NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】バングラデシュの治安は?危険な場所や注意点を解説

バングラデシュへの渡航を検討中の皆さん、治安状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のバングラデシュの治安情報をお届けします。都市部の安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)
海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳

バングラデシュへの渡航を検討中の皆さん、治安状況が気になりますよね。この記事では、2024年最新のバングラデシュの治安情報をお届けします。都市部の安全性や危険な地域、注意すべき犯罪、そして具体的な防犯対策まで詳しく解説。安全で楽しい旅行の準備に役立ててください。

Contents

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

バングラデシュの治安はいい?悪い?

photo by pixabay(※イメージ画像)

バングラデシュの治安は比較的安定していますが、一部地域ではテロや政情不安などのリスクが存在します。外務省の危険情報では、チッタゴン丘陵地帯が「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に指定されています。その他の地域は「レベル1:十分注意してください。」とされていますが、2016年7月のダッカ襲撃テロ事件では日本人7名が犠牲になるなど、注意が必要です。首都ダッカを含む主要都市では、デモや衝突に巻き込まれないよう気をつける必要があります。最新の治安状況は外務省海外安全ホームページで確認することが重要ですよ。

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

夜間の治安状況

photo by pixabay(※イメージ画像)

バングラデシュの主要都市では、夜間の一人歩きは避けるべきです。特に女性は要注意。ダッカのグルシャン地区やバナニ地区は比較的安全ですが、夜間の犯罪発生率が高いので注意が必要。タクシーを利用する際は、正規のタクシー会社を利用し、流しのタクシーは避けましょう。夜間の移動には、Uberなどの配車アプリの利用がおすすめです。

バングラデシュで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

photo by pixabay(※イメージ画像)

バングラデシュには、治安リスクが高いとされるエリアや要注意スポットが存在します。旅行者は十分な注意が必要です。特に、チッタゴン丘陵地帯やダッカ旧市街では、犯罪や紛争のリスクがあるので気をつけましょう。危険な地域の情報を事前にチェックし、安全対策を講じることが大切ですよ。

ダッカのカムラングィルチャー駅周辺は要注意!

photo by Unslash(※イメージ画像)

ダッカ市内のカムラングィルチャー駅周辺は、ひったくりや置き引きが多発するエリアとして知られています。特に夕方以降は人通りが少なくなるため、一人歩きは避けましょう。

この周辺で犯罪に遭わないためには、貴重品の管理に十分注意することが大切です。バッグは体の前で抱えるようにし、ポケットに財布を入れっぱなしにしないこと。人混みの中では、リュックサックなどの荷物から目を離さないようにしてください。

また、カムラングィルチャー駅周辺を歩く際は、なるべく複数人で行動するのがおすすめ。万が一の際にも助け合える仲間がいると心強いですよ。

コックスバザールのビーチエリアで強盗に注意!

メヘディアベディン, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

バングラデシュ有数のリゾート地、コックスバザールのビーチエリアでは、強盗事件が報告されています。特に夜間は危険度が増すため、一人でビーチを歩くのは避けましょう。

ビーチで遊ぶ際は、貴重品は必要最小限にとどめ、目立つところに置かないよう注意が必要です。また、見知らぬ人から飲食物をもらったり、一緒に飲酒したりするのは控えめにしてください。

ホテルの部屋でも、ドアをしっかりと施錠し、部屋を離れる際は貴重品を金庫に預けるなどの対策を取りましょう。トラブルに巻き込まれないよう、常に周囲への警戒心を忘れずに。

バングラデシュで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

バングラデシュは比較的治安が良い国とされていますが、観光客が被害に遭う犯罪も後を絶ちません。ひったくりや置き引き、強盗、詐欺など、旅行者が狙われやすい犯罪の手口を知っておくことが大切ですよ。具体的な犯罪の種類と対策について、次のセクションで詳しく解説していきますね。

スリ

photo by PIXTA

バングラデシュの都市部では、スリが頻発しています。特に人混みの中や公共交通機関内では要注意です。貴重品は体の前側に持ち、リュックサックは背負わないようにしましょう。

スリに遭遇した場合は、大声で助けを求めるなどして周囲の注意を引きつけることが大切です。犯人を追いかけたり、抵抗したりするのは危険なので避けましょう。

ひったくり

photo by PIXTA

オートバイに乗った犯人によるひったくりも多発しています。歩道を歩いている時や、車両に乗車中に窓から手を出している時などに狙われやすいです。

ひったくりに遭わないためには、道路側ではなく建物側を歩くようにしましょう。また、バッグは肩掛けではなく、体の前で抱えるようにすると安全です。

詐欺

photo by PIXTA

両替詐欺や、偽ガイドによる詐欺などが報告されています。公式の両替所以外では両替せず、見知らぬ人からのガイドの申し出は断るようにしましょう。

また、タクシーでぼったくられるケースもあるので注意が必要です。メーターがない場合は事前に料金交渉を行い、正規のタクシー会社を利用するのがおすすめです。

防犯対策

photo by Unsplash

バングラデシュでの旅行中のトラブルを未然に防ぐためには、しっかりとした防犯対策が欠かせません。犯罪に巻き込まれるリスクを減らすための、具体的な注意点を見ていきましょう。

貴重品は身につけて管理する

photo by PIXTA

パスポートや多額の現金、クレジットカードなどの貴重品は、できるだけ身につけて管理しましょう。ホテルの金庫を利用するのも良いですが、外出時は必要最小限のものだけ持ち歩くようにします。また、バッグは体の前で抱えるなど、ひったくりや置き引きに遭わないよう注意が必要です。

夜間の一人歩きは控える

photo by ミザエル13, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

バングラデシュの都市部では、夜間の一人歩きは避けるのが賢明です。特に女性の一人歩きは危険が伴います。夜間の外出は複数人で行動し、信頼できるタクシーやUberなどの配車サービスを利用しましょう。人通りの少ない場所や薄暗い路地には近づかないよう気をつけてください。

スリや置き引きに注意する

photo by PIXTA

バングラデシュではスリや置き引きが多発しています。人ごみでは、バッグから目を離さないようにしましょう。レストランやカフェでも、テーブルに荷物を置きっぱなしにせず、常に身につけておくことが大切です。また、露店などで買い物をする際は、周囲に気を配り、貴重品の管理に十分注意してください。

デモや集会には近づかない

photo by pixabay(※イメージ画像)

バングラデシュでは、政治的・宗教的なデモや集会が頻繁に行われます。旅行者は、こうしたデモや集会には絶対に近づかないようにしましょう。巻き込まれると危険です。デモ情報を事前にチェックし、その場所には行かないよう心がけてください。万が一遭遇してしまった場合は、速やかにその場を離れることが重要です。

もしバングラデシュで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

photo by PIXTA

バングラデシュ旅行中に万が一犯罪に巻き込まれてしまった場合、落ち着いて適切な対処を取ることが大切です。警察への通報はもちろん、状況に応じて病院や保険会社、大使館への連絡が必要になります。ここでは、バングラデシュで犯罪被害に遭った際の主要な連絡先をまとめました。緊急時に慌てないよう、事前にメモしておくことをおすすめします。

緊急通報先

バングラデシュでは、警察と救急車の緊急通報番号は共に「999」です。緊急事態が発生した場合は、迅速に「999」に電話をかけ、オペレーターの指示に従ってください。英語での対応が可能です。 また、盗難などの被害に遭った場合で緊急性がない場合は、最寄りの警察署に直接出向いて被害届を提出しましょう。その際、パスポートや被害品のリスト、証拠となる写真などを準備しておくと手続きがスムーズです。

在バングラデシュ日本国大使館

バングラデシュ滞在中に、パスポートの紛失や盗難など、トラブルに巻き込まれた際は、在バングラデシュ日本国大使館に相談しましょう。大使館では、警察への被害届の提出方法や、「帰国のための渡航書」の発給など、様々なサポートを受けることができます。

在バングラデシュ日本国大使館の基本情報は以下の通りです。

住所:Plot No.5 & 7, Dutabash Road, Baridhara, Dhaka, Bangladesh

電話:+880-2-222260010

メールアドレス:consular@dc.mofa.go.jp(領事部)

営業時間:月~金 9:00~12:30、13:30~17:00(祝日を除く)

公式サイト:https://www.bd.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

緊急時の連絡先として、大使館の連絡先を控えておくと安心ですね。平素から大使館に在留届を提出し、連絡がつく状態にしておくことも大切です。もしもの時、大使館は心強い味方になってくれるはずです。

まとめ

photo by PIXTA

バングラデシュは、豊かな文化と自然に恵まれた魅力的な国ですが、治安面でのリスクも存在します。危険な地域を避け、適切な防犯対策を講じることで、安全に旅行を楽しむことができるでしょう。常に最新の治安情報をチェックし、状況に応じて柔軟に対応することが重要です。リスクを理解し、十分な準備を行った上で、バングラデシュの魅力を体験してみてはいかがでしょうか。

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください。

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる