99.com/spot/273

佐世保港

かつて軍港や商港として栄えた独特の景観が魅力

photo by NEWTスタッフ

佐世保港はかつて軍港として栄え、現在でも一部はアメリカ海軍と海上自衛隊が使用している国内でも珍しい港。佐世保港は三浦岸壁と浦頭岸壁の2つの港がありますが、観光メインなら三浦岸壁がおすすめ。

佐世保港は商港としての顔もあり、近くのさせぼ五番街ではショッピングやグルメも楽しめます。写真のようなSASEBOやLOVEといったかわいいモニュメントもあるので写真スポットにもぴったり!

また佐世保港は、島しょ部を除いた日本本土にある港のなかでは最西端に位置するので、外国のクルーズ船が多く寄港する場所としても有名。船好きにとってはうれしいスポットでしょう。

佐世保港の基本情報

住所

【三浦地区(三浦岸壁・新みなと岸壁)】長崎県佐世保市干尽町1-42【浦頭地区(浦頭岸壁)】長崎県佐世保市針尾北町

電話

0956-24-1111(佐世保市観光商工部 観光課)

営業時間

※要確認

休業日

※要確認

アクセス

【三浦岸壁】JR佐世保駅から徒歩約5分 【新みなと岸壁】JR佐世保駅から徒歩約1分【浦頭岸壁】JR佐世保駅から車で約20分、ハウステンボスから車で約10分

料金

無料

公式サイト

https://sasebokankou.n-cruisenavi.com/

長崎鼻

海と自然をたっぷり感じられるサイクリングスポット!

© (一社)長崎県観光連盟

長崎鼻は五島列島最北端に位置する宇久島にあり、多くの自然が残る人気観光スポット。佐世保港からフェリーや高速船に乗って、宇久島の宇久平港へ渡ったのち車で約15分ほどで着くことができます。

長崎鼻は宇久島の平地区と呼ばれる東のエリアにあり、海岸線の道路をたどっていくと遠くに長崎鼻灯台が見えてきます。真っ青な海に真っ白な灯台が映えて、写真撮影にぴったり!

長崎鼻周辺はサイクリングに適したシーサイドロードがあるので、宇久平港で自転車をレンタルして行くのもおすすめです。また近くには長崎鼻遺跡もあり、広大な自然と牛たちが出迎えてくれますよ。

佐世保港から宇久島へのフェリーや高速船は、時期にもよりますが1日に2、3本程度の運航なので時間には余裕を持って移動してくださいね。

長崎鼻の基本情報

住所

長崎県佐世保市宇久町

電話

0959-57-3935(宇久島観光協会)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

宇久平港から車で約15分

料金

無料

公式サイト

https://www.ukujima.com/

弓張岳展望台

佐世保を代表する定番夜景スポット!

© (一社)長崎県観光連盟

弓張岳展望台は、佐世保の人に愛される人気の定番観光スポット。標高約364メートルの弓張岳山頂に位置しており、佐世保市内や佐世保港周辺はもちろん、五島灘、九十九島までを見渡せる、絶景スポットとしても知られています。

とくに夜景がおすすめで、日本夜景遺産にも登録されています。オレンジに輝く海軍基地や造船所、市街の街灯りは全国的にも珍しい眺めだそう!弓張岳展望台からでしか見られない景色をぜひ楽しんでくださいね。

弓張岳展望台の基本情報

住所

長崎県佐世保市小野町

電話

0956-22-6630(佐世保観光情報センター)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

JR佐世保駅からバスで約25分

料金

無料

公式サイト

https://www.sasebo99.com/spot/265

長崎県立西海橋公園

うず潮が見られる県民憩いの場

©SASEBO 写真提供:(一社)長崎県観光連盟

長崎県立西海橋公園は、針尾瀬戸をまたぐ二つの西海橋と、その橋のたもとである佐世保市と西海市の両方を敷地に含んでいる公園です。敷地面積は36.8ヘクタールあり、うず潮を見たり、アスレチックで遊んだり、桜を見たりとさまざまな楽しみ方ができます。

とくにうず潮が名物で、公式サイトに各月の見頃を紹介しているので気になる人は参考にして訪れると良いでしょう。新西海橋遊歩道内の中央スペースの床にガラス窓があり、そこからもうず潮が見られるのでぜひ行ってみてくださいね。

長崎県立西海橋公園の基本情報

住所

長崎県佐世保市針尾東町2678

電話

0956-58-2004

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

JR佐世保駅からバスで約50分

料金

無料

公式サイト

https://saikaibashi.com/

ハンバーガーショップ ヒカリ

出来立てがうれしい!名物・佐世保バーガーを食べるならココ!

photo by NEWTスタッフ

ハンバーガーショップ ヒカリは、佐世保バーガーを提供している佐世保を代表する老舗ショップ。注文してから作ってくれるので、できたてアツアツを食べられることでも人気で、手作りならではの優しい味を楽しめますよ。ほかの佐世保バーガーと食べ比べてみるのも良いかもしれませんね!

ハンバーガーショップ ヒカリは佐世保本店のほか、先ほどご紹介した佐世保港そばにある、させぼ五番街にも店舗があるのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ハンバーガーショップ ヒカリの基本情報

住所

【本店】佐世保市矢岳町1-1 【させぼ五番街】佐世保市新港町3-1

電話

【本店】0956-25-6685 【させぼ五番街】0956-22-0321

営業時間

【本店】10:00~20:00 【させぼ五番街】10:00~21:00

休業日

【本店】水曜、盆、年末年始 【させぼ五番街】年末年始

アクセス

【本店】JR佐世保駅から車で約5分 【させぼ五番街】JR佐世保駅から徒歩約2分

料金

ハンバーガー 480円、ほか

公式サイト

https://hikari-burger.com/

寿福寺

紅葉の時期がとくにおすすめ!逆さ紅葉が見ごたえばつぐん

© (一社)長崎県観光連盟

春や秋には期間限定で、逆さ紅葉や逆さ新緑が見られる寿福寺。この一般公開している時期のみ、大きなアクリル板を敷くことで逆さの景色が見られるようになっています。紅葉や新緑が美しく反射する様子は幻想的で、いつまでも見ていたくなりますよ。

写真の紅葉もきれいですが、新緑の青々とした景色も人気です。一般公開については事前に情報が発表されるので、確認してステキな写真を収めてくださいね。

寿福寺の基本情報

住所

長崎県佐世保市江迎町長坂276

電話

0956-65-2040

営業時間

12:00~16:00

休業日

なし ※要確認

アクセス

江迎バスセンターから徒歩約5分、江迎鹿町駅から徒歩約10分

料金

公開時拝観料 500円

公式サイト

https://www.sasebo99.com/spot/61278

長串山公園

海とツツジのコントラストが美しい公園

© (一社)長崎県観光連盟

長串山公園は佐世保市と平戸市の中間に位置しており、北九十九島の景色が楽しめる公園。ツツジの名所としても有名で、毎年4月~5月になると約10万本のツツジがいたるところで咲き誇る穴場の観光スポットです。

赤やピンクがかわいいツツジと九十九島の海のコントラストが美しく、写真スポットとしてもおすすめ!ぜひ時期にあわせて足を運んでみてくださいね。

長串山公園の基本情報

住所

長崎県佐世保市鹿町町長串174-12

電話

0956-77-4111

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

佐々インターから車で約30分、長串山つつじ公園入口バス停から徒歩約15分

料金

無料

公式サイト

https://www.nagushiyama.jp/

神崎鼻公園

日本本土のなかでは最西端に位置する公園

sasebo_20200922163116 by inunami is licensed under CC BY 2.0

神崎鼻(こうざきばな)公園は、島しょ部を除いた日本本土四極のうち日本本土最西端に認定されており、五島灘の大パノラマが見られる穴場スポットです。日本国土最西端の地と書かれてあるモニュメントなどがあり、おすすめの写真スポットとなっています。

ちなみにこの島しょ部を除いた日本本土四極は、最北端が北海道の宗谷岬、最東端が同じく北海道の納沙布岬、最南端が鹿児島の佐多岬です。すべてをコンプリートできたら良い思い出になりそうですよね。

神崎鼻公園へ行ったら、JR佐世保駅構内にある佐世保観光情報センターをはじめとした佐世保市内数カ所で、日本本土最西端到達証明書を発行してもらえます。この証明書は残りの3カ所でも発行しており、すべて集めると日本本土四極踏破証明書がもらえるそう!旅の記念にぜひ日本本土最西端到達証明書だけでもゲットしてくださいね。

神崎鼻(こうざきばな)公園の基本情報

住所

長崎県佐世保市小佐々町楠泊354-1ほか

電話

0956-24-1111(佐世保市観光商工部 観光課)

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

佐々インターから車で約25分、神崎入口バス停から徒歩約30分

料金

無料

公式サイト

https://www.city.sasebo.lg.jp/kankou/kankou/kozakibana.html

佐世保の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、佐世保のおすすめの観光スポットを紹介しました。名所や見どころがいっぱいある佐世保では、効率よく観光にグルメ、ショッピングも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、長崎・佐世保旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

 

cover photo by Unsplash



夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる